移民や難民の人たちと共に、寛大な社会を創ろう!

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/stories/immigrants-generous-canadians/

 

「一番寛大なカナダ人」と聞いて、みなさんはどんな人を思い浮かべますか?

 

「古き良き時代」の精神を知っている団塊の世代の人たち?と思った人もいるかもしれませんが、年齢は関係ないのです。じゃあ、都市部に住んでいる人たちがすっかり忘れてしまった思いやりの心を持っている、地方に住む人たち?

うーん、それも全然違います。一番寛大なカナダ人は、

移民の人たちです。彼らはカナダで最も寄付やボランティアに熱心な社会層です。

 

カナダは他の国よりも多くの難民や移民を迎えていますが、そんなカナダでも、移民や難民が「社会の負担になっている」という認識を持っている人たちがいます。

そのような認識を持ちながら、多くの人がネット上などに移民や難民への中傷を拡散しています。

彼らによれば、「外国人はわが国の雇用を奪い、社会保障を圧迫している」のだそうです。

最新の研究では、そのような主張を覆す移民や難民の実像が浮かび上がっています。

移民や難民の人たちはチャリティー活動や社会問題の解決に積極的に取り組んでおり、そのような活動が、地域をより暮らしやすい場所にしています。

憎しみが社会を覆っているかのように見える昨今ですが、そのような角度からではなく、全く別の角度から物事を見る必要があります。

 

カナダ統計局の調査によれば、移民のチャリティー団体への寄付の平均額は、同等の経済的階層のカナダ生まれの市民の寄付の平均額を上回っています。

低所得層においても同様の傾向が見られます。

4万ドル以下の年収の移民の市民のNPOへの寄付の平均額は、404ドルとなっており、移民ではない同等の経済的階層の市民の寄付の平均額である214ドルを上回っています。

 

お金についてだけではありません。移民のボランティアへの参加率は、既存のカナダ人よりわずかに低いものの、ボランティアとしての稼働時間は平均値を上回っています。

 

移民としてカナダにやってきた市民たちが、社会貢献に対して高い意欲を持っていることは明白ですが、カナダ社会、特にチャリティー団体は彼らを迎え入れることができているのでしょうか?

多くのNPOの活動を支援している「イマジン・カナダ」のCEOを務めるブルース・マクドナルドは、NPOはこのような新たな社会的集団とのより良い関わり方を模索する必要があると指摘します。

ひとつの方法として有効なのは、地域の様々な各種団体によるリーチアウトを強化することです。

 

例えば、メンタリング運動として長い歴史を持つBBS運動はトロントでも活動を行っていますが、参加者の文化的背景が多様なため、型を押し付けるのではなく、文化的背景に配慮したアプローチを展開しています。

 

従来のBBS運動では、おとながひとりの子どもとじっくり向き合うマンツーマンのメンターシップが行われてきましたが、家族ではないおとなと子どもが親密な関係を持つことに抵抗を感じる文化圏出身の親御さんもいるため、集団になって様々なことを相談しあうユースクラブの運営をここでは行っています。

 

みなさんも自分が関わっているボランティア活動やチャリティー団体について考えてみて下さい。

異なる文化に対する配慮をどれぐらいできているでしょうか?

また、その配慮を実効力のあるものにするためにみなさんにもできることがあるはずです。

そして、多様性も大事です。あなたが関わっているボランティア活動の参加者は、あなたが普段社会のなかで接するような多様な人たちが参加していますか?

 

今度資金集めのイベントをやるときは、クリスマスなどのいわいる西暦の祝日だけではなく、多くの移民たちにとっての祝日であり、ボランティアや社会貢献への機運が高まるディーワーリー(ヒンドゥー教の祝日)や、イード(イスラム教の祝日)なども考慮にいれてみると良いのではないかと思います。

 

いまは寄付をする人も減少していることに加えて、新たな景気後退が始まるのではないかということもささやかれています。

そのような現状を考えますと、NPOにとって移民からの寄付やボランティアは、これから欠かせないものになっていくことが予想されます。

 

移民の存在は、寛容な国としてのカナダの評判を高めてくれています。

そのことだけでも、移民の人たちを温かく迎える理由になるのではないでしょうか?

 

 


希望のレインボーを、カナダの津々浦々に!

クレイグのコラムの紹介です。

https://www.we.org/stories/celebrate-pride-across-canada/


1月、12歳のイーサンはバイセクシャルであることをカミングアウトしました。

多様性に富み、プライドパレードを毎年開催しているカナダの首都オタワで育ったイーサンは、「別にカミングアウトしても、大したことにはならないだろう」と思っていました。

問題は、彼が今住んでいるのはオタワではなく、家庭の事情で引っ越しをした、小さい街のアーンプラティアであるということでした。

イーサンのカミングアウトを受け入れたクラスメイトもいたもののの、多くの人から悪い病気を持ち込んだ戦犯であるかのような扱いを受けました。

やがて、イーサンは学校のことを考えるとパニック発作を起こすようになります。

ある日、イーサンは学校の授業を欠席します。学校から職場で連絡を受けた母親のソフィー・スミス・ドレは、自宅に連絡をしますが、イーサンからの応答はありませんでした。

この時、彼女の頭をよぎったのは、頻繁に報じられているLGBTの若者の自殺の問題についてでした。

スミス・ドレは警察と救急隊に連絡をし、職場から自宅に駆け付けました。

 

訳注
 

(LGBT(:レズビアン(L)・ゲイ(G)・バイセクシュアル(B)・トランスジェンダー(T) の頭文字をとったもので、多様な性のあり方の総称のこと。プライドパレードは、LGBTの権利向上を求める行進として、世界各地で行われている。LGBTの権利を求める社会運動の始まりのきっかけとされている、ニューヨークの「ストーンウォールの反乱」が発生した6月に開催されることが多く、6月から7月にかけての一定の期間を、「プライド月間」「プライド週間」と定めている国や自治体もある。今年はストーンウォールの反乱から50周年を迎える年。)

 

ちなみに、この事件はハッピーエンドを迎えます。イーサンは、その日具合が悪くて学校に行けなかっただけだったのです。

スミス・ドレは自宅でイーサンを無事に見つけますが、最悪の事態を覚悟していたスミス・ドレは「息子にとって居心地の良い地域社会をつくろう」ということを決意しました。

スミス・ドレは、アーンプラティアと、隣町であるマクナブ / ブレイサイドの議会に対し、「プライド週間」の制定を求めるキャンペーンを開始します。

 

「トロントのような都市部は、プライドパレードの時期になると街全体が一体となって盛り上がっています。そしてそれがカナダを象徴する光景と思いこんでいるのですが、どこでもそういう光景が見られる訳ではないのです。」LGBTの若者の家族を支援する活動を行っている団体「PFLAGカナダ」のコミュニケーション・ディレクターで、スミス・ドレのキャンペーンにも携わった、オミッド・ラザヴィは言います。

 

バンクーバーやカルガリーなどでは、プライドパレードはお祭り騒ぎです。車道も封鎖され、大勢の人が集まります。このようなパレードももう長年行われていますから、「LGBTの権利を認めるなんて当たり前だとみんな思ってるよね!当然だよね!」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、アーンプラティアのような小さな街は、まだLGBTに関する取り組みは始まろうとしつつある段階なのです。

カナダでは、125か所の自治体で、プライド月間に際して何らかの行事を公式開催していますが、カナダには3000か所以上の自治体があります。

 

小さい街の住民が都市部の住民に比べてLGBTに対して冷たい」という訳ではありません。

ただ、LGBT当事者の存在が都市部に比べると可視化されているとは言い難く、支援も不充分な環境のなかでは、プライドパレードやLGBTの権利向上を求める運動の重要性への理解が浸透しにくいということもまた現実です。

一方で、そのような状況が続けば、イーサンのような小さい街に住むLGBT当事者は孤立を深めていくことになってしまいます。だからこそ、自治体が率先してプライド週間などを制定してLGBTの存在を可視化していくことが重要なのです。

 

スミス・ドレが、LGBTの運動のシンボルであるレインボーフラッグをアーンプラティアに掲げようとキャンペーンで呼びかけたとき、地域のFacebookのグループでは、過激な議論が起きました。

この運動を続けることで、スミス・ドレの栄養コンサルタントの事業に悪影響が出ると警告してくる住民もいました。

しかし、大半の人が運動を支持してくれました。

地元の企業から、レインボーフラッグが描かれたバンパーステッカーやマジックテープ、バッジを無償で提供したいというオファーもありました。

 

2カ月に及ぶキャンペーンの後、アーンプラティアの議会は自治体としてレインボーフラッグを掲揚する決議を可決しました。数週間後、マクナブ / ブレイサイドの議会も同様の主旨の決議を可決しました。

 

 

「カナダの国旗を海外で見ると、カナダ人として安心感を覚えますが、レインボーフラッグを掲揚するということは、その街が愛と希望にあふれているという安心感を与えることになるでしょう。」とスミス・ドレは言います。

 

誰もが生きやすい共生社会を創るためのアクションは、誰でも起こすことができます!

車窓や経営しているお店の看板に、小さいレインボーフラッグを貼ってみるのはどうでしょう?

もしかしたら、みなさんの街はプライドパレードを行うための充分な環境が整っていないかもいれません。

でも、公民館や学校の体育館で、「ミニ・プライド・デー」みたいなイベントを催すことはできるのではないでしょうか?

あなたの自宅で、LGBT当事者が集まる会を催すこともできると思います。

 

6月7日、マクナブ / ブレイサイドの庁舎で、イーサンはレインボーフラッグを掲揚する大役を務めました。

同日の午後、イーサンはアーンプラティアでのレインボーフラッグの掲揚を見届けました。

 

今年、オタワ川沿いの多くの小さな街で、レインボーフラッグが初めて掲揚されました。

多くの人が、オタワ川を、「虹の川にしたい」と言っています。

この動きが国中に広がることを期待したいです。

 

 

 


ケニアのマサイの取り組みから、「新時代の男らしさ」を考える

クレイグとマークのコラムの紹介です。

https://www.we.org/stories/gender-norms-kenya/

 

画像引用元URL https://www.we.org/we-stories-categories/we-founders/

 

最近、メディアのコメンテーターや評論家から、こんなぼやきを聞くことが多くなりました。

「社会の常識や価値観が変わり、男性には生きづらい世の中になってしまった」と。

 

しかし、社会で必要とされる常識というのは、コメンテーターや評論家が言うほどそんなに変わっていないと思います。

いつの時代も、善良な人物であること、他者を尊重することができるといったようなことなどは求められていた訳ですから。

変わったことがあるとするならば、「常識」そのものではなく、社会が様々な問題に対する透明性や情報開示、説明責任をより高い水準で求める時代になってきたということだと思います。

しかしながら、男性が行う様々な行為(性的なことも含めて)に関してより高い水準の責任を負わされるようになってきているということが、男性の「生きづらさ」を生み出しているという問題があるのであれば、それに対処する必要があることも確かです。恐らく、変えるべき常識は、「男の子の育てに関する常識」だと思います。

 

私たちは、ケニアで長年仕事をしてきました。ケニアのマサイの少年たちは、成人すると儀式としてライオン狩りに出かけるのがしきたりとなっていました。

それは、青年たちの強さや我慢強さ、困難に立ち向かう強さを示す場となっていました。

ライオン狩りは、「男としての象徴」であると同時に、「生き延びていくためのスキル」でもあったのです。

ライオンに、家畜を食べられたりしたら、生活の糧を失う可能性もある訳ですからね。

 

ライオンが絶滅の危機に瀕した頃、新たな「伝統」として始まったのが、「マサイ・オリンピック」です。

マサイの「戦士文化」を称えるため、走ったり狩りをしたり、ジャンプをしたりするゲームをしたりします。

このマサイ・オリンピックには、史上始めて、少女たちも「戦士」として参加するようになりました。

 

今の時代のマサイの戦士たちは、その「強さ」を新たな活動や分野に注ぎ込んでいます。

ライオン狩りをしていた最後の世代であるWilson Meikuayaは、少女たちや少年たち児童婚や働きに出るのではなく、学校に行くことができるようにするために、活動家としての活動を続けています。

 

「ある意味では、私は『社会の不条理』という名のライオンを狩ろうとしているのです。そういうことを行うことが、今の時代の『戦士としてのあり方』だと思います。」

 

 

マサイの人たちの取り組みから、先進国に暮らす私たちが学べることは何でしょうか?

もちろん、状況は全く異なります。しかし、私たちも、性規範の問題の繊細さを理解できる新たな世代を育てるために、模索を続けている最中です。

端的に言えば、男尊女卑的な価値観や、性規範に基づいた傲慢な振る舞いをこの世界から一掃しなければなりません。

 

先進国での、「『男らしさ』の呪縛」を打破しましょう。マサイのように、「新たな伝統」をつくるのも良いかもしれません。

 

感情的な弱さを見せる男性のロールモデルを称えましょう。母親を亡くした悲しみ、葛藤、こころの健康に関して苦しんだ過去を告白したヘンリー王子は素晴らしいロールモデルです。

子どもたちが、寝室に貼っているヒーローのポスターを見ながら、「なんでこのヒーローが好きなの?」と聞いてみて下さい。

そして、異なる種類の勇気について話してみて下さい。

人を助けること、そして助けを求めることも、勇敢な行為なのだということを伝えて下さい。

 

男の子たちを、「良き理解者」に育てることが必要です。アクション映画が子どもたちに教えている「男らしさ」とは、物事を動かす立場にいることこそ男らしいということです。

「悪い奴をやっつけて世界を救う」というような具合に。でも現実にはそんなことはありません。

問題と向き合っている人たちの話を聞き、様々な人から学ぶ姿勢を身に着けることの方が重要です。

ヒーローではなく、寄り添う姿勢を持つことの方が人を救えます。

恵まれているのであれば、それを誰かを助けるために使うべきだと教えて下さい。

力を振りかざして物を進めようとするのは間違いであると。

 

チームスポーツは、奪い合いではなく協力することの大切さを教えてくれます。

支えること、目標に向かうことの大切さを教えてくれます。

未来のプロアスリートが、勝利に必要以上に固執せず、相手を称える姿勢を見せたときは、ホームランを打った時と同じように褒めてあげて下さい。

勝利を勝ち誇ちるよりも、人を助けることができるようになることの方が大事だと伝えて下さい。

 

男の子たちに、「他者を支配しなくても、人は強くなれる」ということを教えましょう。あまりにも多くの男性が、#MeTooに対して、敵対的な態度や、ハラスメントめいた言動をしてきました。

もう攻撃な男性はこれ以上この世に必要ありません。

 

私たちがこれから必要としている男性は、女性に対して無意味な野次やお説教をしている他の男性たちに、それは間違っていると注意できる男性です。

男らしさとは、闘いに勝つことではないということではないということを男の子たちに教えることが必要です。

マサイでの狩りが、もうライオン殺しではないということと同じように。

 

会での常識が変わったという訳ではありません。しかし、いまの状況は、次世代を担う少年たちを、きちんと自分の行動に対してきちんと責任を担えて、自分が為すべきことを理解できる男性に育てることができるチャンスです。本当の男らしさをいま教えましょう!

 

 

 

 

 

 


12345>|next>>