【コラム】ネット上の児童ポルノという名の子どもたちへの人権侵害の撲滅に向けて、成果を上げつつある警察の取り組み

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

 

http://www.preda.org/fr-shays-articles/police-win-against-online-child-abusers/

 

現在多くの国々で、インターネットを使ってペドファイル(子ど

もに性的な興味を抱く人)に対する捜査が行われており、警

察は素晴らしい成果を上げています。ペドファイルやポルノ

製作者たちがダークウェブに身を隠し、暗号化ソフトを駆使

しているにもかかわらずその検挙件数は増えています。ペ

ドファイルやポルノ製作者たちオンラインで子どもたちを虐

待し、何千枚にも及ぶ子どもたちの写真をインターネットを

通じて互いにやりとりしています。ペドファイルたちはこれに

刺激されて煽られるように、ネット上の空間から現実世界に

着眼点を移して、フィリピン国内外で、性的虐待の対象とす

る子どもたちを探すことに翻弄するのです。

 

わずか6歳あるいは7歳のフィリピン人の子どもたちが、

「隠れ家」ともいえる場所に連れていかれる事件があり

ました。子どもたちは性的虐待を受け、その模様はカメ

ラで撮影されネットを通じて生配信されました。その様

子を配信で見て快楽を得ていたのが、53歳でバージニ

ア州東部出身のアメリカ国籍の男、ドウェイン・スティン

ソンです。スティンソンは、電子決済で女たちに金を支

払い、その女たちに子どもたちに対する虐待行為を実

行させていました。スティンソンは、児童ポルノ制作、児

童虐待の場面を写した画像の作成、及びその画像を保

存した容疑で起訴され、本人も容疑を認めています。判

決宣告は、今年の8月に行われます。フィリピン警察は、

虐待行為を実行した女たちの発見には至っていません。彼

女たちは、政府認可の下でセックスバーやサイバーセックス

の隠れ家がで運営できる、まさに性的誘惑や商機に溢れた

この社会で、何の処罰を受けることもなく平然と暮らしている

のです。

 

今年はじめ、ダブリン在住の26歳のアイルランド人の男、

マシュー・ホーランが逮捕、拘束されました。ホーランは、

幼いアイルランド人とアメリカ人の女の子たちに対してイ

ンターネットを通じた性的搾取を行なっていた容疑で有罪

判決を受けたペドファイルです。被害者となった女の子の

なかには、わずか9歳の子もいました。性的虐待を受けて

いる子どもたちの様子を撮影した何千もの画像が自宅で

発見されました。裁判所命令を順守することを条件に、

2年の執行猶予付きの懲役7年6ヶ月の刑を宣告されま

した。将来的に、アイルランドの性犯罪関連の刑法が改

正されて、こうした裁判所命令に海外渡航禁止が含まれ

ることを願います。

 

フィリピンで、4年半前に、児童虐待と人身新売買の容疑で

起訴されたアメリカ国籍の男が、4年の歳月を経てようやく

容疑を認めました。プレダ基金は、これまで被害にあった

女性を支援する活動を行い、男への法による裁きを求め

てきました。この男がアメリカ国籍であることから治外法

権が適応され、アメリカで起訴されることになるものと思

われます。

 

2017年12月、200人ものペドファイルが、オンラインで子ど

もを虐待した容疑でイギリス国家犯罪対策庁(UK Nationa

l Crime Agency, NCA)に逮捕されました。特定された被害

者250人は、ネット上で10代と身元を偽っていたペドファイ

ルたちに操られ、罠にかけられました。ペドファイルたちは

そうした10代の被害者たちを言葉巧みに誘惑し、性的な露

出のある写真を送らせました。そして、Facebook等にその

写真を投稿すると脅迫し、さらに写真を送るよう子どもたち

に強要していたのです。

 

昨年の秋、イギリスのダラム在住で32歳ポール・レイトは、

児童に対する性的暴行の容疑で懲役16年の有罪判決を受

けました。この事件は、何千マイルも離れた距離を跨いで起

きた事件でした。レイトンは、14歳の少年を騙して裸の写真を

送らせました。その後少年を脅し、1歳になる姪に対する、オン

ライン上で性的虐待行為を行うよう繰り返し強要しました。少年

は警察に逮捕されました。一方レイトン は警察に対し、圧倒的

な力を盾に少年たちをはじめとする被害者を服従させることを

楽しんでいたと話しました。被害者たちの多くはオーストラリア

やカナダ、アメリカ、イギリスに住んでいました。

 

NCAの担当主任Will Kerrによると、インターネット上で児

童ポルノ画像をやりとりした容疑で、毎月400人もの容疑

者が逮捕されているそうです。 民間の子ども保護団体

が戦略を練った上で小児性愛者たち日々対峙していて、

それが逮捕者の増加へとつながっています。民間の「ペド

ファイルハンター」たちが集めた証拠を採用している警察

もあります。「ペドファイルハンター」はおとりを使い、10代

の若者のふりをしてネット上に忍びこみ、ペドファイルたち

の気をまずひきます。そしておとりがペドファイルの言いな

りになるような状況を作り出していくのです。その後、記録

した犯罪の証拠(電子メールやチャットその他集められた情

報)を警察に提供するという流れをとっています。BBCの調

査によると、イギリスでは「ハンター」たちによってもたらされ

た情報に基づき、警察が150人の容疑者に対する捜査がこ

れまで行われているそうです。警察が捜査を行い、被疑者

の特定につなげていくために、そのような情報を活用する

機会が増えています。

 

さらに攻撃的な「ハンター」も存在します。自ら容疑者を特

定し、容疑者と直接対決し、その様子をFacebookでライブ

配信して、容疑者の姿を世界に晒そうとしている「ハンター

」たちなどです。これはリスクを伴う危険な行為です。追い

込まれた容疑者は、暴力的な行為に及ぶかもしれないで

すし、そのような接触は警察に任せるべきです。またある

意味で、親たちにも注意が足りない部分があります。我が

子が風呂に浸かる姿や、裸の状態でビーチやプールにい

る姿を写真に撮り、それを誰でも見ることができるSNSに投

稿するといったような行為は、軽率であると言わざるを得ま

せん。ペドファイルたちはそうした写真にアクセスし、その写

真に写る子どもをターゲットにするかもしれないのですから。

子どもたちにもプライバシーの権利が保障されるべきなのです。

 

ネット上での児童虐待をなくすためには、予防策を講じるこ

とが最も大切です。ネット上での子どもたちの権利と尊厳を

守るためには、最終的には親が気を配り、警戒しなければ

なりません。相手の正体、素性を確認することができない場

合、絶対にその相手とネット上で関わりを持つべきではない

ということを、子どもたちに教える必要があります。

 

子どもたちには、ネット上で知り合った、あるいは他に誰も

いないところでしか会ったことのない人物に自分たちの写

真を送るようなことを絶対にさせてはいけません。多くの若

者が相手の要求に応じてしまい、SNSで晒し者になることを

強要される事態が起きています。なかには自殺に追い込ま

れた若者もいます。若い人たちとその親たちは、互いに信頼

関係を築き、情報を共有し、疑わしい人物については警察に

通報するということをしっかりと心がけるべきだと思います。

 

(訳者: Mikikoさん)

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち 

 


【フィリピン】先住民族の子どもへの教育支援レポート

 

こんにちは、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの河本千夏です。

文通プログラムの参加費の一部やその他ご寄付を使い実施した、

ミンダナオ島の台風被害に遭ったビナンシャン村に暮らす先住民族(ディババウォン族)のうち、

中等教育を受ける年齢の子どもたちを対象にした通学のための奨学金サポートの写真がとどきましたので内容と

ともに報告いたします!

 

奨学金サポートは当初32人のサポートから始まり、4年目の2017年は15名の生徒がサポートを受けました。

具体的には、文房具等支給、生徒や先生のフォローアップ、そして家庭を訪問し保護者との面談を行いました。

 

*現地パートナー団体のスタッフの生徒のフォローアップの様子

 

奨学金サポートを受けている子どものうち一部が文通プログラムに参加し、

日本の参加者とお手紙のやり取りをしています。

 

 

支援を受けている子どもの中には、農業コースで授業を受けている子どもたちがおり、

ピーナッツの収穫や野菜の苗の植え付けの実習を行いました。

 

 

*現地から届いたお手紙の例

 

文通プログラムに参加している子どもたちは、お手紙のやり取りを通じて、

英語を使う機会が増え、英語が苦手な子には得意な子が教えコミュニケーションが生まれているそうです。

そして、海外の国を身近に感じ興味を持つようになったとのこと。

 

フィリピンの彼らもインターネットで情報を得る機会が多く、日本で地震が起きたときには心配の声があったりとあたたかいやり取りがたくさん見られました。

 

 

この地域に住んでいる家庭のほとんどが農業で生計を立てており、天候が収入に影響を及ぼしていることも多く、

収入が少ない時期には、子どもたちも働きに出なければならないこともあり、ハイスクールまで継続して学校に通うことは困難な家庭が多くみられます。

 

しかし、この奨学金サポートや学校、生徒、保護者のフォローアップを実施することにより、

2016年にドロップアウトした生徒が復学するなどの変化を見ることができました。

そして、文通プログラムを通じて支援を行っていた子どもたちは無事卒業することになりました。

 

子どもたちが卒業するのと同じタイミングで、中等教育支援の事業は終了し、

文通プログラムではミンダナオ島での他の貧困地域やマニラのスラム地域での支援を開始予定です。

 

これまで文通プログラムやご寄付にて中等教育支援いただいた皆様にこころより感謝申し上げます。

 

新しい支援につきましては追ってご報告させていただきます。

 

 

 

 


【コラム】 フェア・トレードを通じて貧困と闘う、プレダ基金の取り組み

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

 

 

妻Conchitaと共に暮らすPepito Alvarez(57歳)は、フィリ

ピンのルソン島山間部に、自給自足で暮らす農家です。

この島の農民たちの日々の暮らしは、一般的に貧困線を

少し下回るレベルにありますが、サンバレス山脈に暮らす

村人は、Pepito一家を含めて貧困線を上回るレベルで

なんとか生計を立てています。マンゴーの収穫があれ

ば、村人たちは、マンゴーのフェア・トレードを通じての

売買のお陰で、かなり良い暮らしができます。これは、

プレダ・フェア・トレード・プロジェクトによるものです。し

かし、ここ2年間、マンゴーの不作が続いています。これ

は、自然の周期によるのかもしれないし、気候変動や

マンゴーの開花期に降った季節外れの雨のせいかもしれません。

「『Bahala na』(タガログ語で「仕方がない」という意味)。これは、

自然のやることで、受け入れざるを得ません」と、Pepitoは言い

ます。村人らは、厳しく、容赦のない現実をそのまま受け入れて

います。その上で、野菜や現地の救荒作物である、camoteと呼

ばれるサツマイモの植え付けに、いっそう励んでいます。しかし、

それでも貧困から彼らは、一生解放されず耐え忍んでいます。水

道や電気も無く、インターネットともほとんど縁の無い状態で、日

々の暮らしを営んでいます。彼らの知っている唯一のテクノロジ

ーは、村のみんなで共有する旧式の携帯電話器だけです。村人

たちは、電源スタンドまで歩いて山を下り、携帯の再充電に行っています。

この村の人たちは、アエタ族という先住民の一員です。彼ら

は、生き抜く知恵を持っており、おそらく3万年ほどを生き延

びてきた経験を持つ人たちです。彼らは、カヤやニッパヤシ

の葉で葺いた屋根付きの小さな竹組の家に住んでいます。

このような家は台風に耐えられる住居ではありません。彼ら

は、かつては狩猟・採集民でしたが、鉱山会社や木材会社の

乱伐によって熱帯雨林が失われたため、今では自給的農業を

営むようになっています。

 

現在、プレダ・フェア・トレード・プロジェクトは、集落内に何

カ所かの共用トイレを設置するため、セメント、軽量ブロッ

ク、鋼材など、トイレ設置に必要な資材すべてを、村人た

ちに提供しています。いくつかの村でのプロジェクトでは、

貧困で余裕が無く、農作業ができず収入確保が困難な場

合、村人にトイレの設置の事業に従事してもらい、その労

働賃金を払うといったようなこともしています。集落にトイ

レや井戸を提供するというプロジェクトは、8つの村で進

行中です。これまでに、8カ所のトイレ、5台の手押しポン

プ、井戸から汲み上げたきれいな飲み水を給・配水する

鋼管を備え付けました。これらの村では、汚染水に起因

するコレラ、その他の病気を避けられるでしょう。この一

連のプロジェクトは、ピコマンゴーを公正な価格で売買す

るフェア・トレード事業と並行して、村人の収入確保を確実

なものにするために行われている事業です。フェア・トレー

ド・プロジェクトで収穫されたマンゴーは、ドイツに輸出され

て、加工され、オーガニックマンゴーピュレ-になって、様々な食品製造に使われています。

近年は、農民組織を通じて、有機農業農産物という認定も

受けています。村のマンゴーはドイツの権威ある認証機関、

Naurelandにより、有機栽培農産物であると認証されています。

フィリピンで初めて認証を受けたオーガニックマンゴーです。そ

の販売収入は、農家の助けとなるだけでなく、性的虐待を受け

ている子ども達や外国人小児性愛者とそれに手を貸すマフィア

に搾取されている子どもたちを助けることにも役立っています。

アエタ族の農民たちは、苦難や貧困に直面しても、立ち直

る力を持っています。近年は、経済成長のおかげで、370

万人にも上るフィリピン人が、極貧状態から脱しています。

しかしながら、極貧状態にある人々は、まだ510万人もお

り、多くが、貧困線を大幅に下回っています。これは受け入

れがたいことです。豊かなこの国で、いかなる貧困も容認さ

れるべきではありません。しかし、なお、数百万の人々がこ

の豊かさの恩恵にあずかっていません。彼らは、農村部の

村や都市部に広がるスラムでひどい貧困状態にあります。

Pepitoとその妻Conchitaを含めて村人達は、マンゴーの

実を地面に落ちるままにして、豚や子ども達に食べられ

てしまう時がありました。Pepitoの話によると、「自分が町

に行って、収穫したマンゴーを地元の業者に売ると、彼ら

は、私にキロ当たり4ペソ(約8円)しか払ってくれませんで

した。私たちは、それでは暮らしていけません。それで、マ

ンゴーを収穫しなかったのです。しかし、プレダのフェア・ト

レードは、私たちに、より高い公正な価格とキロ当たり2ペ

ソのボーナスを提示してくれました。今では、マンゴーの実

を残らず収穫します。」

富める者と貧しき者との格差は、2017年時点でも依然とし

て存在し、さらに拡大しています。フォーブズの長者番付に

よると、この年には14人のフィリピン人億万長者がいました。

これは、世界の億万長者の間に認められる「富める者がます

ます富んでいる」という現在の世界的な傾向に合致しています。

国際支援団体オックスファムによる最近の報告書の見出しは、

「1%の富める者が、昨年1年間に生み出された富の82%を手に

する一方で、最貧の人たちの半数は何も得ていない。」というもの

でした。この報告書は、実に37億人もの人々が、自分たちの富を

なにも増やしていないということを示しました。いわゆる、「お金持

ち」が富を稼いだということです。この報告書で、オックスファム・イ

ンターナショナルの上席役員であるWinnie Byanyimaは、次のよう

に述べています。「億万長者ブームは好景気を示すものではない。

むしろいまの経済の仕組みに欠陥があり、上手く機能していないと

いうことを示している。私たちの衣服を作り、電話機を組み立て、食

料を生産する人々が、低価格品の安定供給のために搾取される一

方で、会社や億万長者の投資家たちの利益がどんどん膨らんでいる」

 

Pepitoとその妻Conchitaは、搾取される側にいます。彼ら

の作るマンゴーに、より高い代価を支払うというフェア・トレ

ード・プロジェクトは、大きな助けになりますが、充分では

ありません。気候条件が良く、収穫ができれば、それは彼

らの生活を改善する助けとなるものの、彼らはもっと多くの

収入を必要としています。それには、政府の介入が必要で

す。つまり、「国家規模で成長する経済から生み出された富

を少しでも良いから分配せよ」ということです。国家の経済成

長の恩恵を、一部の人だけではなく、国民全体で享受できる

ようにするべきです。

 

(翻訳:翻訳チーム 山下正隆 文責:清田健介)

 

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち

 

 

◆◆プレダ基金から仕入れた

   無添加・無農薬ドライマンゴー販売中!◆◆

 商 品 名 :ドライマンゴー
 内 容 量 :100g
 原材料名 :マンゴ果実、砂糖(精製きび糖)< 食品添加物、防腐剤不使用>
 原 産 国 :フィリピン

 

 ご購入はこちらから:http://ftcj.ocnk.net/product/45


12345>|next>>