クレイグが、「子どもの権利条約の改正」を検討するべきではないかと考えている理由


クレイグのコラムの紹介です。

https://www.we.org/en-CA/we-stories/opinion/craig-kielburger-update-united-nations-convention-on-the-rights-of-the-child

 


私は13歳のとき、カナダの当時の首相との面会に臨みました。

当時、フリー・ザ・チルドレンを立ち上げたばかりだった私は、大いなる目標の達成を目指し、首相との面会をしました。

「児童労働をこの世界から無くして下さい」と訴えるために。

この一見理想主義的にも思える目標を、私が首相に臆することなく訴えることができたのはなぜでしょう?

それは、私の訴えや問題意識は正しいと証明してくれる国際条約が既にあったからです。

 

この面会の数年前、国連で「子どもの権利条約」が採択されました。子どもの権利を定めた、史上初の画期的な条約でした。この条約により、各国政府の子どもに対する政策が大きく変わりました。

しかし、今月で採択されて30年を迎えるなか、この条約が、いまの時代の現状に充分に対応できていないのではないかと感じることも多くなってきました。

 

54条から成る同条約は、あらゆる事柄に関する子どもの権利と、その権利を守るために政府が果たすべき責任が明記されています。

教育や医療を受ける権利、遊ぶ権利や意見表明をする権利など、多岐にわたります。

条約の採択以降、子どもを取り巻く世界の状況は著しく進歩しました。現在、学校に通う子どもたちの数は史上最も多くなっています。

予防可能な病気で失われる人命の数は減少しています。

何より、「子どもの権利」に対する社会の問題意識が大きく変わりました。子どもの権利条約は、史上最も多くの国に批准された人権条約となっています。

 

しかし、「現代の子どもの権利」を守ることはできているのでしょうか?

 

子どもの権利条約が採決された年は、ワールドワイドウェブのシステム(いわいるインターネットのウェブサイトのこと)が生まれた年でもあります。

その頃というのは、気候変動がまだ深刻な問題として一般的に認識されていなかった時代であり、ロボットや自働運転もまだSFの話でしかなかった時代でした。

このようなことを考えますと、現在発生している人権問題を解決するために、子どもの権利条約を進化させることが急務であるように思います。

 

私はいろいろな若い活動家やその保護者と話をしていますが、ネット上での安全が最も懸念していることだという声をよく聞きます。

「リアルの世界での権利」はネット上でも適応されるべきです。特に現代の子どもにとっては不可欠でしょう。ネットが普及する以前に採択された子どもの権利条約からは、この問題への言及が全く無いのです。

プライバシーの権利、ネットいじめからの解放などがその代表格です。

また、比較的新しい考え方ではありますが、必要なデーターを自ら所有し管理する権利を持つことで、子どもたちが主体的により良くインターネットを利用できるようにする環境を保障することも必要となってくるでしょう。

 

ネット上で子どもたちの権利をどう守るかということは重要ですが、そもそもの問題として、インターネットを使えない環境にいる子どもたちがいるということ自体が、大変な問題です。

今の時代、ネット環境が無い状態で勉強しろというのは、あまりにも無理がありますし酷なことです。

インターネットは、視野を広げ学びをより豊かにします。

私自身、支援先のケニアの学校のコンピューター室でそういう光景を目の当たりにしてきました。

世界中の子どもたちに、インターネットを使う権利があるという考え方を当然のものにするべきです。

 

しかしながら、現行の子どもの権利条約の最大の問題点は、未来の地球で暮らす権利が全く書かれていないということです。現行の条約のままでは、目まぐるしく変わる地球環境で暮らしていく権利を保障することが全くできません。

5億人以上の子どもたちが、洪水での危険な浸水が予想される地域で暮らしており、栄養失調に苦しんだり、不安定な環境下で、故郷を離れざるを得なくなってしまう可能性があるというリスクを抱えています。

子どもたちは既に気候変動の危険と隣り合わせの状態となっています。

多くの世論調査で、若者たちが「気候変動が最も気にかけている社会問題である」と答えています。気候正義を世界にもたらすということは、世界の子どもたちに正義をもたらすということでもあるのです。

 

もちろん、現行の子ども権利条約の条文や理念がこの世界で実現しているとは言い難く、まだまだやるべきことがあります。

しかし、現実がどうこうということとは別次元の問題として、子どもの権利とは何かということを常に問い直すということは重要です。

子どもの権利条約は、ただの条約ではありません。生きている条約なのです。

採択して、各国が批准するというだけでは、その取り組みは全く充分ではありません。

常にこの条約を最大限行使できるよう努力し、必要があれば時代に合わせて刷新することも検討し、もし改正が成された場合は、その新たな条文も含めて、この条約を各国が厳守するべきです。

 

変化が激しい現代の世界において、次の30年間に生まれてくる子どもたち、またその次の未来の子どもたちの権利を、いかにして守るかということを、検討するべき時がきているのではないでしょうか?

 

参考リンク

 

子どもの権利条約について

http://www.ftcj.com/get-educated/rights.html

 

インターネット接続を人権と認めようと呼びかける動き

https://www.afpbb.com/articles/-/2812438

 

気候変動に関するユニセフのレポート

 

https://www.unicef.or.jp/news/2015/0351.html

 

 

 

 


オーストラリアのジュリア・ギラード元首相が、今の若い世代に伝えたいこと

WE Dayワシントンに登壇した、ジュリア・ギラード元オーストリア首相。

ジェンダー平等や、社会に対して声を挙げることの大切さを若者たちに訴えました。(清田)

 

https://www.we.org/en-CA/we-stories/we-day/julia-gillard-we-day-washington


 

世界中の議員のなかで、女性の議員はわずか24パーセントしかいません。

平均値的に、女性の労働者は、同等の仕事をしている男性の労働者と比べて、労働者としての法的権利が4分の3程度しか保障されておらず、不安定な状況で仕事をしています。

アメリカにおいては、「フォーチュン誌が選ぶ500人のCEO」のなかで、女性の比率はわずか5パーセントです。

しかし、最低賃金の職種に従事している労働者の60パーセントは女性という、明らかに不公平な現実があります。

 

史上初の、そして唯一のオーストラリアの女性首相(2010年~2013年)で、職場での女性の権利向上を目指す社会運動に長年携わってきたジュリア・ギラードは、この現状を良い状態とは到底言えないと考えています。

 

女性にとって、世界が平等な場所にはなっていないということは、ギラードがメルボルン大学の法学部の学生だったときから持っていた問題意識でした。

 

「こんな世の中はおかしい!」という問題意識を、社会を渡り歩いていくための批判的思考に昇華させて、それを武器にしながら、弁護士業界や政界でのキャリアを積み重ねていきます。

 

首相職からは退いたギラードですが、女性の権利擁護の活動を通じて、いまも社会をより良くしていくために奮闘しています。平等な社会を目指して根気強く活動しようと、次世代を担う若者たちにも呼びかけています。

 

WE Dayワシントンに登壇したギラードに、現代の若者に対して抱いている揺るぎない信頼感や、世界を変えるためのアドバイスを聞きました。

 

ギラード首相がインタビューで語った言葉

 

女性の権利の問題についてなぜこれほど拘っているのかと言いますと、私が大学生の時、女性が平等に扱われていなかった歴史について学びました。

しかしまあ、「今の時代、こんな問題は自然消滅するんだろう」と思っていたんですね。みんながこの問題を今では認識している訳だから、女性とか男性とか関係なく平等になる時代がくるのだろうと。

 

20歳のときは、「この問題は私が40歳になるころには解決しているだろう」と思っていました。

現在、私は40歳なんてとっくに過ぎてしまったのですが、まだ平等な世界をつくるために闘っています。

私自身は、光栄にも、国家を政治的に率いるという役割をオーストラリアの国民から仰せつかったこともある訳ですから、変革を起こすために活動し続けるということが私の責務だと思っています。

 

率直に言って、若かった頃の私は愚かでした。問題は放っておいてもそのうち解決すると思っていましたから。

今の若い人たちは、問題についてきちんと認識しているだけでなく、熟慮して世界を変えようとしています。

 

当然のことながら、社会を変えるには、それを実現するための方法論について考えることも重要です。

ですから、若い人たちに、社会変革を単なる理想論ではなく、本当に実現してもらうために、様々なスキルを身につけてもらうことが重要です。

スキルを身に着けてもらえれば、今の若い世代が、ジェンダー平等を実現してくれると確信しています。

 

誰もがジェンダー平等についてできることにひとつに、自分たちの日頃の振る舞いについて考えてみるということがありま

す。会議だとか、教室とか、スポーツ中とかで、そこにいる全ての人を平等に扱うことができているかどうかということですね。例えば、『男性の発言の機会が女性より多くなっていないか?『女性の意見は無意識的に不当に評価されることが多くなっているのではないか?』とか。誰にも遠慮することなく、全ての人が議論に参加できているかどうかを確認することが必要です。

 

職場やクラブ、社会などで、全ての人が正当に評価され、きちんと責任を担うことができるような場が増え、それを当然のことだとする社会の機運が高まれば、政治や管理職など、リーダーシップを発揮する現場などでの、機会の公平性が性別を問わずに保たれる世の中の実現に近づいていくと思います。

 

今の若い人たちに伝えたいことは、自分には力があるということを知り、声を挙げて欲しいということです。

全ての子どもたちが幸せに暮らし、教育を受けることができるようにするという、当たり前のことを実現するためには、まだまだやるべきことがたくさんあります。

それを実現するのは、今の若い世代だと強く信じています。

 

 

(原文記事執筆: ゾーイ・デマルコ)

 

 


ナタリー・ポートマンの、女性の権利擁護や、Time's Up運動、そして女子教育への情熱

今回ご紹介するのは、ハリウッド映画でもお馴染みのナタリー・ポートマンです。

WE Day カリフォルニアに今年初登壇し、自身が取り組む社会運動などについて語りました。(清田)

https://www.we.org/en-CA/we-stories/we-day/natalie-portman-talks-womens-empowerment-times-up-education-we-day-california

 

ナタリー・ポートマンは、小説、ベビーシッター・クラブ(BSC)の愛読者で、「ここで止めたとして、もう100回ほど読んだことになります」と、WE Day カリフォルニアの舞台の奥の楽屋に移動しながら彼女は言います。

独自のベビーシッター事業を立ち上げる10代の少女たちのグループを題材にしたヤングアダルトシリーズで、どの本も、ページをめくる度に覇気満々と生きる若い起業家の姿が、ポートマンの心に強いく響き、この本の登場人物たちが彼女のロールモデルとなったのです。

 

ハーバード大学の卒業生で、アカデミー主演女優賞など数々の賞を受けた―ポートマンは、多くの人のロールモデルです。

性の権利に対する情熱的な支援者である彼女は、Time’s Up (運動)創設者の1人として名を連ねています。

この運動はME Tooが創設し、女性の安全、公正、品位ある仕事のサポートの支援だけでなく、不公正な待遇にも取り組むために設立された運動なのです。

この運動の目的は、彼女が説明しているように、「女性が身の安全について心配することなく仕事に専念でき、成果を挙げられる、そんな生活ができるようにすることです」。

 

ポートマンは偶然にも長期に渡りWE(フリー・ザ・チルドレン)のアンバサダーを務めています。

この仕事はもともと彼女のごく初期の支援活動がきっかけで始めたチャリティー活動なのです。

ムーブメントとして、WEは人々が共に活動すればもっと良い世界を作ることができると確信しています。

20年以上前にキールバーガー家の兄弟、 クレイグ とマークが創設したこのチャリティー活動は、社会を積極的に変えるために刺激と支援を求める若者を応援する活動をしています。

 

WEと同様に、ポートマンは社会を良くするためには、結束することが重要であることをよく理解しています。「このように女性が大きな姉妹の輪のように結束しているということは、女性のエンパワーメントにおいて重要です」と、この2児の母は語ります。「ここにこそ、私たちの力が生まれます。人口の半分は女性。だから現実に力を合わせれば、それは何にもまして強力な武器と言えます」。

 

物が言えない姉妹たちに代わって声を上げることが今日ポートマンを突き動かしているとはいえ、彼女は自分の周りで起こっている苦闘をいつも知っていたわけではありません。

外側から見えないことがよくあったからです。

「私は、闘いは終わり、私にも平等の権利があるのだと信じるように育てられたのだと思います」と、彼女は言います。「それはまだはるか遠いことだと分かったとき、おとなの仲間入りができたのです」。

 

ポートマンにとって平等を求める運動は、永遠の学習過程なのです。「私は今もなお、女性が様々な歴史的制圧を受けて、十分にその能力を発揮できないでいる状況について―どんなに些細なものであっても―学んでいます」。

 

認識を深めて行くうちに、彼女は大きな世界に目を向けるようになりました。

アメリカの映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのスキャンダルによってハリウッドの舞台裏での芳しくない行為が世間の目に晒された何年か前に、女性の権利が、ポートマンにはすでに重大な課題になっていました。

 

2011年に彼女は、WEのthe Power of a Girl運動に参加しました。WEのアンバサダーとして、彼女は北米とイギリスの若者を励ましてケニアのマサイ・マラの少女たちの教育のための資金集めをしました。

WEがこの地域で新しく開校したキサルニ女子学校を機に、変化への兆しが見えてきました。

 

4年後、ポートマンはスタディーツアーその学校を訪問しました。この訪問は思いもかけないものになりました。

キサルニ校の卒業生と会う傍ら、在校生にも会い彼女たちから―開発途上のコミュニティでは珍しいことではないとしても―ケニアでは子どもの教育に男女の差別があり、そのために権力にも不均衡が生じているとの説明を受けました。

ここケニアにあって、彼女は不平等が一般的だということを直に目にしたのです。

ケニアの教室であろうと、カリフォルニアの会議室であろうと、同等の権利への戦いは、世界中の女性にとっては同じことなのです。

 

しかし、WE Villagesの開発モデルは変化を引き起こすうえで先導の役を果たしてきました。

コミュニティがキサルニ校で革新的な事をし始めた時、地元の少女たちにも門戸を開きました。

若い女性たちは、ポートマンがこの旅行中に出会った人たちと同じように、教育を受ける機会を大切にしています。

 

彼女たちの一途な情熱によって、ポートマンは新しいものの見方を教えられました。

「いつも学校に行きたくないとか、宿題を嫌がっていたりした自分を思い出します」と、彼女は思い出して言います。

「今、これらの少女たちの誇りと勉強への倫理観を知り、そして彼女たちが教育を受ける恩恵を真摯に受け止めている姿を見て、これまで私に与えられて来た数々の機会に対してより深く感謝しなければと言う気になりました。教育を受けられるなど当然のことと思い込んでいたのを、現実に認識できました」。

 

このスタディーツアーによって、少女の教育に対するポートマンの情熱がかき立てられました。

「この経験に呼び覚まされて、私はすっかり新しい観点から物事を見るようになりました」。

翌2016年、ポートマンは、ミス・クリスチャンディオール の地位を利用してファッションと美のブランド品、Love Chainをオンライン上で販売促進をするチャリティーの先導を切りました。

積極的にオンライン上のやり取りから始めて、このキャンペーンは人々に無償で貢献できることをSNSで提示して欲しいと呼びかけました。

提示の度にディオールはケニアの少女たちが教育を受けられる手助けにと1ドルをWEに寄付しました。

 

ポートマンのWEとの共同支援作業のリストは実際長いのですが、2019年になって初めて彼女は大きなショー:WE Dayに遂に登場したのです。彼女がこのムーブメントに加わって10年が経っていました。

 

何千もの北米、イギリスの若者を結束させてきたWE Dayでは、気迫あふれる発言者や、セレーナ・ゴメス、ビル・ナイ・ザ・サイエンスガイ、チャンス・ザ・ラッパーと言ったアーティストが登壇して、世界を変える若者たちを前に会場を沸かせました。

 

イベントのこの熱狂ぶりを見て、ポートマンは社会に貢献したいという若者の想いが本当に純粋なものだと思いました。

「私たちはみんな、理想主義から出発しながら、歳を重ねるにつれて実用的な考えになったり、飽きたりしていくようです」と、彼女は語ります。

楽観的に見守るか、今一途な決意を固めるべきか、揺れる気持ちのはざまで、女優・ポートマンはWE Day カリフォルニアで出会った、世界を変える世代が作り出す無限の機会に思いを馳せています。

 

彼女は、若者にチャンスが巡ってきた時に到達できる頂点の重要な例として、WEの2人の共同創設者の名を挙げています。キールバーガー家の末っ子の弟クレイグは、WEが設立された時、わずか12才でした)。「クレイグ とマーク兄弟がしたことを見て下さい。2人が30歳代の頃にはすでに大きなムーブメントを起こしていたのです」。

 

ステージから2〜300メートルもある彼女の化粧室でも、1700人の若者の歓声が聞こえてきます。

モニター画面にちらっと目を向けながら、カメラは熱狂的な若者たちの群集を端から端まで撮り続けます。

「大きな共感や思いやりの輪に包まれている若者たちは、この殺伐とした社会への解毒剤です」と、ポートマンは言います。「こんなに思いやりにあふれた若者たちに出会えてとても嬉しいです。」

 

ナタリー・ポートマンのWE Dayでのスピーチ抜粋 

 

いま、私たちは変化を起こすために活動している訳ですが、その変化とは一体何なのでしょう?

 

私にとっては、それは勇気を持って誰かの味方となるということです。具体的に言えば、社会の不正を正し、正義を求めている人たちと共に行動するということです。そして思いやりの輪を広げることです。

 

具体的に私自身が力を入れたいと思っている問題は、少女や女性へのエンパワーメントです。ここにいる多くのみなさんもこの問題に取り組んでいることは知っていますよ!

私はこれまで、WEと共にケニアの女子教育を支援する活動をしたり、Time's Upと共に職場での女性の権利の向上を求める運動をしてきました。

 

少女や女性を支援すれば、地域や社会が変わります。私たちも地域や社会を変えられるのです!でも、その前に、自分たちが変化を起こせる存在だと信じることが必要です。みなさんは、私と一緒にその一歩を踏み出してくれますか?

 

 

 

(原文記事執筆: ゾーイ・デマルコ 翻訳:翻訳チーム  松田富久子  文責:清田健介)


12345>|next>>