【報告】グローバルチャレンジプログラム in Toronto【2】

カナダのトロントで実施中のグローバルチャレンジプログラムをレポート!

今回は、2週目に入り参加中のカナダのTake Action Campの前半(8/5-8/7)についてです。

 

前半のレポートはこちらから

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1964

 

 

日曜日、キャンプ地に着くと、60人以上のカナダ・アメリカ人の参加者・スタッフが待っていました。

社会問題を考えるキャンプですが、基本は楽しむことを大切にしていることもあり、みんなかなりテンションが高いです。

そのこともあり、着いてすぐにその雰囲気に驚き、ホームシックになったメンバーもいました。

 

しかし、お互いの名前を知るためのワークを行い、

ゲームをし、安心できる環境が徐々に整っていくと、

みんなの顔に笑顔が出てくるようになりました。

 

 

自分自身を振り返るワークショップを行ったり、

 

チームのみんなでダンスを作ったり、

選べるワークの時間でミサンガを作ったり、

 

年齢関係なく、色別に分かれてチームワークを競い合う活動では、

とにかく走って走って、頭も使って、大騒ぎしながらも、

みるみるうちに、さっきまでは”知らない人”だった人が大好きな友達になっていっていました。

 

3日目までにあつかった社会問題は、

偏見・先入観・レッテルについて、

そして、ネットいじめについてでした。

 

なかなか英語でディスカッションをするのは大変ですが、

それぞれ、試行錯誤しながら、自分の考えを伝えるべく努力しています。

キャンプの最後には、自分自身が興味のある社会問題に対してアクションを考え発表します。

 

今回のキャンプに参加するまで、あまり社会問題について考えたことがない、

というメンバーをいましたが、少しずつ、自身の興味が見つかっていくと嬉しいです。