【活動報告】相模原市立相原中学校の物資支援活動

”フリー・ザ・チルドレン in 相原” の皆さんが、学校で集めた石鹸や歯ブラシ、アメニティグッズを事務局に持ってきてくれました。

 

 

相原中学校では、2016年に初めて出前授業をフリー・ザ・チルドレン・ジャパンが担当し、全校生徒の皆さんに、世界の子ども達の生活や今自分に出来るアクションについてお話しました。

その際に1年生だった生徒さんが、活動に共感し、先生に相談し全校集会などで校内に呼びかけ、活動を開始しました。

 

学校のウェブサイトでも、その様子が掲載されています。

2学期終業式に呼びかけ

回収活動

 

校内で配布した、支援を呼びかける手書きのチラシ

 

ご支援いただいた物資は、2017年春・2018春のスタディーツアーでフィリピンに持っていきました。今回集めていただいた物資も2019年春(2・3月)にフィリピンに持っていきます!

2017年スタディーツアー報告

2018年スタディーツアー報告

 

2016年に1年生だったメンバーも、もうすぐ卒業が近づく3年生となり、この活動を学校で続けてくれる新しいメンバーが欲しいと、10月に校内テレビ放送を使いメンバーの募集を行ったそうです。そして、活動に興味を持ってくれた1・2年生がグループに参加し、新制メンバーで事務局に来てくれました。

 

リーダーの生徒さんから、一言もらいました。

 

「最初は物資が集まるか不安でしたが、私たちの思いが学校のみなさんに届き、沢山協力してくれたことがとても嬉しかったです。️私たち、みなさんの思いが世界の貧困の子供たちに届いて欲しいです。」

 

相原中学校のみなさん、ありがとうございます!

 

 

これを読んでいる方には、学校で何かアクションを起こしたい!でも、どうやって仲間を集めたら良いんだろう?と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。全校集会や校内放送、チラシ作りなど、ぜひ参考にしてみてください。

 

また、学校では募金活動などお金が関わるものは実施が出来ない、という校則があるところもあると思います。

そんな場合は、これからの季節、ぜひ書き損じはがき集めを行ってみてはいかがでしょうか?

 

書き損じはがきとは、住所や名前を書き間違えたり、たくさん印刷しすぎて余った年賀状、古くて使えないなどの理由でポストに投函されていない未使用の官製はがきのことです。

 

これから年賀状作り。1年で一番家庭に書き損じはがきが出る季節です。

いまから学校に呼びかけて、年明け3学期の始まりにぜひ回収を実施しましょう!

 

集まったはがきは、事務局まで送っていただくと、こちらで換金を行い、

それぞれご希望の国やプロジェクトへの寄付として受け取らせていただきます。

 

 

書き損じはがき回収について詳細はこちら↓

http://www.ftcj.com/get-involved/goods/postcard.html

 

LET'S TAKE ACTION!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みなさんからの活動報告もお待ちしています!


↓↓活動報告はこちらから↓↓

http://ws.formzu.net/fgen/S63863727/