【コラム】フィリピンの政治家は、子どもを刑務所に送るのか?


フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

https://www.preda.org/2019/03/will-senators-vote-to-send-children-to-jail/

 

Bahay Bagasa通称「希望の家」は、青少年刑務所です。私たちはお菓子と飲み物を持参し、監房の中の若者たちに差し入れました。25人ほどの女の子たちが1つの部屋にギュウギュウ詰めになっていました。

エアコンもなければ扇風機もありません。扇風機を何台か持って行きましたが、熱帯地方の暑さで、鼻をつく体臭が監房に充満していました。

水不足の問題も起きています。プレダ基金が監房から救出した子どもが、体を洗ったりシャワーを浴びたりすることが許されたのは週に2回だけだったという証言をしてくれています。

この状況は、混み合う監房の中で生活しているフィリピン人には相当厳しいです。体を洗ったりシャワーを浴びたり、良好な衛生状態を保つことに普段からこだわりがあるのがフィリピン人ですから。

扉や窓にはめられた鉄格子が、そこが刑務所の監房であることを物語っています。

逃亡などできません。子どもたちは青少年犯罪者として閉じ込められ、当局から犯罪者として扱われています。

 

監房から出され、広い場所に連れてこられた男の子たちが、お菓子や飲み物を受け取りました。

ベッドも家具もない窮屈な監房の中、鉄格子の向こうに子どもたちが押し込まれています。

そんな惨状を私たちに見られると思ってか、職員たちは気が引けていたような表情をしていました。

この状況を変えるために職員たちにできることはほとんどありません。

状況を変える権限を持っているのは、マニラ首都圏17都市の市議会や市長たちなのです。

 

ここは完全に閉ざされた空間で、収監されている若者たちに希望などはありません。彼らはまるで檻に入れられた動物です。

15歳以上の若者は拘置所に送られます。少年用の監房で、幼い男の子が泣いているのを目にしました。

なぜ年長の若者たちと一緒の監房に入れられているのか尋ねました。彼は見るからに幼く、10歳ぐらいでした。

男の子は犯罪者同様、16歳から18歳の少年たち30人ほどと一緒に収監されていたました。何をされるのか不安に思い、男の子は怯えていました。このような子どもの権利侵害に対して疑問を投げかける機関や政治家は多くありません。

プレダ基金や子どもの権利を擁護する他団体は声をあげ、このような状況を変えなければならないと呼び掛けています。

 

男の子や女の子たちの攻撃性やストレス、怒り、暴力性の度合いは、このような狭い空間では高くなります。

はけ口がまったくないのです。バスケットボールもできず、体を動かすこともできません。

娯楽もほとんどないのです。性的虐待が頻発する夜の暗闇の中、この小さな男の子に起こり得ることを考えると恐ろしくなります。

 

こうした場所から救出された同じような幼い男の子たちは、レイプや性的虐待、腐った食べ物、虐待、いじめ、暴力について証言しています。

これが深刻な子どもの権利侵害である以上、この幼い男の子をこの場所から移動させるべきだと、ソーシャルワーカーに話をしました。ここの職員たちは、問題ないと考えていたようです。まったく苛立たしいことです。

 

15歳以上の若者が裁判を受ける場合、ビニール袋を利用してシンナーを吸うなどの軽犯罪によることが多いです。

こうした行為は自らの脳にダメージを与えます。薬物使用で裁判を受けることもあります。

生きているだけ、彼らは運がいいです。 残虐非道な薬物取り締まりの犠牲者として撃ち殺されるよりはましですから。

しかし、15歳未満の未成年者は罪に問われるべきではなく、年長の少年や少女たちと一緒の刑務所に収監すべきではないのです。 

 

これは子どもの権利侵害にあたり、政府と市民社会に責任があります。

政府と市民社会は、虐待が横行するこのような環境から子どもたちを守り、擁護するために、積極的に取り組むべきです。

 

このような事態を招いている直接の原因は、腐敗した政府高官たちです。彼らは人民の福祉増進のためではなく、自らのために政治を行なっています。

大富豪とその家族が国を牛耳っています。 

法律は、彼らの利益と事業、そしてその子どもたちの利益と事業に有利に作られています。彼らにとって身内の子ども以外はさして重要ではないのです。

 

私たちは14歳のJohn-Joを青少年鑑別所から救出しました。話によると、彼は夜間外出禁止令違反で逮捕されたそうです。

路上で暮らし、帰ることのできる家のない幼いストリートチルドレンたちのための行政が運営している施設はありません。

こうした子どもたちは建物の出入り口や木の下、駐車しているジプニーやバスの後部座席で眠るのです。

 

彼らは捨てられた子どもたちであり、望まれなかった子どもたちなのです。

社会の中で虐げられ、拒絶され、人間として漂流する存在です。

子どもたちは家で親に殴られ、拒絶され、叱責され、そして路上へ逃げ出します。

家庭には、食べ物も安らぎも、そして愛情もほとんどないのです。子どもたちは、

同じような境遇の他のストリートチルドレンたちと、より良い生活を求めてさまようのです。

そして彼らは逮捕され、さらなる困難に直面するのです。

 

幸せな生活をスタートさせるためにJohn-Joをプレダのボーイズホームに連れて行くことになりました。

ですがその前に私たちは彼の親を探しました。街から離れた場所へ車で向い、狭い路地を歩きました。

そこで彼の父親と兄を見つけました。

2人がやっと立っていられるほどのスペースの小さな箱のような掘っ建て小屋に暮らしていました。彼らはテレビを見ていました。

 

John-Joの父親は息子がなぜ逮捕されたのかと尋ねました。

プレダのソーシャルワーカーが、彼を鑑別所から救い出したこと、そして学校へ通うこともできるもっと良い場所へ連れて行くことを説明したところ、父親は理解を示し、息子を抱きしめました。

 

フィリピンの上院は5月15日までに、刑事責任を問われる年齢を15歳から12歳に引き下げる法案を発議し、投票を行うことになります。

結果次第では、さらに多くの子どもたちが鑑別所に収監され、暴行や虐待を受けることになるかもしれません。

国家が子どもたちを犯罪者として扱うことになり、彼らに社会不適合者の烙印を押すことになります。

そのようなことは許されるべきではありません!

 

(訳者: Mikikoさん 文責:清田健介)

 

カレン神父とプレダ基金の子どもたち

ミンダナオ島マラウィ市緊急復興支援報告

JUGEMテーマ:NPO・NGO

 

2017年5月から10月まで、フィリピン南部ミンダナオ島の西部にある南ラナオ州のマラウィ・イスラム市において、フィリピン軍と過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力「マウテグループ」の戦闘が発生、激化し、47万人以上の市民が国内避難民となりました。

 

10月にフィリピン政府による、戦闘終結宣言があり、11月から徐々に、マラウィ市に人々は戻ってきましたが、市内で激しい戦闘があったため、住宅や学校、その他一部の施設は破壊され、そこは今でも立ち入り禁止区域となっています。

 

マラウィ市の家

 

 

 

 

 

 

 

自宅に戻れない人々は、仮設住宅に住んだり、親せきや知り合いの家に身を寄せたりして、何とか日常を取り戻そうとしていますが、自分の家や地域が破壊されて、そこに戻れない悲しさから、精神的ダメージを受け、立ち直れない子どもやその家族もいます。

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、マラウィ市で起こった戦闘の被害にあった子どもやその家族を応援するため、2018年はチョコレートプロジェクトや募金を呼びかけ、資金調達を行いました。

 

集まった資金で、飲料食料品(水、米、缶詰類など)や生活用品(タオル、石鹸、歯磨きセット)及び文房具などを国内避難民の方々を中心に、何度か配給支援を行うなどして提供してきましたのでご報告します。

マラウィリリーフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元のNGOとともに、お米や水、生活用品を避難民キャンプで、配給しました。

 

マラウィ市支援物資

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中島が現地を訪問し、教育省と学校の先生とともに、文房具パックをつくり、配布活動に参加しました。

 

 

新しい文房具を手に、小学生たちは大喜びでした。

 

 

マラウィ市教育支援

また、子ども服の会社のF.O.インターナショナルから、マラウィ市の戦闘が起きたことで被害を受けた子どもたちを応援したいというお申し出を頂き、2019年3月24日に、現地の教育省と自治体などと共催で行った「歯科衛生及び眼底検査の健康チェック」でご寄付いただいた新品の子ども服の配給支援を行いました。

 

FO支援準備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FO支援

 

2018年を通じてチョコレートをご購入することでご協力下さったみなさま、2018年、2019年も継続してマラウィ市の紛争被害にあった子どもを応援するためにご寄付くださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

チョコプロチームのみなさんも、チョコレートのデザインからパッキング、販売までたくさんの時間をかけて活動してくださり本当にありがとうございました!!現地の子どもたちは、学校に通えるよう教材を手にすることができ、本当に喜んでいました。マラウィ市の教育関係者の方々からもお礼の言葉を頂いています。

 

FOインターナショナルのみなさまも、現地までたくさんの支援物資をお送りくださり本当にありがとうございました。

 

現地を訪問し、「街を再建し、子どもたちが安心して安全に過ごせる街に戻したい。イスラム教の教えは決して人を殺して平和を手に入れろとは言っていない。本当の意味での平和をこの街に戻すためにこれからも歩んでいく必要があるが、そのために、日本から協力してくださって本当に嬉しい、ありがとうございました。」という小学校の校長先生の言葉が印象的でした。

 

報告:なかじまさなえ

 


【コラム】 希望無き人々に希望を

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。
https://www.preda.org/fr-shays-articles/bringing-hope-to-the-hopeless/

 

今アイルランドで新作の映画『Black ’47』が上映されています。

これは1847年、アイルランドがイギリスの占領下にあった時代の話です。

当時、主食であったジャガイモは菌に侵され、土の中で腐ってしまったのです。大規模な飢きんがアイルランドの貧しい人々を襲ったのです。およそ100万人のアイルランド人が餓死し、100万人がアメリカに移住し、そして建国を支えました。

 

映画は1人のアイルランド人男性の話です。彼はアフガニスタンでの戦闘の後、イギリス軍から脱走し、アイルランドへ戻りました。そこで家族のほとんどが死んだことを知ります。イギリス人の大家に追い出され、餓死し、あるいは凍てつく寒さで凍死しました。さらなる立ち退きから親族を守ろうとしますが、この男性は逮捕、投獄されてしまうのです。

 

彼は脱獄し、正義を求め復讐に走ります。

復讐のターゲットは迫害者であり、人々が餓死している最中に何トンもの食物や穀物をイギリスへ輸出していた者たちです。完全なる貧困に陥り、奪い取られた土地や家屋敷で奴隷として無給の労働を強制されたアイルランド人たちは、常に空腹の状態で暮らしていました。

 

この映画は過去の世界を映し出していますが、まるで、今の時代のイエメンの貧しい人々やミャンマーの民族浄化に苦しむヒンギャの人々、エリトリアやシリア出身の難民、ミンダナオ島のルマド人を見ているようです。

彼らのいる場所では、正義や平和、思いやり、自由そして尊厳は奪われ、否定されています。

正義や平和、思いやり、自由、尊厳というものは、我々が当たり前に思っている理想であり価値観であると同時に、なくては生きていけないものなのかもしれません。

 

迫害され、空腹で、餓死寸前の人々が日々苦しんでいる貧困に、「果たして自分たちなら耐えられるのだろうか?」

私たちは今このような文章を読みながらも、そんなことを真剣に考えることはまずないでしょう。

 

しかしながら何百万もの人々が、私たちには想像もつかない苦悩と迫害に苦しんでいるのです。アイルランドの「じゃがいも飢きん」の時代に起きた残酷な行為とアイルランド人の苦悩を描写しているこの映画によって、何百万もの人々が、今日、何に苦しんでいるのかを理解することができます。

飢えに苦しむ人々や見捨てられた人々、不当に投獄されている人々や障がい者、虐待を受けている人々に対する気遣いや思いいやりの中にある価値、そして彼らのために正義と自由を求める愛は、人間が存在する目的や意味を与えてくれる究極の目標です。実行しなければ、得ることはできません。

 

排除と搾取、そしてどのような方法であろうとあらゆる形の奴隷制度は、真の意味において我々が人間らしく存在するために必要なものを奪います。

つまりそれは、自ら考え行う自由な選択です。我々を他のあらゆる生物と区別するこの類稀な特性が奪われ、取り上げられたとき、我々人間の尊厳はないがしろにされ、権利は否定され、人間以下の存在として扱われるようになるのです。
 
だからこそ人身取引業者によって強いられる監禁や虐待は、人間性に計り知れない負の影響を与えます。

何千人もの子どもたちや若者は今も奴隷状態に置かれています。彼らの自尊心は奪われ、生きようとする意志は弱められます。

 

自殺に走る子どもも多いです。

貧困や空腹、強制労働に縛られ、選択の自由もなく、自由意志を行使し、自分自身のためにどこで、どのように生きて行くかを決める自由もなく、ぎりぎりの状態で生きています。

そのような状況下で、人々は大きな苦しみや苦痛を強いられることになるのです。

そうした何千人もの子どもや若者を救うために善意の人々が行動を起こせば、彼らが抱えるそのような苦しみを終わらせることができます。

 

12歳と14歳の姉妹JessaとJadeは両親に捨てられ、心ない遠い親戚に預けられました。

人身取引業者は2人を食べ物やお菓子、小遣いで誘い出しました。姉妹は外国人と部屋で「遊ぶ」ことを強制されました。

この男はアンヘレス市などに長期滞在していたセックスツーリストです。子どもたちに対する性的虐待の疑いがかかっていました。

 

子どもたちのことを心配した近所の住民が状況を知り、すぐにプレダのソーシャルワーカーに通報しました。

2人は救出され、性的虐待を受けた女の子たちを安全に保護しているプレダホームへやってきました。姉妹は回復し、今は安心して幸せに生活しています。

そして自分たちの身に起きたことを話すことができるようになりました。彼女たちは自らの意思で虐待者を告訴することを選び、男は裁判所での尋問に答えなければならない状況にあります。

すべての人々に子どもたちを救い、守ろうとするこのような思いがあれば、世界はもっと幸せで、良いものだったはずです。

 

何十万もの若い女性たちが、その多くがフィリピン人ですが、奴隷状態に置かれ、商業的な性的搾取を受けています。

借金の罠にはめられ、そして暴力を振るわれ、性的に虐待されることに対する恐怖と脅しによって生きる力を失っていくのです。多くの場合性産業で、若い女の子たちは無給で、自由のない状態で働かされているというのが今日の奴隷制度です。

フィリピン当局はこれを容認しているのです。

 

ヨーロッパや北米では、様々な職種の中にこうした女性たちを見ます。美容院やネイルサロン、マッサージ店、売春宿などです。

もし言うことを聞かなかったり仕事をしなかったりしたら、人身取引業者たちは自分たちの家族に危害を加えるかもしれません。彼女たちはそうした恐怖と脅迫の中で生きているのです。

 

人間を奴隷にするための人身取引は、多くの国々で見て見ぬ振りをされるか、軽く扱われることが多いです。

アイルランドとイギリスの新たな法律は、人身取引の被害にあった人々を支えの必要な被害者として対応し、法的支援を提供することを関係機関に求めています。

何千ものさらなる被害者を救出するためにも、やるべきことはまだまだあります。

 

2,000万人もの人々が来る日も来る日も、無給の強制労働を目的に取引され、長期間苦しめられているのです。

逃げ出す者もいれば亡くなる者もいます。救出され自由の身となる者もいます。同じ人間を奴隷にし、自由な選択も自由もない状態で彼らを搾取することで生み出される富への欲望は、人生を破滅させます。

 

こうした状況には気が滅入りますが、子どもや若者を人身取引業者の手から救出し、そのような業者たちを裁判にかけるための動をしている善意の人々やボランティア、関係組織、NGO、真面目な捜査官が世界中に何千人もいることは知るに値することです。


プレダ基金は2018年だけでも、児童虐待者と人身取引業者に対して13件の有罪判決を勝ち取りました。多くの子どもたちが救出され、教育と治療を受けることのできる健康的で、有意義な生活を取り戻しています。

そして、人身取引業者や虐待者に対する訴訟を起こせるまでになっています。

 

ですが、私たちに救い出してもらうことを待っている子どもたちがさらに大勢存在します。

だからこそ関心を持って、この記事を紹介したり、ボランティア活動に参加したり、プレダ基金に寄付をするなどして、自分たちにできることをしてほしいと思います。

 

(訳者: Mikikoさん)

 

カレン神父とプレダ基金の子どもたち

 

 


12345>|next>>