【スタディーツアー:フィリピン】ツアー3・4日目!

皆さんこんばんは!

 

フィリピンスタディーツアーの同行をしている福井です。

 

3日目の午前中までは、先日のブログでお伝えしましたが、

本日は、3日目・4日目についてです。

 

3日目の午後はPREDAのCFC事業(Childhood For Children)事業の女の子の施設へ移動しました。
ここでは、性的虐待を受けた女の子達を保護し、自立支援を行っています。
 
保護されている女の子と、自身も被害者であった過去を持ちながら、現在はソーシャルワーカーとしてPREDAで働いているスタッフがそれぞれの経験を話してくれました。

過去には大変な経験をした彼女たちですが、私達にはとても明るく元気な姿を見せてくれました。

 

また施設を見学することもでき、素晴らしい時間となりました。

 

施設を見学した後は、女の子と一緒に交流をしました。

バレーボールや一緒に写真を撮ったり、折り紙などもして楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

PREDAの施設に帰ってきた後は、アエタコミュニティで感じたことなど話し合ってもらいました。

新たな発見があり有意義な時間になりました。

 

4日目は 朝9時に出発し、PREDAの施設から近いSubic BayとOlongapo City Public Market に行きました。

 

フィリピンの現地の人に愛されているマーケットで、野菜や、果物、魚から洋服まで幅広く購入することが出来ます。

1時間、自由行動でお買い物をしてきました。

 

お買い物が終わった後は、お昼ご飯を食べ、今度は、PREDAのCFC事業の男の子の施設を訪問しました。
ここは、警察に捕まり、刑務所に入れられ、そこで虐待を受けるなど不当な扱いを受けた、元ストリートチルドレンの男の子達を保護し自立支援をしている施設です。

CICL(Children In Conflict with the Law/ Street Children)

施設の説明を聞いた後は、
男の子達と一緒にダンスをしたり、

 

バレーボールや

バスケットボールをして遊びました。

 

子供たちは優しく、短い間でしたがすぐに仲良くなれました。

 

スタディツアーが終わる時間は迫ってきていますが、皆さん最後まで楽しめるように頑張ります!