「空腹の人をゼロにしたい!」:小さな学校の生徒たちの素晴らしき団結力

「腹が減っては戦ができぬ」ともいうように、お腹を

空かせた状態を長引かせることは、誰にとってもよ

くありません。でも、充分な食糧を得られない人もい

ます。そんな人をなくすために、若者が立ち上がりま

した。(清田)

https://www.we.org/stories/small-school-in-yorkton-saskatchewan-leads-we-scare-hunger-food-drive-for-community/


「何がきっかけで、このアクションを始めたの?」マ

ディソン・ホフマンにこう聞くと、彼女は即答してくれ

ます。穏やかな口調ではにかみながら。少し恥ずか

しそうにも見えますが、そのいきさつを語っている姿

には、情熱が垣間見えました。最初はゆっくり喋りな

がらも、次第に熱くなり雄弁になっていきました。

 

マディ(友達は彼女のことをこう呼んでいます)は母

子家庭の子として育ちました。幼少期から請求書が

山積していたのを覚えています。「両親が離婚した家

庭の子に生まれると、経済的に本当に苦しい状況に

おかれます」と彼女は言います。「ひとり親家庭だと、

水道や電気代などすべて独りで支払わなければなら

ないからです」。マディは次々と話を続けます。その時、

中学3年には背負いきれない様々な思いが、彼女の脳

裏をよぎって行くのです。

 

中でも彼女が思い出すのは空腹です。朝食抜き、また

はお弁当なしで学校に行くのが日常という日がありまし

た。そういう時は、夕食までじっと我慢して、ようやく母親

と食事ができたのです。

 

祖父と暮らしている今では、テーブルにはいつも食べ

物が置いてあります。食べるものが無いとはどんなも

のか知っている―「どんな感じのものなのかがよく分

かる」ので、マディはみんなにこのことをぜひ知ってほ

しいと思っています。彼女は他の生徒たちに余分に食

べ物を持ってきます。彼女の言うとおり、実際に、「空腹

の状態でいるべき人は一人もいない」からです。

 

サスカチュワン州、ヨークトンのヨークデール・セ

ントラル ・スクールのWE(フリー・ザ・チルドレン)

クラブの全員がマディの経験を実感しているわけ

ではないとしても、全員が彼女に共感しています。

 

ケンドラ・ヘルフリッチは、7年前WE Schools のプ

ログラムを生徒たちに紹介しました。ケンドラの説

明によると、ヨークデールは地域の食べ物の不安

定な状態には特に敏感だということです。およそ4

分の1の生徒が学校の行う朝・昼食の無料提供プ

ログラムに登録していて、空腹や貧困を焦点に、ク

ラブのメンバーは自分たちにも非常に身近、かつ重

要な問題として取り組んでいます。

 

去年、ハロウィンに先立つWE の食品寄付の募集運動の

期間に、大規模な全校キャンペーンがあり、ヨークデール

・セントラル校のほとんど全員の生徒が参加しました。しか

し、クラブの設立者にとって、それは地元のフードバンクに

持っていく缶を集めること以上のものでした。彼女は生徒た

ちに貧困そのものをより深く理解してほしいと思っています。

「私たちの地域にはさほど多くのホームレスの人がいるという

わけではありませんが、家賃を支払うか食料を買うか、また、

新しい靴を買うかガス代の支払いに当てるかを選択しなけれ

ばならない人がいるのです」と、このベテラン先生は言います。

「一口に貧困と言っても、それは千差万別であることを生徒たち

に知ってほしいのです」。

 

地域のニーズについて情報を集めるなどしながら、ク

ラブは集めたものを学校給食を提供する地元の団体

、Soup Havenに直接寄付することにしました。準備の

ために、生徒たちはどんな寄付が最も必要なのかこ

の団体に予め訊いておいて、それから、ハロウィンに

向けての数週間の準備期間に近所の家々を回り、家

の人がいつドアをノックされても必ず準備ができている

よう依頼しました。

マディは、さらに踏み込んだアクションを起こしまし

た。

 

週に2度は朝早く登校して、寄付が順調にいきわたる

よう手助けしました。近隣の家の食料品収納棚から食

料をもらいSoup Havenのレンジの上に乗せる手伝をす

ませると、次に彼女はカフェテリアでボランティアとして

働き、朝食を用意して生徒を迎えました。

 

WE School クラブのリーダーであるケンドラは、活動

を通して取り組んでいる問題をより深く生徒たちに理

解させるために、どんなことでもします。去年クラブの

生徒を連れてウィニペグ(カナダ・マニトバ州南部)に行

きました。校外見学で人権博物館を訪れた後、この先

生は13人の生徒を連れて地域の(困窮者のための)無

料食堂まで足をのばしました。ここでも生徒たちは貧困

と飢えについて更に学びました。

 

Winnipeg Harvest フードバンクで数時間トマトと玉

ねぎの区分けをしたり、Siloam Mission(州内で事

業展開するNPO)で提供された支援プログラムに

ついて学びながら、この郊外学習に参加した生徒

たちは、貧困と闘っている人々の生活を垣間見る

ことができました。

 

マディは、この二つの経験を愛情込めて語り、それか

ら、クラブについて最も忘れられない経験を話します。

2年前のこと、メンバーはSiloam Missionの巣立ったば

かりの若い音楽プログラムを支援しようと地域から中

古のギターを集めました。クラブの援助を得て、ほこり

だらけの物置にしまいこまれていた古い楽器は、絃

も新しくなり、必要としている人のたちに届けられ、「

第二の人生」を歩み始めました。

 

ミッションツアーの間、マディとクラスメートは、こ

れらのギターが役立っているところを直に目にし

ました。「誰かが私たちのところに来て即興的に

作曲し、弾き始めました」。マディはその場面を

笑顔で振り返ります。「彼の幸せそうな顔に出

会えるとは驚きでしたね。彼の目には希望が

あり、その光は彼の周りを明るく照らしていま

した」。

 

このような結びつきは、WEクラブ設立者の活動の究極

の目標です。WE の食品寄付の 活動、トマトの仕分け

作業、朝食の準備、これらの活動はすべて共感と理解

を深めるための旅の通過点に過ぎません。街の人口の

僅か400人のうち、クラブのメンバーは現在65人に達して

いますが、将来は、より多くのつながりが徐々に広がって

いくに違いありません。

 

マディ自身―5年生の時からWEで動をしている若い

女性―について言えば、彼女がこのクラブに関わっ

たことからコツコツ積み上げて来た学習は、すでに彼

女の物の見方を変えて来ています。彼女は進行中の

この旅を要約して誇らしげに言います。「このクラブお

かげで、私は成長できました」と。

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ  翻訳:翻訳チ

ーム 松田富久子  文責:清田健介)

 

 

 


愛をこめた言葉の花束を

言葉によって、励まされたり感動したりしている私たち。その

言葉を届けるアクションを起こしたことで、生徒たちが心を一つに

できた学校があります。(清田)

https://www.we.org/stories/we-are-love-activity-spreads-kindness-among-students-on-valentines-day/

 

 

12人の生徒と紙で作られた900枚のハートが大きな変化

をもたらしました。

 

カリフォルニア州、カーメル高校の生徒たちにとって、数多く

のハートが意味することは、初めてのWE(フリー・ザ・チルド

レン)のキャンペーンがまさに成功したということです。

 

「『WEは愛』は初めてのプロジェクトのひとつでした。」リー・

キャンブラはこう語りはじめました。リーはこの高校の養護

教諭であり、WEスクールのリーダーでもあります。ポジティ

ブなエネルギーをシェアし、みんなを元気づけることを目的

としたアクションプランをスタートし、まず初めに生徒たちと

手作りのカードを作ることから始めました。そのカードには

友達や家族、ご近所さんへの思いやりの気持ちを記しました。

 

「私たちの学校は小さいですが、このキャンペーンは大して

お金がかかりませんでした。ですから、これができることだと

分かっていました。」リーは言います。「かかった費用はすべ

てで11.99ドルだけです。愛を表現するピンク、赤、紫の色紙

のお金だけです!」その色紙は地元の文具店で購入し、必

要なハサミは借りました。

 

始めた当初はたった12人のグループでしたが、みんなが個

性を出そうとやる気に満ちあふれていました。最終的には、

900枚のハートの形をした紙を印刷して切ることになりました。

高校の生徒一人につき一枚です。そして一人ひとりが自分の

想いを書いたのです。先生たちはバレンタインデーの前夜に

集まって、すべてのハートを学校中に貼りました。「翌朝にな

って、生徒たちが』学校に来たときにそこら中ハートだらけだ

ったのです。」そして生徒みんなが、自分の書いたハートがそ

こに含まれていると分かっていました。

 

 

楽しそうに聞こえるかもしれませんが、このキャンペーンを

始めたときは簡単なことではありませんでした。事実、ハー

トの紙を切るだけで1ヶ月以上もかかったのです。リーはこう

言います。「このキャンペーンは、お金をほとんどかけていま

せん。ですが私たちにお金で買えないモノをくれました。自分

のやったことが他の人の一日にどんな変化をもたらすことが

できるか、誰も分かりません。でも、生徒たちが人を想い行動

を起こすということは、他の人たちだけでなく、行動を起こした

生徒たち自身にも良い影響を与えるのです。」

 

カーメルのWEクラブが学校に影響を与えているのは素晴

らしいことです。生徒たちは『WEは愛』で使ったハートを、

感謝の気持ちを思い出すしるしとしてバインダーやロッカ

ーに貼っています。しかし、リーは重要なことを教えてくれ

ました。それは、一番このキャンペーンに感銘を受けたに

違いないのは、このキャンペーンについて表立った反応を

示していない生徒たちだということです。「どれだけの影響

があったかは誰も分かりません。自分のハートを誰とも共

有しない生徒もいます。でもこのハートを持っていることで、

生徒たちが学校に「自分たちもこの学校の一員なんだ」とい

う感覚を生んでいるのです。」リーは心からこう言います。

 

思春期真っ盛りの生徒たちと関わる中で、リーはいかに生

徒同士のグループが学校を分断するかを知っています。だ

からこそ、すべての生徒の心を一つにする方法を見つけた

ことに感謝しています。「生徒たちはみんな、バラバラになっ

ています。所属するクラブ、取る授業、一緒に遊ぶ友達など

で。そのようななかでも、一つになる経験があるのは素晴ら

しいことです。お互いのことを知らなくても相手を思いやるこ

とができるということを示す機会があるというのは素敵なこと

です。ここでは私たちはみんな一緒なのです。」と、リーは言

います。

 

今や、カーメルのWEクラブはメンバーが60人と大きくなり

ました。「学校で一番大きいクラブです。」リーは嬉しそう

に言います。大きくなり、いろんなキャンペーンをする準

備ができました。クラブはチェンジメーカーとしての初め

ての成功を忘れるつもりはありません。生徒たちががっ

かりしてしまうからです。リーは笑って言います。「今では

この学校のみんなが、ハートが届くのを毎年楽しみにして

いるんですからね。」

 

(原文記事執筆: エイミー・ヴァネス  翻訳:翻訳チーム 

 北澤麻紀 文責:清田健介)

 

 


「水が無くなる日」がやってきたら、私たちの暮らしはどうなる?

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/happens-day-zero-comes/

 

ついにやってきた待望の春!しかし、気分ルンルンな気持

ちにそう簡単になれないのも現実かもしれません。ようやく

寒さが去ってくれたかと思えば、急に暑くなるし、春の嵐は

吹き荒れるし、そうかと思えば雨もそんなに降らないので、

野菜や植物も元気よく育たない。梅雨には雨も降らず、夏

には取水制限が発生!そしてそんな中でずっと干ばつが

続いて9月にはダムの貯水率も0%になって、水道の蛇口か

ら水が一滴も出てこないなんてなんていうこともありえるか

もしれませんよ!大変なことになりますよ!!

 

と、本当に起こりそうなこと、そうでもなさそうなことを少し盛

って書いてみましたが、もしいま書いたようなことが本当に

起きたとき、みなさんはどうしますか?

 

実はいま、南アフリカのケープタウンが、そんな「水が無くな

る日」の発生を回避するために悪戦苦闘しているのです。仮

にもしこのような事態になれば、ケープタウンは、世界の主要

都市としては初めて、「水道水が蛇口から出てこない街」にな

ります。で、この話を聞いて考えてしまったんですよ!「もしカ

ナダでこんなこと起こったらどうなるんだろう?」と。。 明らか

に、カナダはそのような事態に対応できる状態にはなってい

ません。

 

「そんなことカナダで起きる訳ないじゃないか!」とツッコミを

入れようとしているみなさん!(もちろんお見通しですよ!) 

確かに、カナダは水の宝庫です。地球上の清水の水源の2

割はこの国に集中しています。しかし、その水源の大半は

農村部に集中しており、そのような水源から都市部に水を

持ってくるのには、莫大な費用がかかってしまいます。また

そのような水源の内、再利用が可能な水は半数以下に留

まっています。五大湖の膨大な量の水中で、毎年できる新

しい水が占める比率は1%以下に留まっています。 それで

も、水の潤いに欠けている多くのアメリカの都市が、五大湖

の水に熱い視線を送っているという現実もあります。

 

カナダの先住民の住居地区の多くは、すでに水の危機に

苦しんでいます。水不足の問題に日々直面し、一向に改

善しない現状にうんざりしています。他のカナダの地域は、

まだ水が無くなる日が目前に迫っているという状況ではあり

ません。しかし、母なる大地は私たちに警告を発し続けてい

ます。バンクーバーはこの3年間大規模な取水制限を毎年

行っていますし、アルバータは記録的な干ばつに苦しんで

います。

 

カナダの都市部で深刻な水不足が起こった場合、どんなこ

とが起こるのでしょうか?もちろん、まだ実際に起きたことが

無い訳ですから、どんなことが起こるか分かる人なんて誰も

いません。それでも、他国の例からヒントを得ることはできる

と思います。

 

ブラジルはカナダと同じように水の豊かな国ですが、2015

年、サンパウロは干ばつに苦しみました。水を確保するた

め、市は一日につき12時間の断水を実施しました。ケープ

タウンでは、「水の無くなる日」が現実となった場合、住民た

ちは、市から配給された給水タンクを指定された場所に行っ

て列に並んで受け取ることになっています。一日の一定の時

間を、給水タンクを受け取りに行くために、犠牲にせざるを得

なくなるのです。

 

財布のヒモも固くならざるを得なくなります。カリフォルニア

では、何年も続いた干ばつの影響で、水道代が以前の倍

になるなどの異常事態になりました。経済的に余裕のある

人たちであれば、ペットボトルの水を買えば良いですし、(価

格が高騰している現状でも問題ないのであれば)家庭用の

給水車でも買えれば良いのですが、(そういうのも手に入り

ます。お金があれば) そうでない人たちは、自治体が実施

する取水制限に頭を悩ませる日々を送りざるを得ません。

水不足の余波として、サンパウロの低所得層の人たちが住

む地域では、女性たちが脱水症状を起こし、尿路感染症が

流行するなどといった健康問題の顕在化が見られています。

 

水不足が、社会の不安定化を招くこともよくあります。インド

では、2016年に干ばつが起こった際、二つの州で共用され

ていた水源の使用権を巡って、両州の州民たちが衝突し、

暴動が発生したこがありました。「カナダ人はおとなしい国

民性だし問題ないよ」と思っている人もいるかもしれません

し、私たちもそう思いたいのですが、私たちが言いたいのは、

「どっかの国で暴動が起きた。カナダは平和だなあ。外国は

怖い。。」というような話ではありません。水の危機は、他の

地域に住む人を敵視するような争いを引き起こす危険性が

あるということです。カナダ人にとって、他の地域に住む人た

ちに敵意を燃やす一大事といえば、アイスホッケーがありま

すが、水不足によって引き起こされる争いに比べれば、アイ

スホッケーチームの勝敗をめぐる地域間の対立なんて、おま

まごとのようなものです。

 

地球各地で、私たちに警鐘を鳴らすできごとが次々起きて

いるにも関わらず、カナダ人たちは未だに「カナダの水は世

界で一番素晴らしい!」と自画自賛し、現状の問題から目を

逸らし続けています。カナダの水の保護政策は他国と比べて

も非常にお粗末であり、世界第二位の水の消費国でありなが

ら、政府は水源がダメになったときの対策の策定が全くできて

いないという現状であるにも関わらず。

 

カナダ政府のみなさん、国としての水政策、そろそろ教えて

くれませんかね?水道から水が出てこないような状態にな

った時に、あたふたしながら対策考えるなんていうのは、絶

対にやめて下さいよ!何かがあってからでは遅いのですか

ら。

 

参考リンク

 

5月にケープタウンで「水が無くなる日」が現実になるかもし

れないという話
 

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/020600151/


サンパウロの2015年の水不足

http://www.nikkeyshimbun.jp/2015/150121-61colonia.html


カリフォルニアで深刻となった水不足

https://www.huffingtonpost.jp/2014/02/04/california-drought-effects-500-years_n_4728010.html

インドで起きた水をめぐる暴動

https://www.sankei.com/world/news/160913/wor1609130047-n1.html


おまけ

 

日本の水の現状:日本は水の豊かな国ではあるものの、他

国同様気候変動による水不足のほか、水資源の多くを他国

から輸入しているといった現状もあり、カナダと同様、安泰と

は言い難い状況のようだ。

 

https://sustainablejapan.jp/2014/07/10/water-and-japan/11050

 

 

 

 


12345>|next>>