ナタリー・ポートマンの、女性の権利擁護や、Time's Up運動、そして女子教育への情熱

今回ご紹介するのは、ハリウッド映画でもお馴染みのナタリー・ポートマンです。

WE Day カリフォルニアに今年初登壇し、自身が取り組む社会運動などについて語りました。(清田)

https://www.we.org/en-CA/we-stories/we-day/natalie-portman-talks-womens-empowerment-times-up-education-we-day-california

 

ナタリー・ポートマンは、小説、ベビーシッター・クラブ(BSC)の愛読者で、「ここで止めたとして、もう100回ほど読んだことになります」と、WE Day カリフォルニアの舞台の奥の楽屋に移動しながら彼女は言います。

独自のベビーシッター事業を立ち上げる10代の少女たちのグループを題材にしたヤングアダルトシリーズで、どの本も、ページをめくる度に覇気満々と生きる若い起業家の姿が、ポートマンの心に強いく響き、この本の登場人物たちが彼女のロールモデルとなったのです。

 

ハーバード大学の卒業生で、アカデミー主演女優賞など数々の賞を受けた―ポートマンは、多くの人のロールモデルです。

性の権利に対する情熱的な支援者である彼女は、Time’s Up (運動)創設者の1人として名を連ねています。

この運動はME Tooが創設し、女性の安全、公正、品位ある仕事のサポートの支援だけでなく、不公正な待遇にも取り組むために設立された運動なのです。

この運動の目的は、彼女が説明しているように、「女性が身の安全について心配することなく仕事に専念でき、成果を挙げられる、そんな生活ができるようにすることです」。

 

ポートマンは偶然にも長期に渡りWE(フリー・ザ・チルドレン)のアンバサダーを務めています。

この仕事はもともと彼女のごく初期の支援活動がきっかけで始めたチャリティー活動なのです。

ムーブメントとして、WEは人々が共に活動すればもっと良い世界を作ることができると確信しています。

20年以上前にキールバーガー家の兄弟、 クレイグ とマークが創設したこのチャリティー活動は、社会を積極的に変えるために刺激と支援を求める若者を応援する活動をしています。

 

WEと同様に、ポートマンは社会を良くするためには、結束することが重要であることをよく理解しています。「このように女性が大きな姉妹の輪のように結束しているということは、女性のエンパワーメントにおいて重要です」と、この2児の母は語ります。「ここにこそ、私たちの力が生まれます。人口の半分は女性。だから現実に力を合わせれば、それは何にもまして強力な武器と言えます」。

 

物が言えない姉妹たちに代わって声を上げることが今日ポートマンを突き動かしているとはいえ、彼女は自分の周りで起こっている苦闘をいつも知っていたわけではありません。

外側から見えないことがよくあったからです。

「私は、闘いは終わり、私にも平等の権利があるのだと信じるように育てられたのだと思います」と、彼女は言います。「それはまだはるか遠いことだと分かったとき、おとなの仲間入りができたのです」。

 

ポートマンにとって平等を求める運動は、永遠の学習過程なのです。「私は今もなお、女性が様々な歴史的制圧を受けて、十分にその能力を発揮できないでいる状況について―どんなに些細なものであっても―学んでいます」。

 

認識を深めて行くうちに、彼女は大きな世界に目を向けるようになりました。

アメリカの映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのスキャンダルによってハリウッドの舞台裏での芳しくない行為が世間の目に晒された何年か前に、女性の権利が、ポートマンにはすでに重大な課題になっていました。

 

2011年に彼女は、WEのthe Power of a Girl運動に参加しました。WEのアンバサダーとして、彼女は北米とイギリスの若者を励ましてケニアのマサイ・マラの少女たちの教育のための資金集めをしました。

WEがこの地域で新しく開校したキサルニ女子学校を機に、変化への兆しが見えてきました。

 

4年後、ポートマンはスタディーツアーその学校を訪問しました。この訪問は思いもかけないものになりました。

キサルニ校の卒業生と会う傍ら、在校生にも会い彼女たちから―開発途上のコミュニティでは珍しいことではないとしても―ケニアでは子どもの教育に男女の差別があり、そのために権力にも不均衡が生じているとの説明を受けました。

ここケニアにあって、彼女は不平等が一般的だということを直に目にしたのです。

ケニアの教室であろうと、カリフォルニアの会議室であろうと、同等の権利への戦いは、世界中の女性にとっては同じことなのです。

 

しかし、WE Villagesの開発モデルは変化を引き起こすうえで先導の役を果たしてきました。

コミュニティがキサルニ校で革新的な事をし始めた時、地元の少女たちにも門戸を開きました。

若い女性たちは、ポートマンがこの旅行中に出会った人たちと同じように、教育を受ける機会を大切にしています。

 

彼女たちの一途な情熱によって、ポートマンは新しいものの見方を教えられました。

「いつも学校に行きたくないとか、宿題を嫌がっていたりした自分を思い出します」と、彼女は思い出して言います。

「今、これらの少女たちの誇りと勉強への倫理観を知り、そして彼女たちが教育を受ける恩恵を真摯に受け止めている姿を見て、これまで私に与えられて来た数々の機会に対してより深く感謝しなければと言う気になりました。教育を受けられるなど当然のことと思い込んでいたのを、現実に認識できました」。

 

このスタディーツアーによって、少女の教育に対するポートマンの情熱がかき立てられました。

「この経験に呼び覚まされて、私はすっかり新しい観点から物事を見るようになりました」。

翌2016年、ポートマンは、ミス・クリスチャンディオール の地位を利用してファッションと美のブランド品、Love Chainをオンライン上で販売促進をするチャリティーの先導を切りました。

積極的にオンライン上のやり取りから始めて、このキャンペーンは人々に無償で貢献できることをSNSで提示して欲しいと呼びかけました。

提示の度にディオールはケニアの少女たちが教育を受けられる手助けにと1ドルをWEに寄付しました。

 

ポートマンのWEとの共同支援作業のリストは実際長いのですが、2019年になって初めて彼女は大きなショー:WE Dayに遂に登場したのです。彼女がこのムーブメントに加わって10年が経っていました。

 

何千もの北米、イギリスの若者を結束させてきたWE Dayでは、気迫あふれる発言者や、セレーナ・ゴメス、ビル・ナイ・ザ・サイエンスガイ、チャンス・ザ・ラッパーと言ったアーティストが登壇して、世界を変える若者たちを前に会場を沸かせました。

 

イベントのこの熱狂ぶりを見て、ポートマンは社会に貢献したいという若者の想いが本当に純粋なものだと思いました。

「私たちはみんな、理想主義から出発しながら、歳を重ねるにつれて実用的な考えになったり、飽きたりしていくようです」と、彼女は語ります。

楽観的に見守るか、今一途な決意を固めるべきか、揺れる気持ちのはざまで、女優・ポートマンはWE Day カリフォルニアで出会った、世界を変える世代が作り出す無限の機会に思いを馳せています。

 

彼女は、若者にチャンスが巡ってきた時に到達できる頂点の重要な例として、WEの2人の共同創設者の名を挙げています。キールバーガー家の末っ子の弟クレイグは、WEが設立された時、わずか12才でした)。「クレイグ とマーク兄弟がしたことを見て下さい。2人が30歳代の頃にはすでに大きなムーブメントを起こしていたのです」。

 

ステージから2〜300メートルもある彼女の化粧室でも、1700人の若者の歓声が聞こえてきます。

モニター画面にちらっと目を向けながら、カメラは熱狂的な若者たちの群集を端から端まで撮り続けます。

「大きな共感や思いやりの輪に包まれている若者たちは、この殺伐とした社会への解毒剤です」と、ポートマンは言います。「こんなに思いやりにあふれた若者たちに出会えてとても嬉しいです。」

 

ナタリー・ポートマンのWE Dayでのスピーチ抜粋 

 

いま、私たちは変化を起こすために活動している訳ですが、その変化とは一体何なのでしょう?

 

私にとっては、それは勇気を持って誰かの味方となるということです。具体的に言えば、社会の不正を正し、正義を求めている人たちと共に行動するということです。そして思いやりの輪を広げることです。

 

具体的に私自身が力を入れたいと思っている問題は、少女や女性へのエンパワーメントです。ここにいる多くのみなさんもこの問題に取り組んでいることは知っていますよ!

私はこれまで、WEと共にケニアの女子教育を支援する活動をしたり、Time's Upと共に職場での女性の権利の向上を求める運動をしてきました。

 

少女や女性を支援すれば、地域や社会が変わります。私たちも地域や社会を変えられるのです!でも、その前に、自分たちが変化を起こせる存在だと信じることが必要です。みなさんは、私と一緒にその一歩を踏み出してくれますか?

 

 

 

(原文記事執筆: ゾーイ・デマルコ 翻訳:翻訳チーム  松田富久子  文責:清田健介)


自分のこころを大切にしながら、幸せに生きていける社会をめざして

多くの人が抱えている、「こころの健康」の問題。しかし、この問題はタブー視されがちな問題でもあります。

今回ご紹介する若者は、その風潮を変えようとしています。(清田)

https://www.we.org/en-CA/we-stories/local-impact/musician-shares-her-mental-health-struggles-and-becomes-advocate-for-change


3年前、Delicia Raveenthrarajanは、ベッドからほとんど起きあがれない状態でした。

中学校時代に不可解な不安や悲しみの発作として始まったものが、徐々に悪化していったのです。

14歳の頃には、彼女は、一日に何度もパニック発作を起こすようになっていました。

でも、そのことをだれにも相談しませんでした。
 

Deliciaは、内には心の問題を抱えていましたが、外では優秀でした。

彼女は、8歳の時から、WE(フリー・ザ・チルドレン)スクールプログラムでボランティアをしてきました。

彼女は、北米中の教室や企業で、女子教育に対する自分の情熱を講演していました。また、

練達のミュージシャンとして、技術に磨きをかけました。

彼女は、歌ったり、ピアノやバイオリン、チェロを演奏したりしながら、学校ではオールAを取っていました。

でも、そういった素晴らしい成果を出す日々に対して、ちょっとうまくいかない日が数日あったものです
 

「それは好調・不調の両極端のようで、中間がありませんでした。」と、彼女は言います。
 

Deliciaは、自分の難題をみんなと共有することには消極的でした。

彼女の周りのみんなは、楽しそうに見えましたし、彼女は、目立ちたくありませんでした。

それで、彼女は、自分のやるべき事に没頭して、元気であるふりをしようとしました
 

13歳の時、Deliciaは、カナダ、オンタリオ州トロント市内のスカボロー地区で、あるWE Day形式のイベントを企画したことがありました。

それは、ケニアの学校建設のために10,000ドルの資金を募るというものでした。

1年後の2015年に、彼女は、スタディーツアーに参加して、その学校を訪れ、自分がやったことの大きな成果を目にしました。
 

Deliciaは、Oleleshwa女子中学校で、その生徒たちに会い、固い友情を結びました。

少女たちは、かつては様々な資源に乏しかったこの農村の村で、学校に通うために克服した難題についての物語を共有していました。

Deliciaは、彼女たちの誰もが、一人でそれをやったわけではないことを理解しました。

生徒たちは、自分たちの中の力に気づいていたのですが、自分たちの周りの人たちにも頼っていたのです。
 

「この旅で、私のものの見方は本当に変わり、自分が価値があると思えるとに集中するようになりました。また、私の幸せは、それらの価値あるものの一つであるということが分かりました。」
 

旅から戻るとすぐに、Deliciaは、音楽の先生、Dr.Tony Leongに打ち明け、自分の悩みを相談しました。

彼女は、勇気を振るって、両親、学校のスタッフや友人たちに、自分がこれまで耐えてきたことについて話をしました。
彼女の家族や友人たちは、協力的であり、彼女は、助けを求めることが新しい戦いになるだろうとは、全く思いもしませんでした。

 

Deliciaは、待ちに待った末、力量の無い専門家と面談することになったのです。

彼らは、明白で時代遅れでさえある症状の特徴、つまり、社会性やコミュニケーションスキルに乏しいといった症状を探そうとするだけでした。

彼女は、こういった特性を何も示さないので、彼女の不安は、いつも見過ごされていました。
 

彼女の記憶によれば、「実際、私を診た医師の一人は、『うーん、あなたは自殺するようには見えないし、健康なはずです』と言い、その時点で診察は終ってしまいました。」
 

「その医者からは、『私たちの診察システムでは、患者が、ギリギリの状態であるとういう前提で、治療することになっています』と言われましたが、私はそれには納得できませんでした。どうしてそんなにひどくなるまで待つ必要があるでしょう?」。
 

Deliciaは、若い活動家としての自分の経験を支えに、主張しました。
 

「WEの活動の時、一人の有色人種の若い女性として、私の声はいつも聞いてもらっていました。私は、自分の意見は価値があるということをWEを通じて知っていたので、どこでも必要な時は声を挙げて良いと思いました。」
 

現在、Deliciaは、回復に向けて、前向きに生きる道を歩んでいます。

彼女には、定期的に会って、良い生活状態を維持することに、これまでより熱意を注いでくれる医師が付いています。

彼女は、こころの健康に対する権利擁護者でもあり、ネットメディアのTeen Vogueやthe mightyに、「立ち直る力」についての記事を書いています。
 「自分の怒りを情熱に変えて、状況を変えるために声を挙げ始めたのです」と、彼女は言います。

 

 

 

 

(原文記事執筆: Chinelo Onwualu  翻訳:翻訳チーム  山下正隆 文責:清田健介)

 

 

 


子どもたちに、読書の楽しさを伝えている魔法の電話ボックス

 秋といえば「読書の秋」! 今回は、ロンドンの小学校で子どもたちに読書の楽しさを伝えている、「電話ボックス型図書館」の取り組みをご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/en-CA/we-stories/local-impact/Aldborough-Primary-School-improves-student-literacy-through-peer-program

 


 いたって普通のロンドンの町を走る、いたって普通のロンドンの通りに立つ、いたって普通のロンドンの学校の校庭に、決して普通ではない電話ボックスがひっそりとたたずんで います。   少なくとも、オールドバラ小学校の WE(フリー・ザ・チルドレン) Club のメンバーたちにとっては。
 
彼ら生徒たちにとって、その電話ボックスは魔法のようなものです。

その彼らの遊び場にしっとりと佇む空間で、女の子たちは悪の勢力と戦う魔法使いに、男の子たちは勉強そっち のけで難破船を捜索する海底探検に出掛けます。
 
 これがオールドバラの電話ボックスアドベンチャーの楽しみ方です。デヴィ、シャーン、 ラハヴィ、リシャーンたちは、オールドバラ小学校の WE Club のメンバーで、みんな6年生 のクラスメートです。

彼女らはたまたまみんな、本の素晴らしさに魅了され  特にファンタジ ー小説  意気投合した仲間で、電話ボックスはそんな彼女たちの憩いの場なのです。
 
 電話ボックスが小さな図書館に姿を変えてから、この場所にはハリーポッターやファントムブルース、ライオンキングやライオンと魔女などの本があふれかえっています。

保護者も子どもたちもみんな、無料で本を借りることができます。

「私たちはいつでも読書に重点を置く学校、本を称賛する学校でありたいと願っています」

オールドバラ小学校の校長スー ザン・マラニーは言います。しかし、この学校の試みは実際、挑戦の連続でした。
 
 オールドバラは、すべてのイギリスの中でも、最も民族的多様性に富んだ地区の一つであるレッドブリッジ・ロンドン自治区にあります。

そのため、生徒たちの多くは英語を第二言語として話し、保護者に至っては、英語に苦労する人も少なくありません。

もしこの電話ボックスの設置前に子どもたちが、家で家族と一緒に本を読むかと尋ねられたら、みんな、答える のをためらったでしょう。

 

 

 


 

 

生徒たちの、読書に対する無関心さ  (教育課程としても単なる趣味としても)  からマラニーは、生徒たちにとって読書を楽しいものにしようという目標を定めました。

「私たちはまず、読書を楽しめる子どもたちと、言われたから読んでいる子どもたちがどれほどの 割合なのか調べ、そのバランスを変えていくことから始めました」。
 
 そう心に決め、彼女は WE Club に向かいました。WE Club は貧困による汚名と戦い、前 向きで健全な気持ちを高める運動や、地元のフードバンクのために食物を集める、といった様々 な活動を指揮する6年生たちによるグループです。

彼らは学校を WE Read Together 運動の 一部として変えてしまい、本をもっと身近なものにし、読み書きを上達させようという画期的なアイディアを考えつきました。

そして、貸し出し可能図書館になった電話ボックスは、 そんな彼らによる最も注目を集めた成功作です。
 
 年に一度、学校では大きなブックフェスティバルがあります。いくつもの箱に入ったたくさんの本が所狭しと廊下に並べられ、興味を持ってくれる子どもたちを待っています。何人かの子どもたちはおこずかいを手に、お目当てを探しに来ます。

11歳のリシャーンによる と、本を交換し合うというアイディアはそこで生まれました。

WE Club のメンバーたちは両 親に寄付を募る手紙を書きました。本が十分に集まると、彼らは電話ボックスに集まり、始まりの第一歩を祝う開会式を開きました。

「みんなが集まり、すぐに興味を持ちました」 開会のテープカットが済むと本に一斉に飛びついたクラスメートたちのことをリシャーンは 話します。「始まるとすぐに親たちも本を手に取っているのが見えました」。
 
 マラニーにとっては、親たちが見せる関心が最も興味深いものでした。

たくさんの両親たちが英語に自信がなく、学校に対して臆病だったので、結果としてめったにに会議や保護者会に出席しませんでした。

しかしこの図書館の出現で、彼らはそういったものに関わろうとする姿勢を見せ始めたのです。

彼女は言います。「今や彼らは学校の終わる時間に図書交換をしにやってきて、話し、笑い合い、本を手に取っています。そうすることでもっと快適に、も っと身近に学校に関わることができています」。

 


 

 


 

サンジェイ・パテルはそうした保護者たちの中のとても貴重な例です。

「私はどう考えても読書好きではありません」 その二児の父親は控え目にそう言います。彼自身、今まで読んでこなかったし、二人の娘  10歳のアニータ、7歳のエミリー  にも読み聞かせなどほとんどしませんでした。

しかし、図書交換した本を彼女たちが家に持ち帰るようになってから事態は変わり始めたのです。

「彼女らは、何を読もうか迷っていました。私が思いもよらないような、面白そうだが難しそうな本を持って帰ってくるのです。しかしそうしたおかげで彼女たちは知らなかった言葉を憶え、自分たちに自信を持つことにもつながっているようです」

今やこの家族は、ほとんど毎晩一緒に読書を楽しみます。

かけがえのない時間とともに、実用的な効果も期待できます。もう、この父親は娘たちが成長するために、読 書は大きな助けであることは間違いないと信じています。
 
 WE Club メンバーはというと、毎日クラスメートたちの変化を目にしました。

ラハヴィは 新しい本を握りしめながら、友達に初めての図書交換の日に感謝されたことを思い出します。

「たとえ家に本を持っていない人達にも私たちの本に対する愛情を広めることができる なんて、とても素晴らしいと思いました」。
 
 オールドバラの学校中に続々と新しい読書の虫が生まれる中、WE Club の次なる計画の 場は、教室に移されました。40名の上級生志願者による、下級生への読み聞かせ、読書仲 間プログラムです。
 
 今日は週に一度の読書仲間プログラムの集まりが昼休みに行われ、一冊の良書を通して、その内容の解釈と出てくる語彙について学び合いました。

上級生たちによって熱い弁論が繰り広げられたことをマラニーは興奮した様子で語ります。彼らは順番に下級生の模範となることを学び、新しい責任を担ってゆくのです。

「読書仲間がいれば、読書はもっと楽しくなります。キャラクターになりきっておかしな声を出したり、ジョークを言い合ったり、もっと本の世界にのめりこめるのです」

11歳のデヴィは言います。「読書を楽しいと思え ることで、些細な物事の面白い一面を再発見することができるんです」。
 
 オールドバラ小学校のホールを歩けば、生徒たちの読書に対する情熱にすぐに気づくことでしょう。

校内で生徒たちと出くわすと、マラニーはよく「最近はどんな本を読んでるの?」 と挨拶代わりに尋ねます。

しかるべくしてその電話ボックス  摩訶不思議な世界の宝庫  は校門近くの校長室の隣に居座り、図書交換のために校庭に出られる日を今か今かと待っています。

ホールの陳列棚には生徒たちの読書感想文が所狭しと飾られています。

きちんときれいな字で書かれたものもあれば、鉛筆で落書きだらけのようなものもあります。

それぞれが本に対する愛情の証であり、その数から全校規模であることが伺えます。
 
「今やみんな本について言葉を交わし、子どもたちは読書仲間を求めています」 マラニーは自信をもってそう言います。「最も重要なことは、生徒たちは読書を楽しんでいるということです」

彼女はオールドバラが読書を称賛する学校であってほしいと望みました。

そして 生徒たち率いる WE Club がそれを実現したのです。

今、教室や校庭、そして新たな読書愛好家世代の発祥地から、読書の輪が広がり始めています。

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ  翻訳:翻訳チーム 沖野圭真  文責:清田健介)


12345>|next>>