ガーナの支援先の子どもたち

 フリー・ザ・チルドレンは、2000年代初めからガーナで支援活動に取組んでおり、教室の増築や学校建設、きれいな水を届けるプロジェクトなどをアシャンティ州のクマシ市北部から2時間、主都のアクラから約8時間の所にあるドメアブラの村などで行ってきました。

そして、現在は現地のニーズを調査し、それに応じて村の自立を応援するため、包括的な自立支援プログラムを展開しており、ガーナ西部のコミュニティと一緒に活動しています。(タコランディの近郊で、海沿いの地域です。)この計画に沿って、子ども達が教育を受ける上で障害となっているものをなくすため、コミュニティと協力して活動しています。

今日は支援先の一つのコミュニティの子どもたちの様子をお届けします。


◆2013年〜2014年にかけて、アセムコウ・コミュニティとニャメイエクロム・コミュニティにて新しい学校が完成しました

 フリー・ザ・チルドレンは自治体など行政と連携し、子どもたちが基礎教育を受けられるようにするため学校建設を行い、さらに学校の建設後に質の良い教育を提供できるようにするため、教員の育成と学校への配置のための支援活動に取組みました。

こういった活動を行っていくにつれて、地域の親御さんたちはだんだんと教育の大切さを少しずつ理解しています。たくさんの村の大人たちが建設作業をボランティアで手伝いました。

子どもたちも、新しい学校に通うことが楽しくて嬉しい、と喜んでいます。フリー・ザ・チルドレンによるガーナでの教育支援の結果、この1年間で新たに235人の子どもが学校に通えるようになりました。

 教育支援として、学校建設にあわせ、トイレや手洗い場の設置を行っています。また、今後は保健衛生や地域の人々の生計維持(収入向上)支援活動をやっていく予定です。

たくさんの方々のご協力のお陰で、子どもたちが貧困から解放され教育へアクセスできるようになっている事をあらためてお礼申し上げます、ありがとうございました!