新しいクリニックから生まれた、未来への希望

 

エクアドルのアマゾンの村に開所した新しいクリニックは、村びとの健康や未来に、新たな希望をもたらしています。

このクリニックで赤ちゃんを出産した女性の体験談をご紹介します。(清田)

https://www.we.org/stories/health-clinic-increases-quality-access-in-amazon-ecuador/

 


妊娠してすぐ、私は出生前の健康診断を行わねばならないことを知りました。私自身と赤ちゃんのどちらにも異常がないことを確かめるためです。

県都のテナにはよいクリニックがありますが、モンダニャ村の私の住むところからはとても遠く、船とバスではそこまで行くのに四時間以上かかってしまいます。

超音波はとても高価で、家事から離れて多くの時間も取られるため、私は妊娠中何とかそこへ行って、2、3度受けただけでした。

私自身や赤ちゃんに何かあったらと本当に心配でしたが、助けてもらうこともできませんでした。

 

私の村には小さなクリニックが確かにありましたが、健康診断のためにそこへ行くときはいつも不安でした。

そこはほこりっぽく汚れていて、建物はシロアリに食い荒されていました。クリニックの設備は実に古くて、電気も安定していませんでした。クリニックの中はいつも本当に暑かったです。クリニックには十分な数の医者がいなかったので、行くときはたいてい長時間待たねばなりませんでした。

それは不安でしたが、他に選択肢など無かったのです。

 

妊娠中、WE(フリー・ザ・チルドレン)は私の村に新たなクリニックを再建しようと取り組み、近所の大勢の人がそれを手伝っていました。

クリニックが建設されるのを見るにつけ、私は赤ちゃんの未来に大きな希望を感じました。

私は彼を古いクリニックに連れていったり、遠くまで行くことを心配したりする必要が無くなるだろうと安心しました。

 

 

 

 

幸いなことに、私は健康な男児を出産できました。ジェムソンです!

私の祖母はテナに住んでいたので、妊娠期間のおわりまで私は彼女の所に泊まり、クリニックで出産することができました。そして今は、定期検診のため彼を新しいクリニックへ連れて行けます。クリニックは本当によいサービスと医者を提供しています。

ジェムソンは必要なワクチンを全て受け、私も健康診断へ行きました。クリニックのおかげで私はジェムソンが健やかに育っていくことがわかり、彼に大いなる夢を抱いています。彼には私とは違う道を歩んで欲しいと思っています。

リーダーになって欲しいです。学校へ通い、何にでもなりたいものになって欲しいです。私が今まで直面してきたような困難に決して遭わないで欲しいと思っています。

 

(原文記事執筆:エッセニア・アグンダ(インタビューをもとに構成)翻訳:翻訳チーム 中根葵 文責:清田健介)

 


「故郷の文化の、『守り人』になりたい!」:エクアドルの先住民の若者の決意

文化や言葉は、人や地域を形作る大切なルーツです。

その文化を守るのは大変なことですが、今回ご紹介エクアドルの若者は、自分のルーツである故郷の文化を守ろうとしています。(清田)

https://www.we.org/stories/teen-is-connected-to-indigenous-history-through-language-in-ecuador/


ヤリーダ・アギンダは、二つの言葉の間で板挟みになりながら育ってきました。

そのひとつは、エクアドルの主要言語(役所や大きな街、就職のためにも必須で、ヤリーダの友達も話すときに使っている言葉)であるスペイン語、もうひとつは、 ヤリーダの家族が話す言葉で、ヤリーダの家族たちとは文化的にも歴史的にも、切っても切れない縁にある、アメリカ先住民諸語のひとつであるキチュワ語です。

 

子どもの頃の一時期、ヤリーダは祖母と一緒に暮らすことになったのですが、祖母が知っていたスペイン語は、「シンレンシオ」(沈黙)だけ。

ですから、祖母と一緒に暮らしていくために、キチュワ語を覚える必要があった訳です。

でも、ヤリーダは日常会話をすぐに覚えて、あっという間に流暢なキチュワ語を話すようになりました。

やがて、この新しく覚えた言葉を使って、昔のことについての話を聞くようになります。

かつてはいまのような発展した街ではなく、熱帯雨林の小さな村だった頃の地元の話や、ヤリーダが会うことのできなかった祖父についての話を聞きました。

 

いまは16歳になったヤリーダは、祖母とキチュワ語で夕食時にお喋りしていた日々のことをよく覚えています。

でも学校に行くと、スペイン語を話すクラスメートたちとの学校生活を送っていました。

ヤリーダの住むBellavista村は、ナポ川沿いと農家と、アマゾンの熱帯雨林側の住宅街に分かれています。

世代間の言語による分断もあります。

 

スペイン語は「未来の言語」であり、キチュワ語は「過去の言語」なのです。

 

「これは最も深刻な問題かもしれません」ヤリーダは通訳を介してスペイン語でそう語ります。

そして、この分断をもたらした諸悪の根源は、過去に行われた人種差別主義的な植民地支配だと指摘します。

「いまの若い人たちは、自分たちの本来の母語を喋れないという現実を直視しようとしません。その現実と向き合うことを恐れているのです。『キチュワ語なんて大昔の言葉でしょ?なんで自分たちが話せるようにならなきゃいけない訳?』という言い訳をして。」

 

ヤリーダは、他の一般的な村の若者よりは、キチュワ語をよく話せます。

もちろん、それは祖母のおかげです。同世代の人に伝えるべきである多くの過去の話を、ヤリーダは知っているのです。

「この村の過去をしっかり学んで、世界に伝えたいんです」とヤリーダは言います。

ヤリーダはWE(フリー・ザ・チルドレン)が主催するBellavista村の女性グループに参加することで、村の伝統を学び、これからヤリーダ切り開いてく未来に伝統を継承するスキルも身に着けています。

 

WEが2013年にBellavista村で事業を開始した際、ヤリーダの母親は、女性グループ「Sumak Warmi」(キチュワ語で美しき女性たちと言う意味です)の創立メンバーでした。

村に代々受け継がれている編組技法を通じてブレスレッドをつくり、安定的な収入源に育てることを目的として活動をしていたクラブです。

何年か経ち、ヤリーダが最年少メンバーとして加わり、村の伝統工芸を女性たちと共に学んでいきました。

 

子どもの頃、親子で市場に出かけたときに、ヤリーダは売り物の不織布製の毛布や工芸品に目を奪われていました。

いまでは、ヤリーダ自身が自分でそれを作っているのです。このグループに参加している女性たちは、村では稼ぎ手として重要な役割を担っています。

男性たちが農家としてユッカやプランテンの栽培に従事するなかで、女性たちは農業や家計を支える役割を担っているのです。

とはいっても、ヤリーダは他のメンバーに比べたらとても若いので、家計の心配をする必要はありません。

 

しかし、グループは収入源確保の場、あるいは学用品購入費を確保する場としての役割以上に、村の文化を復興させる場としての重要性を帯びてきています。

ヤリーダの場合は、グループを通じて「自分の言葉」を学び、年長者の女性から話を聞く機会を得る場となっているのです。

 

 

実は、キチュワ語はアマゾンからアンデスに至るまで、広範囲の地域の先住民の人たちによって話されている言語です。

その歴史は何千年も前のインカ帝国の時代までさかのぼり、スペインによるラテンアメリカ地域の植民地支配の時代も生き延びてきました。

今日では、ヤリーダの話す言葉を、100万人以上の人たちが話しています。

ヤリーダと同じように、キチュワ語をルーツとする人たちが大勢いて、歴史を紡いでいる人たちがいるのです。

 

「キチュワ語を話していると、自分の本当のルーツや文化に入っているような安心感があるのです。」

ヤリーダのその言葉からは、キチュワ語への愛おしさが滲み出ていました。

 

学校の校舎が見えるガゼボでの月一回のグループの集まりは、この村の人たちにとって、特にヤリーダのような若者にとって、文化的なつながりを持つことの大切さを認識する場となっています。

 

16世紀に入って始まったスペインによるエクアドルに対する植民地支配以降、キチュワの人たちは差別を受け続けてきました。

独立して以降も、政府による政策は、先住民よりスペイン語話者を優遇するものでした。そのような背景もあり、多くの村びとが仕事とより良い暮らしを求めて村を去り、村は人口流出にも苦しんできました。

ヤリーダは、この村のを存続させていく唯一の方法は、言葉と文化の復興であると力説します。

 

「言葉と文化を救うことが必要です」ヤリーダはそう語ります。


ヤリーダの多くのクラスメートがスペイン語を話すなか、ヤリーダは彼らにキチュワの伝統的な文化や暮らしを学ぶよう呼びかけています。

ヤリーダは年長者から聞いた話を同世代の人たちに伝え、スペインによる植民地支配が始まる前の時代のこと、村にまだ道路が整備されておらず、都市部で就職するために村の若者が奪われるような事態が起きていなかった時代の様子について話しています。

ヤリーダが何より伝えたいことは、「キチュワ語を話せるようになれば、自分たちのルーツを知ることができる」ということです。

 

 

 

ヤリーダは、キチュワの文化の守り人となり、分断が発生している世代間をつなぐ架け橋となっているのです。

 

ヤリーダが敷いている架け橋は、それだけに留まりません。

WEのスタディーツアーで、多くの若者がBellavista村で学校建設事業や水の支援事業の活動に従事した際、(ついでなので言っておくと、WEはこれまで、Bellavista村で二つの学校教室の建設の支援、トイレや水洗い場の建設の支援を行ってきました。現在は、学校の食堂の建設に着手しています。)

ヤリーダは若者たちにブレスレッド作りや簡単なキチュワ語を教えています。

ちなみに、その若者たちとのコミュニケーションを通じて、ヤリーダの英語とフランス語もメキメキと上達しています。

 

ヤリーダにとっては、キチュワ語は「失われた言語」ではありません。

スペイン語による言語的な支配の構造が、多くの村びとが都市部の仕事を求めて村を去る要因となっているのは事実ですが、ヤリーダ自身は、キチュワ語を習得したことや、女性グループでの活動が、ヤリーダがBellavista村の学校に通い続ける原動力となっています。

そんなヤリーダの夢は、アマゾンのガイドになることです。ガイドとして、キチュワの文化を世果中からの訪問者と共有することを夢みています。

 

ヤリーダが夢みる未来、それは彼女がスペイン語で行っているマシンガントークをキチュワ語でもできるようになること、そしてエクアドルのギラギラした太陽のしたで、村の伝統工芸品であるブレスレットをつけて友達と大はしゃぎする光景が、村の当たり前となることです。

「自分たちの築いてきたものを、しっかり継承していきたいです。文化を守っていかければなりません。」

 

そう言ってインタビューを終えたヤリーダは、まもなく始まるサッカーの試合に参加するため、グラウンドへと走り去っていきました。実はヤリーダ、チームで一番の「ディフェンダー」なのです!

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ )


姉弟対決が、アマゾンを救う?

お姉ちゃんへの敵意をむき出しにする弟。といっても、これは姉弟喧嘩ではありません。

アマゾンの環境を良くするための「競争」なのです。(清田)

https://www.we.org/stories/students-lead-the-way-to-promote-environmental-protection-in-the-amazon/

 


 

 

その姉弟の競争は一年前の夕飯から始まりました。

 

ウチュマンガのシチューとユカでできたパンが食卓を囲む中、12歳のフランクはお姉ちゃん、タリアの一日の出来事を聞いていました。

カナブ村にあるタリアの学校は、エクアドルのアマゾンの熱帯雨林にあるナポ川沿いの奥地の中にあります。

WE(フリー・ザ・チルドレン)の学校清掃プログラムで、タリアのリーダーシップで学校が一位を勝ち取ったことをタリアは誇らしげに話していました。

 

兄弟の年の差はたったの一年です。

タリアは、両親が満足そうな顔をしている中、学校の庭のお手入れや、クラスメートにトイレの掃除の仕方について指導していること、トイレ掃除は感染症予防や病気の予防ために重要であることなどを話していました。

 

その時、フランクはお姉さんの後を追い、大気汚染や環境破壊と戦うことにしました。 

 

「私たちの間には競争があります」9年生のフランクがスペイン語で話します。彼の目はライバルの話をしていると目が輝いていました。

ですが、彼は両親の話題になると、真面目になり、子ども達のことを誇らしく思って欲しいと語っていました。

 

 

 

WE Villages は学校清掃コンテストを、アマゾンにある5つの村の学校の対抗戦として開催することにしました。

生徒たちに健康や、環境問題に積極的に取り組んでもらうためです。

生徒たちはワークショップを通して環境のことを学び、学んだことを学校に戻って庭を作ったり、清潔と言う言葉を広めます。

このコンテストは年の終わりに終了し、一つの学校が優勝します。10年生のタリアは、カナブ村を一位に見事に導きました。

 

カナブ村の人たちには、このコンテストがあってラッキーだったと言います。 近年は人口が増え、数家族しかいなかったのが、何百人もの人たちに増えたと言います。

この急激な成長は道路や電気、水道の整備など、村に良いことをたくさんもたらしました。

 

ですが課題もあります。ゴミや空気汚染です。学校長の Ramon Liqui Machoaは、彼が子どもだった40年前には、プラスチックが村になかったと言います。

現在はゴミの設備が遅れてついていけないため、人々は学校の後ろにある川にゴミを捨てています。 

そのゴミによって、川が汚染されていくのです。

 

「ここはとても綺麗な場所です」とフランクは散乱しているゴミを見ながら言います。 

彼はこの問題に気づいており、解決しよう必死です。コンテストが、その問題の解決策のひとつになることを望んでいます。

そして、願わくばお姉さんに勝ちたいとも思っています。

 

アマゾンは地球の肺だと言います。アマゾンには自然が多いです。雨も降り、長い木がたくさんあります。のちに全てが地球に戻ります。

 

落ち葉はアマゾンの土で生分解するのに三日間かかります。落とされたりんごの芯はもっと早いです。

ですがプラスチックは分解されません。Ramonは、落とされて枝に引っかかっているプラスチックを指差しながら自然が汚染されないように守ることをしらなかったといいます。

 

綺麗なオフイスに座りながら、Ramonは1998年に学校ができる前の土地を思い出しました。

前はただの牧草地だったのが、今は400人もの生徒が通う学校になっていることで喜びに満ちていました。

教師歴10年の彼はWEの清掃行事は環境を守る一つのパズルピースだと話します。村全体が一段となって取り組むからです。

 

 

フランクは考えがあったのですが、それには父の助けが必要でした。彼は父にゴミ箱が学校にないことを話し、建築士である父に助けを求めました。

近くの街からカナブにゴミ拾いの清掃員を送り込んでいるのですが、ゴミ箱がない限り何も拾えません。

フランクは竹でゴミ箱を作ることを決断しました。

 

親子は早朝に祖父の畑に出かけます。竹林の中に入っていき、丈夫な茎を切って肩に乗せて帰って来ました。

それを地面に埋め、切り目を入れて曲げられるようにしました。ワイヤーや棒を使ってゴミ箱の形にしました。

 

父と何かを作るのはこれが初めてですとフランクは嬉しそうに言います。彼の同級生は早速ゴミ箱を使い、ワークショップで習ったことも生かし、正しくゴミを処理しています。ゴミ箱の近くにはフランクが教室を美化しようと、花瓶や花も置きました。
 
「人間と自然がお互いを必要だといままでここの人は知らなかったのです。」彼はゴミ箱が満杯になるのを待ちながら言います。

「この場所が誇りです。」彼は話します。

 

コンテストの結果、カナブ村は今年は三位で幕を閉じました。「全力を出し切っていませんでしたと」はRamon言います。

ですが、悔いはありません。校舎がすごく綺麗になったので。

 

フランクにはまだ来年もありますが。
(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ 翻訳:翻訳チーム 佐藤衣莉彩  文責:清田健介)

 

 


12345>|next>>