姉弟対決が、アマゾンを救う?

お姉ちゃんへの敵意をむき出しにする弟。といっても、これは姉弟喧嘩ではありません。

アマゾンの環境を良くするための「競争」なのです。(清田)

https://www.we.org/stories/students-lead-the-way-to-promote-environmental-protection-in-the-amazon/

 


 

 

その姉弟の競争は一年前の夕飯から始まりました。

 

ウチュマンガのシチューとユカでできたパンが食卓を囲む中、12歳のフランクはお姉ちゃん、タリアの一日の出来事を聞いていました。

カナブ村にあるタリアの学校は、エクアドルのアマゾンの熱帯雨林にあるナポ川沿いの奥地の中にあります。

WE(フリー・ザ・チルドレン)の学校清掃プログラムで、タリアのリーダーシップで学校が一位を勝ち取ったことをタリアは誇らしげに話していました。

 

兄弟の年の差はたったの一年です。

タリアは、両親が満足そうな顔をしている中、学校の庭のお手入れや、クラスメートにトイレの掃除の仕方について指導していること、トイレ掃除は感染症予防や病気の予防ために重要であることなどを話していました。

 

その時、フランクはお姉さんの後を追い、大気汚染や環境破壊と戦うことにしました。 

 

「私たちの間には競争があります」9年生のフランクがスペイン語で話します。彼の目はライバルの話をしていると目が輝いていました。

ですが、彼は両親の話題になると、真面目になり、子ども達のことを誇らしく思って欲しいと語っていました。

 

 

 

WE Villages は学校清掃コンテストを、アマゾンにある5つの村の学校の対抗戦として開催することにしました。

生徒たちに健康や、環境問題に積極的に取り組んでもらうためです。

生徒たちはワークショップを通して環境のことを学び、学んだことを学校に戻って庭を作ったり、清潔と言う言葉を広めます。

このコンテストは年の終わりに終了し、一つの学校が優勝します。10年生のタリアは、カナブ村を一位に見事に導きました。

 

カナブ村の人たちには、このコンテストがあってラッキーだったと言います。 近年は人口が増え、数家族しかいなかったのが、何百人もの人たちに増えたと言います。

この急激な成長は道路や電気、水道の整備など、村に良いことをたくさんもたらしました。

 

ですが課題もあります。ゴミや空気汚染です。学校長の Ramon Liqui Machoaは、彼が子どもだった40年前には、プラスチックが村になかったと言います。

現在はゴミの設備が遅れてついていけないため、人々は学校の後ろにある川にゴミを捨てています。 

そのゴミによって、川が汚染されていくのです。

 

「ここはとても綺麗な場所です」とフランクは散乱しているゴミを見ながら言います。 

彼はこの問題に気づいており、解決しよう必死です。コンテストが、その問題の解決策のひとつになることを望んでいます。

そして、願わくばお姉さんに勝ちたいとも思っています。

 

アマゾンは地球の肺だと言います。アマゾンには自然が多いです。雨も降り、長い木がたくさんあります。のちに全てが地球に戻ります。

 

落ち葉はアマゾンの土で生分解するのに三日間かかります。落とされたりんごの芯はもっと早いです。

ですがプラスチックは分解されません。Ramonは、落とされて枝に引っかかっているプラスチックを指差しながら自然が汚染されないように守ることをしらなかったといいます。

 

綺麗なオフイスに座りながら、Ramonは1998年に学校ができる前の土地を思い出しました。

前はただの牧草地だったのが、今は400人もの生徒が通う学校になっていることで喜びに満ちていました。

教師歴10年の彼はWEの清掃行事は環境を守る一つのパズルピースだと話します。村全体が一段となって取り組むからです。

 

 

フランクは考えがあったのですが、それには父の助けが必要でした。彼は父にゴミ箱が学校にないことを話し、建築士である父に助けを求めました。

近くの街からカナブにゴミ拾いの清掃員を送り込んでいるのですが、ゴミ箱がない限り何も拾えません。

フランクは竹でゴミ箱を作ることを決断しました。

 

親子は早朝に祖父の畑に出かけます。竹林の中に入っていき、丈夫な茎を切って肩に乗せて帰って来ました。

それを地面に埋め、切り目を入れて曲げられるようにしました。ワイヤーや棒を使ってゴミ箱の形にしました。

 

父と何かを作るのはこれが初めてですとフランクは嬉しそうに言います。彼の同級生は早速ゴミ箱を使い、ワークショップで習ったことも生かし、正しくゴミを処理しています。ゴミ箱の近くにはフランクが教室を美化しようと、花瓶や花も置きました。
 
「人間と自然がお互いを必要だといままでここの人は知らなかったのです。」彼はゴミ箱が満杯になるのを待ちながら言います。

「この場所が誇りです。」彼は話します。

 

コンテストの結果、カナブ村は今年は三位で幕を閉じました。「全力を出し切っていませんでしたと」はRamon言います。

ですが、悔いはありません。校舎がすごく綺麗になったので。

 

フランクにはまだ来年もありますが。
(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ 翻訳:翻訳チーム 佐藤衣莉彩  文責:清田健介)