自分たちの水を守り続けるケニアの村びとたち

 ケニアの農村に建っている給水塔。

寄付による支援で建てられたこの給水塔は、村びとたちの特段の努力により民主的に管理されており、安定的な水の供給が可能となっています。(清田)

 

https://www.we.org/en-CA/we-stories/global-development/kenya-water-management-committee

 

 

 
 地元の村小学校のグラウンドに13人の人々が集まっていました。

空に伸びる給水塔が誘うその場所には、一面のソーラーパネルが太陽を遮り、貴重な木陰ができています。

ここに集まった男女たちが担うのは、オロイリエン村での長期的な最新開発計画――――クリーンな水です。 
 
 これは、水を管理する委員会なのです。
 
 この委員会の存在が貴重だということは、決して大げさではありません。寛大にも、資金が寄付によって集められ WE(フリー・ザ・チルドレン) のプロジェクトが始動し、試錐孔が掘られ清潔な水が地中から吹き出し、給水塔が建てられ、さらには太陽光パネルが設置され売店までもがオープンする……これらの環境を管理し、維持しているのが水源管理委員会なのです。

彼らは、村に共同所有権を浸透させることで、この計画を長期にわたり、継続可能にしているのです。
 
 以下がその方法です。
 

 


構築
 

女性にとって、清潔な水を手に入れるということは特に深刻な問題です。
 

この新しい水源計画が始まる以前、ジュディ・トニオクは近所の人々と同様、学校から徒歩で4時間の場所にある川から水を汲んできていました。

飲み水であれ、掃除用であれ、料理の為であれ、農作物の為であれ、必要な水はいつでも徒歩で4時間かけて汲みに行かなければなりませんでした。

そしてその水は、とても清潔とは言えませんでした。その水を使い続けることは、常に健康への被害と隣り合わせでした。

2017年に、トニオクはその水から腸チフスに感染しました。彼女の病気は何とか治りましたが、いつでも彼女の3人の子どもたちが同じ目にあうのではないかと心配しなければなりませんでした。

トニオクと友人のジャクリーン・ナイグタは WE が学校でクリーンウォータープロジェクトを立ち上げたのを知るやいなや、さっそく参加を希望しました。この地域の中心に位置する学校に、試錐孔が掘られ、給水塔が建てられるのを、二人は見つめました。そして、給水所がオープンし、最初にクリーンな水が学校のグラウンドに噴出した際には、彼女らは何百人もの地域の仲間と盛大にお祝いをしたのです。
 

清潔な水が、ここにある。現実に…!そして次は何だろう、と皆は思いました。
 
 
選挙
 

選挙の日、トニオクとナイグタは、ちょうど彼女たちの家から中央に位置する学校で会いました。

妻であり、母親であり、農場経営者でもある二人のオロイリエン村での生活は、二人合わせると 46 年にもなります。

37 歳のトニオクは、オロイリエン村で生まれ育ち、28 歳のナイグタは、9 年前に夫と共にこの地に引っ越してきました。

二人ともマサイですが、一人はこの地で生まれ育ち、もう一人は新しい生活を求めてこの地に来た、いわば彼女らは異なるライフスタイルを象徴していました。


 会議の冒頭で、WE の引率者は、この会議の目的が、水源計画の長期的な持続可能性と、それを保持し未来の世代にまでクリーンな水を提供し続けることを確約することであると説明しました。そしてそのためには、地域一帯が選挙で委員会を選出することに参加すること、そして委員会も同様に、この計画の健全な運営を監督し、地域と学校に責任を持つことが必要であると説明しました。
 

その会議に出席していた村びとは、それぞれが住んでいる地域に応じて 3 つのグループに分けられました。

オロイリエン村の土地は何百キロメートルもの広大な面積を誇り、岩石と砂塵まみれの道が続き、四方に農地が広がっています。それぞれの地区から委員会のメンバーを選出することはとても重要なことでした。
 

地区代表を決める話し合いが始まりました。ナイグタの仲間たちが、彼女を委員会のメンバーに推薦しているのを知って、ナイグタは信じられないほど驚きました。「こんな重要な役割は、経験したことがありませんでした」 そして村びとによる投票が行われました。
 

そして、五人の女性が、委員会のメンバーに選出され、大喝采が巻き起こりました。―― ――トニオクとナイグタは二人とも、管理職として選ばれました。

「私たちは水のない生活がどれほど厳しいものかよく解っています。だからもちろんこの計画を上手くいかせてみせます」 トニオクはなぜ人々がそんなにまで喜んでいるのかを説明しながら、そう言いました。

彼女たちは二人とも、謙虚にもこれまでにそのような重要なポジションに立った事はないと言いながらも、日曜学校では教師をしています。

きっとそこで培った指導や管理における能力をこの機会に事務官や会計係として発揮してくれることでしょう。
 

そして最終的に、13 名が委員会のメンバーとして選ばれました。


村びとこの水源設備の所有権を完全に保有できるよう、この委員会は、すべて村びとにより構成されています。――——―—オロイリエン村に住む彼らこそが、立ち向かうべき試練とその解決方法を解っているからです。メンバーは、奇数で成り立っているので、多数決でも方針を決めあぐねる事はありません。

特筆すべき点として、この村に関する重要な要素は、マサイとキプシギス、両民族集団からの老若男女を入り混ぜた集団であるということです。

かつて委員会の会長、ジョセフ・チェロノ氏が言ったように、民族集団間同士の対立は、村の発展を頓挫させる原因となるからでした。「みんなに、この計画を自分たち自身のものであると感じてほしいのです」。

 


 
長期継続    
 委員会は、一週間に一度、いつもこの計画の心臓部である学校のグラウンドで集まります。
学校の中の給水場に加えて、道端にも一般の人々が水を買えるように売店がオープンしました。水を売って得たわずかな料金も、この計画の資金になります。

水の販売員たちの賃金や、最近は夜間にソーラーパネルを警護する警備員が雇われました。

未来に必要な修繕費の為にも蓄えられています。
 

水源管理委員会が、当面の任務について話し合っていると、学校のベルが鳴り、生徒たちがグラウンドへ飛び出してきました。この子どもたちが、試練に立ち向かい行動をとった、委員会の背中を見て育っていく世代です。——―—―彼らが発掘したクリーンな水をのみながら。

 

(原文記事執筆 :セディ・コスゲイ& ワンダ・オブライエン 翻訳:翻訳チーム沖野圭真  文責:清田健介)


【報告】東京グレートサンタラン2018で集まった支援を届けてきました!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、この夏ケニアを訪問し、

昨年12月に実施した東京グレートサンタランで集まったご支援を届けてきました!

 

<東京グレートサンタラン2018>

公式HP   https://santarun.jp/

活動報告 http://ftcj.jugem.jp/?eid=2082

 

(ケニアスタディツアー参加者とBaraka病院のスタッフ)

 

東京グレートサンタランは、サンタクロースの衣装を着て、楽しく走って、日本にいる病気と闘う子どもたち&海外の貧困の中にいる子ども達を応援するチャリティイベントです。

2018年のイベントでは、収益の一部は、フリー・ザ・チルドレンを通じて、 ケニアのマサイ族など先住⺠族の貧困家庭の⼦どもへの医療⽀援に充てられることになりました。

 

支援詳細:https://santarun.jp/wordpress/wp-content/themes/J_Theme/images/kenya.pdf

 

8月、スタディツアーが開催され、中学生〜社会人11人がケニアを訪問し、

Baraka病院を視察・物資を提供してきました。

 

サンタランで、絆創膏のパッケージに参加者の皆さんがメッセージを書き、

 

スタディツアーの参加者が、絆創膏が詰まった袋を準備し、

 

無事、Baraka病院のスタッフに渡すことが出来ました。

この絆創膏は、巡回診療の際に利用されることになりました。

 

 

Baraka病院は、治療棟、研究・検査棟、産婦人科棟、手術棟、入院病棟、予防棟の6つの棟からなる病院です。

 

以下のような手術室もあり、

 

また24人が入院することができる入院病棟も整っています。

 

2−3か月に1週間、カナダやアメリカの医師が先進的な技術を指導したり、また現地の医師では判断や対応が難しい病気の対応もしています。

 

マラリアやHIV/AIDSを見るための専門の病室もあり、

それらの病気に対する認識も広がりました。

 

病院が出来る前は、病気や怪我をした際、ここ一帯の地域の人は、車で2時間の距離にある、Longisaという病院まで行かなくてはなりませんでした。実際は、車を持っていないので、大きな道路まで歩くかバイクで行き、その後公共バスに乗り換える必要があり、さらなる時間がかかります。

 

時間もかかり、またお金もかかるため、なかなか病院にかかることが出来ませんでした。

Barakaが出来てから、だいぶ地域の人々にとっては病院に行くことが楽になりました。

 

しかし、やはりBarakaだけでは、まだ通うのに距離があり難しい人々もいます。

そのため、Baraka病院は、この救急車をモバイルクリニックとして、医師が循環診療をしています。

 

モバイルクリニックは、月曜日〜木曜日に稼働し、

なかなかBarakaに自力で来ることが難しい10の地域を順番に訪問しています。

 

天候にもよりますが、1回訪問すると約60人が診察を待っており、

17時までの診療時間を過ぎても、最後の1人まで対応をしている、ということでした。

 

集まったご支援は、今後もモバイルクリニックが継続的に稼働し・充実した診療を行えるように使用させて頂きます。

 

東京グレートサンタラン2018にご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

 

東京グレートサンタラン2019も開催を予定しております。

昨年参加頂いた皆様も、そして今年初めての皆様も、

サンタラン会場でお会いできること楽しみにしております!

 

 

 


ブレスレッドで輝く未来

ブレスレッドは、人を輝かせることができますが、ブレスレッドによって輝きを放てるのは、ブレスレッドを身に着けている人だけではありません。

今回ご紹介するケニアのマサイの女性は、ブレスレッドをつくることで自らの人生と未来を輝かせています。(清田)

https://www.we.org/stories/me-to-we-artisans-profile-mama-toti/

 

 

幾重にも重なったカラフルなマサイのビーズアクセサリーを身に纏い Lorna Saoei Puleiは小さなジェスチャーを混じえて答えます。
 私たちはケニアのカジアド村の彼女の台所に座って、幼い花嫁から一流の起業家に一変した彼女のストーリーを記録しました。きっかけは彼女の名が付いたME to WE ラフィキブレスレットです。
 
彼女を知っている人は、誰もが彼女のことをママ・トチ(トチの母)と呼びます。

トチとは彼女の長女につけられたニックネームでした。
44歳のママ・トチは飼っている山羊が隣の土地に迷い込んでいないか確認するため窓の外を覗きながら絶えず動いています。 彼女の家の横を通り過ぎる近所の人たちに挨拶を返します。

建築中の家の敷地には木材が積み重ねられ、その上に釘やハンマーの入ったバケツが置いてあります。
4人の子どものシングルマザーであるママ・トチは建築中のこの3ベッドルームの家を自分が稼いだお金で建てました。
 
彼女はこの家が自分のものになると想像していませんでした。そして彼女のこれまでの道のりも予想できませんでした。
8歳の時、ママ・トチは一度も会ったことのない年配の男性と結婚しました。そして10年間、彼女は彼から精神的および身体的虐待を受けました。
 彼女の両親がやっとのことで彼女をカジアド村の家に連れ戻した頃には、彼女は教育も職業経験もない10代の母親となっていました。
 両親は彼女のために家族が住む敷地内に伝統的な泥のマニャータの家を建てましたが、幼い兄弟姉妹がいたので、それ以上の援助はできませんでした。
18歳の時、ママ・トチは家族を養うために仕事を始めました。

 

 

ほとんどのマサイと同様、ママ・トチの両親は家畜の乳と肉に頼る牧畜家でした。

しかし、頻繁に起こる干ばつのせいで牧草地が減ってしまったため、この伝統的な生活は絶えず危険にさらされていました。
 父親が病気で亡くなったとき、ママ・トチは自分の子どもたちだけでなく、母親と兄弟姉妹を養うために家に残りました。何も頼れることがなかった彼女は子どもの頃に学んだスキルに目をつけました。 ビーズワークでした。

 

マサイの女性にとって、ビーズワークを学ぶことは通過的儀礼です。
 若い女の子として、ママ・トチは母親が結婚式や家族のお祝いのためのジュエリーを作るのを手伝いました。

おとなの女性として、彼女の手工芸との再会は厳しいものでした。
 彼女は、彼女のビーズのジュエリーを観光客に売ってもらうために最寄りの街の行商人のところまで毎日2時間通い始めました。
しかし、市場は同様の製品であふれ、ママ・トチは収入以上に運搬にお金を費やしてしまいました。彼女の才能はどんどん伸びていましたが、赤字を解消するために手の込んだビーズ細工品を売らざるを得ませんでした。

 

2009年、フリー・ザチルドレンのME to WE Artisansはこのような女性たちを支援するために設立されました。成功するために適切な市場へのルートを必要とする熟練した女性職人たちへの支援です。

 


女性たちは伝統的なデザインの見事なジュエリーやアクセサリーを北米の観光客が好むよう手作りしました。

そして、ME to WEは1点ごとに代金を支払い、職人たちに持続可能な収入と国際的なマーケットを提供しました。これが基盤となりました。
 多くの女性たちは懐疑的で、部外者との約束をなかなか信用しませんでした。

しかしママ・トチは「私にとっては養う子どもたちがいたのでチャンスでした。」と疑う余地はありませんでした。
 彼女はこの契約を最初に受け入れた女性の一人でした、そして、彼女の勇気は後に続く女性たちを奮い立たせました。

 

ママ・トチは最初からME to WEとの仕事が自分の手工芸品を他の行商人に売り込もうとしているようなものではないことが分かっていました。
 その理由の一つには、町への通勤はがなかったからということもありました。
ママ・トチと仲間たちは、ME to WEのコーディネーターの送迎により家から遠く離れた場所に集まり、おなじみの木の木陰で一緒に仕事をしました。
 「おしゃべりをしたり冗談を言い合ったり、ビーズを付けながら歌ったりしていると時間はあっという間に過ぎてしまいます。」と彼女は言います。

 

最初に作るようになったのは「ラフィキ」でした。スワヒリ語で「友人」という意味で、カラフルな一本鎖編みのブレスレットのことです。
それは、ME to WE Artisansを通して手工芸品を提供するケニアの女性たちと、彼女たちを支援する北米の女性たちとの間で生まれた世界的なつながりの象徴となりました。

 

ママ・トチは早くから著しい業績をあげていました。
ほとんどの女性たちは1日平均30個のブレスレットを完成させていましたが、彼女は多い時は70個も完成させました。
 彼女は自分のヤギを持つという長年の夢をかなえるために働いていました。
 安定した供給があれば、子どもたちのために牛乳を買う必要はないでしょう。

ヤギから乳を搾れば良いのですから。そしてこのようにお金をそのまま投資に回せます。
 彼女が予想できなかったことは1つだけでした。彼女の職人としてのスキルとスピードによって最初の給料は、1頭ではなく2頭のヤギを買えるほどの額になりました!

 

ママ・トチの成功のニュースは、すぐにカジアド中に広まりました
村びとたちは、彼女の敷地内の増え続けるヤギや近代的な鉄板の屋根の家など、彼女の成功を直接目にするためにやって来ました。

そんな彼女を見て、多くの女性たちが自身の将来に期待を持つようになりました。こうしてME to WE Artisans は発展し始めました。ラフィキブレスレットは主力製品であり続けましたが、新しく、より複雑なデザインに発展しました。
ママ・トチは自分自身で新しいパターンを学び、他の職人たちのトレーナーになりました。

そして他の仲間たちに作り方の秘訣を教えました。

 

ママ・トチは現在、ヤギが大体35頭いるといいます。
 彼女は子どもたちの教育費を支払うために2、3頭売りました。
 「自分が直面した困難を子どもたちに味あわせたくありません。私は彼らが学校で一生懸命学ぶことを望んでいます。」と彼女は言います。

 

 

ママ・トチの長女Leah Matipe(トチ!というニックネーム)は、2017年、WE Charity(フリー・ザ・チルドレン)によって建設されたマサイマラのキサルニ女子学校を卒業しました。
それ以来、彼女はコンピュータ研究のコースの講習を受けており、現在は入学志願した大学からの返事を待っています。
 彼女の母親は、彼女たち兄弟姉妹に、一生懸命働くことの大切さを教えていたと言います。 「私は母が毎日、私たちの学校や食べ物や衣服に必要なお金のために働くのを見たのでしょう。私は1人ですべてをできるとは信じられませんでした。」
ママ・トチは、子どもたちがいたから頑張ることができたと言います。彼女の2番目の息子は現在10年生、3番目の息子は7年生、一番年少の娘は4年生です。

 

ME to WEは彼女の功績を称え、ブレスレットに名前をつけることでママ・トチのような女性の強さを世に知らせることにしました。
 「私の名前をブレスレットに付けると聞いて泣いてしまいました。」と彼女は言います。

 

ママ・トチ ラフィキブレスレットの販売による収益は、WE Charityのパートナーコミュニティ全体の女性の夢のための資金となります。
ブレスレットは作った職人を支えるだけでなく、女性たちのグループに彼女たち自身のヤギの群れを育て、彼女たちが家族のために欲しい未来を作り出すために資金を供給します。
デザインはママ・トチや仲間の職人たちが最初に始めたものよりも複雑ですが、同じ糸で結ばれています。

 

(原文記事執筆 :セディ・コスゲイ  翻訳:翻訳チームメンバー 文責:清田健介)

 


12345>|next>>