フィリピンスタディーツアー2019 2・3日目(アエタコミュニティー滞在)

こんにちは!

フィリピンスタディーツアーの同行をしている伊藤です!

 

スタディーツアーも早いもので、3日目が終わりました。

 

2日目は、まずフリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であるプレダ基金のスタッフよりオリエンテーションを受け、どのような活動を行っているのか、全体をつかむところから始まりました。

 

その後、マーケットでその日の夕飯と翌日の朝食用の食材を買いにマーケットに行きました。

 

マーケットの近くに、周辺では有名学校があるということで、少し訪問することにしました。

様々な賞を獲得している学校で、また特別支援学校でもあり、ユニークなプログラムが多くありました。

子どもの権利教育や、パフォーマンスを通じた活動など、プレダ基金をパートナーとして実施するプログラムもありました。

教室を訪問すると、児童・生徒さんは元気に挨拶をして私たちを迎え入れてくれ、小学校のクラスでは、歌の交換を行いました。

 

その後、お昼過ぎにアエタコミュニティーに到着。

昼食をとった後、今回訪問しているアリバン村についての説明を受けました。

 

カシューナッツを炒って、殻を割って、出来立てを食べたり、

 

夕食用の青パパイヤを収穫したりもしました。

 

折り紙やシャボン玉、かけっこやチャンバラ、バスケットボールなどをしながら子ども達と交流しました。

 

夜ご飯は伝統的なスタイルで、バナナの葉っぱの上に食事をのせて、いただきます!

ティノーラマノックというフィリピン料理と、フルーツでした。

美味しいと参加者も大満足の夕食でした!

 

夕食後は、ダンスパーティー!

日本の踊りを披露したり、アエタの伝統ダンスを一緒に踊ったりと賑やかな夜になりました。

 

その後、ホームステイ先にわかれて、それぞれ家族との時間を過ごし就寝しました。

翌朝お家の感想を聞くと、

「風が抜けて涼しかった」「ニワトリの声で起きた」「家族とたくさん話ができた」

など、様々なコメントがありました。

 

3日目の午前中は、アエタコミュニティーにある、アリバン小学校に訪問しました。

学校の子ども達への食事提供や、日本でみなさんが集めてくださった文房具を渡したりしました。

 

アリバンでの1泊を通じて、参加者の人達は、

”発展とは” ”幸せとは” ”貧困とは”

をぐるぐると考え始めたようです。

 

まだまだ続くスタディーツアー。

ツアーを通じて、この問いに自分なりの今の答えが見つかるかもしれないですね。

 

参加者15人、全員元気で過ごしています!