フリー・ザ・チルドレンは、WE に!

JUGEMテーマ:ボランティア

 

いつもフリー・ザ・チルドレンを応援してくださり、ありがとうございます!

2017年より、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、新たなロゴでスタートすることになりましたので、ご案内いたします。

 

WE 

フリー・ザ・チルドレンは、WE に!

 

1995年にカナダで誕生したフリー・ザ・チルドレン(FTC)は、昨年9月からWEに名前を変更し、新たなスタートをきりました。カナダのクレイグ・キールバーガーという12歳の少年が立ち上げたFTCは、「貧困や搾取から子どもを解放する」ことを目的に、子ども自身が立ち上がり活動する国際協力団体としてスタートしました。活動をするなかで、多くの人たちに「子どもになんか何もできない」「大人になってから問題に取り組めばいい」と言われましたが、子どもの問題なら同じ子どもが立ち上がることで、世界を変えられると信じ、子どもや若者に社会問題を伝え、彼ら自身がその問題に取り組みアクションを起こせるようサポートする活動に力を注いできました。

 

フリー・ザ・チルドレンは活動を続けるうちに、子どもとして何らかの成果を成し遂げたとき、子どもたちは素晴らしい!と思われがちだけど、実は、その子どもがその成果を達成できた背景には、多くの仲間やおとなが協力してくれていることを実感するようになりました。人はひとりでは生きられない。「ひとりひとりがつながり、思いやることが大切だ。」その考えを伝えていきたいと考えるようになりました。

 

世界をより良くするためには、政治家や専門家など特定の大人だけで解決できるものではない。子どもでも若者でも世界を変える力を持っている。もちろん、年配者でもどんな立場の人でも。「人は年齢や立場に関わらず誰でも才能を持っている。その違いが大切であり、違いのある者同士だからこそ、お互いにつながり連携すれば、より大きな力となって世界を変えられる」と、確信するようになりました。

 

フリー・ザ・チルドレンは、子どもでも、おとなでも、誰しもが大切にされ、違いや個性が尊重され、誰ひとり取り残されない社会を目指し、地域のどこかで起きている問題は私たちの問題だと気付き協力できるような世界をつくりたいと考えるようになり、このたび20年以上世界で親しまれた「フリー・ザ・チルドレン」という団体名から、「WE」へと生まれ変わりました。名前は変わりましたが、今後も子どもや若者に対して社会問題を伝え、問題に取り組むためのスキルを子どもや若者に伝えるリーダーシップトレーニング事業に力を入れていきます。

 

これを受けて、2017年から、日本でもフリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、WE Free The Childrenというロゴで活動をしていきます。そのロゴをご紹介します。

WE FTC

 

日本でも新しくなる私たちを、2017年もどうぞよろしくお願いします。

そして、一緒に世界をより良いものにしていきましょう!

Be The Change!

 

スタッフ一同