世界平和のためにできる5つのこと

なんだか暗い話題が多いような感じもするいまの国際情勢ですが、私たちは決して無力ではありません。

今回は、世界平和のためにみなさんにもできることをご紹介します。(清田)

https://www.we.org/en-CA/we-stories/lifestyle/6-ways-to-celebrate-peace

 

 

 

1. 現在の紛争について一緒に調べよう
 

子どもに聞きましょう。「この話はだれの視点?」「ここにない声や視点は何?」ほかにどんな意見がありうると思うか、子どもに聞いてみましょう。

 

2 平和を推進する地域のヒーローについて話そう
 

これらの人々は平和のためにどんな役割を果たしているでしょうか?

たとえば、警察、消防士、医療従事者、救助作業員、そして先生が含まれるでしょう。

 

3. 「共通して持っているものは何?」と考えてみよう
 

ほかの紛争地域の子どもと共通して持っているものは何か、あなたの子どもに聞いてみましょう。

その地域の文化や伝統、そして政治についてもっと知るために、子どもと一緒に調べてみましょう。

 

4. 地域に住む外国人と出会う機会を持とう
 

異文化や、異国に定住するときに直面する苦難について学ぶでしょう。

そして、ほかでは出会うことのない人たちと、新しく友だちになれるでしょう。

あなたやあなたの子どもは、あなたの地域社会について彼らに何を教えることができますか?

彼らの世界について、みなさんは何を学ぶことができますか?

 

5. 毎年9月21日に、国際平和デーを祝おう
 

国際平和デーは、国連により1981年に制定されました。

この日は、非暴力と世界の停戦を推進する日とされています。

この平和の日を祝うために家族で食事をして、家族一人ひとりに平和を求めるアクションについて調べるよう声をかけ、そのアクションを祝って乾杯しましょう。

 

国際平和デーについて

https://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/sg/1815/


(記事翻訳:翻訳チーム  鈴木佳寿美 文責:清田健介)