【報告】グローバルチャレンジプログラム in Toronto【3】

こんにちは!

今回も、テイク・アクション・キャンプ・カナダの様子をお届けする第3弾です。

第1弾:http://ftcj.jugem.jp/?eid=2183

第2弾:http://ftcj.jugem.jp/?eid=2185

 

 

今日は、キャンプのDay4-Day5です。

キャンプ4日目はテイクアクションデーでした。

社会問題について学び・考え、自分のアクションプランを実施するキャンプですが、まずは現場に行ってみることも大切!

実際にトロント近辺のNPO等でボランティア活動を行います。

 

今回は、4つの選択肢がありました。

・障害者サポートをしている団体

・農場

・動物を保護している団体

・フリー・ザ・チルドレン本部

 

障害者のボランティアに参加したチームは、車いすに乗ってバスケットボールをしたり

バレーボールをしました。

 

ボランティアデーが終わった後はCountry Spotligntといって海外の話を聞ける時間があります。

今回は3つの選択肢がありました。

・タンザニア

・ケニア

・エクアドル

 

エクアドルの話を聞いたチームは、エクアドルの魅力やフリー・ザ・チルドレンがどんな支援をしているのか深く知ることが出来ました。

5日目はDay2,3と同様、社会問題を考える時間が2コマある日です。

またそれぞれの社会問題の根源にあるのは何なのかを考え、参加者の興味のある社会問題に対して深く考えました。

午後にはアフリカ大陸最高峰キリマンジャロ登頂に成功した、病気で両脚を失ったカナダ人スペンサー・ウェストが外部の講師として来てくれました。

幼少期からの挫折からキリマンジャロ登頂のサクセスストーリーなどを話してくれました。そのスピーチはとても学びがあり、とても感動しました。

夜はキャンプファイヤーです。

キャンプの終わりを意識し始めて、まだ別れたくない!とあちこちから聞こえてきます。

みんな短い間で大切な仲間を見つけたようです。

キャンプも残すところ、あと2日!

明日は、いよいよそれぞれのアクションプランを考える日です!

 

キャンプの様子をお届けするのも、次回で最後になります。

それでは!