【出前授業】世田谷区立桜木中学校でオリパラ教育を実施しました


7月13日(土)に世田谷区立桜木中学校で、オリンピック・パラリンピック教育の一環として、
世界の子ども達がどんな生活をし、どんな問題があるのか、自分にアクションは何なのかを考える授業を担当しました。

 

1コマ目は、全校講和です。
全校生徒210人を、世界の人口に見立て、
視覚的に様々なデータを知るワークショップを実施しました。

 

 

<一緒に人や物を動かして見たデータ>
・人口割合
・ビリオネアの資産割合
・2016年リオオリンピックメダル獲得割合
・食料消費割合
・トイレ/きれいな水の有無
・小学校/中学校/大学の卒業割合

その他、児童労働をしてる子ども達の様子や、子どもの権利について、考えました。

 


2-3コマ目は、学年別でのワークショップです。

 

まず、インスピレーションカードを使ったアクティビティです。

カードに書かれているもの(例:帽子、コップなど)と、

アクションの種類(啓発活動、政策提言、物資調達など)を結び付け、

アクションアイディアを出していく訓練を行います。

 

グループ対抗で、どこが一番多くアイディアを出すことができるか、競い合いました。

 

 

 

アイディアを生み出すことに慣れてきたら、

今度は、自分の得意なこと・好きなことを活かしたアクション作りです。

 

自分自身のアイディアを作り、そのあとグループの仲間たちからもアイディアを貰い、

それぞれが「これだ!」というアクションを決めました。

 

グループ内で、「その社会問題を解決すべき理由とどんなアクションをおこすか」を、

1人1人がスピーチを行い、またそれに対する共感フィードバックも行いました。

 

 

いよいよオリンピックまで1年!

2020年は、世界中から4,000万人(カナダの人口よりも多い!)が来日することが見込まれています。

日本国内でも世界を身近に感じることができる年。

 

引き続き、オリパラ教育のご依頼も受け付けております。

 

より多くの人が、世界を考え・アクションを起こすきっかけとなる1年になりますように。

 


鳥取で出前授業と公開イベントを実施しました

本年も、鳥取城北高等学校の2年生と共に、

WE World Changers連続授業を実施しています。

 

 

鳥取城北高等学校では、昨年より、本共同授業を実施しています。

2018年度版:http://ftcj.jugem.jp/?eid=2003

 

WE World Changersは、

 

「世界の社会問題を知って考えて

アクションの起こし方を学んで・経験して

今活躍するワールドチェンジャーになる!」

 

をゴールに、1年間を通じて行われる、WE Schoolsプログラムです。

 

5月より、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの教材を使用し、

先生方が各クラスで貧困や児童労働を学ぶワークショップを実施しています。

 

7月8日には、団体スタッフが学校を訪問し、

改めて世界の子ども達の生活をお話ししました。

 

また、社会問題のブレインストーミングリレー

メンバーの得意なことを活かしたアクションアイディアを見つけるワークなどを行いました。

 

2学期以降は、生徒さんから上がってきた興味や伸ばしたいスキルに対応しながら、

先生方が進めるワークショップと出前授業を組み合わせ、プログラムを進めていきます。

 

 

7月8日には、

日本財団まちなか拠点 in Torrori にて、

公開イベント「鳥取から世界へ」鳥取まちなか教育会vol.1

の講師として、講演会・ワークショップも実施しました。

 

団体の活動紹介・子ども・若者のアクション紹介を行った上で、

実際にアクションを考えるワークを実施しました。

 

高校生から社会人まで様々な方にご参加いただき、

世代を超えたグループでアイディアの出し合い、互いに刺激を受けあう時間となりました。

 


羽村市立武蔵野小学校で出前授業を実施しました!

皆さん!こんにちは!

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

羽村市立武蔵野小学校はボランティアマインドアワード校に認定されています。

 

今回、オリンピック、パラリンピック教育の一環として出前授業させて頂きました。

 

ワークショップを実施しました。

 

前半のワークショップでは、体育館ではクラスごとに5大陸を作ってもらい、大陸ごとの人口、消費される食糧の割合、個人資産、オリンピックメダルの数など、大陸ごとにどんな違いがあるのか考えてもらいました。

 

大陸ごとに、メダルの数が少なかったり、人口が多いにも関わらず消費できる食物の数がすくなかったり、なぜそんなことが起きてしまうのか、皆さんに考えてもらいました。

 

 

その後、全クラス101人程で5大陸を作り、どの大陸が多いのか確認してもらい、学校に行ける人数などは、その場で立ってもらうなどして現状の分布をみんなで見てもらいました。

 

大陸によっては、きれいな水が手に入らなかったり、学校に行ける子供の数が少なかったり、今の日本では考えられない状況が世界で起きている事をワークを通して体験してもらいました。

 

 

後半はフリー・ザ・チルドレンの設立のお話しをして、世界の事を知るだけではなく、どういったアクションを起こすことが出来るのか考えてもらいました。

 

ボランティアはつまらないとか、大変などイメージがありますが、

GIFT+ISSUE=CHANGEのワークを実施しすれば皆楽しんでアクションを起こすことが出来る魔法の公式があります。

 

Gift (自分の得意なこと・好きなこと)を活かして、Issue (興味のある社会問題)に対して取り込む事で、

必ずChange (変化)は起こすことが出来るという考えをもとに、それぞれのアクションを考えるワークです。

 

生徒さんはとても一生懸命考えてくれて、沢山のアクションを考えることが出来ました。これからどんなアクションを起こすのかとても楽しみです。

 

こちらの写真は羽村市立武蔵野小学校の校長先生が今回の出前授業についてレポートを書いてくれました。

 

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、

”国内外の社会問題を学ぶだけで終わらない”出前授業・講演会を行っています。

総合学習や国際理解教育、人権教育の一環、チームビルディングやリーダーシップトレーニング、NGO/NPOの理解など、様々なシーンでお役立てください!

 

詳細・ご依頼はこちらから

→ http://www.ftcj.com/get-educated/class_workshop.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


12345>|next>>