リンクから教室へと広がる変革の輪

 WE(フリー・ザチルドレン)がカナダで展開しているWE Schoolsでは、多くの学校で社会を変えるチェンジメーカーを育てる授業を行っています。

今回はある二人の先生のストーリーをご紹介します。(清田)

https://www.we.org/stories/british-colombia-teachers-united-by-hockey-we-schools/

 


 

すべては、は教職員間で毎週行われるホッケーの試合後の、談笑から始まりました。
 

その場面はお馴染みの光景で、ブリティッシュコロンビア州のカリブー学区中から来た先生と校長先生たちが、ロッカールームでスケート靴の紐を緩めながらおしゃべりしていました。

冗談を言い合っていましたが、そのうちマイク・ウィルソンが議論の音頭をとって仕事の話になりました。
 
ウィルソンはレイクシ中学校のコラムニッツァキャンパスの先生で、深い感銘を与えることでいつも評判になっていました。

その週は、彼の生徒たちが主導していた最新のWE Schoolsのキャンペーン、彼らの行動が地域に与えるであろうインパクトについての話でした。
 
新米教師のケビン・マクレナンにとって、ウィルソンの話は啓示のようなものでした。「耳をそばだてましたよ」と彼は思い返します。

マクレナンはちょうどマイル108小学校で自分のクラスを持ち始めたばかりだったので、WE Schools のプログラムがどうやって生徒達に変化を起こすよう奮い立たせたのか、ウィルソンが話しているのを人一倍熱心に聞いていました。

「私はウィルソン先生が話すのを聞いて、『やるべきなのはこれだ!』と思いました。」
 
まもなく、ウィルソンはWEついてマクレナンの相談相手となりました。

彼らは社会運動について何時間も語り、生徒たちを巻き込むためのアイディアを共有し、共同計画を考え出しました。マクレナンは「私は夢中になりました。その考え方がとても気に入りました。」と回想します。
 
WEのムーブメントが火を付けた情熱は、ウィルソンにとっては新しいものではありませんでした。

実は、ウィルソン自身も、 自身の勤務校で生徒と教員が前向きな気持ちになれるような取り組みを探していたときに、WEに巡り合ったのです。
 
ブリティッシュコロンビア州で最後に起こった教員ストライキの後、彼の学校には暗い雰囲気が漂っていました。

WEスクールをレイクシティ中学校へ導入することは学校を前向きな空気で満たし、みんなに使命感を与えました。

ウィルソンは「学校のモラルの意識が向上しました。」と断言します。
 

 


変化は徐々に起こり始めました。まず、新しく作られたWEクラブの10人の生徒たちから始まりました。

クラブが与えた最初のインパクトは、防災用品を先生にプレゼントするという親切な行為でした。

「私たちは『もしも良かったら、ビー玉をいくらかどうぞ』というメモと共に、カード、防災用品のほかに、チョコレートバーとたくさんのビー玉を配布しました」とウィルソンは嬉しそうに思い返します。
 
今日では50人以上の生徒たちがクラブに所属し、部員数と同様にその影響も、急激に大きくなりました。

こころの健康、飢餓や環境問題を含む課題に取り組んでいる生徒たちが主導して、毎月新たなキャンペーンが行われています。
 
WEスクールをレイクシティ中学校のコラムニッツァキャンパスに持ち込んだ人間として、ウィルソンはクラブの人気には驚きません。

彼の見方によると、その魅力は元から備わっていたものなのです。

「この活動は参加しやすいです。人間は他者を助けたいという想いを本能的に持っているのだと思います。だから子どもたちも飛びつくのでしょう。」
 
同じことは教育者についても言えます。つまり、ウィルソンが自分のホッケーチームの先生たちをもっと多くWE Schools programに入会させても不思議はないのです。

「ホッケーリンクはいつも、先生と校長先生たちがまとまって話すのに格好の場所です」と彼は言い、自信満々にこう付け加えます。「私たちのチェンジメーカーチームは毎シーズン成長しています。」
 


彼がマクレナンとの初期の関係を思い出すと、「試合の前後、また試合中でさえもベンチに座って話したことで、私たち二人は生徒たちへの考えと目標を共有してきたことに気づけました」と言います。

それ以来、彼らはこれらの社会問題に一緒に取り組んできました。
 
同僚たちと氷の上にいると、ウィルソンはチームワークがもたらした影響を思い出します。
小さなリーグのコーチとしての13年間、スポーツは彼にリーダーシップと共通の目標に向かって一緒に取り組む意義を教えてきました。

「それは先生としての自分を形作るのに役立ちました」と彼は氷の上での20年を振り返って言います。

「チームの一員であるとき、『ME to WE』という哲学はとても重要です。私たちは、個々人としてよりも集合体としての方が強いのです。私はこの哲学を自分のクラスや学校にも当てはめようとしています。」
 
ウィルソンとマクレナンは今学期も教室で(そしてリンクで)、社会をよりよくするための活動に取り組んでいます。

二人の先生たちの勤務校が共同で取り組むプロジェクトもあります。例えば、開発途上国教育のために資金を集めることはもちろん、先住民の人たちが抱える問題についての啓発活動、貧困やホームレス状態の人たちへの支援取り組むことなどです。
 
マクレナンはWEのルーキーで、ウィルソンは年季の入ったベテランです。カナダ中の先生たちと同様、二人は生徒たちがWEのムーブメントに加わるよう奮闘してきました。そしてそれはすべて、アイスリンクから始まったのです。

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ 翻訳:翻訳チーム 中根葵  文責:清田健介)