【コラム】 希望無き人々に希望を

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。
https://www.preda.org/fr-shays-articles/bringing-hope-to-the-hopeless/

 

今アイルランドで新作の映画『Black ’47』が上映されています。

これは1847年、アイルランドがイギリスの占領下にあった時代の話です。

当時、主食であったジャガイモは菌に侵され、土の中で腐ってしまったのです。大規模な飢きんがアイルランドの貧しい人々を襲ったのです。およそ100万人のアイルランド人が餓死し、100万人がアメリカに移住し、そして建国を支えました。

 

映画は1人のアイルランド人男性の話です。彼はアフガニスタンでの戦闘の後、イギリス軍から脱走し、アイルランドへ戻りました。そこで家族のほとんどが死んだことを知ります。イギリス人の大家に追い出され、餓死し、あるいは凍てつく寒さで凍死しました。さらなる立ち退きから親族を守ろうとしますが、この男性は逮捕、投獄されてしまうのです。

 

彼は脱獄し、正義を求め復讐に走ります。

復讐のターゲットは迫害者であり、人々が餓死している最中に何トンもの食物や穀物をイギリスへ輸出していた者たちです。完全なる貧困に陥り、奪い取られた土地や家屋敷で奴隷として無給の労働を強制されたアイルランド人たちは、常に空腹の状態で暮らしていました。

 

この映画は過去の世界を映し出していますが、まるで、今の時代のイエメンの貧しい人々やミャンマーの民族浄化に苦しむヒンギャの人々、エリトリアやシリア出身の難民、ミンダナオ島のルマド人を見ているようです。

彼らのいる場所では、正義や平和、思いやり、自由そして尊厳は奪われ、否定されています。

正義や平和、思いやり、自由、尊厳というものは、我々が当たり前に思っている理想であり価値観であると同時に、なくては生きていけないものなのかもしれません。

 

迫害され、空腹で、餓死寸前の人々が日々苦しんでいる貧困に、「果たして自分たちなら耐えられるのだろうか?」

私たちは今このような文章を読みながらも、そんなことを真剣に考えることはまずないでしょう。

 

しかしながら何百万もの人々が、私たちには想像もつかない苦悩と迫害に苦しんでいるのです。アイルランドの「じゃがいも飢きん」の時代に起きた残酷な行為とアイルランド人の苦悩を描写しているこの映画によって、何百万もの人々が、今日、何に苦しんでいるのかを理解することができます。

飢えに苦しむ人々や見捨てられた人々、不当に投獄されている人々や障がい者、虐待を受けている人々に対する気遣いや思いいやりの中にある価値、そして彼らのために正義と自由を求める愛は、人間が存在する目的や意味を与えてくれる究極の目標です。実行しなければ、得ることはできません。

 

排除と搾取、そしてどのような方法であろうとあらゆる形の奴隷制度は、真の意味において我々が人間らしく存在するために必要なものを奪います。

つまりそれは、自ら考え行う自由な選択です。我々を他のあらゆる生物と区別するこの類稀な特性が奪われ、取り上げられたとき、我々人間の尊厳はないがしろにされ、権利は否定され、人間以下の存在として扱われるようになるのです。
 
だからこそ人身取引業者によって強いられる監禁や虐待は、人間性に計り知れない負の影響を与えます。

何千人もの子どもたちや若者は今も奴隷状態に置かれています。彼らの自尊心は奪われ、生きようとする意志は弱められます。

 

自殺に走る子どもも多いです。

貧困や空腹、強制労働に縛られ、選択の自由もなく、自由意志を行使し、自分自身のためにどこで、どのように生きて行くかを決める自由もなく、ぎりぎりの状態で生きています。

そのような状況下で、人々は大きな苦しみや苦痛を強いられることになるのです。

そうした何千人もの子どもや若者を救うために善意の人々が行動を起こせば、彼らが抱えるそのような苦しみを終わらせることができます。

 

12歳と14歳の姉妹JessaとJadeは両親に捨てられ、心ない遠い親戚に預けられました。

人身取引業者は2人を食べ物やお菓子、小遣いで誘い出しました。姉妹は外国人と部屋で「遊ぶ」ことを強制されました。

この男はアンヘレス市などに長期滞在していたセックスツーリストです。子どもたちに対する性的虐待の疑いがかかっていました。

 

子どもたちのことを心配した近所の住民が状況を知り、すぐにプレダのソーシャルワーカーに通報しました。

2人は救出され、性的虐待を受けた女の子たちを安全に保護しているプレダホームへやってきました。姉妹は回復し、今は安心して幸せに生活しています。

そして自分たちの身に起きたことを話すことができるようになりました。彼女たちは自らの意思で虐待者を告訴することを選び、男は裁判所での尋問に答えなければならない状況にあります。

すべての人々に子どもたちを救い、守ろうとするこのような思いがあれば、世界はもっと幸せで、良いものだったはずです。

 

何十万もの若い女性たちが、その多くがフィリピン人ですが、奴隷状態に置かれ、商業的な性的搾取を受けています。

借金の罠にはめられ、そして暴力を振るわれ、性的に虐待されることに対する恐怖と脅しによって生きる力を失っていくのです。多くの場合性産業で、若い女の子たちは無給で、自由のない状態で働かされているというのが今日の奴隷制度です。

フィリピン当局はこれを容認しているのです。

 

ヨーロッパや北米では、様々な職種の中にこうした女性たちを見ます。美容院やネイルサロン、マッサージ店、売春宿などです。

もし言うことを聞かなかったり仕事をしなかったりしたら、人身取引業者たちは自分たちの家族に危害を加えるかもしれません。彼女たちはそうした恐怖と脅迫の中で生きているのです。

 

人間を奴隷にするための人身取引は、多くの国々で見て見ぬ振りをされるか、軽く扱われることが多いです。

アイルランドとイギリスの新たな法律は、人身取引の被害にあった人々を支えの必要な被害者として対応し、法的支援を提供することを関係機関に求めています。

何千ものさらなる被害者を救出するためにも、やるべきことはまだまだあります。

 

2,000万人もの人々が来る日も来る日も、無給の強制労働を目的に取引され、長期間苦しめられているのです。

逃げ出す者もいれば亡くなる者もいます。救出され自由の身となる者もいます。同じ人間を奴隷にし、自由な選択も自由もない状態で彼らを搾取することで生み出される富への欲望は、人生を破滅させます。

 

こうした状況には気が滅入りますが、子どもや若者を人身取引業者の手から救出し、そのような業者たちを裁判にかけるための動をしている善意の人々やボランティア、関係組織、NGO、真面目な捜査官が世界中に何千人もいることは知るに値することです。


プレダ基金は2018年だけでも、児童虐待者と人身取引業者に対して13件の有罪判決を勝ち取りました。多くの子どもたちが救出され、教育と治療を受けることのできる健康的で、有意義な生活を取り戻しています。

そして、人身取引業者や虐待者に対する訴訟を起こせるまでになっています。

 

ですが、私たちに救い出してもらうことを待っている子どもたちがさらに大勢存在します。

だからこそ関心を持って、この記事を紹介したり、ボランティア活動に参加したり、プレダ基金に寄付をするなどして、自分たちにできることをしてほしいと思います。

 

(訳者: Mikikoさん)

 

カレン神父とプレダ基金の子どもたち

 

 


【コラム】 収容施設で虐待されている子どもたち

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

 

http://www.preda.org/fr-shays-articles/children-abused-in-detention/

 

ここ数ヶ月、ドナルド・トランプ大統領の政策によって、様々

な事情で正式な手続きを経ずにアメリカに入国した移民の

子どもたちが、おとなたちから引き離され、収容施設に強制

収容されました。

 

様々な宗派の教会指導者たちや、民主党、共和党の政治

指導者たち、そして心優しい何百万人ものアメリカ人、さら

に国際社会は怒りを露わにし、これは子どもの持つ人権を

侵害するものであり、児童虐待であると主張しました。

 

トランプ大統領は指示を撤回し、この最も残酷で不愉快な、

そして憎むべき政策を変更するための大統領命令に署名し

ました。変更するに至ったのは思いやりからではなく、社会

的及び政治的圧力がもたらした結果です。しかし、親子の

即座の再会については大統領命令には含まれておらず、

どのように進めて行くかについては全く提示されていないのです。

 

親や保護者たちが、アメリカに正式な手続きを経ずに入国

したことに対する法廷審問を刑務所で待っている間、その

子どもたちはウォルマートの倉庫内の小部屋に閉じ込めら

れています。こうした子どもたちはおそらく南米の国々に送

り返されることになるでしょう。送り返された先にあるのは暴

力と深刻な人権侵害、空腹と抑圧です。子どもたちには、ア

メリカへ逃れるための手続きを行う権利があります。豊かな

国アメリカは、貧しい国から来た人々を保護し、彼らの要望

に応えるべきです。トランプ大統領のゼロ寛容政策によって

何百人もの人々が本国へ送還されています。ある男性が本国

へ送還されましたが、彼の3歳になる子どもはアメリカにある収

容施設に留められました。同じような事態が後を絶たない状況

が来るはずです。

 

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官とニッキー・ヘイリー国

連大使は会見の中で次のように発言しています。「アメリカ

は揺るぎない人権擁護国ですが、国連人権理事会の理事

国の多くが人権を侵害している不公平な状態である以上、

アメリカは理事会から脱退します。」アメリカへの亡命希望

者の子どもたちの権利侵害について触れることはありませ

んでした。

 

共和党上院議員や、民主党員を含む連邦議会の議員など、

大統領のやり方に批判的な立場を取る多くの人々が、子ども

たちを親から引き離すトランプ大統領の政策によって子どもた

ちの権利が侵害されているとして、これを激しく非難しています。

2,500人もの子どもたちが親から引き離され収容施設内に留め置

かれています。そうした子どもたちの悲嘆にくれる姿や泣き声が録

画され、ネット上に公開されていたりしているのです。

 

対してドナルド・トランプ大統領は、悪意のある行為だとして

民主党員らを不当に非難しました。トランプ大統領は今年1月、

「便所のような国」から来る移民ではなく、ノルウェーからの移民

を受け入れるべきだと発言しています。この攻撃的で人種差別

的な発言は、非白人国家に不快な思いをさせています。そうし

た国々は、受けた侮辱と傷つけられた自尊心に耐えることを強

いられているのです。トランプ大統領は特定のイスラム教国か

らの移民を禁じました。大統領は、アメリカ建国を支えてきた移

民たちを自己中心的に排除する態度をみせることとで、自らの

政治的キャリアを築いてきました。大統領による強制収容には

筋書きと目的がありました。トランプ大統領は、自ら考案し実施

した強制収容を中止させるための法案が議会を通過することを

望んでいます。議会はこの法案を承認せざるを得ず、そうなれ

ば大統領はメキシコとの国境沿いに壁を建設するための費用、

250億ドルを手にすることになります。政治家たちは、これは脅迫

で手にした予算だと言い、子どもたちは人質や担保として大統領

の政治駆け引きに利用されていると口にする者もいます。

 

大統領夫人自ら、そして元大統領夫人らは、こうした行為

は間違っており、アメリカを象徴する真の精神に反すると

声を挙げました。トランプ大統領の姿勢に変化が現れた

のは、周囲の怒りが耐え難い圧力にまで高まった後のこ

とです。ようやく大統領は譲歩せざるを得なくなったのです。

 

ここまでの話はフィリピンの話ではありませんでしたが、もし

マニラ首都圏や地方にある自治体や市の児童収容施設を

訪問する勇気があるのであれば、気付け剤と抗うつ剤を持

参するといいでしょう。中に入ることを許されれば、衝撃的な

までに惨めで非人道的な状況を目にすることになるでしょう。

そこにはフィリピンの子どもたちが、男の子も女の子も、中に

は10歳ほどの子どもまでもが、まるで犯罪者であるかのよう

に鉄格子の中に拘束されています。

 

“Bahay Pag-asa”または「希望の家」と呼ばれる自治体運

営の収容施設もあります。しかしそこに希望はありません。

栄養状態の悪い何百人もの子どもたちが、すし詰め状態で

汚い小部屋に押し込められています。こうした非人道的な収

容にかかる費用を支払っている一般市民は、ほとんどの施設

において、格子の中の子どもたちに面会するために中へ入る

ことを許されていません。政治家たちが収容施設へ足を運ぶ

ことはありません。

 

刑務所の狭い監房の中に20人もの子どもたちが収容され

ているBahay Pag-asaもあります。監房には配管の詰まっ

た便器がものすごい悪臭を放っています。糞尿の臭いが

立ちこめ、子どもたちも訪問者もその悪臭にむせてしまう

ほどです。ある女性訪問者は中に入り、衝撃のあまり動

けなくなり、困惑しました。彼女は、フィリピン人はどうして

子どもたちにこんな仕打ちをするのかとたずねました。

 

児童収容施設の部屋には、ほとんどの場合、ベッドもなけ

れば普通に使用できるトレイもありません。洗面やシャワ

ーのための場所はどこにもありません。子ども専用の収

容場所を備えている施設もある。子どもたちは医療を受

けることもできず、未処置の傷のある子どももいれば、精

神に障害のあるおとなと一緒に監獄に閉じ込められてい

る幼い子どももいます。教育や保健サービス、娯楽、発育

に応じた指導、ゲームや漫画、テレビはほとんど、あるい

は全く与えられていません。屋外で体を動かしたり太陽の

光を浴びることもほとんど、あるいは全くありません。年長

の男の子たちに性的虐待を受けている子どももいます。看

守もまた、子どもたちを虐待しているのです。

 

こうしたフィリピンの子どもたちは国家に見捨てられ、地域

の政府機関による搾取と処罰に苦しめられているのです。

親に忘れられ、またはその親もいないのです。こうした子ど

もたちの多くは法律上、刑事責任を問われることはありませ

ん。そしてすべての権利を有する子どもとして扱われなけれ

ばならないのです。しかし、実態はそうなっていません。

 

もちろんこれは共和国法第7610号及び9344号の下、違

法な収容であり、人権侵害に相当します。しかし、そんな

ことを気にする人間がどれほどいるでしょう?そんな人間

は、少数のNGOか国の無力なソーシャルワーカーや、職

員だけです。それに比べたら、トランプ大統領の児童収容

施設はパラダイスです。

 

(訳者: Mikikoさん)

 

 

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち

 

 


【コラム】 受け入れ先を探し求める移民たち

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

http://www.preda.org/fr-shays-articles/the-migrants-that-seek-a-welcome/


尊厳と価値、そして譲ることのできない人権というものを持

つ人間として、自分たちのことを考えてみましょう。
 

私たちは人であり、動物ではありません。動物は、野生

の中で危険や敵に囲まれています。食べるものを手に

入れ、生き残るために戦い、殺しあいます。多くの人間

は、この地球上で平和に暮らし共存するためにもっと高

い規範を持っています。ですが、すべての人間がそうだ

というわけではありません。人間の数はとても多く、他の

種のほとんどを絶滅の危機に追いやってきました。だか

らこそ、仲良く平和に暮らしていくためには、互いを思い

やる協力関係と、平等にそして正義感を持ってすべての

生き物に手を差し伸べることが不可欠です。自らを気遣

うように、他者を愛し、気遣うという社会の原則は、生き残

るための戦略でもあります。困っている人に救いの手を差

し伸べ、自らのコミュニティーに迎え入れ、調和と信頼関係

を築き、お互いを支えあうということは、社会に平和と安定

をもたらします。

 

こうした善と価値をないがしろにしたとき、我々は自分勝手

で内向きな部族主義へと戻っていくのです。部族主義は他

者を拒絶し、排除します。そして争いと暴力を招きます。ヨ

ーロッパや北アメリカの裕福な国々では、中東やアフリカ

出身の貧しい人々や不運な人々に対する差別や排斥が

拡大しています。狂信的な反外国人、反移民、反イスラム

集団の中には、異民族に対してヒステリックなまでの嫌悪

感を抱き、精神錯乱状態に陥っている集団もあります。移

民のための保護施設を攻撃し、さらには移民そのものを攻

撃するのです。先進国に暮らすこうした世代は、ボスニア戦

争や世界大恐慌、ヨーロッパでは第二次世界大戦終結以

降、戦争や破壊、飢餓、貧困、そして強制退去を一度も経

験していないというのが特徴です。

 

第二次世界大戦の後ヨーロッパ大陸は、食べるものも住む

家もなく、国から国へとさまよい歩く難民や強制移住者、移

民たちで溢れました。彼らは歓迎され、崩壊したヨーロッパ

を再建しました。こうした人々は数十万単位でアメリカへと

渡り、受け入れられました。こうした受け入れと移民たちの

尽力によってアメリカは偉大な国となりました。今日、ドナル

ド・トランプ大統領の下、国民の半数が移民に反対していま

すが、そうした国民自身が移民であり、移民の子孫です。彼

らは思いやりと寛容、共生への道を放棄しました。アメリカで

あろうとどこの国であろうと、人種的憎悪では国を偉大にする

ことはできません。国を偉大にするのは、新たにやってきた移

民たちの犠牲と奮闘なのです。

 

今の世代はそれほどの貧困に苦しんだことがありません。

地球上には不幸な人々や虐げられている人々、お腹を空

かせた人たち、あるいは戦争や暴力、基本的権利の侵害

から逃れてきた人々が存在します。今の世代の多くは、そ

うした人々に対して自己中心的で内向きで、しかも人種差

別的な態度すら擁護している指導者を選んでいます。戦争

は、欧米の搾取的な政策によって引き起こされています。

 

629人の移民を乗せた救難船Aquarius(水瓶座の意)は非

常に危険な旅の途中で救助されました。自国で、そしてそ

の後再びリビアでの苦難や空腹、貧困、そして不法監禁や

不当な投獄から逃れてきた移民たちは、希望と生き延びる

夢、そしてより良い生活を追い求めました。ヨーロッパ諸国

やアメリカ、カナダには思いやりのある優しい人が大勢いま

す。しかしながら、排他的で、勝手な思い込みからくる不安

の中に生き、人種差別的な考えを持つ人間が、さらに多く

存在します。

 

629人の不運な移民たちは、イタリアとマルタで受け入れを

拒否されました。この国の有権者たちは、反移民政策を導

入しようとしている指導者を選んだのです。ハンガリー、ル

ーマニアそしてポーランドは、「キリスト教を基礎とした社会

を純粋に、そして汚れのない状態」で維持することを目的に、

移民の入国を禁じています。オーストリアとイタリアはこうした

排他主義的政策を踏襲しているのです。これは人権とEUにと

って大きな後退を意味するものです。何千マイルにも及ぶ塀を

建設する国もあり、トランプ大統領も同様の政策を行うといっています。

 

拒絶された人々にその扉を開けたのはスペインの人々でし

た。難民を受け入れ、仮の住まいや支援を提供しました。こ

のような心ある対応は、人の持つ良心からくる力強い行為で

あり、こうした行為により、外から来た人々は受け入れられた

と感じることができるのです。同時に、人間の本質の中に善良

な部分があるのだということを確信でき、平和な共存は実現で

きるのだと思い起こさせてくれます。

 

一方、よそから来た人々を拒絶し、さらに多くの人々に国外

退去を命じてきた者たちは、国際義務や人道的責務を放棄

したことになります。彼らは非情で、思いやりに欠けています。

ですが、そんな偽善行為や無知で教養もない態度を気にする

者もいないようです。私たちもっと関心を持つべきです。心を開

き、難民や移民たちを受け入れなければ、慈悲や思いやり、愛

は閉ざされてしまいます。我々の自己中心的な姿勢は、家族や

地域社会、自分自身をも傷つけることになるのです。よそから来

た人々に愛情を注ぐことによって、本当の意味で、すべての人に

対する健全で無欲な愛を得ることができるのです。

 

移民たちは、豊かな国に暮らす人々に相手にされなくなり

使い捨てにされた人々です。その豊かな国の人々の祖先

は移民たちが従来住んでいた土地に侵入し、占領しました。

そしてその土地の人々を奴隷にし、1,300万人もの人々を船

に乗せ、奴隷としてアメリカへ送ったのです。そして近代にな

り、そうして送られて来た人々は、「開発途上の地域の人々」

として扱われ植民地に依存するよう仕立てられたのです。植

民地化した人々を搾取し、そこにある資源を盗み取り、そこに

暮らす人々を貧困へと陥れるという構図ができあがったので

す。今日の新植民地主義的統治はこうした搾取を永続させ、

容認しています。搾取する者たちは多国籍企業を使ってその

抑圧的な企業方針を維持し、腐敗した独裁者や暴君は見て見

ぬ振りをしています。最も残忍な独裁者である金正恩に対して

最高の賛辞を送っているトランプ大統領の姿勢は、その一例と

いえるでしょう。

 

思いやり、よそから来た人々に対する寛大さ、共感、友情そ

して移民や難民を受け入れる姿勢は、今、かつてないほど

必要とされています。中東やアフリカでは、全くもって悲劇

的で恐ろしい事態となっています。戦闘に関わっていない

何千もの人々、大抵は女性や子どもたちが爆撃され、焼

かれ、手足を切断され、首を切られ、強姦され、殺されて

います。テロ集団に属する残忍で無慈悲な兵士らによっ

て何百人もの女の子や女性たちがさらわれ、性奴隷とし

て売られているのです。こうした兵士たちは何の罪もない

多くの人々を虐殺していますこのような状況と圧倒的な貧

困、政治的腐敗から、貧しい人々はより良い生活を追い求

め移住を希望するのです。地中海に浮かぶぼろぼろのゴム

ボートに全てを賭けることは、悪夢から逃れ、もう一度生きる

ための闘いにおいて完全なる捨て身の行為であり、勇気あ

る、勇敢な行為なのです。私たちはそのためのチャンスを彼

らに与えるべきです。

 

(訳者: Mikikoさん)

 

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち

 

 


12345>|next>>