【開催報告】テイク・アクション・キャンプ・ジャパン2018夏

8月17日〜21日の4泊5日、静岡県御殿場市で、

「テイク・アクション・キャンプ・ジャパン2018」を開催しました!

 

 

【プログラム】

1日目(8月17日)仲間を知ろう!自分を知ろう!

2日目(8月18日)社会問題を考えよう!(消費者意識)

3日目(8月19日)テイク・アクションデー

4日目(8月20日)アクションプランを考えよう!伝えよう!

5日目(8月21日)仲間のパワーをもらおう!

 

今回は、どんなアクティビティをキャンプで行っているか、ご紹介します!

 

<みんなが安心できるルール作り>

基本的なディスカッショングループは同学年の7-8人で組まれます。

キャンプでは、このグループで活動する際にみんなが安心して過ごすためのルールを、メンバー自身で作ります。

また、各グループで作成したルールを持ち寄って、全体で互いのルールの確認もしました。

 

<ゲストスピーチ>

今回のキャンプのテーマは、「消費者行動」です。

ゲストスピーカーには、西アフリカのベナン共和国でモノづくりをしているChérie COCOから、代表取締役の川口莉穂さん、ベナン現地マネージャーのBelange Bokossaさんをお招きしました。

川口さんはベナンでシングルマザーとの出会いをきっかけに、ブランドを立ち上げ、現地の女性テイラーを雇用し、アフリカ布(パーニュ)を使った浴衣やエプロン、キッチン用品などを作っています。

Belangeさんから、教育制度や社会問題、文化などのベナン全般について、また、川口さんBelangeさんのお2人から、Chérie COCOの活動への想い、活動によってどんな変化が起きているのかお話頂きました。

 

<見つめなおしワークショップ>

自分の人生を見つめ直し、仲間に共有するワークショップを行いました。同じ場所に集まった仲間。

それぞれが経験してきたものはユニークですが、似た感情を抱いた事など、話を聞くなかで新たな発見もありました。

 

<チームビルディングワークショップ>

目隠しをした状態で、チームでゴールを目指すアクティビティでは、コミュニケーションのあり方を考えました。

今回のキャンプには、フィリピンから全盲の学生が5人参加しており、日本語と視覚情報以外での位置疎通を行う必要もあったので、このアクティビティの学びはキャンプ内でもすぐに活用できたようです。

 

<テイクアクションデー

キャンプ地を飛びだして、実際にボランティア活動を行います。

今回は、デイケアセンター・社会福祉法人の喫茶店・観光客案内・富士植林活動の4種類の活動を各団体様のご協力により実現しました。どんなアクションをしたらいいか悩んでいる参加者にとって、まずは一歩を踏み出す経験はとても大きなものです。活動から帰ってきたみんなの顔はとても凛々しいものでした。

 

 

 

<アクションプラン>

まずは、ゲーム感覚でアクションのアイディアを出し、どんなアクションの形があるのかを考えます。

 

その後、個人個人が自分のアクションを考えます。

キャンプカウンセラーが、1人1人と向き合って、つまづきを解消していきます。

 

完成したアクションプランは、全員の前で1人1人発表を行います。

 

 

 

 

<カントリーセッション>

キャンプのスタッフには海外からの留学生がいます。

それらの国を身近に感じられるよう、毎日各スタッフの出身国について知るセッションを設けています。

 

台湾

 

アメリカ

 

ケニア

 

<オリンピックゲーム>

年齢を縦割りで色別対抗のゲームを行い、様々な人と交流しながらリーダーシップスキル、コミュニケーションスキルを磨くアクティビティです。

 

障害者スポーツでもあるボッチャにも挑戦しました。

 

宝争奪ゲーム

 

愉快なリーダーがチームを盛り上げました。

 

<キャンプファイヤー>

全員集まって、歌って・踊って、ゲームをして、

そしてもう少しお互いを知って、自分自身の想いも見つめ返すワークショップを行いました。

 

<タレントショー>

それぞれの得意なことを披露するタレントショーでは、

これまで一緒に過ごしてきたた温かい仲間の声援を受けながら、

参加者のイキイキとした姿を見ることが出来ました。

 

 

 

 

<クロージングセレモニー>

キャンプの最後は、全員が集まってそれぞれの想いを言葉にしました。

様々なバックグラウンドを持った60人以上が集まった今回のキャンプ。

キャンプが終わったら、ここに集まった仲間は、

それぞれの場所、日本全国・そして世界の様々な場所に戻っていきます。

アクションを起こすのは、時には孤独を感じることもあるかもしれませんが、ここで出会った仲間は遠く離れていても互いのアクションを応援し合えるものだと思います。つながりを感じながらキャンプを終えました。

 

 

いかがでしょうか?

行うプログラムも多く、全てを紹介しきれませんが、

少しでもここにあつまったチェンジメーカーの様子が伝われば嬉しいです。

 

変えたい自分がいる

変えたい世界がある

見つけよう自分のチカラ!

Let's Take Action!

 

〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜

 

\初のクリスマスキャンプ開催決定!/

2018年12月25日〜27日の2泊3日、

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン初のクリスマスキャンプ(@神奈川県川崎市)を開催!

 

通常のキャンプと期間は半分。

しかし、1月5日に行われるフォローアップイベントも含む今回のキャンプ。

考えたアクションを、先輩活動家とともにブラッシュアップして、着実に実現へ!

冬休みの始まりと終わりを「世界を変える仲間」と一緒に過ごそう!

詳細はこちらから↓

http://www.ftcj.com/get-involved/workshop/tacj.html

 

 

\2019年度のキャンプスタッフも募集!/

キャンプを支えるスタッフは、大学生!

トレーニングから実践まで、3か月のインターンシッププログラムとして実施しています。

正式な募集は年明け頃開始予定ですが、下記URLよりプレエントリーを開始します。

プレエントリー者には、本エントリー開始時にご連絡させて頂きます。

https://ws.formzu.net/fgen/S33255354/

 

 

 

---------------------------
「テイク・アクション・キャンプ・ジャパン2018夏」
http://www.ftcj.com/get-involved/workshop/tacj2018
●日 程 :2017年8月16日〜21日
●場 所 :国立中央青少年交流の家


●参加者 :41人
      男女比=1:1.4
      小学生7人、中学生22人、高校生7人、フィリピン高校生5人
   
●スタッフ:23人(+4人)
      日本-20人(+4人)、アメリカ-1人、ケニア-1人、台湾-1人

 

●ゲストスピーカー
     :Belange Bokossa
(Chérie COCO/ベナン現地マネージャー)

     :川口莉穂(Chérie COCO/代表取締役社長)

      Chérie COCOは、西アフリカのベナンの職人が作る鮮やかなアフリカ布パーニュを用いたブランドです。     

      https://www.cheriecoco.jp/

 

●ご協力団体様(ボランティア派遣先)
     :ステップ・ワン 喫茶コーナー「ほっと」様
      デイサービスセンターすまいる様

  トレイルステーション様
  ナショナル・トラスト様
      

●過去実施報告は以下から!

2018年春:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1917

2017年夏:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1744

2017年春:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1686
2016
年夏:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1542
2016年春:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1460
2015年夏:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1387
2015年春:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1220
2014年春:http://ftcj.jugem.jp/?eid=1081

 


インドスタディツアーレポート1日目、2日目、3日目

こんにちは。フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)のスタッフとして今年の7月から働いている福井雄一です!

今夏、FTCJ主催のインドスタディツアーが実施され、僕も参加しましたのでご報告します。今回は8月8日〜15日までのツアーで中学生から社会人までの12人が参加しました。

 

1日目

成田空港を出発し、9時間かかってデリー空港に着きました。その後デリーにある宿泊先のホテルまでバスで移動しました。途中、すごい交通渋滞で中々前に進むことが出来ませんでしたが無事ホテルに到着し、みんなで夕食にインド料理を堪能しました!インドと言えば、カレーですね。様々な種類のカレーとナンを薄くしたチャパティを食べました。参加者の皆さんはインドのカレーは辛い〜といいながらも美味しく頂きました。 その後は皆さんと自己紹介ゲームをして早めに就寝しました。

 

 (インドのホテルレストランにて)

  

2日目

参加者の皆さんが楽しみにしていたタージマハル見学!!ついにその日がやってきました。

デリーから車で3〜4時間かけて、タージマハルのあるアグラに無事到着し、バスを降りて専用の「電気自動車」で移動。環境汚染を少しでも食い止めるために、観光地では排気ガスを出さない電気用自動車が導入されています。タージマハルの門の近くまで行きいよいよ、タージマハルの正門前へ。移動者を降り、門をくぐってタージマハルの敷地内へ入りました。タージ・マハルがあるのは、首都デリーからバスで4時間ほどの町、アグラ。 朝早くデリーを出発し4時間程かけてアグラまでバスで移動しました!入場する前には厳重なボディチェックがあります。中に持ち込めないものもあるので、なるべく最小限の荷物で行くのがおすすめです。ボディチェックを問題なくクリアしたらメインゲートに移動します。

 

  メインゲートはこんな感じです!

 

メインゲートを通ると目の前にタージマハルが見えてきます!

そして集合写真をパシャリ皆最高の笑顔です!!

 

 

タージマハルの中に入ることが出来たのですが、タージマハル内部の撮影は禁止でした。しかし、さすがインド、みんなルールを無視して笑顔で写真を沢山撮っていました!皆さん絶対にマネしないでくださいね。タージマハル見学後はお昼ご飯を食べて、3時間以上かけてデリーのホテルに戻り夜ご飯をホテル近くにあるマクドナルドで食べました。インドのマクドナルドでは、牛肉を食べないヒンズー教徒やポークを食べないイスラム教徒が多いため、ビーフやポークは販売していないので、メニューはチキンバーガーかフィッシュバーガーがメインです。

 

3日目

午前中にガンジー博物館を訪問しその後デリー空港へ。午後デリー空港から飛行機で1時間半かけてウダイプールへ移動しました。ウダイプール空港には、FTCJの現地パートナー組織のWEやME to WEのスタッフが出迎えてくれました。空港からバスで2時間以上かけてツアー中滞在する施設ME to WE センターに到着しました。

 

ガンジー博物館

 

ME to WEセンターにバスが到着するとスタッフが 

歓迎のためのお花とウェルカムドリンクをプレゼントしてくれました。

 おでこに赤いビンディを塗ってくれました。

 

 

初日夕食の様子です。バイキング形式で 

チャパティ、カレー、ピザ、ドリアなどバラエティー豊かな夕食を堪能することがでました。 


インドスタディツアーレポート6日、7日

実施したインドスタディツアー報告第3弾!
今回は6・7日目についてです!
(4日目、5日目のこちらから!)

 

6日目

ボリウッドダンスダンスに初挑戦。ボリウッドダンスとはインドの古典的舞踊にヒップホップフォークダンスなどのさまざまな要素を取り入れたもので、明るい音楽に合わせて大人数で踊るダンスです!音楽もとてもテンポが良く、とても楽しかったです。

 

 

インド定番のサモサ作りなどクッキング教室にも参加しました。

               

ラジャスタン州に伝わる伝統の絞り染めなど、職人さんから直接教わって絞り染め体験をしました。

 ゴムで止めた白い布に希望した色を付けて。ゴムを外すと

 

絞り染めの完成です!ゴムで止めていた真っ白な布を外すと模様が出来ていました!!

 

 

ヘナタトゥーも体験することが出来ました!

 

 

午後はFTCJが支援している別のコミュニティ、ヴェルデラ村を訪問しました。私達が宿泊しているME to WE センターから約30分ほどで到着。バスから降りると学校の生徒が歓迎してくれました。小、中高一貫の学校で1年生から12年生までの学生が学校に通っています。

 

このヴェルデラ村とパートナーを組み、WE(旧フリー・ザ・チルドレン)の「村の自立を応援しよう!」という開発支援プログラムを実施することで、子どもが教育を受けることを阻む環境を改善しています。現在ではパソコン教室や職員室、きれいなトイレが建設されました。また新たな支援によっていくつかの教室が建設途中で、現在は模範校として注目されている学校になっています。

 

子どもたちと交流したり

 

子どもたちとボリウッドダンスを一緒に踊ったり、楽しく時間を過ごしました。

 

 

 

 

今回、FTCJのスタッフとして参加させて頂いた福井も学生時代にインド学校建設プロジェクトを立ち上げ沢山の方々からご協力を頂き、資金調達をしてのヴェルデラ村に学校を建設することができました。実際に建設された学校を始めて見ることが出来ました。ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

 

 

夜は皆でパーティーをしました。伝統的な音楽や踊りを体験することが出来てとても楽しかったです!

サリーやクルタに着替え皆で記念撮影

 

ウダイプール伝統的な音楽鑑賞や

 

ウダイプール伝統の踊りを体験できました!

 

 

ご飯もすごく美味しかったです!

スイーツからカレーなど沢山の豪華な食事を堪能できました!

 

 

7日目 最終日はウダイプールで観光やお買い物をし

 

 

ウダイプール空港を出発し、デリー空港で国内線から国際線に後次、朝の10時半頃に成田空港に到着しました。

スタッフを含め13人で1週間をインドで過ごし、インドの文化や生活に触れることができ、参加者同士で意見を共有したり、大きな学びを得ることができました。子どもの権利も守られていない子どもがインドには沢山いて驚くことも沢山あったと思います。

今回学んだこと、経験したことを、家族や友人に共有し、もし自分にできることが見つかったら少しでも行動して欲しいと思います。参加してくださったみなさん、ご家族のみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


12345>|next>>