昨年実施したフィリピン盲学校支援のクラウドファンディングがReadyfor賞に選ばれました。

昨年、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、フィリピン国立盲学校の寮の修繕などを行うため、クラウドファンディングを実施し、たくさんの方々のご支援・ご協力により無事資金調達を行うことができました。

 

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

https://readyfor.jp/projects/ftcj_phspd

 

そしてクラウドファンディングを行っていたころから1年になり、皆様に嬉しいお知らせがあります。

 

Readyforさんのほうで、毎年「多くの人から共感され、クラウドファンディングのお手本となるようなプロジェクト」を表彰していらっしゃるようなのですが、私たちのプロジェクトがその一つに選んでいただきました。

 

11月18日に行われました表彰式後の写真はこちらです。

 以前新着情報にも書いたことがありますが、私があえてクラウドファンディングという方法で資金集めを行った理由の一つに、全盲のNPO職員がいて、日本とフィリピンを行き来しながら事業を成し遂げているということを一人でも多くの方に知ってもらうことで、後輩たちが就職活動する時、国際協力の道が障害者にとって当たり前の就職先になっていてほしい、という思いがありました。

ですので、国際協力部門で担当事業を選んでいただけたというのは、受賞以上の意味がありました、社会に、後ろに、「証拠」を一つ残せたのです。

 

 このような賞をいただけたのも、皆様のご協力、応援のおかげです。今後もいただいたご支援を大切にしながら、フィリピン、日本共に障害者の可能性を広げられるよう、精進していきたいと思います。