工学院大学附属高等学校で講演を実施しました。

認定NPO法人日本ファンドレジング協会様と八王子ロータリークラブ様が協働で実施している工学院大学附属高等学校での連続授業「社会貢献教育」で、ワークショップを担当しました。

 

ーーー

 

今回は高校2年生に向けて「貧困脱出ゲーム」を実施しました。

5つのチームに分かれ、チームの仲間と協力し、貧困から脱出できるように様々なミッションに取り組むワークショップです。

 

何回もけんけんをしたり、クイズに答えられなかったら途中からやり直しするなど、何回も同じことをしないといけなく、参加者からは疲れた!だったり、クイズではヒント下さい!などすごく盛り上がりました。

 

ワークショップが終った後は振り返りをしました。

なぜ、何回も同じことを行っていたのか、チーム毎にあったミッションの条件の差は何を表しているのか、ワークショップと実際の貧困問題をつなげてディスカッションを行いました。

 

生徒さん皆さんが真剣に参加してくれ、とても嬉しかったです。

 

 

今回の「社会貢献教育」では、生徒の皆さんは全5回の授業を通じて「寄付」について考えています。

実際に、各クラス14万円を八王子ロータリークラブ様より預かり、グループディスカッションを行いながら、実際にどんな支援に寄付することが有効か考え行動していく授業です。

この授業でどんな気付きが生まれ、そして。これからどんなワールドチェンジャーとして活動していくか、楽しみです!

 

貴重な時間を頂きありがとうございました!

 

―――――――――

日時: 2018年10月9日、12日、29日

※1クラス50分×4クラス

訪問先: 工学院大学附属高等学校

対象者: 高校2年生 約150名

―――――――――

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、

”国内外の社会問題を学ぶだけで終わらない”出前授業・講演会を行っています。

総合学習や国際理解教育、人権教育の一環、チームビルディングやリーダーシップトレーニング、NGO/NPOの理解など、様々なシーンでお役立てください!

 

詳細・ご依頼はこちらから

→ http://www.ftcj.com/get-educated/class_workshop.html