フィリピンミンダナオ島西部マラウィ避難民緊急支援へのご協力お願いいたします。


フィリピンミンダナオ島西部 マラウィ避難民緊急支援を開始します。


現在、フィリピン南部ミンダナオ島の西部にある南ラナオ州のマラウィ・イスラム市ではフィリピン軍と過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力「マウテグループ」の戦闘が激化し、47万人以上の市民が避難しています。

 

多くは、近くの町の親戚や友人宅に身を寄せていますが、2万人以上の人たちが避難所生活をしています。避難所にすら行けない住民も大勢います。

これらの人たちは、現在、食料、飲用水、衣服、医薬品、寝具、台所用品等の生活必需品を早急に必要としています。

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは加盟しているネットワーク団体日比NGOネットワーク(JPN)を通じてフィリピンミンダナオ島西部のマラウィ避難民への緊急支援を実施します。

 

みなさまご協力どうぞよろしくお願いいたします。    

 

※今後フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの現地パートナーのローカルNGO団体を通じて紛争地域に住む人々への支援も緊急支援として実施予定です。支援内容など詳細は追ってご報告いたします。

 

 

 

■避難民の状況(7月9日午後7時現在)
フィリピン社会福祉開発省によると、避難民47万224人(10万13世帯)のうち2万3,339人(4,227世帯)が避難所(87ヵ所)に避難しているほか、38万7,118人(8万5,312世帯)が知人や親戚宅に身を寄せています。

 

■支援活動の概要
日比NGOネットワーク(JPN)の現地カウンターパートナー団体「バライ・ミンダナオ財団」(BMFI)と協力し、避難所に行くことができず、政府等の援助が十分に届いていない避難民を優先的に支援します。

 

「バライ・ミンダナオ財団」(BMFI)による避難民支援活動について
【対象地域】イリガン市、南ラナオ州(ラナオ・デル・スル州)、
カガヤン・デ・オロ市の5-10バランガイ* *バランガイ:フィリピンの最少行政単位
【受益者数】1万人以上(2,500世帯)
【支援内容】食料、飲料水、衣服、生活用品の提供、トラウマ等に患っている子どもや大人の心理ケアなどのサポート

 

 

ご寄付は銀行振込・郵便振替・クレジットカードで受け付けております。

 

■クレジットカードはこちらからお手続きください。(VISA/MASTER)

http://www.ftcj.com/donate/emergency/credit.html

 

■銀行振込

三菱東京UFJ銀行 上野支店 普通5360502
特定非営利活動法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン トクヒ)フリーザチルドレン

・ご寄付の使途として通信欄にフィリピン緊急支援として明記ください。

・寄付のご指定がない場合は活動全体へのご寄付として受けさせていただきます。

 

■郵便振替

 00120−5−161532 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
他金融機関からの振込用口座番号  

 〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座 0161532

・ご寄付の使途として通信欄にフィリピン緊急支援として明記ください。
・寄付のご指定がない場合は活動全体へのご寄付として受けさせていただきます。

 

ご支援・ご協力どうぞよろしくお願いいたします。