ポスターを通じて、エンパワーメントに取り組むシカゴの若者たち

「自分たちに自信を持つ」というのは、大事なことかもしれないけど、なかなか難しいですよね。

今回ご紹介するのは、地元の人たちをエンパワーメントする若者たちです。(清田)

https://www.we.org/stories/chicago-high-school-students-combat-community-stereotypes-through-art-project/

 

 

 

シカゴのサウスサイドの4人の高校生が地域で自己紹介する準備をしています。

まもなく地域のメンバーはイングルウッドエクセルアカデミーの生徒が、学校の学生サービス担当ディレクターであるコルビー・チャップマンの指導のもとで成し遂げたことを見とどけます。

どうやって?創造力に富んだアートプロジェクトとWE(フリー・ザ・チルドレン)からもらったちょっとしたひらめきで。

 

グループのメンバーはデショーン・ワシントン、ジェイラ・トーマス、エリヤ・ウェストン、ジャーメイン・メイです。

コルビーはグループを「社会的意識が高く、貧困地域ニーズを分かっている」優秀な模範生たちだと言います。
コルビーは彼らが助けが必要なときはいつでも早く学校に出向き、あるいは遅くまで残るようになりました。

 

「手助け」はイングルウッドエクセルアカデミーでさまざまな形で行われます。
デショーン、ジェイラ、エイラ、ジャーメインは、ごみを拾って地域を美しくすることから、4月には無料のランチを提供して学校中を驚かせるなどさまざまなプロジェクトに時間と労力をつぎ込みました。

 

「私たちが住むような、いわいる『恵まれているといえない』ような地域の住民は、『恵まれている』地域の住民と同じように成功することはできないと思っている人がいます。」ジェイラは言います。彼女はこの考え方に異論を唱えます。

 

 

 

ジェイラたちは新しくできた学校のWEクラブの教材を使い、たとえどんな状況にあっても彼らの未来をつくるのは他でもない自分自身だと示すことから始めました。

WEスクールの学習プログラムはリーダーシップスキルを教えながら、社会的擁護と同じく地域や世界規模のボランティア活動の価値を教えます。

学習プログラムからヒントを得て、WEクラブの生徒たちは地域の固定観念に異論を唱えます。ジェイラは「私たちに出来ることをする。」やり遂げることが大事だと言います。

 

こうして「WE エクセルイングルウッド」が誕生しました。学校中の可能な限りの多くの生徒たちが刺激的なポスターを作成し、これまでの成果と将来の目標をアピールするというポスタープロジェクトです。

そして地域の人々に彼らの成功と夢を披露します。

 

昨年の冬にWEスクールのプログラムを学校に持ち込んで以来、コルビーは生徒たちがこのアートプロジェクトのような機会に飛びつくのを見てきました。

それは彼らにとって地域で指導的役割を果たすことの出来るチャンスなのです。

イングルウッドの学生サービス担当ディレクターは、夢中になって参加する生徒たちを見て興奮しています。

彼女は、WEスクールプログラムの力がWEクラブに入っていない生徒のやる気を引き出すと信じています。
 

「それほど話をしたがらない生徒がいるかもしれません。彼らはみんなの前に出たがりませんが、秘めた才能を持っています。(こういうタイプの生徒)はプロジェクトを大きなものにしてくれます。私たちはプロジェクトを学校中に広めています。」


デショーン、ジェイラ 、エイラ、ジャーメインらは「WE エクセル イングルウッド」で全力を尽くしています。

生徒会メンバーの四人は「イングルウッドを引き継ぐ」ために、プロジェクトにさらに拍車をかけて懸命に大量のポスターを集めています。

彼らのメッセージが描かれたポスターは、地域の子どもたちに彼らの希望と夢を叶えたサクセスストーリーを思い描かせます。

 

まず、最初にデショーン・ワシントンがイングルウッドの71番街から大歓声の中登場します。彼は大好きな娯楽としてスクールチームでチェスをします。

そして最近、彼の選んだ大学の奨学金5000ドルを獲得しました。次にジェイラ・トーマスは63番街からです。彼女は、卒業クラスのトップの座を維持しながら家の仕事もバランスよく行いました。

さらに彼女は最近、ダレイ大学で追加コースを受講するためにデュアル登録の申し込みをしました。三番目はエリヤ・ウェストンです。

彼はシカゴの17地区選出の市議会議員デビッド・ムーアを支持するMoore4Youth会の一員です。彼は新進気鋭の政治的チェンジメーカーですが、たまたまエクセルアカデミーのバスケットボールチームのキャプテンにもなりました。

そして地元の食料品店で放課後のアルバイトを始めたばかりです。そして最後はジャーメイン・メイ。彼のポスターは、卒業後の将来を考えているもう一人のMoore4Youth会のメンバーの物語を描いています。

 

コルビーはこのような生徒が自分の可能性を引き出すことができるようにすることは、教育者としての仕事に欠かせないことだと考えます。


そして生徒たちは感謝しています。
 「そんなチャップマン先生が好きです。というより、力を与えてくれる彼女が大好きです。」とエリヤは夢中になって話します。「本当に力を与えてくれるんです。」

 

WEスクールのサービス学習プログラムは、コルビーが学校内外での自分の社会的影響を考えるよう仕向けてくれました。彼女は、その経験を信じ生徒の指導者としての責任と地域で起こったことを決して忘れません。

「私自身が良き模範となるためには、積極的に社会的行動、社会的効果、すなわち「変化」を引き起こす必要があります。それは私が自身が、その変化を体現する存在でなければなりません。」と彼女は主張します。

「特に2つの点において確信しています。一つは私が模範であることで変化をもたらしていること、そして2つ目は日常生活の中でさえ 、 生徒が周りにいないときでも - 私は私であるということです。そのことが私に緊張感を与えてくれていることに感謝しています。」

 

(原文記事執筆:サラ・フォックス 翻訳:翻訳チームメンバー  文責:清田健介)


すべての女性に生理用品を!: シカゴで活動する若者の願い

女性にとって必需品である「生理用品」。世界で多くの人が待ち望む支援物資のひとつですが、社会の偏見もあり、不足しがちな支援物資でもあります。

今回紹介する若者は、そんな現状に変化を起こそうとしています。(清田)

 

https://www.we.org/stories/chicago-teen-gathers-feminine-hygiene-products-for-homeless/


アメリカでは、シャンプー、歯磨き粉、デオドラントなどには消費税がかかりません。
でも、50ある州のうち37の州では、生理用品に消費税がかかり、「タンポン・タックス」と呼ばれています。
WE(フリー・ザチルドレン)スクール・シカゴのユースカウンシルのメンバー、元気のよい14歳のマギー・スワンソンはこの現状についてこう話しました。

「ショッキングでした。人口の約半分の人にとって生活必需品である生理用品に、なぜ税金がかかるのでしょうか?」

 

この現状を知ってマギーはさらにこの問題を調べるようになり、色々なことが分かってくるにつれ、その重大さを認識するようになりました。

しかしながら(まだこの現状を知らない人も多く、)マギーの新たな取り組みに対して驚く人がいるのも事実です。
 

「生理用品の入手が困難な状況があるなんて、みんな思ってもみないのです。」

 

世界中の様々な地域で、生理用品の入手は簡単な場合もあれば、難しい場合もあり、また多くの開発途上国の村では、女の子や若い女性は生理用品がないことが理由で家から出られず、毎月数日間学校を休んでいることをマギーは知りました。

 

生理用品も他の必需品と同様、寄付の要請が最も多いものの一つであるにもかかわらず、シカゴやアメリカ国内のホームレス・シェルターにはほんのわずかしか集まりません。
人によっては、食べ物を買うか、生理用品を買うか、という選択に迫られ、生きるために生理用品をあきらめなければならず、代わりに古い靴下、ぼろきれ、布などに頼らざるを得ない女性も多いのです。
「調べれば調べるほど、色々なことが分かってきて、『これは大変な問題だ』と思うようになりました。」

 

そこでマギーは、ユースカウンシルでこの問題を取り上げ、生理用品を回収してシカゴ地域のシェルターに寄付する新しいプロジェクトのためにアイディアを募りました。

ユースカウンシルに参加する他のメンバーもマギーに賛同してくれましたが、生理用品の回収は本や缶詰のように簡単には行きません。
 

「こういった話題は現在でもオープンにできないため、学校やスーパーに回収箱を設けるわけには行きません。プロジェクトが行き詰ってしまいました。」

 

この壁を乗り越えるためには、生理用品についてオープンに話をしなければなりませんでした。

これを進んでやろうと思う人はほとんどいません。
マギーのようなティーンエイジャーにとっては簡単なことではありません。この部分は、ユースカウンシルがサポートしました。

 

このユースカウンシルは、子どもたちが情熱を注いでいるプロジェクトを応援するためにWEが立ち上げたものです。
WEが掲げる、「ギフト+イシュー=チェンジ」のスローガンのもと、変化をもたらすために必要なツールを子どもたちに提供しています。

 

WEのアウトリーチスピーカーでカウンシルのメンターであるレジー・ベイツは、マギーについてこう話します。
 

「彼女は社会的に弱い立場にある人たちに代わって声を上げることができます。それが彼女の『ギフト』です。14歳にしては話すのもとても上手いですね。」

 

レジーやカウンシルのメンバーはマギーの持っている能力と熱意を応援し、「プレンティ・フェム」というキャンペーンの立ち上げを手伝いました。
みんなで協力して、寄付をしてくれる人たちのリストを作成したり、シェルターに赴いて寄付の必要性を把握したり、調査を手伝ったり、マギーのスピーチの練習をサポートしました。

 

マギーはユースカウンシルのメンバーと一緒にWEの招待を受け、シカゴのダウンタウンでプロジェクトの発表を行いました。

マギーは、WEに賛同してくれる人たちや寄付に協力してくれる人たちで満員になった大きな会議室で、何カ月もの調査や計画していることを説明し、あまり知られていない生理用品の入手問題について、マギーは自分の言葉でビジネスリーダーや慈善家たちにうまく伝えることができました。

 

その日の夜のうちに、ウォルグリーン(訳注:アメリカの大手薬局チェーン)の取締役がマギーの活動のために生理用品の寄付を約束してくれました。
 

その数週間後、マギーに段ボール箱の写真がメールで届きました。WEのシカゴオフィスで回収されるのを待っています。
マギーは2,3箱くらいだろうから放課後に家に持ち帰ろう、と思っていましたが、全部で20箱もあり、13,000個以上の生理用品が集まったのです。

 

回収された生理用品は、その後シカゴ地域にあるサラズ・サークルというシェルターに送られました。
マギーにとってこの活動が証明しているのは、みんなの関心を高めることが、変化をもたらす最初のステップであるということです。
WEからはじまった意識付けにより、マギーはさらに成長しています。

 

「WEは地域や世界にあるたくさんの様々な問題に気づかせてくれました。私自身にもたくさんの変化がありました。スピーチが上手になったし、現状を変えていける気がしています。」

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ 翻訳:翻訳チーム 山本晶子  文責:清田健介)

 

「変化を起こしている人たちに囲まれるのはとても刺激的です。自分も変化を起こせるんだということを感じさせてくれますよ!」

 


クレイグとマークが、カナダに提案する新年の目標


2019年最初のクレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/stories/new-years-resolutions-canada/

 

 

新年の目標というと、個人的なことになりがちです。「早く寝よう」とか、「スマホを見過ぎないようにしよう」とか、「ダイエットしょう」とか。

今年、私たちはほんの少しでっかく構えて目標を考えてみることにしました。

 

「カナダという国家が掲げるべき新年の目標は何だろう?」と。

 

今回は、二つのカナダが抱える国内外の問題に関する目標を考えてみました。

カナダが(そして私たちひとりひとりが)、2019年に世界をよりよくするために取り組むべきことを考える参考にしてください!

 

外交問題:イエメン

 

2018年は、イエメンでの内戦の発生から4年目を迎え、既存メディアの報道も増えた年となりました。

そんないまこそ、行動を起こすべきときです。85,000人ものイエメン人の子どもたちが、餓死で亡くなり、その数は現状のままでは今後も増える可能性があります。

戦火の中で空爆を逃れた学校でも、ほとんどの子どもたちが欠席し、ゴミ収集などの仕事をして家計を支えています。

教育を受けられなかった「失われた世代」が、イエメンに誕生する危機がもうすぐそこに迫っています。

 

2018年末、停戦に向けた協議が行われました。カナダにはそこで果たせる役割があります。

紛争当事者への兵器の販売を止めるべきです。そして、私たちもカナダ政府に対して、平和主義的な解決策を模索しているアメリカの議員への働きかけを強め、議員たちが可決した平和主義的な決議を支持し、カナダとしてアメリカ政府に圧力を強めるよう呼びかけるべきです。

 

(訳注:イエメンでの内戦に深く軍事的に介入しているのがサウジアラビアだが、カナダを含む欧米諸国は、中東の安全保障政策においてサウジアラビアと軍事的には長年協力関係にあったため、サウジアラビアへの批判を控えてきた。しかし、カナダのトルドー首相がサウジアラビアへの兵器輸出凍結を検討し、アメリカの議会もサウジアラビアへの軍事支援停止を求める決議を可決するなど、状況は変化しつつある。)

 

みなさんも、ユニセフや世界食糧計画、国際救済委員会などの機関への寄付を通じて、命を懸けてイエメンでの支援活動を行っている人を支援することができます!

 

内政:社会的企業への支援の強化

 

NPOはカナダ社会の縁の下の力持ちです。NPO業界は社会問題の解決に取り組んでいるだけでなく、200万人の雇用を生み、カナダのGDPの8.1%を占めている業界でもあります。

 

政府による予算の削減が進み、市民社会からの寄付も先細り化している世の中の流れのなかで、多くの非営利組織が社会的企業に事業手形態を転換しています。

社会的企業は利益を追求しつつ、社会問題の解決に取り組むことを理念としています。

社会的企業という事業形態をとることで、NPOの財政基盤の安定化を図ることができます。カナダは最近まで社会的企業の支援政策に他国と比べて遅れを取っていましたが、昨年の11月に、カナダ政府が社会的企業に対して7億5500万ドルの支援予算を投じることを発表したことで、状況の打開に道筋がつきました。

 

みなさんも、寄付やチャリティーパーティーなどの開催を通じて、社会的企業を支援することができます。

 

2019年、カナダという国はどのように変化を起こしていくのでしょうか?

 

参考リンク

 

イエメンで進みつつある内戦の停戦

http://www.news24.jp/articles/2018/12/14/10411821.html

 

サウジアラビアへの兵器輸出凍結を検討しているカナダのトルドー首相

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121703752&g=int

 

サウジアラビアへの軍事支援停止を求める決議を可決したアメリカ議会

https://www.bbc.com/japanese/46562547

 


12345>|next>>