【報告】グローバルチャレンジプログラム in Toronto【2】

カナダのトロントで実施中のグローバルチャレンジプログラムをレポート!

今回は、2週目に入り参加中のカナダのTake Action Campの前半(8/4-8/6)についてです。

 

前半のレポートはこちらから

http://ftcj.jugem.jp/?eid=2183

 

日曜日、キャンプ地に着くと、60人以上のカナダ・アメリカ人の参加者・スタッフが待っていました。

社会問題を考えるキャンプですが、基本は楽しむことを大切にしていることもあり、みんなかなりテンションが高いです。

皆でダンスを踊ったり歌を歌ったりその元気な姿に皆、驚いていました。

お互いの名前を知るためのワークを行い、

ゲームをし、安心できる環境が徐々に整っていくと、

みんなの顔に笑顔が出てくるようになりました。

社会問題を考えるワークショップを行ったり、

 

チームの皆でゲームをしたり

選べるワークの時間で折り紙を作ったり、

年齢関係なく、色別に分かれてチームワークを競い合う活動では、

とにかく走って走って、頭も使って、大騒ぎしながらも、

みるみるうちに、さっきまでは”知らない人”だった人が大好きな友達になっていっていました。

 

3日目までにあつかった社会問題は、

メンター、教育、寄付、について

そして、チームワークについてでした。

 

まだまだ英語が伝わらなくて苦しい想いをしている生徒もいますが、それぞれ、試行錯誤しながら、自分の考えを伝えるべく努力しています。

周りのスタッフも協力してくれ楽しい日々を過ごすことが出来ています。

このキャンプで壁にぶつかりながらも皆、頑張って乗り越えようとしています。

キャンプが終わった後、何を感じ、どこまで成長できるか楽しみです。