西宮市立西宮高校で講演しました!

JUGEMテーマ:国際社会

 

2019年9月5日に西宮市立西宮高校にて、「児童労働と日本にいるわたしたち」をテーマに代表の中島早苗が講演をさせていただきました。講演会は、市民開放講座「松柏講座」として開催され、西宮高校の高校1年生と、一般の市民の方、合計350人ほどを対象にお話ししました。

 

講演会では、

・そもそも児童労働とはなにか、

・児童労働に従事する子どもたちの現状

・私たちが出会った世界で働く子どもたち

・児童労働と日本にいる私たちの関係

・私たちにできること

などについてお話ししました。

 

みなさん、熱心に耳を傾けて下さりありがとうございました。

 

講演を聞いて下さった生徒さんたちの感想を、先生に送っていただきました。

(参加者の感想)

・知らなかったことをたくさん知れて新しい世界を体験したような気持ちになりました。ありがとうございました。

・5〜11歳の児童労働の子供が十分な教育を受けることができず、そのまま大人になって安定した職に就けないという負のスパイラルが起きてしまっていることにショックを受けた。

・児童が誘拐されて兵士として動員されていることや、紛争の原因が政治や宗教ではなく資源の奪い合いだということも初めて知った。先入観やイメージだけで決めつけていることが多くあったので、「知る」「調べる」ことを徹底したい。

・世界を変えるために多くの子供が行動していると分かって、自分も何かできることをしたいと思います。

・今回のお話で聞いた「Gift+Issue=Change!」のようなことができるよう、自分のGiftをたくさん見つけて、それを生かそうという気持ちを持って行動していきたい。

 

西宮高校のみなさんや、市民の皆さんに、お話しさせていただく機会をつくってくださった先生方、本当にありがとうございました。子どもの権利が守られる社会を、ともに、つくっていきましょう!これからもよろしくお願いします。