北九州市立大学の学生からお便りが届きました!

6月12日の世界児童労働反対デーに際して、北九州市立大学の学生が国際協力ワークショップを開いてくれました。
20名もの学生が参加して、児童労働カードゲームをしたそうです。
なんと、みんなで一旗もあげてくれました。
お手紙に添えて素敵な写真も送られてきたのでアップします。



フリー・ザ・チルドレン・ジャパンではカードゲームの貸し出しなども行なっています。


「ひとはたあげよう キャンペーンとは?」

「ストップ!児童労働」の旗と一緒に写真を撮って身近な人と児童労働について話す
きっかけを作ろうという、草の根&参加型のキャンペーンです

大人のように働かされ、教育の機会を奪われていている子どもの数、2億1500万人。
世界の子どもの7人に1人です。
そんな子どもたちの存在を、より多くの人に知ってもらうために、
あなたも、旗をあげませんか?

6月のキャンペーン期間中に、旗をお弁当など食べものに立てたり、ペットや人、風景など
"ぱっと目を惹く素敵ななにか"と一緒に撮影してfacebook公式ページに投稿してください。
集めた写真は国際機関(ILOなど)に提出します。

はたは、下記のURLからダウンロードしてお家で印刷することができます!