女子教育が、世界を救う?

 

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/stories/the-incredible-benefits-that-come-with-educating-women-and-girls/

 

10月11日は国際ガールズデーでした。

 

もしも、「貧困の解消もできて、過激主義への対抗策にもな

って、気候変動対策にもなって、世界の保健状況も改善でき

て、食糧供給の安定化にもつながる、これを全部一発で夢の

ような解決策がある」と言われたら、みなさんどう思いますか?

 

実はそれこそが、女子教育の威力なんです!女の子たち

は、この世界の救世主になる可能性を秘めているのです!

 

この20年間、女子教育の問題には目覚ましい進展が見ら

れましたが、世界には未だに1500万人の、「教室に通った

ことのない」学齢期の女の子たちがいます。教育を受ける

権利を全ての子どもに保障するために、私たちはこの状況

を改善するべきです。これはもう絶対的に正しい世界の真

実なのです!と、書いてはみましたが、本音ではこう思って

いる方もいるかもなあと思っています。「こういう類の意識高

い系の話はもう聞き飽きたよ」と。。ごめんなさい、確かに私

たちは仕事柄、意識が高そうなことを言うことも多々あります。

しかし、女子教育の推進は、「意識が高そうな人たちの表面的

な理想論」ではなく、極めて合理性の高い政策でもあるのです。

女の子たちは、地球上の様々な問題を改善する原動力となる

力を持っています。教育の平等化が、女の子の底力を引き出

し、劇的な変化を起こすことが、研究でも明らかになっています。

 

女子教育によって、武装主義や過激主義に反発し抵抗す

る態度を養うことができます。開発途上国の地域では、教

育レベルの高い女性ほど、タリバンのようなテロ組織を支

持する割合が低下します。統計的に、過激派を支持する

女性の割合は、同等の教育を受けた男性に比べて低くな

っています。これは、メリーランド大学の研究者がパキス

タンで行った調査で明らかになったことです。

 

世界中が、豪雨や台風などの災害で悩まされているいま、

女の子は気候変動との闘いの希望の光になってくれるかも

しれません。教育を受けた女の子は、家庭や地域で強い影

響力を行使し、国の政策転換にも強い影響力を及ぼす存在

となる傾向があります。地域で、国で、そして国際的な政策

決定の場においても、女性は気候変動政策に積極的意で、

温室効果ガスの削減や再生可能エネルギーの推進に前向

きな傾向があります。

 

ワシントンの政策シンクタンク、ブルッキングス研究所によ

れば、女の子の修学期間が長い国ほど、気候変動や自然

災害政策がより良いものになっているといいます。また、議

会に女性の多い国は、環境関連の国際条約の批准率が高

くなっているといいます。じゃあ女性の政界進出を進めようと

いうのであれば、そもそも女の子に学校に行ってもらわない

と話になりません。

 

女子教育には、医療的な効果もあります。女性の教育レベ

ルが家族の健康に比例するということはよく知られています

が、女子教育がワクチンに匹敵する効果を発揮するというこ

とは、あまり知られていないかもしれません。ザンビアで行わ

れた研究によると、小学校卒業以上の学力を持つ女の子は、

そうでない女の子に比べて、HIVやエイズの感染予防に関する

知識を身につけている割合が5倍程度高くなっています。また、

女の子が教育を受けていない場合、エイズの感染率が2倍上昇

することも研究で明らかになっています。

 

教育は、若者の心を育てる肥料ですが、食物も育てられる

んです!ケニアの研究では、男性と女性が同等の教育を受

けている農村部では、作物の収穫量が、女の子が学校に行

っていない農村に比べて、22パーセント高くなることが明らか

になっています。

 

想像してみてください。女の子が学校に通う支援をすると、

テロ対策や気候変動対策、感染症の予防や食糧供給の安

定化にも貢献しているのです。教育支援にはこれだけの効

果があります。教育によって開花する「真の女子力」をみな

さんの力で世界で花開かせてみませんか?

 

 


「地球規模で考え、地域で行動する」を実現するために

 

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/stories/speaking-out-about-social-injustice/

 

移民の子どもたちが、厚いフェンスに覆われた収容施設に

収容されている。。こういうことを書くと、アメリカでのことに

ついて言っているかのように聞こえるかもしれませんが、私

たちが冒頭書いたのはカナダの収容施設の風景です。

 

今年の夏、アメリカに渡ろうとした大勢の子どもたちが親

から引き離されているという事態に、多くのカナダ人が同

情しました。そして、「この子たちを救うために、私たちは

何ができるんだろう?」と自問自答しました。しかし、現実

的には私たちはアメリカの投票権もなく、アメリカの政治家

に影響を与えることはほぼ不可能です。しかし、自分たちの

足元を見て、「カナダも人のことは言えない」ということを認め

ることはできるでしょう。

 

カナダでは毎年、150人の移民の子どもたちが収容されて

います。数千人の子どもたちが収容されているアメリカの

規模はけた違いですが、起こっている問題自体はアメリカ

と変わりません。トロント大学の研究では、カナダの移民収

容施設での経験は、子どもたちが深刻な心理的トラウマを

引き起こす要因となっていることが明らかとなっています。

 

カナダ人はアメリカで起こっている問題に対して声を挙げた

りアクションを起こすことができますし、そうするべきだと思い

ます。それと同時に、カナダに来ている難民の人たちを自宅

に招き入れることもできますし、カナダでの定住を求めている

難民の人たちの権利擁護の活動もできるはずなのです。

 

「地球規模で考え、地域で行動せよ」(Think Globally、 Act

Locally)という標語を有言実行しましょう。ニュースを見てい

るだけでも、それはできます。海外ニュースは、自国の問題

について考えるきっかけを与えてくれます。

 

例えば、いまのアメリカではヘイトクライムが増加しています。

白人至上主義者による集会のニュースや、無防備な黒人の若

者が警察に撃たれるといったニュースも、日常茶飯事となって

います。カナダ人は自国の人種問題を軽視する傾向がありま

す。「アメリカと比較すれば自分たちははるかにマシだ」と。し

かし、こういう考えをしている人たちは、人種差別の問題を真

剣に考えているのではなく、つまらないプライドを満たして自

己陶酔しているだけではないでしょうか。

 

現実には、モスクへの放火襲撃事件があったり、市役所の

黒人職員への差別が問題視されたりもしています。また、

警察が特定の人種の人たちを偏見に基づき取り締まってい

るのではないかと懸念する声もあります。

 

警察に対して偏見に関する研修を受講するように求めるネ

ット署名に賛同した後は、あなた自身が持つ偏見にも目を

向けてみて下さい。偏見に関する研修を行っている団体を

探したり、ネットでできることを探してみて下さい。


国際的な惨事に、カナダが関与している場合もあります。イ

エメンで続く内戦で、5000人以上の子どもたちが死傷し、大

勢の子どもたちが餓えに苦しんでいます。内戦の主要当事

国であるサウジアラビアに、カナダは200万ドルの軍事支援

をしています。その支援によって譲渡されたカナダ製の武器

が、現地の武装勢力の手に渡っています。

 

あなたの地元の国会議員に対し、政府が国際法を順守す

るように呼びかけて下さい。人権侵害を行う者への武器の

売却を禁止するよう呼びかけて下さい。また、批判するだけ

なく、行動を起こしましょう。内戦に関与している武器製造メ

ーカーなどに投資していたら、投資をやめましょう。また、製

品を買うのもやめましょう。

 

世界の問題について考えるとき、私たちは自分の国や地域

で起きている問題を無視してしまいがちです。しかし、一切

自分たちと関係がないということはありえません。むしろ、

密接に関係している場合が多いのです。「世界を変えたい

」という想いを持っているあなたに忘れないでいて欲しいこ

と、それは「世界を変える」ということは、「自国や地元をよ

り良くしていく」ということでもあるということなのです。

 

参考リンク

 

批判されたアメリカの移民の親子引き離し政策

https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2018/06/post-1008.php

アメリカで増加するヘイトクライム

https://www.cnn.co.jp/usa/35110628.html

 

白人至上主義の実像

https://www.buzzfeed.com/jp/bfjapannews/heres-how-breitbart-and-milo-smuggled-white-nationalism-2

 

社会問題化している白人警官と黒人との衝突

 

https://www.mag2.com/p/news/211912

 

イエメンで長期化する内戦と、サウジアラビアやイランが関与する背景

 

https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2017/12/1220.html


日本の関連事例

 

日本の入国管理収容所の問題点

 

https://hbol.jp/167711

 

ヘイトクライムではないかと指摘を受けた日本の事例と、社会の反応

 

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/osaka-korean


 

日本による「軍事援助」を懸念する声

 

https://www.kou1.info/blog/diplomacy/post-386

 


日本の司法が人種差別と認定した事例

 

https://www.sankei.com/west/news/160927/wst1609270049-n1.html

 

 


アニー・バーレットを偲んで

先月、社会活動家のアニー・バーレットが息を引き取りまし

た。固定観念に囚われずに誰もが自分らしく生きられる社

会の実現をWE Dayで訴えたアニーとの思い出を、クレイグ

とマークが綴ります。(清田)

 

https://www.we.org/stories/remembering-annie-bartlett/

 

 

 

今回は、アニー・バーレットについて書きたいと思っています。

彼女は私たちの友人で、自分らしく生きることを楽しんでいた

人でした。ビジュアルアーティスト、フォークダンサー、柔道家、

フェミニストなど、多彩な肩書きを持っている人でした。

 

また、社会にある固定観念を撲滅させることに執念を燃や

していた社会活動家でもありました。

 

「私たちは、ジェンダーや肌の色、階層やセクシュアリティー、

年齢だけで括れるような存在ではありません。アニーはいつ

もこう訴えていました。「私たちは無限の可能性を持っている

存在なのです。一個のラベルだけできれいに括られる訳があ

りません。」

 

アニーが胞性線維症(CF症)を抱えた生涯を送ったことは、

彼女の活動を語るうえであえて特記するべきようなことでは

ありませんが、そのことが、彼女が多くの人に自身の経験を

語るきっかけになったということも事実です。

 

アニーはメイク・ア・ウィッシュ財団にどんなことでも頼むこと

ができました。ハワイでバカンスしたいとか、有名人と過ごし

たいとか、十代の子がいかにもやりたいだろうなあと思うこと

を。しかし、アニーにとっては、WE Dayの舞台でスピーチをす

ることが、悲願だったのです。そのことを聞いたクレイグが、病

室のアニーをサプライズ訪問して、スピーカーとして登壇しても

らうことが決まったということを知らせました。他には、自身が抱

える遺伝性疾患についての啓発の重要性、重症疾患を抱えて

いる人たちに押し付けられがちな、「かわいそう」というレッテル

を剥がしたいということなどを話していました。

 

 

「せっかく素晴らしい贈り物を与えられているのに、それを人

助けのために使わない人がいるなんて不思議でしょうがない

です。」アニーはよくこう言っていました。

 

アニーは、豊かな表現力という自分の贈り物を、他の人を

助けたいという熱意を実現するために使っていました。ファ

ンドレイジングに協力し、薬を服用し、肺理学療法などの治

療も行いながら、講演活動を続けていました。「こういう活動

をしていると、私を19年間苦しめてきた病気も打ち負かして

しまうぐらいの力を得られているような気がします。」アニー

はそう言います。「かわいそうな病気の子」は、物事をそうい

う固定観念よりも、もっと幅広い視野で見てと訴えていました。

 

アニーの両親は、他者を助けることで、アニーも助けられて

いたと語ります。私たちは、困難に直前している若者(に限ら

ないかもしれません)を見ると、反射的に、「助けてあげなきゃ」

と思ってしまいがちです。でも、時には彼らだって助ける側にな

りたいのです。生きる目的を見つけるために。そして、自分の道

を切り開いていると実感するために。利他主義的な行為が、困

難な状況に対する希望や対応力を見いだすための助けになる

ということは、科学的にも証明されています。

 

「CF症について良いことは、正直何も言えません。」アニー

はこう言っていました。「でも、どんなに悲惨な状況でも、そ

の中で良いことを創り出すことができるということは知って

います。」

 

カナダのジャスティン・トルドー首相は、2016年にオタワで開

催されたWE Dayに登壇した際、アニーと面会しました。この

コラムのために、トルドーが若き活動家についてのコメントを

寄せてくれました。

 

「強く情熱的な若きリーダーとして、アニーは多くのカナダ国

民を助け、奮いたたせるために、声を挙げてきました。」トル

ドーはこう称えます。「アニーは、病気を抱えていきている人

たちは、診断書だけでは推し測ることのできない、素晴らし

い人生を力強く歩んでいるのだと教えてくれました。アニー

の功績は、前向きで希望にあふれた彼女のメッセージの中

で、これからも生き続けていくでしょう。」

 

 

 

アニー・バーレットは、8月8日に、20歳で亡くなりました。

友人と家族は、アニーの人生を祝したパーティーを開催

しました。その数カ月前、愛する人と結婚したばかりでした。

 

「こうやって笑っていられることが、物凄い奇跡なんです。」

アニーは今年の春、こう言っていました。「私の人生、恵ま

れているなと思います。」

 

アニーの願い、それは自分の人生から得たモノを多くの人

と共有することでした。その願いは、世界をより輝かしく、優

しい場所にしたのです。

 

CF症について
https://jcfn.jimdo.com/嚢胞性線維症-cf-とは/


メイク・ア・ウィッシュ財団について

http://www.mawj.org/about/make-a-wish-story.html

 


12345>|next>>