フィリピンスタディツアー報告

皆さんこんにちは!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

2019年3月25日〜3月31日までフィリピンスタディツアーを実施しました。

第3回目、参加者がどんなことを学び、感じたのか報告が届いているので紹介したいと思います!

第一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2160

第二回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2231

 

 

まだフィリピンスタディーツアーのブログを見てない方は是非こちらのURLからご覧ください。

1日目           http://ftcj.jugem.jp/?eid=2107

2日目・3日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2108

3日目・4日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2109

5日目・6日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2112

 

第三回目、【SS】さんの報告を紹介します!

【SSさん】

 

【フィリピンスタディツアーに参加した理由】
フィリピンの子どもたちと友だちになりたかったからです。今までのボランティアは顔の見えない人たちへの支援で実感が湧かない部分もありましたが、現地の子どもたちに直接会うことで自分のモチベーションが上がり、彼らが本当に必要にしているものは何なのかも知ることができるのではないかと思いました。また、なかなか1人では行くことが難しい国にツアーで行ってみたかったという気持ちもありました。

【一番印象に残っているプログラム 】    
アエタコミュニティでのホームステイです。
日本よりも物が少ない暮らしであるにもかかわらず、日本の人たちよりもみな生き生きとしていてとても驚きました。アエタの人々が初対面の私たちをあたたかく受け入れてくださって、子どもたちもとても人懐っこくてかわいかったです。外が真っ暗になるまでアエタの子どもたちと思いっきり遊んだことは、一生忘れられない経験です。

【参加前・参加後の自分自身の変化 】    
以前の自分は、発展途上国は暗い雰囲気なのではないかと勝手に思い込んでしまっていたことに気づきました。実際の現地の人々は、限られた環境の中でも一生懸命生きていて、とてもエネルギッシュでした。

【スタディツアーで経験したことを、どう活かす】       
フィリピンで出会った人々のように、自分の気持ちを素直に出すことが大切だと思います。日本人は他の国よりもおとなしい性格だと言われますが、大好きな人には思いっきり甘えて、辛いときには感情を出し切って、自分の気持ちにもっと正直になってもいいのではないかと思いました。