亡きあともこの世に息づく、ネルソン・マンデラの教育への想い

今年はネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領生誕100

年の年です。生前のマンデラと親交のあったクレイグと

マークは、在りし日の同氏を想いつつも、「次のマンデラ

」たちを見つめています(清田)

 

https://www.we.org/stories/on-mandelas-centenary-his-legacy-of-education-lives-on/

 

5年前、太陽が降り注ぐ南アフリカの地に降り立ったクレイ

グは、同国の英雄の葬儀に参列し、南アフリカの国民と共

に英雄の死を悼みました。

 

ネルソン・マンデラは、もしいまも存命であれば、今月に100

歳の誕生日を迎えていました。彼の数多くの功績をここにす

べて記すことなどできる訳ないのですが、私たちの視点から、

マンデラ最も大きな功績について触れたいと思います。その功

績とは、クレイグがマンデラの故郷の村で、悲しき時を過ごした

中で、村の子どもたちの瞳から感じた希望でした。その希望は、

紛れもなくマンデラから受け継がれたものでした。大統領、そし

て反アパルトヘイトの活動家であったマンデラは、南アフリカの

国民に初等教育を受ける権利と機会を保障するという、革命的

偉業を成し遂げました。それは、マンデラの自身の人生を変えた

贈り物を、南アフリカの次の世代を担う子どもたち全員に贈るとい

うことでもありました。

 

マンデラの両親は非識字者でしたが、敬虔なキリスト教徒

であったマンデラの母親は、彼を日曜学校に通わせていま

した。マンデラはそういった面では恵まれていました。アパ

ルトヘイト体制下では、黒人の子どもが教育を受ける機会

というのは稀だったのです。マンデラの生誕100年を祝いつ

つ、「次のマンデラ」がいまこの世界にどれほどたくさんいる

のかということに、私たちは思いをはせています。教育によ

ってエンパワーメントされ、偉業を成し遂げる準備をしている

若者たちのことを。私たちが出会った、家庭や地域、そして世

界に変化を起こしている若者を少し紹介します。

 

インドのラジャスタン州の農村部には、女子教育を「時間の

無駄」として軽視する風潮が根強くあります。マムタ・ロハー

の両親は、その考え方に賛同しませんでした。この「不服

従」は功を奏しました。10歳だったマムタは、授業で水感

染症について学んだあと、両親に飲み水を良く沸かすよ

う説得しました。すると、家族の健康状態は劇的に改善

しました。マムタはまだ高校生にはなっていませんが、将

来は大学で医学を学び、たくさんの人の命を救えるように

なりたいと考えています。

 

5歳の時、フランシス・ネイモードゥは基礎的な電子工学

を独学で学び、ケニアのマサイ・マラ村の自宅で共に暮

らす家畜を、夜間の略奪者から守るために、応急処置的

な照明設備を整備しました。思春期の頃には、何でも修

理できる「村の便利屋さん」になっていました。2017年、

自宅近くに、村内初の中等教育機関であるネグロット高

校が開口した際、フランシスは猛勉強して、350人以上の

志願者の中から、33人の合格者のうちの一人に選ばれ

ました。現在高校1年生のフランシスは、将来は村の構

造的課題を解決できるエンジニアになりたいと考えています。

 

カナダでは、教育を当たり前のように受けられると思われが

ちですが、そんなカナダにおいいても、地域内での学校教育

の保障を求めて、闘っている人たちが未だにいます。

 

チェルシー・ジェーン・エドワーズは、自身の高校時代を、地

元の先住民地区、アタワピスカトでの新しい小学校建設を求

める運動に費やしました。2014年、甥っ子が新しく開校したア

タワピスカト小学校に入学する姿を見た時、チェルシーは涙を

流しました。しかし、小学校建設運動の勝利はチェルシーにと

っては始まりにしか過ぎません。現在、チェルシーはNPOの共

同創設者として、すべての先住民の若者に対しての教育の機

会の保障を求める運動に携わっています。また、その世界の

実現を目指して、法律も学んでいます。

 

カナダのバージェットに住む、17歳のマリアム・サッバーフは、

教育を受けたことで社会に前向きな変化を起こすことができた

と言います。

 

マリアムは地元の小学校に通う生徒たちの相談役を務め

ています。また、自身の通う高校に対して、エネルギー対

策と気候変動対策を講じるよう求めるロビー活動を行い、

成功を収めました。さらに、カナダに住むシリア人難民を支

援するための寄付を募る募金活動を行いました。来年から、

マリアムはマギル大学で国際経営学を学び始める予定です。

「地球という村を良くしていくという、私のライフワークを続けて

いくために」

 

マンデラの精神は、このような素晴らしい若者たちの中で生

き続けています。マディーバ(マンデラの愛称)は、そのことを

誇りに思っていることでしょう。

 

 

 


情けは人のためならず

「人を助けたい」という想いを持って行動を起こすとき、私た

ちは誰かを助けてあげようと思いがちですが、行動を起こす

ことで、私たちが学ぶこと、助けられることもたくさんあります。

今回は、そんな体験を糧にしている若者を紹介します。(清田)
 

https://www.we.org/stories/b-c-elementary-school-students-give-back-to-local-community-and-global-community-through-we-schools/

 


 

2016年暮れ、シリアのアレッポに爆弾が落とされた日、勇

気ある7歳のシリアの少女は荒廃した地から平和を願って

ツイートしていました。そのツイートは遠く離れたブリティッ

シュコロンビアのサレーに住むもう一人の若い女性の心を捕らえました。

 

ケンブリッジ小学校7年生のイザベラ・レイのクラスでは、シ

リアでの紛争が現地の若者に及ぼす影響について学んで

いました。その日、イザベラは父親のツイッターのアカウン

トにログインして、シリアの少女、バーナ・アベッドにメッセ

ージを送りました。勇敢な少女が発する戦争の恐怖、そし

て困難な状況であっても抱いている若者としての未来への

希望などを発信したツイートがクラスを引きつけていました。
「彼女の話が素晴らしく、彼女の勇気が希望を与えてくれ

たことやクラスの子どもたちが彼女のことを心配している

ことを伝えたかったのです。」とイザベラは言います。
 
次の朝、イザベラはベッドから飛び起きてパソコンに駆け寄

りました。バーナはすでその日5回ツイートしていました。そ

の全てが、ニュースなどとは違う個人の視点からの体験を

綴ったもので、その多くが生々しいものでした。バーナが厳

しい状況に直面していることを知りイザベラの抱いていた希

望は打ち砕かれました。

 

その時、右上の未読メッセージのアイコンに気がつきました。

「そのメッセージを読んで私の目は涙で溢れました。」とイザベ

ラは言います。 「彼女は戦争の真っただ中にいるようには思

えませんでした。まるで私が助けを必要としていて、慰めが必

要な人のようでした。」

 

イザベラはケンブリッジ小学校のWE(フリー・ザ・チルドレン)

クラブでその出来事を伝えました。それは、イザベラがその

日のケンブリッジ小学校WEのクラブでクラスメートと共有し

た教訓でした。「人はたとえどんなことを経験してもそれを乗

り越え、前を向き、他人を支えることができる。」

 

それは教員のレスリー・バーウォッシュが教室で懸命に育

んできたものでもあります。 彼女は10年ほど前に、地球市

民としての考え方を学ぶ授業の中核としてWEを学校に導

入するために尽力しました。彼女はプログラムのカリキュ

ラムの効果を上げるため、生徒を毎年WE Dayへ参加させ

ています。このイベントで彼らは地域の他の学校の良い影

響を受け、翌年の行動計画へのアイデアを得ることができ

ます。
 


 

彼女は生徒の話題になると、イザベラが特別であることを

強調します。「 教室で授業を受けたすべての生徒がバー

ナにメッセージを送るわけではありません。イザベラは特

別ではありますが、他にも彼女のような生徒はたくさんい

ます。」先生は誇らしげに言います。「イニシアティブを発

揮し、周りのものを変えたいと思う生徒がたくさんいます。

それはWEを通じて育まれたものです。子どもたちは本当

に他人を助け、地球に生きる市民としての役割を果たすことを望んでいます。]

 

学校全体の食糧支援事業や、地域社会の貧困に取り

組むために募金活動をしているイザベラが、WEに参加

するきっかけになったのは彼女の家庭環境でした。

 

ケンブリッジの生徒は、WEクラブに加わるために、エッセイを書か

なければなりません。イザベラは一部の生徒が悪戦苦闘していた

ことを覚えていますが、彼女自身にとってはそれほど難しくはあり

ませんでした。
 
彼女は父親から話してもらったことについて書きました。彼

はイランからの移民で、イラン革命とその後のイラクとの戦

争を乗り越えてきました。彼はイザベラと同じ年齢のときに

カナダにやって来ました。まだ彼女の家族にとっては敏感

な話題でしたが、イザベラは父親が直面した不幸な話の断

片をつなぎ合わせました。

 

 数年後、カナダバンクーバーのダウンタウンで彼女の父親

は図書館員になりました。時折り、イザベラは街へのドライ

ブについて行ってイーストヘイスティングスの貧困を目の当

たりにしました。 「私は初めてドライブしたときのことを思い

出します。そして、私は何がそこで起きているかについて、

両親に尋ねました。」と思い出して暗い表情で話します。
 「パパが、私がドライブで見た人たちがしているのと同じ

苦労をしたことがあるということを知って衝撃を受けました。」

 

その経験をエッセイにイザベラは活かしました。

エッセイを書いたことで彼女はWEクラブに入ることができま

した。彼女は14人の有望なチェンジメーカーとともに多文化

主義をテーマとするイベントを催し、偏見や人種差別の問題

を考えました。地域で食糧を必要としている人への支援活動

を行ったり、WEの国際開発プロジェクトのための募金活動を

行いました。

 

これらの活動がイザベラのような生徒に良い効果をもたら

すのは明らかです。 「私は幼い頃、いつも『私は他人を助

けたい』と言っていました WEは私にとても多くの機会を与

えてくれてきました。」

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ  翻訳:翻訳チーム   

文責:清田健介)


父親を、「お父さん!」としてもっと頼れる社会をめざして

クレイグとマークのコラムの紹介です。


https://www.we.org/stories/breaking-the-stereotype-of-incompetent-dads-on-fathers-day/

 

 

買い物の真最中に、あなたのまだ小さいお子さんが、欲し

かったおもちゃを買ってもらえなかったことに腹を立て、人

目をはばからずに愚図り始めました。周囲の人は黙って

(そうじゃない人もいるかも)こっちに一瞬視線を向けます。

その向けられた目線は、だいたいの場合優しい視線では

ありません。

 

ほぼ全てのお母さんが、自身の子育てを疑問視される視線

を周囲から浴びた経験をしたことがあるかと思います。では、

お父さんはどうでしょう?

 

昨年、ミシガン大学が475人の幼い子どもを持つ母親さんに行

った調査では、10人に6人の母親が、子育てについて恥をかか

されたような経験をしたことがあると答えています。子どもに与

える罰や、夕飯の献立についてまで、あらゆることに関して批

判されたり、頼んでもいないアドバイスを受けたりしたことがあ

ると。

しかし、私たちが引っかかったのは、その調査結果ではなく

調査のやり方、つまり「父親に質問していな

い」ということでした。

 

言うまでもなく(そして残念なことに)、自身の子育てについて

一方的な批判を受けたことのあるお父さんはたくさんいます。

しかしながら、大学の研究者ですら、こういう経験を「女性特有

の経験」と無意識的に判断してしまうのです。このことは、子育

てが父親にとっていかに仕切りが高いものになっているのかと

いうことを見事に表しています。

 

私たちは、子育てに関してお父さんを批判するということを

あまりしません。むしろ、「イクメン」とかいう言葉もあるよう

に、その努力を称賛しています。なぜ、そんな風に褒めら

れるのでしょうか?その理由は簡単です。はっきり言って、

私たちは子育てに関しては最初からお父さんたちにあまり

期待をしていないからです。

 

今の世の中では、「お父さんは家では肩身が狭く、家では

お母さんが幅を利かせている」というような感じのメッセー

ジがあふれています。「ダメな親父代表」というような感じ

の、アニメのシンプソンズに出てくるホーマー・シンプソン

から、最近のマクドナルドのCMに出てきた「お母さんが今

日は外に出てて、子どもに何を食べさせて良いか分から

ずマックにやってきたお父さん」に至るまで、メディアは、

「頼りないお父さん」をからかうことが大好きです。「オム

ツ替えや掃除も一人でできないお父さん」をいつも欲して

います。

 

外でベビーカーを押しているお父さんは、周囲から尊敬のま

なざしを向けられます。まるでそれが偉業であるかのように。

お母さんに対してはそんな風に見向きもしないのに。こういう

ことを、当たり前のこととして私たちは受け入れています。二

歳の反抗している子どもに靴を履かせようとしているお父さ

んが公園にいたら、近くにいる女性たちは助けに行こうとす

るでしょう。もしお母さんが同じ境遇にいても、何も起こりま

せん。「上手くやるだろう」と思われながら人が通り過ぎてい

くだけです。

 

そもそも、さっきも言った「イクメン」という言葉があること自

体、社会が固定観念に縛られていることの現れです。「イク

メンやってます!」と自慢げに言うお父さんもいますが、親

である以上、その責任はパートナーであるお母さんと同等

です。にも関わらず、「イクメンやってます!」なんて言うの

は、自分たちに生まれた命を育てるというよりは、副業のよ

うな感覚で子育てを捉えているような印象も受けます。

 

「『お父さんは子育てに関しては何にもできない』という思い

こみに私たちは縛られています。それゆえにお父さんは何

もしなくなってしまうという、負の連鎖が起こっています。」こ

う語るのは、男らしさを問い直すネットメディア「The Good M

en Project」の編集長のエミリー・ラドゥーサーです。

 

ラドゥーサーは、その負の連鎖を断つ鍵は、「子育ては親

二人の共同作業であり、二人とも同等の責任を負ってい

る」という考え方を、「新しい当たり前」にすることだと言い

ます。

 

父の日は、社会の固定観念を打破し、父親に対する社会

の期待値を高める絶好の機会です。家庭や子育ての担い

手としての父親の存在や献身を祝うことで、これまでの固

定観念から解き放たれた、新たな男性像を社会に示そう

ではありませんか!

 

それを実行するためのアクションは、難しくはありません。父

の日、あるいは母の日に渡すカードから始められます。母の

日のカードは、たいてい家事についてのジョークだったり、普

段の子育てや家事についての感謝を書いたうるっとくるような

モノだったりします。父の日のカードは、たいていお酒ばかり飲

んでいることについてジョークだったり、家でゴロゴロしているこ

とについてのジョークだったりします。その代りに、「怪我した時

に包帯巻いてくれてありがとう」とか、「毎日皿洗いしてくれてあ

りがとう」などということを書いたカードを渡してあげると良いで

しょう。

 

次の問題が、プレゼントです。父の日そして母の日は、批判

的に見れば最も性規範に縛られた行事の一つで、その象徴

となっているのがプレゼントです。お父さんにはネクタイを

(『大変なお仕事頑張って』というある種の性規範に基づい

て)あげることが多いです。一方、お母さんには、家具だっ

たり、家族に関連するプレゼントが多いですね。子どもた

ちが写っている写真を収めた写真立てだったり。お父さん

もそういう写真が欲しいかもしれません。家で使う新しい皿

洗い機が欲しいかもしれません。こういうプレゼントは、決し

てお母さんだけのモノではないですよ!

 

最近、「〇〇という病」という表現で社会の病理を表現

する言い方が流行っていますが、私たちは、「男らしさ

という病」が社会を覆っていると思っています。私たち

は、この病が社会から消え去り、より自由で多様な男

性像について前向きな議論が新たに起きることを願っ

ています。父親としての信頼や期待を社会全体でお父

さんに与えることができ、それにお父さんが応えられる

社会をつくっていくということも!

 

 

参考リンク

 

ミシンガン大学が行った母親への調査(英語)
 

https://www.sciencedaily.com/releases/2017/06/170619092158.htm

 

子どもたちに何を食べさせて良いか分からずに困っている

お父さんを描いたマクドナルドのCM(英語)

 

https://www.youtube.com/watch?v=u22R4FAepCU

 

※ 今回、「父の日、あるいは母の日は性規範に縛られたイ

ベント」という指摘もコラムの中であったが、この性規範を問

題視し、父の日、あるいは母の日の存在そのものに批判的

な立場を取っている識者もいる。(一つの視点として参考にし

ていただければ!)
 

http://blogos.com/article/229893/

 

 

 

 

 

 


12345>|next>>