門出を迎えたケニアの若者が抱く夢

教育は、人の夢や可能性を大きく広げます。
今回ご紹介するのは、高校生活を通じて外科医になる夢を見つけたケニアの若者です。(清田)

 

https://www.we.org/stories/kisaruni-graduation-valedictorian-speech-kenya/

 

 

 


暖かい月曜日の午後、ケニアのナロク郡にあるキサルニ女子学校系列校の校庭で、ミルカ・チェプクルイは心の準備をしていました。

もうすぐ、一緒に卒業する卒業生、先生、親族、寄付者など、大勢の前で卒業式の答辞を述べることになっているのです。ゆったりとしたガウンに黒い帽子をかぶったミルカが開場を横切ると、ガウンが風にはためきます。

頭を高く、マイクを握りしめ、卒業生総代らしからぬミルカが答辞を述べるのです。

 

静まり返った群衆に向かいミルカはこのように始めました。

「キサルニでの日々は、私にとって人生を変える経験でした。ここに来た時、将来に向けて大きな夢は持ってはいるけれど、どうすればいいかわからずオロオロしていた人もいました。けれども、今、自信と達成感にあふれた女性として卒業しようとしています。」

 

その後、緊張のためフラフラしながら、18歳になるこの少女は現実感がないと言いました。

実際、このようなことが現実するとは考えられない状況に彼女はいたのです。

 

ミルカは、ケニアのボメット郡にある小さな町、ソティックで生まれ育ちました。

6人兄弟の5番目で、女の子は2人しかいません。母親のルース・ロノの影響で、本を読むのが好きになりました。

ロノはトウモロコシ農家ですが、小学校を卒業した数少ない女性の一人で、地元の小学校で教師のアルバイトもしていました。ロノはミルカや兄弟たちのためによく本を持ち帰っていました。

 

「『教育をちゃんと受けたから小学校の先生として働けるんだよ』って子どもたちに言ったものです」とロノは言います。

「もっと教育を受けたなら、できることがどれだけ増えるか考えてみて下さい。」ロノは子どもたちに自分よりさらに上を目指してほしかったのです。

 

 

 

これは、ケニアのマサイマラ地区に住む親なら誰もが感じていることです。

ひと世代前には、小学校教育を受けられる人もあまりおらず、そもそもほとんどの人がちゃんとした学校というものに行くことはありませんでした。

もちろん、親ならみな子どもたちに良い教育を受けさせたいと思っています。

問題は、極貧地域で学校を見つけることができないことです。

小学校には、教材や教室が十分にありません。高校も少なく、あったとしても授業料が払えない親が多く、どの子を学校にやるか選ばなければなりません。

家事を担うのが慣習となっている女子は、取り残される傾向にありました。

 

1999年にこの地域でWE Charity(フリー・ザ・チルドレン)が活動するようになってから、小学校と協力して教室を作り、教員を育成し、教材を提供することによって、質の高い初等教育を受ける機会が増えました。

2010年に、WEはナロクにキサルニ女子学校を開校し、女の子が小学校から高校へ行けるチャンスを作りました。

 

その時、ナロク郡の隣接地域にいたミルカは5年生でした。

つまり8年生になって小学校を卒業するために必要となる試験、ケニア初等教育課程修了試験を受けるまで3年を残す頃でした。時期的には早いですが、ミルカはすでに高校に行くことを夢見ていました。しかし、キサルニについてはまだ知りませんでした。

 

ミルカは言います。「学校が大好きでした。見るものすべてに興味がつきず、あらゆるものを学びたかったんです。」

 

 

 

学習意欲は旺盛でしたが、学校を欠席することもありました。

ミルカの両親は、1エーカーの土地から得られる農作物とパートタイム教師としての収入だけで、6人の子供の学費をまかなっていたのです。

 

ケニアの初等教育は無償ですが、それでもなお制服や学用品を買い、受検費の支払いもありました。

また、中等学校は無償ではありません。

ミルカが5年生の時には上の兄弟2人が高校に行っていたので、経済的な重荷はすでに相当なものでした。

世帯収入の多くを兄弟の中等教育費用に割り当てられていたので、ミルカはしばしば試験や学用品の支払いができず学校に通うことができなかったのです。

ロノと夫のジョンは、他の農場でも働いて副収入を得ていましたが、それでも足りませんでした。

欠席した分に追いつくため、ロノは仕事が終わってから子どもたちを教えていました。

 

2014年、ミルカが8年生になるまでに、家族みんなでお金を貯めてなんとかミルカは修了試験を受けることができました。

ミルカは学校でもトップクラスの成績を収めました。学校側はミルカを含めた成績優秀者のためにパーティーを開いてくれました。しかし、ミルカは喜んでばかりはいられませんでした。

 

高校に行く余裕がなかったからです。その頃、ミルカは毎晩のように泣いていたそうです。

 

「試験でも成果を出して、学校に行きたいと思っていたのにいけないなんて、理不尽だと思いました。」

 

友人や親せきに頼むなどして、両親はお金を集めようと何週間も駆けずり回りました。

隣人からキサルニのことを聞いたのはそんな時でした。

 

「希望を持つことさえ怖かった。」とミルカは言います。

「でも、お母さんと一緒に学校へ行き、入学できるかどうか尋ねることにしたのです。」

優秀な成績を収めていたこともあり、ミルカは授業料全額免除の奨学金を得ることができました。

2015年にその奨学金を得た女子はたった44人でした。

 

[キサルニでの日々は、私にとって人生を変える経験でした。]ミルカ・チェプクルイ 卒業生総代

 

 

キサルニの責任者であるジョアン・バサロは、経済が成長、発展していくために最も効果的な方法は女子教育であると信じています。

「教育を受けた女子が、多くの障害を取り払い、貧困と無教育の連鎖を断ち切る鍵となります。」

 

学校に通うことで、女の子たちの夢は更に膨らみます。

 

実際、ミルカは、外科医、それも神経外科医になりたいと思っています。

14歳の時に、ベン・カールソン医師についての記事を読み、医師になることを決めました。

学校の図書館にあった古いリーダーズダイジェスト誌に書かれていたカーソン医師(現在はアメリカの政治家)を目にしたのは、ミルカがキサルニに入学して間もない頃でした。シングルマザーの貧しい家庭に育ったカールソン医師の苦労について読んだことを覚えています。子どもの頃に起こった数々の苦難を乗り越えて、世界的に有名な神経外科医になり、遂にはアメリカの住宅都市開発長官にまで上り詰めた能力に敬服しています。

カールソン医師の話に触発され、ミルカはそれまで以上に努力するようになりました。

 

「まず、毎朝1時間早く起きて予習をし、週末にもっと勉強できる時間をさけるようにしました。」

 

この努力は報われました。ミルカは、高校全国統一試験でB+という成績をとったのです。

この成績なら、十分、政府が全額提供する奨学金で大学に行くことができます。

既に、ケニアにある複数の大学に願書を提出し、そのうちのどこかに今年入学したいと思っています。

高校を卒業するにあたり、ミルカの両親の夢と自己犠牲、彼女の懸命の努力等、すべての経験が目の前の問題に立ち向かう力をくれたと言っています。

 

ミルカは、この地域に女性の神経外科医がいる事など聞いたことがなく、女医第一号になって、女の子だって大きな夢をもてると思わせるような存在になりたいと強く思っています。

 

 

 

ミルカの卒業生総代スピーチ全文:

 

ご来賓のみなさま、先生型、保護者の皆さま、卒業生のみんな、そして在校生のみなさん、こんにちは。

卒業生代表として、わたくしミルカは、今日私たちの卒業を祝福しにここへ来てくださった全ての人に感謝いたします。

 

また、わたくしたちに知識を注ぎ込んでくれた先生方、またキサルニにいる間ずっとサポートしてくれた仲間たちにも感謝したいと思います。

私たちに教育を授けようと支援してくれた両親にも感謝いたします。そして、キサルニに入学して高等教育を受けることを可能にしてくれた出資者、スポンサーの、みなさまに厚く御礼申し上げます。

みなさがいなければ、高校に行けず、今日ここにいるようなエンパワーメントを備えた女性にはなれなかったかもしれません。

 

キサルニでの日々は、人生を変える経験でした。ここに来た時、将来に向けて大きな夢は持ってはいるけれど、どうすればいいかわからずオロオロしていた人もいました。

けれども、今、自信と達成感に溢れた女性として卒業しようとしています。

 

私たちは家族のように共に素晴らしい時間を過ごしてきました。

将来この地域に於ける変革の担い手となれるように、時には互いを刺激し合い、時には知識を共有してきました。

そして今日、私たちは卒業し、この世界において、私たちが変革の担い手になることを約束します。

 

ここにいるみなさんに一番伝えたいことは、どんな困難なことがあろうとも決して夢をあきらめないでということです。

勇気と決意さえあれば夢は叶うからです。ここにいる全員が素晴らしい何かを備えています。

それを見つけさえすれば、内なる可能性を解き放つことができるのです。

 

いま一度、WEの皆さまが私たちの地域に与えて続けていただいているインパクトに感謝いたします。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

ミルカ・チェプクルイ
 

2018年12月
 

2018年キサルニ卒業クラス、卒業生総代

 

(原文記事執筆:セディ・コスゲイ 翻訳:翻訳チーム 山田さつき 文責:清田健介)

 

 


ケニアの農村部の女性起業家たち


今回ご紹介するのは、ケニアの女性起業家たちのグループです。

彼女たちは、お互いに支え合いながら、地域や家庭に変革を起こしています。(清田)

https://www.we.org/stories/kenyan-women-build-their-homes-with-financial-literacy-training/

 

 

元炭商人のローズ ・ムタイとTeeh Gaa女性グループの他の15人のママたちが月例集会を開きます。

彼女たちは ナイロビから車で5時間の未舗装道路の先を越えて、フェンスを越え、トウモロコシ畑を通り抜けてホストの家に着きます。
マンダジと呼ばれるチャイやドーナツを通して、女性たちはささやかな貯金を在宅銀行制度の中心であるグループの貯金箱に預け入れます。個人の貯蓄を積み立て、彼女たち自身が起業する際のローンを提供するためです。
 
「これは従来とは異なる考え方です」と、トウモロコシ農家で6人の母親であるローズはこれまでグループがやってきたことを笑いながら説明します。「視野が広がり、自分の小さな土地を耕す以上のことができると気づきました。私は起業できます。」

 

ケニアのナロク郡の農村部の女性たちは長年の夢であった起業のために貯蓄制度を利用します。

この貯蓄システムは、WE(フリー・ザチルドレン)が提供した便利なツールとトレーニングを組み合わせたものです。
 彼女たちは、新米の起業家であり、チャンスの道を切り開き、安定な収入を得る未来を確立するという、ちょっと意味深長な目標を目指します。 

 

女性たちは、互いの夢を支援し、収入を蓄えるために日々切磋琢磨しています。激しい経済的競争は尊重されず、実践もされていません。

 

現在、WEの「収入源の確保」事業は、知識習得に狙いを絞ったコーチングを通じて、ケニアで1,200人を超える女性を支援しています。これまで農村部の農民や若者にスキルと資金を提供していました。(この中には、ME to WE Artisansを通じて追加して雇用された1,400名を超える女性は含まれません。)

 

20の村で、70の女性団体が変化を起こしています。

 

 

2月の会合では、今では立派な起業家となった仕立て屋、店のオーナー、そして山羊飼いらが毎月預恒例の金(100〜500シリング)をしました。書記が会計帳簿にそれぞれの金額を記録していました。
この起業家として欠かせない儀式は、WEの金融リテラシーとリーダーシップ研修から学びました。

 

今やグループの鶏生産者であるローズは、彼女がひそかにに貯めていた数百シリングを追加して預金しました。

彼女は2017年の初めに購入した14羽の鶏のローンをほぼ返済しました。

 

ローズが2013年にTeeh Gaa(キプシギス語であなたの家を建てる)を設立したとき、彼女やその仲間は、普通の家庭の問題を解決することを決めました。

彼女たちは家来客のための十分なカップや皿を持っていないという問題を抱えていました。

 

「来客があるときは、他のママたちにカップや皿を貸してくださいとお願いに行きます」とローズ氏は説明します。
 「そんな状態が持続する訳がありませんでした。私たちはお互いに皿やカップを借り続けることはできません。 自分たちのものが必要です。」

 

Teeh Gaaグループは、食器棚に食器を追加するためのメリーゴーランドシステムを確立しました。
 「私たちは考えました。毎月1人の人に対して何かをするグループを始めたら、どんな変化が生まれるだろうと。」

 

ママたちは毎月少しずつ(カップとプレートは地元の市場でそれぞれ20シリング)貯金しました。村びとリクエストされた品を購入して、各家庭に届けに行きました。

一年も経たずにローズは、ディナー皿のフルセットを手に入れました。

 

 

 

その後、グループの活動は行き詰まりました。

女性たちは、村の新米ママ赤ちゃんが生まれたときに贈り物をするためのお金と食料と水を貯めていたので、新米ママは外出する必要はありませんでした。

しかし、他のものを自分で購入する余裕はありませんでした。

 

「カップとお皿- それが私たちが今までにしたことのすべてです」とローズは言います。

 

グループの設立から2年、その可能性はまだ未開のまま、WEは彼らが復興を手助けしていた村の小学校でプレゼンテーションを行いました。
WEの担当者は、集まった両親が財務管理、予算編成、リーダーシップスキル、さらにもっと学びたいかどうかを尋ねました。
 「Nilifurahi sana,」Roseはスワヒリ語でそう言って、思い出し笑いをします。 「私はとても幸せでした。 『どうぞ、私たちのグループに入って、WEのみなさんで私たちを助けてい下さい』と私たちは言いました。」

 

それは予算編成から始まり、毎月出入りするお金の管理方法を学びます。彼女たちは女性が毎月預金できる金額について議論しました。
 次に、ローンについて学びました。ローンを返済するための期間や決められた金利で(利子は全てグループの貯金箱に戻って、再投資の準備金にします)、集められた資金がどのようにして互いの夢に貸し付けるのかを学びました。
 
会長、書記、会計の選出後、彼女たちは立ち上げの資金で取り組むべきことを決めました。

毎月の会合は、基金へのアクセスの増加とともに、重要な意味を持ちましたが、常に女性たちが女性を対象に「家(生計を建てる」ことを支援していました。
簡単ではありませんでした。女性たちはこれまでそのようなシステム化された方法でお金を貸したことがなく、誰も借りたまま逃げないと信じる必要がありました。
さらに困難なことがありました。ローズは言います。当初の数ヶ月間は貸し付けるにはまだ十分な額ではなく、会計係がしっかり鍵をかけて厳重に「貯金箱」に保管していたことも知っています。しかし、上手くいかないかしれないということを承知のうえでやっていました。

 

 

 

ローズは、鶏舎を経営して、卵と鶏を売ったお金で子どもたちの学費を払い、家で6人の子どもの世話をしたいと考えました。

若い母親にとって炭の売買をしてお金を稼ぐよりも都合が良かったのです。

 

彼女と夫は農家なので可能なときは、トウモロコシを売って補います。
 
彼女の子どもたちは砂糖なしで紅茶を飲むのが当たり前でした。

ケニアで小学校は義務教育ですが、親たちはPTAによって雇われた教師のために維持費、修理費、そして時には給料を支払っています。
 納入金の額はさまざまですが、小規模農家にとっては、学期あたり平均400シリングでさえ払えない場合があります。

それから、制服や教科書、学用品など、高校は1学期数千シリングかかります。

 

10年近くもの間、ローズは週2回午前4時に家を出て7時間かけてメケニュまで歩いていました。

メケニュでは、女性たちは安く炭を買って村の近くで売っていました。
ローズは午前11時から午後4時まで炭を集め、袋2つを山盛りにしてロバに乗せて7時間かけて歩いて帰宅しました。
1日19時間労働が当たり前でした。彼女が説明するように、「成長する子どもたちを学校に行かせるために学費を稼がなければなりませんでした。」

 

WEから財務や起業に関する知識を得て、ローズは2016年に鶏舎の金網を購入するためのローンを組みました。
 他のグループのメンバーは、山羊や牛の購入、縫製事業を始めるためにローンを組みました。
ローズは屋外全域に広がるであろう羊の群れが鶏に近づかないように金網で周囲を保護し、十分な広さの木の小屋を作りました。

彼女は週に2回、学費、貯蓄、そしてローンの返済のためにお金を使って炭を集め続けました。

 

 

2017年に、ローズは最初のローンを返済した後、14羽の鶏を購入するために別のローンを組みました。

彼女はさらに14羽買うためにトウモロコシを売りました。

 鶏舎経営に本格的に参入したローズは、起業の成功に必要な時間とエネルギーを注ぐために炭を購入するのをやめました。
 現在、彼女の家に来た近所の人たちに卵を売っています。家には庭じゅうを駆け回るにわとりの雛がいます。いつでも売ることができます。
 学費、貯蓄、そしてローンの返済には十分です。ローズは誇らしげに所有地を案内します。

 

「私は自分の家を改修したい、家を建てたいと思いました。」とローズはいいます。

「[Teeh Gaa]は家を建てることを意味しますが、私たちは物理的に家を建てることを意味していませんでした。」
 彼女は身振り手振りで皆に合図します。にわとり、新たに加わった玄関前で草を食べている牛、まもなく学校から帰ってくる子どもたちにチャンスを実際に行動に移すことが夢を実現させるきっかけとなります。
 
「私たちが始めたとき、全員が『家を建てる』つもりだと言いました。だから村の仲間が私たちに続いて行動する姿を見るととても幸せな気持ちになります。」

 

(原文記事執筆 :ワンダ・オブライエン 翻訳:翻訳チームメンバー 文責:清田健介)


水あるところに、元気な人と地域あり!

水の仕事は、乾いた喉を潤わせてくれるだけではありませ

ん。水は、日々の私たちの生活、そして地域を元気にしてく

れます。ケニアのイルカアト村に住むジェーン・キクワイも、

水で元気になる村を見て喜んでいます。(清田)

 

https://www.we.org/stories/life-of-the-party/

 

 


ジェーン・キクワイがケニアのマサイラマ地方にあるイルカア

ト村にやって来たのは16歳の時でした。彼女は初々しい花嫁、

夫と暮らす嫁ぎ先の家に向っていました。夫が所有する僅かば

かりの土地に建てた草ぶき屋根の家です。「幼い歳で結婚した

のですが、当時は女の子がこの年齢で嫁ぐのは普通だったの

です」と彼女はスワヒリ語で説明してくれました。彼女は7年生

で学校を中退しました。僅かばかりの土地をもつ農家の親に

は、彼女に学業を続けさせる余裕がなかったからです。中退

した後すぐに、彼女は家族の知り合いで、農民でもある若者

と結婚したのです。

 

ジェーンはイルカアト村がすっかり気に入ってしまいました。

彼女が嫁いで来たのは雨期で、草や木は青々と茂り、たっ

ぷり水を含んだ葉っぱからは絶えずぽたぽたと雫がこぼれ

落ちていました。そこは彼女が育った所とは反対でした。大

通りに近い土埃の立っている町で、大雨になると歩道までも

泥まみれになってしまいます。両親は町の近くの小さな土地

で農作物を作っていました。嫁ぎ先新居まで公共交通機関で

向かう数時間の旅の中で、彼女は道の両側を縁取るように高

々と茂るトウモロコシ畑を通り抜けて行きました。ここは畑作業

に適した場所になるのではと思ったことを、ジェーンは覚えてい

ます。

 

近隣の人たちに会うや、彼女はイルカアト村を自分の故郷

にしようと心に決めました。村びとの優しい眼差しが、若か

った彼女の心を和ませてくれたのです。

 

イルカアト村は最初、牧歌的なところに見えましたが、後に

なって彼女は乾期にはそこは非常の厳しい所だと気づきま

した。「雨が降れば洪水になることが時々あり、また雨が止

めば今度は乾期、まさに情け容赦もないひどいところです。

土地はカチカチで固く、何一つ育ちません」。

 

 

 

このような自然環境の挑戦を何度も受けたにもかかわらず、

ジェーンはこの新しい村に直ぐに溶け込み、変わらぬ絆を強

めて行きました。過去24年にわたって、イルカアト村の発展を

心に描いてきたと同じように、彼女は家族の繁栄にも献身的

に働いてきました。彼女はこの2つが相互に繋がっていること

を知っています。そして、差し迫った清潔な水への欲求ほどこ

の情熱と深く絡み合っているものは他にないのです。

 

ジェーンがイルカアトに村に移住してきた時には、家庭用の水を

週に数回川まで汲みに行くのに片道3時間かかるのが常でした。

その水も清潔ではありませんでした。彼女や家族がその水を飲むたびに、健康を危険にさらしていました。しかし、他にとる手段は他にありません。子育てを始めるころになると(彼女は7人の子の母親で

す)子どもたちの健康がいつも気がかりでした。

 

その時、このようなことが起こったのです。長男のバーナー

ドが腸チフスにかかり3日間入院し、その後、完治するまで

休学させられたのです。そのため、WE(フリー・ザ・チルドレ

ン)が2016年にイルカアト小学校で太陽光発電のクリーンウ

ォーター計画を開始した時、ジェーンは先頭に立って中心的

な働きをしました。この水が、自分だけでなく、生徒たちにとっ

てもいかに大切なものになるかを知っていたのです。給水所

の場所を設定すれば、村人が水汲みに川まで歩いて行かず

にすみ、また学校にも一年中清潔な水道水を通せることを知

っていたのです。

 

 

 

イルカアト村は、新たなプロジェクトを立ち上げる時にはい

つもジェーンの快活な活動に期待を寄せるようになりまし

た。これだけでは終わりませんでした。唄って唄って、踊っ

て踊って、ジェーンは自宅にもまた250人を超える近所の家

庭にもきれいな水が身近にあることの重要性を伝えました。

彼女は他のママたちを集め、みんなで空の容器をドラムのよ

うに叩きながら、村の美しいコーラスを指揮しながら、教室か

ら水道の蛇口までの短い距離をみんなと一緒に歩きました。

ジェーンも今は40歳の母親、彼女はイルカアト村が子ども

たちの成長と共に―1つの小さな村が豊かなに発展してい

くのを見てきました。土地を買い定住する人がますます増え

て行く様子を見てきました。小学校がWeの協力を得て拡大

していくのを見定めてきました。ビジネスがひっきりなしに誕

生するのも見てきました。そのつど発展を祝いました。「この

場所が大好きなんです」と彼女は話します。「発展が目に見

えた時には、それはもう大興奮」。

 

個人的には、ジェーンの向上は彼女の子どもの教育と繋

がって行きます。川まで水汲みに歩く時間が省けた今、そ

の時間を利用して、ジェーンは新鮮なケールやマンゴ、ア

ボカドやオレンジなどの販売を始めました。彼女と夫は今

でも未だトウモロコシを生産していますが、さらに土地を購

入して、生産と貯蓄を増やすことができるようになりました。

 

「清潔な水のおかげで多くのことが可能になる、なんと喜ばしいことでしょう。私たちは健康でいられる、ビジネスもできる、そして、水汲みのために長い時間を無駄にすることがないのです」
ジェーン・ キクワイ

 

副収入で、子供全員を学校に通わせることができるように

なりました。そのうち3人はすでに高校を卒業(1人は大学

に在学)し、後の4人はイルカアト小学校に通っています。

長男のバーナードですが、彼女が以前に健康を案じてい

た頃とは違って、逞しくなり、自分で探してきた機械工の

仕事も順調で、彼女は今ホッとしています。

 

子どもが一口水を飲む度にまとわりついて離れなかった危

惧も、今は消え去りました。毎朝自宅からたった15分の給水

所に行くとき、彼女はひとりで静かに口ずさんでいます。彼女

はこの計画が着手された最初の時と同じように、今日も水プ

ロジェクトに感謝しています。そして、今も変わらず献身しイル

カアト村の発展を見続けています。
 

(原文記事執筆:セディ・コスゲイ 翻訳:翻訳チーム 松田

富久子 文責:清田健介)

 


12345>|next>>