児童労働者数の最新データが発表。記者会見が報道されました。

2017年9月19日に国際労働機関(ILO)より世界の児童労働者数の推計値が発表されました。

 

その数、1億5200万人。
世界全体で 5〜17 歳の子どもの約 10人に1人が児童労働者となります。

 

児童労働者数は2000年には推計2億4600万人と発表されていましたが、様々な取組によって徐々に減ってはきています。
しかし今回発表された数は、前回2012年に発表された推計1億6795万人とくらべてあまり減っていません。

国際目標として「2025年までに児童労働をゼロに」という目標が掲げられていますが、このままだと達成が難しい状況で、さらなる取組みが必要と言えます。

 


その推計値の発表を受けて、当団体も加盟している児童労働ネットワークが9月21日(木)に厚生労働省の記者クラブで記者会見を行いました。

記者会見の内容は、9月21日の夕方放送になりましたTBSテレビの「Nスタ」で取り上げられました。
以下のページから動画もご覧いただけます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3164437.html


また、今回の発表を受けて児童労働ネットワークが概要と課題、提言をまとめています。
http://cl-net.org/news/CL-Net_%E8%A8%98%E8%80%85%E7%99%BA%E8%A1%A8%E8%B3%87%E6%96%99%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9_20170921PM.pdf