ゴミが宝箱に!

中古のタイヤは、日本のみならず世界中にあふれています

が、ニカラグアには、中古のタイヤを活かした素敵な学校菜

園があるんですよ!(清田)

 

https://www.we.org/stories/trash-into-treasure/

 

 

 

「あそこはタイヤ1本、1ドルなんですよ。。」

 

ダリオ・ロドリゲスは、中古のタイヤを売って利益を得ている

道路沿いの修理店を差して首を横に振ります。ニカラグアの

農村部では、こういった光景は珍しくありません。 ここではタ

イヤをすべて再利用します:タイヤで家具、階段、彫刻その他

何でも作ります。

 

ダリオもタイヤを再利用するのが好きですが、1ドル

の値札には感心しません。

 

私たちは賑やかな大通りからそれ、草木がうっそうとした泥

だらけの道をさらに30分ドライブします。ダリオのピックアッ

プ・トラックがゴツンゴツンと揺れながら進むので、道という

よりジェットコースターに乗っているような感じです。やっと

のことで、エル・トラピチェ村(2012年からWE Villages(フリ

ー・ザ・チルドレン・カナダ)と提携している村)に到着しま

す。ダリオは3年前からWE Villagesのシニアプロジェクト

マネジャーを務めていて地元では有名です。そして到着

すると村びとたちと挨拶をかわします。

 

34歳のダリオは顔を輝かせてエル・トラピチェの小学校の

校庭に入ります。そこは白と青のニカラグアのナショナル

カラーで彩られたトタン屋根の建物が広がっています。そ

して、校庭の片側にある大きな菜園に向かいます。そこは、

ダリオがWEで情熱をかけたプロジェクトの発祥の地です。

 

「すべて、作物の栽培にタイヤを使用するというアイデアか

ら始まりました。」と、ダリオは説明します。一見ただのプラ

ンターですが、よく見るとタイヤはカットされて裏返され、塗

装されています。そこに土が入れられ、トマト、ニンジン、ス

カッシュ、ジャガイモ、キュウリ、タマネギなどが植えられて

います。

 

エル・トラピチェの学校の菜園は、2014年のWEでのダリオ

が初めて取り組んだプロジェクトの1つでした。菜園を始め

た場所は侵食されてでこぼこした土地で、理想的ではあり

ませんでした。しかし、ダリオは農業の経験を生かしチャレ

ンジしました。前職のニカラグア政府での仕事で、モノを再

利用して実用化する方法を学びました。エル・トラピチェ村

では、ダリオはすぐに3つの課題を解決する機会を得まし

た。 タイヤからプランターを作ることは、廃棄物を減らし、

土壌浸食を避け、エル・トラピチェの学校給食プログラム

を補うために作物の多様性を広げます。

 

「政府は米、豆、穀物のような食糧を提供していますが、菜

園は子供たちに栄養を与えるための補足です」とダリオは

言います。 今日、彼のプロジェクトは、この地域の他の3つ

のWE VillagesパートナーコミュニティであるSan Diego村、L

os Campos村、Aguas Agrias村にも拡大しています。この革

新的なプロジェクトは、学校の風景や学校給食プログラムを

変え、毎日400人以上のニカラグアの生徒に健康的な食事を

提供しています。

 

しかし、もちろん、これはたやすいことではありませんでした。

ダリオは、菜園を始める前にタイヤを見つける必要がありまし

た。

ダリオは車の修理工場にタイヤを探しに行きました。中古タ

イヤはたいてい上に積み重ねられていて、中に水が溜まり、

そこが蚊の住処になっていました。ダリオは、これらのタイヤ

はあまり使い物にならないがないと言います。しかし、人々は

生活のためにこれら売ろうとします。それでも、彼はタイヤを手

に入れるための費用はほとんどかからないと考えました。なぜ

なら、支払った1ドルはWE Villagesのコミュニティプロジェクトに

戻ってくるからです。「私は、初めてタイヤを探しに行ったとき、

店のオーナーに「本当に資源が少ない村にタイヤを持っていき

ます。ここにあるタイヤは汚れた水が入っていますが、これらの

タイヤを使って作物を栽培します。」と伝えました。」とダリオは言

います。

 

ダリオの粘り強い説得で店のオーナーは最初のタイヤを譲

ってくれました。彼は他の店でも同じことをしました。最近で

は、オーナーはダリオのトラックがやって来ると、「タイヤは

そこだよ。」と声をかけてくれると言います。ダリオは10キロ

のタイヤ回収ルートを決めました。

 

彼はまた、村びと民や保護者の中から協力者を募りました。

協力者は、彼に同行し、タイヤがどのように学校や村を変え

ているのかを感じとりました。

 

彼らは、菜園の力を知っています:毎日健康な昼食を食べ

られることは、親が学校に子どもを入学させるようになりま

す。そして、子どもたちは勉強するためのエネルギーを得ら

れます。生徒は菜園を運営するのに大きな役割を果たしま

す。その過程で、彼らはいつか彼らが自分の菜園や農場を

管理するのに役立つスキルを身につけます。

 

エル・トラピチェで村では、菜園以外にも、学校の建物事業、

清潔な水を供給するポンプの提供事業、村での保健事業、

女性の職人のサークル事業などがあります。
 

現在、エル・トラピチェ村だけで約1,000本のタイヤがありま

す。 菜園と並んで、それらのタイヤは水を防ぐための障壁

として、そして学校の運動場(ダリオの興奮度合いから判断

して、彼の好きなプロジェクトの1つに違いないようです)への

階段として役立っています。

 

「前は、運動場へ行くことが出来ませんでした。」と、ダリオ

は、学校の裏にある丘を指します。そこにはカラフルに塗ら

れたタイヤで出来た階段がつながっています。「この階段の

おかげで子どもたちが安全に遊ぶことができます。」彼はそ

れを実証するために階段を登ります。私も一緒に登り、学校

全体の附属施設を眺めます。
 

「私にとって、これは村の発展、変革の象徴なのです。」とダ

リオは言います。 「人々がこれらのタイヤを見るとき、いまは

ゴミ以上の何かが見えます。」

 

(原文記事執筆 :メーガン・ハリス 翻訳:翻訳チーム 文

責:清田健介)