生徒のお父さんが建てた、手造りの学校

エクアドルの山岳部で暮らす建築業者のカルロス。彼は、

子どもたちの未来を建設するために、奮闘している父親で

もあるのです。(清田)

 

https://www.we.org/stories/father-builds-school-in-ecuador-to-bring-education-to-community/

 

猫背気味の背格好や音楽の才能…男の子は父親から多く

のものを受け継ぐものです。

 

カルロス・ダキレマ・オルティスは建設業者です。生まれつき

才能があったからという理由だけで彼がその道を選んだので

はありません。それ以外の選択肢がなかったのです。

 

カルロスはエクアドルの山岳地帯チンボラソで育ちました

学校が大好きで、また、建設現場の親方だった父親の仕事

を手伝うのも大好きでした。
「父の仕事は何もかも覚えました。

いつも新しい仕事を覚えたくてたまりませんでした。」

 

カルロスの父親は学校に通うことが第一だといつも言って

いました。「時間があるときにはここへ来て働いてもいいが、

勉強や学習の機会があるのなら、そちらを優先しなさい。」と

言われたことをカルロスさんは思い出します。

 

しかし7年生になろうという時、当時その村には高校がなく、

進学という選択肢はありませんでした。両親はカルロスを都

市部の高校に行かせる金銭的余裕もなかったため、彼は進学をあきらめました。
彼の父親と同様、建設現場の監督になり、建設現場という

名の教室で多くのことを学びました。

 

カルロスが結婚して家庭を持ったとき、せめて自分の子どもは

地元のサンミゲルにある小学校を卒業した後も進学させたいと

考えていました。
 

しかし実際の状況を考えると、その希望は叶わないのでは

ないか、子どもたちも自分と同じ人生をたどるのではないだ

ろうか、と不安になりました。彼の収入では、子どもたちを遠

くの高校まで通わせる余裕はありませんでした。

 

その後、WEビレッジ(フリー・ザ・チルドレン)の活動によりサ

ンミゲルに新しい学校が作られることになり、その知らせは

カルロスの耳にも届きました。カルロスは工具ベルトを腰に、

子どもたちの教育を受ける権利への信念を胸に、学校建設に

携わりました。カルロスの手助けもあって、WEビレッジは高校

を開校するため政府と連携し、12の新しい教室を建設しました。

子どもたちが自分たちの住む村で高校に進学するのは初めての

ことです。

 

現在、カルロスの次女は2年生で、新しく建てられた学校に

通っています。この次女は、カルロスの家族のなかでは、初

めての高校進学者となる見込みです。

 

硬く分厚い手をした穏やかな口調のカルロスですが、自分が

携わったことで何かを変えることができた、そのことを振り返

ると感情が高まります。「最初の教室を完成させたときのこと

を思い出します。バックパックを背負った娘が家に帰ってきて、

こう言いました。「お父さん、どうやって学校を作ることができた

の?」私はこう返しました。「お前のためだよ、そこでしっかり学ぶんだよ。』
今、私の子どもたちや村の子どもたちはみな、教育を受けることができるよ

うになりました。

 

カルロスの背中を見て育った息子も次第に建築に興味を

持つようになり、高校を卒業し建築家をめざして勉強した

いと考えています。次の世代へ投資することに価値があ

ることを確信しているカルロスは今、自分の持つすべて

の知識を息子に教えています。

 

(原文記事執筆:ワンダ・オブライエン  翻訳:翻訳チーム 

山本晶子 文責:清田健介)

 


勇気100%で、自分の世界を切り開け!

一歩前に踏み出すのがどうしても怖い時って、誰にでもあり

ますよね?でも、持てる限りの勇気を出せば、怖さを克服で

きるどころか、これまでの自分には見えなかった新たな扉が

見えてくることもあるかもしれません。13歳のエクアドル人のルシアは、勇

気を振り絞ることで、自分の世界を大きく広げました。(清田)

 

 

https://www.we.org/stories/ecuadorian-girl-conquers-fear-of-public-speaking-as-member-of-girls-club/

 

汗ばんだ手、速い脈拍、込み上げる吐き気、これらの症状

は人前で話しをする時、不安を感じた時に現れる一般的な

症状です。

 

4年前、新設された教室で聴衆を前にして、ルシア・ヤサカ

・ダキレマは緊張を落ち着かせようとしていました。父親が

彼女に言った通りに、深呼吸をして、目の前に映る聴衆た

ちをしっかりと見据えました。

 

彼女はこの聴衆の前でスピーチをしようとしていました。

 

このスピーチがうまくいけば、13歳の少女は彼女の住むサン・

ミゲル村にあるガールズクラブで、最年少メンバーとなるでしょ

う。クラブ加入条件の年齢は15歳以上でしたが、彼女は例外と

して加入させてもらえるように頼んだのです。

 

10歳の時、ルシアは胴体から下半身にかけてひどい火傷

を負いました。負傷した当初は、あまりの痛みで歩くことが

できず、兄の自転車の後ろに乗って学校へ通いました。

 

身体の傷は無事に回復しましたが、彼女の自尊心は傷つ

いたままでした。

 

「ものすごく怖かった」と、ルシアは回想します。「私は誰に

話しかけるにも、ものすごく内気でした」火傷のトラウマが、

彼女の自信に大きな暗い影を落としていました。

 

ガールズクラブのプログラムが、エクアドルの山々を渡り彼

女の村にきたとき、ルシアの父親は、末っ子の娘にとって良

いチャンスなのではないかと感じました。

 

クラブはWEビレッジ(フリー・ザ・チルドレン)の支援事業で

す。少女たちが継続して学校の授業に出席できるように

支援しています。生徒の家庭に対しては学費工面の収

入を得る機会を提供したり、少女たちにはリーダーシッ

プのスキルを教えたりします。

 

 

ルシアの3人の姉は誰も高校に進学しませんでした。「父の

夢は、娘のうち少なくとも一人を高校まで卒業させることで

す」と彼女は言います。

 

ルシアは、クラブへ加入できる年齢になるまでの2年間を待

って過ごしたくありませんでした。クラブに例外的に13歳で加

入するために提案された条件は、スピーチをしなければなら

ないということでした。「父は私に『これをきっかけに強くなりな

さい』と言いました」と彼女は振り返ります。「父の言葉は、瞬

時に私を勇気づけてくれました」。

 

彼女の先生や村のリーダー、そして今後仲間となるガール

ズクラブのメンバーに視線を向けると、ルシアは他の少女た

ちと一緒に活動したいと訴えました。彼女は若いながらも、周

囲の予想以上にコンプレックスを克服していました。

 

ルシアは、無事にクラブの設立メンバーになりました。4年

が経ち、彼女はクラブのリーダーになり、自信を持ってグ

ループの活動を説明します。また、この地域で高たんぱく

の主食となるモルモットを健康的に飼育する方法を堂々と

語ります。ルシアは少女たちが髪におしゃれな楽しみを持

てるようにと、チンタスという綺麗なテープを編むことを始

めています。そして、財政面では、グループの支援金の工

面状況を公開しています。

 

ルシアがガールズクラブの活動でのこれまでの経験を話す

時、彼女には新たな自信が溢れています。それは、かつて

人前で話すことを恐れていた自分を克服できた証です。

 

ルシアのガールズクラブ以外の友人たちの中には、かつて

の臆病な自分を思い起こさせるような人たちがいます。そん

な時、彼女はお互いに自己紹介をする練習をしてもらいます。

新しいリーダーとして彼女は、友人たちが自分でコンプレックス

を克服できるように、自分のできる限りのことをして、友人たちを

応援しています。

 

(原文記事執筆:ワンダ・オブライエン  翻訳:翻訳チーム 

山田あさ子 文責:清田健介)

 

 


「水道管で安全な水を飲む!」:長年の悲願を実現させた夫婦のストーリー

今回は、最愛の娘を失うという悲劇に襲われながらも、安

全な飲み水を求めて闘い続けた、エクアドルのモンダナ村

に住むバルカス夫妻のストーリをご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/stories/parents-confront-tragedy-with-action-for-access-to-clean-water/

 

ナポ川は、アマゾンの熱帯雨林領域を流れる、全長

1,000km以上の川です。ナポ川は、アマゾン熱帯雨

林地域の経済活動や日常生活を加速化させるため

の拠点にもなっています。電動のカヌーが積み荷を

運搬し、人々がフェリーに乗って通学や通勤、帰宅

をしています。この流域では川の岸辺に洗濯ロープ

が張られ、漁師たちが日々収穫した魚を運んできた

り、近くの子どもたちが浅瀬の沿岸で跳ねて遊んだ

りする姿が見られます。

 

しかし、ナポ川はモンダナ村の村人200人の飲み水の水源

にもなっていました。ミゲル・バルガスとマリア・バルガスは

その村で4人の子どもたちを育てていました。バルガス一家

は、ミゲルが「ハイウェイ」と呼ぶその川から少し入った所に

ある、カカオと果物の畑で生計を立てていました。

 

両親は川の水が浄化処理されていないことを知っていまし

たが、川以外の水源はありませんでした。

 

2001年、二人の娘で当時13歳だったネリーマルシアが川

の水を飲んだ後、熱病にかかりました。夕暮れ時が終わ

る頃で、家族はついうたた寝をしてしまい、目が覚める頃

にはネリーマルシアの容体が悪化していました。深夜、両

親は娘をカヌーにくくり付け、診療可能な近くのクリニック

までパドルを漕いで駆けつけました。

 

クリニックは適切な整備が整っておらず、両親は大きい都

市へ娘を連れて行くこともできませんでした。午前5時を少

し過ぎ、ナポ川に朝日が昇る直前にネリーマルシアは亡くなり

ました。

 

「娘の死は、川の水や寄生虫によるものだったかもしれない」

とミゲルは言い、15年の月日が経っても原因を探しています。

「たとえ一時的な効果であっても、医者が1錠でも薬を処方して

くれていたら、もっと医療設備が整っていたら、、」彼の声は、徐

々に小さくなります。「分からない。けれど、娘は亡くなりました」

 

バルガス夫妻は、ネリマルシアーの死について正確な要因を特定す

ることができませんでした。しかし、水を介した伝染性疾患の症例は、

その地域ではよく見られています。

 

3人の育ち盛りの子どもたちと、管理している79エーカー

(約0.3㎢)の畑があるので、夫婦はカカオの収穫に集中

しようとしました。畑で採れた果物を売る市場を求めたり、

子どもたちの学校の送迎をしたりしました。しかし、そのよ

うな中でも、ミゲルとマリアの脳裏には娘を失った悲しみが

ありました。「なぜこんなことが起こってしまったのか」悲劇

を繰り返さないために、どうすれば良いのか?」と。

 

その答えは、ミゲルには明確でした。それは、水をろ過して

きれいにすることでした。深い悲しみにあった父は、解決の

ための糸口をつかみ始めました。彼の村の各世帯で、水道

管から水を飲めるようにするための権利を求めて活動を始

めたのです。


彼は目標を実現させるために、地域の行政を3回訪問しま

した。30分カヌーを漕いだ後、3時間バスに乗りました。3度

の訪問で、状況を改善するという約束を取り付けることはで

きました。

 

ミゲルの活動は10年以上続きました。マリアはその間、自

宅に水を運ぶのに木製の一輪車を使用していました。彼

女は夫に、周囲の人たちや地方の行政機関担当者に集

まってもらうことを勧めました。一輪車で重い荷物を押す

妻の身体の痛みがひどい時は、ミゲルが巧みに操作を

手伝いながら、「水道管できれいな水を飲む」という夢を

主張し続けたのです。

 

WE(フリー・ザ・チルドレン)の現地でのエクアドルで活動は、1999年

に高地で始まりました。そして2013年にはナポ川の近くの地域まで

活動範囲が拡大しました。WEの支援チームが初めて会った人物の

一人が、ミゲルでした。

 

「私は、あの日のことを忘れることはないでしょう」と、ミゲル

は言い、WEのエクアドル支援活動プログラムのリーダーが、

初めて彼の家を訪れた時のことを語りました。「リーダーは、

『ミゲルさん、あなたが必要としているものは何ですか?』と

聞きました。そこで私は、日頃から周りに言っていることは何

だろう?と考えました。答えは、『私たちに必要なのは水です』

でした」

 

村人と現地の行政機関の支援を受けながら、WEは村の川

の両岸にそれぞれきれいな水が供給できるようにするため

の計画を立ち上げました。水が近隣の住宅に届く前に、水

源からろ過システムに配管される仕組みです。この安全な

水こそ、ミゲルが主張し続けてきたことです。

 

今ではマリアが洗い物で水が必要になったら、蛇口を開け

るだけでシンクに水が溢れます。孫たちが遊んで喉が渇い

たら、ミゲルはコップに水を注いで渡します。孫たちが水で

病気になることはないのです。

 

ネリーマルシアの残した遺産は、滴るきれいな水にと共に、

この村を支え続けることでしょう。

 

(原文記事執筆:ワンダ・オブライエン  翻訳:翻訳チーム 

山田あさ子 文責:清田健介)

 

 


12>|next>>