【出前授業】世田谷区立桜木中学校でオリパラ教育を実施しました


7月13日(土)に世田谷区立桜木中学校で、オリンピック・パラリンピック教育の一環として、
世界の子ども達がどんな生活をし、どんな問題があるのか、自分にアクションは何なのかを考える授業を担当しました。

 

1コマ目は、全校講和です。
全校生徒210人を、世界の人口に見立て、
視覚的に様々なデータを知るワークショップを実施しました。

 

 

<一緒に人や物を動かして見たデータ>
・人口割合
・ビリオネアの資産割合
・2016年リオオリンピックメダル獲得割合
・食料消費割合
・トイレ/きれいな水の有無
・小学校/中学校/大学の卒業割合

その他、児童労働をしてる子ども達の様子や、子どもの権利について、考えました。

 


2-3コマ目は、学年別でのワークショップです。

 

まず、インスピレーションカードを使ったアクティビティです。

カードに書かれているもの(例:帽子、コップなど)と、

アクションの種類(啓発活動、政策提言、物資調達など)を結び付け、

アクションアイディアを出していく訓練を行います。

 

グループ対抗で、どこが一番多くアイディアを出すことができるか、競い合いました。

 

 

 

アイディアを生み出すことに慣れてきたら、

今度は、自分の得意なこと・好きなことを活かしたアクション作りです。

 

自分自身のアイディアを作り、そのあとグループの仲間たちからもアイディアを貰い、

それぞれが「これだ!」というアクションを決めました。

 

グループ内で、「その社会問題を解決すべき理由とどんなアクションをおこすか」を、

1人1人がスピーチを行い、またそれに対する共感フィードバックも行いました。

 

 

いよいよオリンピックまで1年!

2020年は、世界中から4,000万人(カナダの人口よりも多い!)が来日することが見込まれています。

日本国内でも世界を身近に感じることができる年。

 

引き続き、オリパラ教育のご依頼も受け付けております。

 

より多くの人が、世界を考え・アクションを起こすきっかけとなる1年になりますように。