アクションを通じて、深まる家族の絆

世界に変化をもたらすことは、家庭を通じても行うことができます。アクションを起こすことで、家族の関係がより深くなることもあるかも!(清田)

https://www.we.org/stories/a-family-affair/


エイドリアンは、二人のお姉さんがいます。いつか自分も、世界をより良い場所にするために役立ちたいと、いつも思っていました。

そして、11歳の頃からチェンジメーカーとしての活動を始めました。

 

「お姉ちゃんたちは、社会正義を信念にしているリーダーです。」エイドリアンは、16歳の姉ナディアと、13歳の姉シャーロットについてそう語ります。二人とも、中学校のWE(フリー・ザ・チルドレン)クラブで活動しています。

 

彼女の家庭では、いつも夕飯の時になると、お姉さんたちの取り組んでいる活動についての意見が交わされてきました。

例えば、地域のホームレス状態の人たちや、女性の権利、また、環境問題のキャンペーンための資金調達などについてです。

このような社会的課題は、エイドリアンの家庭ではいつでも話題の中心になってきました。

 

「家族は社会活動への情熱を一緒に注いでくれました。」エイドリアンは、その小さな身体に似合わぬ力強い声でそう言います。学校のWe clubに入り、初めてWE Dayに参加した日、世界をより良い場所にしたいという、抑えられない思いが溢れ、そのあとすぐに、一体どんな方法があるのか家族に相談しました。

そして、母親のジェニファーの提案で家族みんなの音楽の特技を活かして、コーヒーハウスファンドレイジングコンサートをすることに決めました。
 

そして、お父さんのブラッディも加わり、WEのウェブサイトで資金を必要としているプログラムを探したところ、すぐにエクアドルの農村部保健支援事業が目に留まりました。

エクアドルのその地域では、汚染された水や、医療システムの不備や薬の不足などの課題があり、WEでは、現地の人々に、この課題についてのオリエンテーションを行っていました。
 

「エイドリアンの資金調達イベントは、すぐに家族の話題の中心になりました。」お母さんのジェニファーは、娘さんたちに囲まれ、幸せそうにそう言います。
 

このようなイベントを計画することは、ジェニファーにとっても予想外だったそうですが、「イベントを通して、家族みんなで一つのことに取り組む経験はきずなを深めてくれました。」と、誇らしげに娘さんたちを見つめていました。

 

イベントは、2017年3月に実施されました。ステージ上で、シャーロットが司会進行をし、ナディアが歌を歌いました。そして、ジェニファーさんとブラッディはコーラスに参加し、最後に、家族全員でエイドリアンのバイオリンに合わせて演奏しました。

また、エイドリアンは、演奏以外にも、駆け付けたWEメンバーとともに、企業への寄付の呼びかけやイベント全体がスムーズに進行されるように常に気を配っていました。

 

エイドリアンは、このイベントだけでなく、他にもさまざまなイベントを企画し、今までに、6,500ドルを集めて、エクアドルの事業に寄付することができました。
 

お母さんのジェニファーは、控えめに言います。「このような活動は、わたしたち家族にとって、生活の一部になりました。また、それによって、色々な良い影響が生まれています。そして、子どもたちにとっては、社会活動がごく自然な人生の一部分になっていくのではと思います。」
 

長い間あこがれていたお姉さんたちの活動を見ていたエイドリアンは、今では自分自身も、世界を変えるために何かができるんだという誇らしさと自信に満ちています。
エイドリアンは、お姉さんたちを見つめながら言います。「私たち三姉妹は、いつもとても仲良しです。」

 

2017年3月のイベント当日、カナダの冬の寒さの中、友人や近所の人たちが続々と到着する間、エイドリアンは、この日まで何度も足を運び、情熱を注いできたステージを見つめていました。

 

家族一丸となって、実施する日を夢見てきたイベントが、その日現実になりました。

それは、WEとともになら、誰でも世界をより良い場所にするために、何かができるということが証明された日でもありました。

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ 翻訳:翻訳チーム 池田晴  文責:清田健介)