インドの農村部で起きている「水の革命」

これまで、水の衛生状態が良好とはいえなかったインド・ラジャスタン州の農村部。

しかし、インフラの整備や現地の村びとの特段の努力により、その状況に変化が起きています。(清田)

https://www.we.org/en-CA/we-stories/global-development/clean-water-revolution-in-india-empowers-women

 

 

 

ランバ・バイは、インド北部にあるラジャスタン州農村部の彼女の家を出発し、10歳の時から毎日してきた旅に今日も出ます。45年間、彼女は頭に粘土の瓶を乗せて運び、それらを水で満たしに村の井戸まで歩いてきました。

WE Charity(フリー・ザ・チルドレン)は現在、飲む前に水を煮沸するというもう一歩のステップ加えるようランバに頼んでいます。これは水系感染症を撲滅するための包括的な支援の一部です。

ランバのような女性は往々にして、このような支援事業には懐疑的な見方をしていることも多いです。

 

 

ランバには3人の成人した子どもがいます。彼女は最初、家族が病気になった時にそのことを知るだけでした。

その病気の発生源が水源によるものかもしれないとはわからなかったのです。

通訳を介してランバは頻繁な屁、食欲減退、熱と慢性的な胃痛を説明します。

そして、彼女はこの辺りで最も一般的な症状を指すswargh、メーワーリ語で「重苦しい」という意味の言葉を用います。

それは、この地域の様々な胃腸の病気一切合切のことです。

 

 

水に関する支援事業は、ただ単に井戸を掘って深くする以上の、包括的かつ重層的なものでないといけません。

インフラの整備は重要ですが、それだけでは人々の行動を変えないからです。

ラジャスタン州は砂漠の地帯で、地下水位が低いという実情もあります。

井戸により水の供給は増加しますが、その水を飲んで安全だという保証はありません。

しかし、水の煮沸が効果的だという事実はほとんど信用されておらず、そうすることで命が助かるかもしれないことはほとんど知られていません。

 

 

ここで、村びとが「重苦しい」と呼ぶ事態に共通する症状は、多くの場合水系感染症に相当します。

下痢、赤痢、黄疸そして腸チフスは、ラジャスタン州の水源内にいるバクテリアを通して広がります。

下痢性疾患は、世界で2番目に多い5歳以下の子どもたちの死因です。

腸チフスも、治療されないままだと命取りになりかねません。

 

 

7人のランバの家族はたくさんの水を使います。彼女は1日4回、朝に2回と夜に2回これらの瓶を満たしにいきます。

これは彼女の息子とその妻、彼らの子どもたちの渇きを癒し、多くの家事に使われる水です。「私はヤギのため、牛のため、飲み水、風呂、衣類の洗濯のために水を使います」とランバは語ります。

 

 

水道が配管されず、最寄りの食料雑貨店からも遠いため、村は天然水域、主に地下水井戸に頼っています。

このランバの家の近くの井戸は修復されることになっています。

WE Charityからの資源と機材によって、彼女の村は井戸をダイナマイトで爆破し、重い岩石を運び出す予定です。

これは井戸の深さを増させます。従って水の供給を、特に雨の止む夏期に増やすでしょう。

 

 

水を綺麗にするインフラの整備に加えて、WE Charityは啓発や教育も提供しています。保健指導員は支援地域で雇われて村から村へ戸別訪問し、女性と家族たちに飲み水を沸かさせています。

また彼らは村の仲間に、水系感染症、手洗いと衛生の重要性、そしてもちろん水の煮沸について参加者へ教える無料の訓練プログラムに出席するよう募集しています。

 

 

 

2015年、WE Charityの保健指導員がここランバの家に来て、彼女を研修会へ誘いました。

ランバは出席しました。彼女は、汚染された水の中のバクテリアと嘔吐、熱など彼女の仕事の妨げとなっていた症状を結び付け、水の煮沸を始めました。

 

「もう一歩」は今や、ランバが日々守っている習慣へ恒久的に足されています。井戸から家に帰ると、彼女は水を粘土の瓶から耐火鋼の中へ注ぎます。

2年間、彼女は家族の飲み水を煮沸し、明らかに健康になってきました。「きれいな水は、私の家族に普通の幸せな生活を送らせてくれます」とランバは説明します。「彼らは飲んだ後も具合が悪くならないの。」

 

 

煮沸の過程をより簡単にするため、ランバはchulhaという煙の出ないコンロを家に導入しました。

彼女の村では、ほとんどの調理が煙突の無い家屋での焚き火で行われます。

このために、水の煮沸は肺を煙で脅かし、余分に薪を使う雑用となるのです。

ランバは村の中で、初めてWEの新しい無煙コンロを使った女性であり、現在は友人たちにも変えるよう勧める提唱者です。

言葉は広がっていきます。

 

 

レルキ・バイは35歳で、近くの村の出身です。ヤギの乳を絞るために、彼女は毎日5時半に起きます。

午後は畑で働き、夕食を作る前には動物たちに水をやります。それから寝る前に食事です。

ここには3人の家族が住んでいます。レルキとその夫、彼の二人の兄弟、そして彼らの妻と子どもたちです。

レルキは煙突も、水の煮沸という余分な仕事も欲しくありませんでした。「私はそのコンロは大きすぎると言いました。私の古いコンロは小さく、一口だけのものです。」

 

 

レルキは、家族が腸チフスと黄疸に苦しんでいたことに言及します

彼女の夫ナリングは片道15キロの医者のところへ定期的に行き、胃のむかつきを鎮めるために薬をよく買いました。

煙は別の意味でも冷酷でした。「私たちの眼にしみ、壁は黒くなりました」と彼女は言います。「台所器具も真っ黒です。私たちの肺は煙でいっぱいでした。」ひょんなことから、レルキはWEの保健セミナーに参加し、その後、無煙コンロを取り入れました。

 

 

レルキは新しいコンロで、外へつながる煙突と2口のバーナーを試してみました。

「私が最初に無煙のchulhaを使って壁が黒ずまないのを見たとき、このコンロが前のよりも良いことがわかりました」と彼女は言います。「家の中に暗くて黒い煙はもうありません。」

家族の健康はすぐに改善しました。夫はもはや、薬を買いに街まで旅することはありません。

 

無煙のchulhaは伝統的なコンロの2倍場所をとります。

しかしそれだけの価値があります。同じ量の薪を使いながら、レルキは水を沸かすのと料理を同時にできます。彼女は家族の昼食用に毎日20枚までチャパティを作ります。

夕食時にはレンズ豆か野菜を一つの口で調理し、飲み水はもう片方で沸かし、とても時間を節約できます。

「私は手早く料理します。」

 

 

WE Charityの無煙chulhaプログラムは2014年に始まり、それ以来700の煙突が無料で導入されてきました。

つまり700世帯です。低く見積もって4人家族だとしても、2800人が調理中きれいな空気を吸っていることになります。

これはすぐにもっと増えるでしょう。「友人皆に、新しいコンロを試して水を煮沸するように伝えます」とレルキは言います。

今度は友人たちがその友人に伝え、彼女たち自身の家族の健康が改善していくでしょう。

 

 

(原文記事執筆: ケイティー・ヘウィット  翻訳:翻訳チーム 中根葵 文責:清田健介)


インドの村に新しい教室が完成!

JUGEMテーマ:チャリティー

 

フリー・ザ・チルドレン国際協力活動地域の一つ、インド・ラジャスタン州ラジサマンド地区にあるベルダラ村の「ベルダラ村小中高公立学校」に新たに校舎が完成し、8月5日に竣工式が行われましたのでご報告します!

 

この教室建設のために募金活動をしたりして資金調達のご協力をくださったのは、大阪にある桃山学院高校の国際協力クラブSchool By Schoolのみなさんです。竣工式には、桃山学院高校の先生お二人が出席して開催されました。

 

この学校は、「質の良い教育を公立学校として提供する」ことをモットーに、小学校1年生から12年生まで通う小中高校一貫校で、村で唯一の高校まで学ぶことができる学校です。今までトイレがなく女学生の中退率が高く課題でしたが、新しい男女別のトイレの設置をしたり、パソコンが学べるようパソコン教室も設置するなどし、中退率が減り、優秀な学生を育て表彰されるようになりました。

 

学校には450人もの生徒たちが通っています。今まで電気は通っていなかったのですが、校舎の屋根に太陽光パネルを設置したため、今後は、電気が教室にも通るようになり、扇風機や、パソコンも使えるようになりました。

 

学校の正門で出迎えてくれた女子学生と、桃山学院高校の先生

 

 

建設された教室の前で、安全と生徒の学業向上や健康を願い、ヒンズー教司祭が祈りの式典を執り行いました。

ベルダラ学校4

 

式典後、テープカットをして、新しい教室の中に入り、先生や生徒の皆さんと交流しました。

ベルダラ学校5

 

校長先生と、生徒代表の女子学生から、学業の神様サラスワティの絵をいただきました。

 

生徒代表の14才の中学生の女子学生は、

「新しい教室ができる前は、雨漏りやカビがひどい古い教室で学ばなければいかなかったので、勉強に集中できなかったり、環境が悪く欠席するクラスメートもたくさんいて、大変でした。でも、新しい教室には、天井に扇風機がつき、明るく清潔ななかでこれからは勉強できるのでとても嬉しいです、本当にありがとうございました」とスピーチしてくれました。

 

また、桃山学院高校の先生方からもメッセージがありました。

「インドのみなさんの教育環境が改善されるため、日本の高校生たちは、がんばって募金活動をしました。新しい教室をみることができて嬉しいです。」とヒンディー語でお話ししてくださいました。

ベルダラ学校8

 

 

新しく完成した教室の前で生徒の皆さんと写真撮影!

楽しく安心して学ぶことができますように。

ベルダラ学校9

 

桃山学院高校SBSのみなさんを始め、学校の先生や生徒の皆さん、インドの子どもたちの教育の権利が守られるため、ご協力いただき本当にありがとうございました。

 


村の自慢のトイレは、学校のトイレ!!


教育を受ける権利を守るために必要なことは、学校や教室を建設することだけではありません。安心して使えるトイレも重要です。インドの農村部では、トイレが女子教育の改善に大きく貢献しています。(清田)

https://www.we.org/stories/clean-water-sends-girls-to-school-in-india/

 

 


女子用のトイレは、ただのトイレではなく、「居場所」です。それは時には避難所であったり、集合場所であったり、生理に初めて気付く場所であったりします。 

セラミックのタイルから響く音がしても、男子には聞こえない、まさに男子禁制の場所なのです。

でも、 閉まったドアのすぐ裏側にトイレがあって、水も普通に流れて来ないという問題のある場所に住むとしたら、どうなるでしょう?

 

インドの農村部で社会的にも弱い立場にある家庭に生まれた少女たちにとって、トイレに行くのはとても恥ずかしいことであり、そのことで勉強が中断したりして、将来にも悪い影を落とすことがあります。

小学校で読み書きの勉強をするにしても、高校で代数学に取り組むとしても、トイレの問題で教育が危険に晒されかねないのです。

読み書きができない、早婚、そして10代で妊娠、こうような循環の繰り返えしが一層強くなるのです。

 

「私は教室を出て校舎の裏まで行かなければなりませんでした」と、インドのラジャスタン州の最北端の村、カルタナの5年生の少女が言います。

 

カルタナ小学校では、トイレのブロックは戸外の男性トイレ用に仕切った小さな場所で、屋根もドアもなく、コンリートを掘った穴と穴の間に仕切りのような物があるだけで、男の子だけがどうにか使用できました。

 

女の子は男の子と並んで用を足したくありませんでした。そんなことをするくらいならと、大切な授業を受けられなくても、プライバシーを守るために校舎からずっと遠くまで歩いて行きました。

 

ひっそり用を足すのは困難でした。ヘムラタはこの学校の12歳の生徒です。彼女は、洗う水をバケツで運ばなければならなかったと、通訳を通じてヒンディー語で説明します。

汚水処理が進んでいない国・地域では、トイレットペーパーなどないのが普通です。きちっとしたトイレには、トイレットペーパーの代わりに洗浄用の水洗トイレと水道の蛇口が備わっているものですが、これらの少女たちは即席で水を用意しなければなりませんでした。

 

ヘムラタは日当りの良い学校の前庭の木陰に座っています。隣には下級生で4年生の親友マムタがいます。

彼女たちの友達は時々授業を無断欠席することがあると言います。

厄介なこと―廃棄物のような机、重いバケツ、長い道のり―を避けるためです。彼女らが2人とも背中を曲げてひっきりなしに指を動かす様子から、それが周知のことだとしても、苦境を話題にするのは不愉快だということは明らかです。

インドはトイレが利用できない人の数が世界で一番多い国で、7億3千2百万人にのぼります。

 

屋外での排泄は常習的で、畑や市街地の溝にしゃがんで用を足しているのです。

少女たちは、プライバシーを守るために独りで出登下校する時、嫌がらせや暴行を受けることも覚悟しなくてはいけません。

そのため、国や行政が少女の教育を推奨していても、彼女らは家から外に出ません。

毎月特定の期間(生理の時)に品位を守るために、または身の安全のためにです。

 

2009年に、インドの国会の決議が6歳から14歳までを義務教育とし、一部の公立の学校では、奨励として給食、制服、そして生理用品までも無償で給付するようになりました。

その結果、インドの小学校への入学率は目覚ましく、ユネスコの最新統計によると92%に達しているとされています。

 

しかし、このお堅いデータには、女性の身体的な変化とトイレの状況のような項目は考慮されていません。

子どもの入学数と実際の通学数とは別物なのです。

 

カルタナ村では、ヘムラタやマムタと教育を阻害していたのは、教室が無いことではなく、トイレがちゃんとしていないことだったのです。

 

2014年、WE Charity(フリー・ザ・チルドレン)は学校の手押しポンプと試錐孔から飲料水を汲み上げるレバーの手直しを行いました。

WEは、水道工事人を雇って、ポンプの口から出る水の流れをそらす小さな弁装置を取り付けました。

それは鉄道の転轍機と同じ作用です。ポンプを上げ下げすることなく、水は地下や校庭を通るパイプへと流れ落ちて行きます。このパイプは、壁の表面を登り、屋根の頂上に設置した貯水タンクの中へ入って行きます。

そこで重力の下へ引く力が電気の代わりをして即座に水を供給するのです。

学校の電源は不安定なので、電気に代わるべきものが重要です。

 

 

この小さな土木工事の功績が村の歴史の中で最初の水道水を生み出し―生徒たちが清潔な水の利用ができるようになったのです。

 

この水は別の村に先ず繋がれました―WEは、新築の手洗いブロックに水洗トイレを設置しました。

男子用と女子用に別々に分かれ、各々にドアがついていて、手洗い場にはピカピカの蛇口が並んでいます。

教室の建築だけでは、〈これも非常に重要ですが〉少女たちを受け入れるには不充分なのです

 

ヘムラタとマムタにはもはやトイレの破損の心配もなく、このような設備を友達に自慢さえしています。

この地域の他のどの小学校にも水洗トイレも、水道も、手洗い場もなく、またカルタナ村のどの家庭にもありません。

 

最近6人の生徒が、手の上に冷たい水道水が流れる感触に触れたくて、立派な私立の学校を退学してこの学校に移って来ました。

 

古いトイレの建物は今、苔むし、太陽に晒され、床には枯葉が散らばり、古代の記念物のように立っています。

 

給食のベルが鳴ると、休憩時間の大混乱は日常茶飯事で、低学年の児童は、ごはんとレンズマメが盛られる皿やプレートをきれいにするために手押しポンプを押そうと最前列に並ぶために競争になります。

ほっそりした男の子は手を伸ばして全身の力でレバーを押します。

その瞬間、彼の小さな両足は水圧の対重を受けて地面から離れます。

 

今何か起こりそうなことがあっても、それはヘムラタやマムタやこの男の子には同じです。

しかし何年かすると女子生徒は高校に進学します。そして思春期にある彼女らにとって、生理的な要求(トイレに行きたくなること)に対応することは、更に屈辱的な気分を味わいかねないきっかけになります。

 

ジータとシータの一卵性双生児の姉妹は17歳でベルダラ中等中学の10年生です。

近隣の村の小高い土地に無秩序に広がるベルダラ校は、成績が良ければカルタナ小学校の卒業生の到着点となる学校です。

学校のトイレに問題があるために、少なくとも12人の地元の女の子が学校に行くのをやめたと、ジータが言います。


インドでは、小学5年の終了率は95%である一方で、中学への入学は62%に過ぎません。

思春期を迎え、月経がはじまると、中途退学する子どもの数も一気に上がります。

生理の期間は森林地帯への徒歩を避けるため、丸1週間は授業を休むことができます。10代の女の子はまた、農作業や、結婚して夫の家族の食事の世話をするために授業を抜けることもできるのです。

多くの家庭にとって教育を受けた娘は誇りです。が、よくない環境にいる娘たちの恐怖に先ず対応しなければなりません。

 

「恥ずかしい」は、ジータが例のトイレを使用する時の表現として使う言葉で、女子と男子の両方にあてはまる語でしたが、多くの女子はその言葉を使うのを避けていました。

ジータはいつも先ずこの語を口にするのです。

 

「私たちは外に出なければなりませんでした」とシータが付け加えて言います。

「そのようなわけで学校に来る女の子は多くなかったし、親も行かせようとはしませんでした」。

娘の品位を心配するのは、思春期の10代の子ではなく、その親だったりすることが時々あります。

 

以上がこれまでの話です。

 

今、ベルダラ校の最高の恵みは、ところどころに蛇口が突出している細長いスチールの流しです。

男子用、女子用のトイレのブロックと同じ長さで、共同で使用する手洗い場です。

WE Charityはカルタナ村で建てたように、男女別々の水洗トイレのブロックを建てました。

 

カルタナ村とは異なって、工事にはバルブやタンクの他にもう少し装置が必要でした。破損した建物を壊した後、WEは教室を3室新築すると同時にトイレのブロックも建て、配管の取り付けを十分に行いました。

 

ソーラーパネルは、その30台が目下屋上に設置されていて、間もなくこの学校はクリーンなエネルギーで蘇えることでしょう。

 

 

学校に水洗トイレが取り付けられ、プライバシーが守られるようになったため、ジータとシータは思い切ってそれを公表して回わってみました。

友達の家2軒を訪問してその親に会って話しました。
 

「『今は心配することは何もありません。娘さんを学校に行かせますよ』と言って」。ジータが話します。

 

本当に彼女たちは公表して回ったのです。

 

2年すればジータとシータはベルダラ高校を卒業し、丁度その時にヘムラタとマムタが高校1年生となります。

女子の全員が大学に進学して教師か医者になる計画を立てています―またシータが言うには、数学の成績が良ければ、彼女はエンジニアになる計画を立てています。

 

未来の女子用トイレの青写真を何枚も心に描いているのかも知れません。

 

(原文記事執筆: ケイティー・ヘウィット  翻訳:翻訳チーム 松田富久子 文責:清田健介)

 

 


12345>|next>>