【7月15 日まで!】 レッドカードアクション実施中!

2017年現在、世界では1億5200万人が児童労働に従事させられています。

これは、世界の子どもの10人に1人が働いている計算になります。

義務教育を妨げる労働や法律で禁止されている18歳未満の危険で有害な労働のことを児童労働と呼びます。

 

同じ人間にもかかわらず、世界には多くの子どもが児童労働に従事させられています。

こうした世界を変えていきたいと思いませんか?

1995年、カナダの少年、クレイグ・キールバーガーも同じように考え、フリー・ザ・チルドレンの活動を始めました。

 

世界中から「児童労働」をなくしていきたいという思いを見える化し、それを社会に発信する活動がレッドカードアクションです。

以下に参加方法を記載しています。

ぜひ学校やご家庭、友人たちと一緒に参加してください。

 

【レッドカードアクションへの参加方法】

(1) レッドカードを入手しよう

レッドカード付きリーフレット(チラシ)を特設ウェブサイトからダウンロードしましょう。

 

ストップ! 児童労働キャンペーン2018 ダウンロードページ

http://stopchildlabour.jp/2018/download/

 

(2) レッドカードをかかげる 

「児童労働」を終わらせたいという意思と共に、レッドカードを掲げましょう。

 

(3) 写真を撮影する

レッドカードを掲げている様子を写真に収めましょう。

 

(4)「#STOPCL」をつけて写真をつけてFacebook、Instagram、Twitterで友達にシェアする。

写真と共に、自分の思い、加えて行いたいアクションなどを記載しましょう。

Facebook、Instagramから投稿された作品は自動的にフォトコンテスト対象作品となります。(ただし、公開設定となっているものに限ります) 

フォトコンテストについてはこちらをご確認ください。

 

※なお、SNSが使えない人は、こちらのフォームから投稿することもできます。

フォトコンテスト応募フォーム

http://stopchildlabour.jp/2018/form/#form-2

 

(5)報告フォームから活動報告をしよう!

以下のウェブサイトにアクセスして、活動報告をしましょう。

全都道府県での活動を目指しています。

報告フォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S56480823/

 

(6)みんなのアクションを見よう

#STOPCLで検索をして、友人や他の投稿も確認してみましょう。

きっと触発される写真やメッセージが見つかるはずです。

 

 

5月に行われた徳島での教育に関するイベントにて

"国会議員のための「世界一大きな授業」"中高生チームの打ち合わせにて

"誰でも参加できる「世界一大きな授業」"の打ち合わせにて

 

 

全国各地から「児童労働」をなくしたいという気持ちを見える化して、社会に発信しましょう。