【国会議員のための「世界一大きな授業」2019】チームとしての集大成

こんにちは、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでユースエンゲージメント・アドバイザーを務めています鈴木洋一です。

 

616日(日)に「世界一大きな授業」の中高生世代チームの締めの活動として振り返りを行いました。8名の中高生世代の子どもが集まり、414日から約1か月で準備をし、515日に議員会館でイベントを行いました。そして、学校のテスト日程などを鑑みて、16日に振り返りを行いました。

 

414日から顔を合わすことができたのは数回と限られた時間でしたが、社会を変えていきたいという問題意識や教育に対する情熱を分かち合ってきたため、今では集まれば話の話題が終わりません。

振り返りでは、チームとしての成果や学びだけでなく、個人としての成長にも注目して、それぞれの挑戦を祝福しました。 「考えを言葉にして伝えることができた」「チームとして活動をすることができた」などの声が出ていました。

また、来年に向けて、よりよい活動を行う上での引継ぎ事項の確認や「世界一大きな授業」実行委員会の職員へのお願いなども取りまとました。

 

振り返りの後、「ギフト」という活動を行いました。

この活動では、「今後の人生で仲間に対してあなたが貢献できること」をテーマに、それぞれが貢献できることを1枚の付箋紙に、1つずつ記入し、それらを見せあいました。短い期間ながらも共に思いをもって向き合った仲間に対しての暖かい言葉が多くありました。

最後に、共感的コミュニケーション(Non-Violence Communication)という価値観と気持ちを軸に人と人とのつながりを振り返る手法で用いる、人の持つ価値観に関して記載されたカードを使って、中高生による国会議員のための「世界一大きな授業」の一連の活動を通じて抱いた価値観やその時の気持ちを分かち合いました。

 

限られた時間でしたが、社会の不条理に対する問題意識や教育に対する情熱を強く持つ中高生世代のメンバーと一緒に活動をできたことはとても刺激的でした。

「今後も社会問題に対して活動したい」という声も多くありましたので、また別の機会でメンバーであった皆さんと再会できる機会を楽しみにしたいと思います。


【レポート】中高生による国会議員のための「世界一大きな授業」を実施しました

JUGEMテーマ:社会問題

 

こんにちは。本日は2019年度フリー・ザ・チルドレン・ジャパンが事務局を務めている「世界一大きな授業」として、イベントの開催報告を行います。

 

5月末とは思えない位に気温が急に高まっており、事務局スタッフは早くも夏バテしておりますが、

国内の教育支援の機運も、6月末の大阪G20サミットに向け、それに負けない位に高まっております。

 

さて、5月15日(水)17:00〜18:00に衆議院第二議員会館にて、今年も

中高生による国会議員のための「世界一大きな授業」

実施しました。

キャンペーンバナー

「世界一大きな授業」公式ウェブサイト:http://www.jnne.org/gce/

 

===中高生による国会議員のための「世界一大きな授業」とは=======

「世界一大きな授業」の一環として、国会議員が「生徒」、

中高生が「先生」になって「世界一大きな授業」を実施するイベントで、

2010年より毎年実施しています。

詳細:http://www.jnne.org/gce/about.html#about-diet

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000035268.html

====================================

 

 

東京都・埼玉県・山梨県・秋田県の中学1年〜高校3年生の計8名が

「先生」となり、20名の国会議員の「生徒」に授業を行いました。

 

会場には30名のオブザーバ(観客)も来場し、

Youtubeでも授業の様子を生中継しました。(協力:地球対話ラボ)


イベントは3部構成の授業形式で行われました。

1時限目は、世界の教育格差の現状の一例として、3月末にフリー・ザ・チルドレン・ジャパンが行ったフィリピンスタディツアー2019の様子を動画で鑑賞し、子ども達が教育を受けられていない現状についての紹介を行いました。

※【参考】フィリピンスタディツアー2019についてはこちら

http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/philippines


 

2時限目は、世界の教育を受ける機会が平等ではないことや・競争的になりがちで協力的な意識がうまれにくい現状を、すごろく形式のゲームで擬似体験しました。

3か国(チーム)に分かれ、「小学校入学〜高校卒業」と書かれた

6マスのコースを、一人でも多くゴール(高校卒業)させよう、

というルールです。


 

途中で災害等のトラブルが発生し、チーム別に1回休み・1マス戻る等の

不利益をそれぞれ被ります。

中には、トラブルが発生するたびに「1回休み」になるチームもあり…。

「また「1回休み」。不平等だ!」(逢坂誠二議員のコメント)

 

生徒(国会議員)の皆さんが、このゲームの仕掛けに感づいてきた所で

タイムアップ。最後にネタばらしとまとめを行いました。

 

さあ、このすごろくの仕掛け・本当のねらいとは?

中高生の先生方が伝えたいメッセージとは?

ここではヒントとなる画像のみ掲載します。

答えの詳細はYoutubeのアーカイブ動画へ。

誰もが「はっ…!!」と気づかされ、我に返る事でしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=O7-pTbIbRaQ

(1時限目:29:16、2時限目:34:15、

2時限目ネタばらし:51:00、3時限目:55:55あたり)

 

最後の3時限目では、2019年3月23-24日に行われた、

第5回国際女性会議(WAW!)で来日された、

マララ・ユスフザイさんの言葉で始まりました。

※WAW!については、下記の外務省ウェブサイトをご覧ください

https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page22_003059.html

 

そして、「(世界中の子ども達の)権利を守るための教育支援」と

題した政策提言を行いました。

 

教育が、恵まれた人々の「特権」となってしまっている現状から、

誰もが享受する、人類共通の「権利」にするために、

・教育に充てる支援額を更に増やす事

・6月28〜29日のG20サミットで、世界の教育支援の進展に向け、

 安倍総理・日本政府がリーダーシップを発揮する事

を要望し、授業が終了しました。

 

【参加議員】

逢澤一郎議員、阿部俊子議員、御法川信英議員、亀岡偉民議員、鳩山二郎議員、小川克己議員、
松川るい議員、安藤高夫議員、竹谷とし子議員、高瀬弘美議員、福山哲郎議員、逢坂誠二議員、
佐々木隆博議員、山内康一議員、亀井亜紀子議員、中谷一馬議員、山川百合子議員、田村智子議員、
畑野君江議員、福島みずほ議員

 

また、今回の授業には、

読売新聞ジュニアプレス(https://www.yomiuri.co.jp/teen/junior/)のジュニア記者3名が取材にお越しになり、中高生の「先生」方へインタビューをされておりました。

 

子ども達が主体となって、世界をより良くするために刺激し合い、

行動・発信し合う姿に、強い力を貰いました。

 

「世界一大きな授業」のキャンペーン期間は

6月30日(参加申し込みは6月26日)までとなっております。

まだまだ参加申し込み募集中なので、興味のある方は是非参加してください。

「世界一大きな授業」公式ウェブサイト:http://www.jnne.org/gce/


【国会議員のための「世界一大きな授業」2019】第2回打ち合わせを行いました!

 

 

 

こんにちは、

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン事務局インターンの古谷です。

 

 

 

4月21日(日)に、中高生世代による国会議員のための「世界一大きな授業」の第2回打ち合わせが行われました。今回は、授業のテーマやスケジュール、議員会館で行うイベントの内容について初めての話し合いが行われました。

 

 

まずはじめに、「チェックイン」を行いました。中高生世代チームメンバーは、自分が打ち合わせに来るまでの状況や、今の状態について共有しました。

 

「打ち合わせ後に塾に行かなければならない。やるべきことが終わっておらず、焦っている。」「多くの新入生が自分が所属する生徒会に興味を持ってくれて嬉しかった。」など現在の心境や近況についてのシェアが行われた一方で、中には、「昨日の夜、電車を乗り過ごして長野まで行ってしまった!」というハプニングを報告してくれたメンバーもいました。

 

その後、「世界一大きな授業」というキャンペーンがなぜ「国内の教育」ではなく、「途上国の教育」を中心においているのか? について話し合いがなされました。日本国内で「途上国の教育」について発信する声が少ないからこそ、今回の機会に中高生世代チームメンバーが発信することが重要であるというメッセージを受けて、企画に対する考えが深まったようでした。

 

いよいよ授業当日の内容について、話し合いが始まりました。

まず、それぞれが考えてきた企画アイデアを発表しました。前回集まった際に参加したワークショップや活動説明で学んだことを活かしたユニークなアイデアが次々提案されました。

 

次に、中高生による国会議員のための「世界一大きな授業」を通して伝えたいことについて議論が行われました。ポストイットを用いて意見を出し合った後、カテゴリーごとに意見を分類しました。

 

 

生徒役である国会議員の方の立場に立って、どのような授業を行うべきか、白熱した議論となりました。

 

お昼休憩中も、当日の内容を考えるメンバー。午後は、考えた具体的なアクティビティについて意見出しが行われ、当日のスケジュール案もいくつか提案されました。

 

 

議員会館のイベントで行う内容、初等教育、ODA、GPEなどのキーワードの意味、議員会館のイベントを通じて参加する国会議員の方々にどんなメッセージを伝えたいのか?など様々な視点から話し合いは続きました。

 

朝から夕方まで授業の準備を進めた中高生世代メンバー。「人の話を最後まで聞く」「リアクションをとる」など、前回全員で決めたセーフスペース(話し合いの上での約束事)を意識している様子も見られました。

 

 

次回は、第3回の打ち合わせの様子をお伝えいたします。

 

 


12345>|next>>