*メールマガジンバックナンバーを更新しました*

 

フリー・ザ・チルドレンでは、月に2回メールマガジンを発行しています。
 イベント・キャンペーン・ボランティア募集情報や、
 アクションのヒントになる情報満載のメールマガジンです。

 

=最新号(6月6日発行メルマガ) トピック====

 

●【本日17時より生中継!】国会議員向け世界一大きな授業

●「FOスマイルプロジェクト」の支援パートナーとなり、寄付をいただいています。

●=この夏、あなたはどれから はじめる?= WE オリジナルプログラム参加者募集中!

●文化祭やイベントでフェアトレード商品を販売しよう!

●6/12は児童労働反対世界デー。まずは知ることから始めませんか?

●アンバサダーのコラム連載がスタート!

●一頭のヤギと、一人の村人がハイチで起こした大きなチェンジ

 

 

\最新メルマガ&バックナンバーはこちらからご覧ください。/

https://y.bmd.jp/bm/p/bn/list.php?i=ftcj&no=all

 

 

 

↓メルマガ購読申込はこちらから↓
http://www.ftcj.com/get-educated/mail-magazine.html

 

 

 

 

 


[いよいよ本番]国会議員のための「世界一大きな授業」

いよいよい"国会議員のための「世界一大きな授業」"の当日となりました。

4月から中高生メンバーが集まり、この日のために準備をしてきました。

どのようにしたら、より思いが伝わるのか、わかりやすく教育の大切さを伝えるにはどうすればよいか、こうした問いを考えた2か月でした。

(5月に行われたリハーサルの様子)

 

本日は本番直前ということで、中高生メンバーに意気込みをお聞きしましたのでご紹介します。

「国会議員の先生方の前で授業をするのは緊張しますが、一つでも多くの言葉を伝えられるように頑張ります!」(高校3年生の池邊さん)

「中高生である私たちが先生役となり、国会議員の皆さんに対して提言をすることに私は価値を感じます。たくさんの想いを国会議員の皆さんにしっかりと届けます!」(高校2年生の宮島さん)

 

中高生が先生役となり国会議員が生徒役となる、"国会議員のための「世界一大きな授業」"は、本日6月6日(水)17:00より開催されます。以下のYoutubeチャンネルでもウェブ配信がされますので、ぜひご確認ください。

また、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、ウェブ配信に合わせて、SNSを通じたハッシュタグキャンペーンも実施しています。イベントを見ながら、世界の教育について考えたことや国会議員に対する希望を「#FTCJ」「#国会議員」「#世界一大きな授業」の3つのハッシュタグをつけて発信をしましょう。

 

これまでの中高生による準備は以下の記事で確認することができます。

 

<これまでの歩み>

【中高生による国会議員のための世界一大きな授業】ミーティングのようす

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1896

 

中高生による"国会議員のための世界一大きな授業"もあと数日です。

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1918


また、今年はこうした動きを全国各地から応援したい方向けに、自分の住んでいる選挙区の国会議員に働きかけるプロジェクトも行っています。

 

あなたの地元の国会議員に「世界一大きな授業」への参加を働きかけませんか?

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1899

 

1自分の選挙区を知ろう
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1903

2議員のことを知ろう
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1905

3会いに行く(ロビイング)
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1906

4電話・メッセージをしてみよう
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1908

 

5文章例紹介

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1920

 

世界一大きな授業は6月30日までがキャンペーン期間となっています。

ぜひ皆さんの学校や参加しているクラブ、グループなどでも実施していただけますようお願いします。

 

【6月30日まで】「世界一大きな授業」を開催しよう!!

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1914

 

また、6月24日(日)には、タンザニアからのゲストをお招きして、東京にて"誰でも参加できる「世界一大きな授業」-You(th) Can Change The World-"が開催されます。ぜひこちらにも多くの皆さんにお越しをお待ちしています。

 

【6月24日/東京】誰でも参加できる「世界一大きな授業」-You(th) Can Change The World-

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1916


【拓朗@アンバサダー2018】Vol.1 自己紹介


この度、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのアンバサダーに就任いたしました、 現在高校 3 年の梶原拓朗(かじわらたくろう)と申します。


このコラムでは、高校生の私が何を考え、思い、そしてこの FTCJなどで行動しているのかなどを発信させていただき、多くの方に共有できたらと思います。 第1回目の記事ということで、自己紹介をさせていただきたいと思います。


>なぜいま FTCJ で活動をしているのか
私が FTCJで活動するきっかけとなったのは、去年のインドスタディーツアーがきっかけです。

新興国や IT先進国としての一面もある一方で、世界一貧富の差が激しい国とも言われるインドで生活に苦しむ人々の姿を見て、自分が何かしなければならない!という気持ちに駆り立てられ、現在に至ります。また、FTCJの最も大きい理念とも言える、子どもや若者が変化を起こす存在に! という理念に強く共感したことも一つの大きな要因です。

子どもがこれは問題だと動いていて初めて大人がハッと気づかされる点もあるでしょうし、何よりも若者の力というものは本当に社会全体に対してものすごく大きなインパクトを与えられるものだと思います。
NPO団体と聞くと、なにか堅いイメージをされる方たちも多いかとは思いますが、FTCJのスタッフの方達は本当に優しくて楽しい方達ばかりです! ぜひ一度イベントなどに参加してみてください!


>これまでにしてきたアクション
インドスタディーツアー参加、
国際協力のイベント「グローバルフェスタ」や EF さんでのスピーチ、

チョコレートプロジェクトなどに参加させていただいております。

これからもどんどん新しいプロジェクト・アクションに参加したいと考えております!


 

>今興味のある社会問題

今最も興味があるものは、開発途上国支援です。

その中でもとりわけ、日本の企業が果たせる開発支援について興味があって、自分で色々と学びを深めています。

これをもしご覧いただいている企業の方いらっしゃいましたら、ぜひCSRやCSVなどについてお話し聞かせてください!笑 コラムでぜひ書かせていただきたいです!!! 他には飢餓、労働問題など、総括的にいうと人権問題全般に興味があります。

 


>アンバサダーとしての抱負
私は FTCJ で本当に多くのことを学ばせてもらいました。この FTCJ に恩返しができる様、精一杯アンバサダーを努めたいと思います。 もしこれをご覧になられている皆さんで、これについてどう思う?とか、高校生はこの問題をどう考えるのだろう?などご意見・ご質問等ありましたらどしどしお寄せください!! 真面目な話とかじゃなくて、軽い気持ちでニュースとか、社会問題とかについて聞いていただいても嬉しいです! それではよろしくお願いします!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◆「フリー・ザ・チルドレン アンバサダー」とは

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンで活動する全国の子どもメンバーの代表として、「子どもには世界を変えるチカラがある」を体現し、その輪を広げる存在

その他詳細はこちら


おいしく、楽しく、団体をサポート!外食サービスを通じた支援、始めませんか?

 

 外食を通じて、おいしく、

\楽しく寄付をしませんか?/

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、レストラン予約サービスGochiso

を通じご寄付をいただいています。

 

“Gochisoは、レストランを予約することで自分が支援したいNPO団体を選択し、

食事代の最大20%を寄付することができるレストラン予約サービスです。”

 

みなさんが普段、友人と食事に行く際にGochisoを通してレストランを予約することで、

みなさんが支援したいNPO団体に寄付をすることができます。

 

関西を中心に展開されている会社で、現在は関西が多めの登録となっていますが、今後は全国展開もしていくとのこと。

職場の飲み会、ご友人とのパーティーや女子会、ママ友会、同窓会などなど、ぜひいろんなシーンでご活用ください!

 

 

レストランでの食事の際に寄付のために追加料金を支払う必要はなく、ただ普段の食事をするのと同時に寄付をすることができます。(Gochiso WEBサイトより。)

 

 

<<食事代の20%ってどれくらい・・・?>>

例えば、3,000円のコースだと最大600円がフリー・ザ・チルドレン・ジャパンへの寄附となります。

 

<<Gochisoの仕組み>>

レストランで食事をする際に、現金と同様に利用できるGochisoポイントを取得でき、

Gochisoポイント(1P=1円)は、次回の食事、または社会・地域課題に取り組む団体への寄付として利用できます。

 

 

Gochisoの使い方はこちらから

 

Gochiso フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのページ

https://gochiso.jp/npos/npo-2

 

 

 

 


【国会議員への発信キャンペーン】5文章例紹介

 

前回の投稿では、

自分の選挙区を知ろう!

議員のことを知ろう

3会いに行く(ロビイング)

4電話・メッセージをしてみよう

についてみてきました。

 

今日は、国会議員へ働きかけるときの文章例を紹介します。

 

2018年4月14日(土)から6月30日(土)まで世界の教育にかかわる課題解決を目指した「世界一大きな授業」が行われています。6月6日(水)には、国会議員を対象として、東京にある衆議院会館にて、”国会議員のための「世界一大きな業」”(http://ftcj.jugem.jp/?eid=1915) が開催されます。

 

今回は、そのイベントにご自身のお住まいの地域の国会議員に参加を促すことを念頭にして、を紹介します。

 

1.郵便番号、住所、FAX番号やメールアドレスを入手する
第一回目の投稿で紹介した方法(http://ftcj.jugem.jp/?eid=1903)で、自分の選挙区の国会議員の名前を把握し、そのうえで、その議員の名前で検索をかけて、郵便番号や住所、FAX番号(ウェブでの働きかけの場合はメールアドレス)を入手します。

 

2.要望の作成
次に実際に送信するメッセージを作成します。メッセージは、自分自身の自己紹介、連絡をした理由、要望を簡潔に記載できるとよいでしょう。下部に文章例を記載しましたので、ご確認ください。なお、手紙やFAXの場合は、手書きの方がより効果的です。

 

3.メッセージの送信と電話でのフォロー
手紙やFAX、メールでの提出を行った際には、電話で事務所宛に要望を送ったので確認をしてほしいことを伝えるとよいでしょう。
例 「○○市に住んでいる△△と申します。 日頃よりXX議員の活動に注目をしています。 このたび、世界の教育問題に関する院内集会が開催されることになり、ぜひXX議員にも足を運んでいただきたいとメール(手紙、FAX)をお送りしました。お忙しい中かと思いますが、ぜひご確認をいただけますようお願いします。」

 

4.前日フォロー
6月6日の前日である5日にSNSやメールアドレス宛てに、「先日要望をお送りした○○市の△△です。明日の院内集会にぜひお時間があれば参加いただけますと幸いです。」とメッセージを送り、フォローをできると議員に対して地元に住むあなたの関心が「世界の教育」にあることを伝えるメッセージとなるでしょう。

 

5.フォローアップ
6月6日にインターネット配信される議員会館でのイベント((http://ftcj.jugem.jp/?eid=1915)を視聴し、議員が参加したのかを確認をするようにしましょう。視聴ができない場合は、6日以降の働きかけをした国会議員のブログやSNSをチェックし、”国会議員のための「世界一大きな授業」”に参加したのかを確認しましょう。そして、出席をされていた場合は、お電話や手紙、メールなどでお礼をお送りするとよいでしょう。そうすることで、引き続き「世界の教育」の問題に関心を持って取り組みをしてもらえる可能性が高まります。

 

ぜひ議員に対する働きかけの参考にしてみてくださいね。

 

<<文章例>>
衆議院(参議院)議員 XXXXさま

突然の連絡となってしまい失礼します。
○○市に住む(所属を記載するとよい)△△と申します。
日頃よりXX議員の活動に注目をしています。
(駅前などで議員事務所の方を見かけたことがあればそういったことを触れてもよい。また、出身が同じだったりすればそういったことを記載してもよいでしょう。)

さて、本日は議員にお願いがあり、連絡をいたしました。
私は世界の教育に問題意識を持っています。誰もが生まれる場所を選べないにもかかわらず、ある場所で生まれた人は教育を受けることができ、また他の場所で生まれた人は教育を受けられず、それが人生にも大きな影響を与えています。
(世界の教育問題に関するあなたの問題意識を簡潔に記載するとよいでしょう。)

こうした「世界の教育」にかかわる問題について、6月6日(水)17:00から18:00まで衆議院議員会館にて、”国会議員のための「世界一大きな授業」”という議員向けのイベントが開催されます。ぜひXX議員にも参加いただき、世界の教育について一緒に考えていただけるとうれしく思います。
当日はウェブ配信で日本各地の「世界の教育」に関心をもつ人々もその様子を見ます。

ぜひご検討をお願いいたします。

○○市
△△
<ここまで>

 


【さしこ@アンバサダー2018】Vol.1 自己紹介

 

こんにちは、さしこです!

この度、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのアンバサダーになりました、関西在住の高校3年生です。どうぞよろしくお願いします。初めての記事ということで、自己紹介をします。

 

◆フリー・ザ・チルドレン・ジャパンに興味を持ったきっかけ

どうして生まれた境遇が違うだけで人生の幸不幸が決められてしまうのか。

どうして戦争という誰も得をしない殺人を正当化するのか。

どうして道行く人は遠い国の惨状に目を向けないだけでなく、すぐ隣にいる路上生活者の方をさえ見て見ぬふりをして通り過ぎるのか。

こうした問いへの答えは見つけることがあっても、解決することはありません。

みなさんも、同じようなことを考えたことがありませんか?

フリー・ザ・チルドレンと出会ったのは中学3年生の夏休みです。

当時、私は社会が抱えるこうした不正義や無関心に義憤を覚える一方で、臆病心からなかなか自分で行動を起こすことができずにいました。戦争や貧困で苦しんでいる人がいるのに、これでは彼らを見過ごしているに等しい…と、罪悪感ともどかしさを感じていました。

そんな中、フリー・ザ・チルドレンのことをネットで知り、勇気を出してスタッフの方にお話を伺ったことで、もやもや悩んでいるより、仲間を作れば何かしら行動を起こすことができると知りました。「子どもだから何もできなくてもしかたないよ」という大人のアドバイスへの違和感も解消されました。

 

◆これまでに起こしてきたアクションの内容

フリー・ザ・チルドレンに関わってから、ハロウィン仮装募金、ワンワールドフェスのお手伝い、児童労働反対ウォークなどの活動に参加させて頂いています。

  

他にも、興味のある事柄にはどんどん参加してみようと思い、イベント、児童養護施設、フードバンクなどに個人的に伺いました。また学校でも、情熱的に活動を行う若者を取材したり、企業にアンケートをとりフリーペーパーを作る活動を同級生と始め、微力ながら学生にもできることはたくさんあるのだと実感しました。

そして特に、フリー・ザ・チルドレンのフィリピンスタディツアーに高校一年生の春休みに参加したことは、かけがえのない学びとなりました。これらについてはまた触れていけたらと思います。

 

◆今興味のある社会問題

現在は、アフリカやシリア内戦のことをもっと勉強したいと思っています。また貧困問題は勿論のこと、フードロス問題や、国内でも虐待やヘイトスピーチなど、とりあえず色んなトピックに興味を持っています。

 

◆アンバサダーとしての抱負

フリー・ザ・チルドレンは、行動を起こすことの簡単さと楽しさを私に教えてくれました。今年も、アンバサダーというよりは、フリー・ザ・チルドレンで活発に活動している多くのメンバーたちを見習うつもりで頑張りたいと思います。今年は、高校3年生ということもあり机に向かう時間が1番多いと思われますが、その中でも大切な視点を失わないよう、このように皆さんと関わっていけたらと思います。よろしくお願いします!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◆「フリー・ザ・チルドレン アンバサダー」とは

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンで活動する全国の子どもメンバーの代表として、「子どもには世界を変えるチカラがある」を体現し、その輪を広げる存在

その他詳細はこちら


中高生による"国会議員のための世界一大きな授業"もあと数日です。

今日は本番前最後の打ち合わせをしました!

あとはそれぞれが練習をし、細かい確認をします。

 

 

 

本番(6/6 17:00〜)の様子は、以下のリンクで中継します。

ぜひご覧ください!

 


【締切延長!6/5〆切】インドスタディツアー2018夏参加者募集中!〜まだ間に合います!〜

インドスタディーツアー2018夏

〜インドの村で子どもに出会う、ボランティアの旅〜

参加者募集中

 

 

日程:2018/08/8-08/15

地域:インド(デリー/アーグラー/ウダイプール)

※中学生以上から単独参加可。

※中学生未満の方は保護者の方と一緒にご参加いただけます。

ご家族での参加大歓迎!

 

その他詳細:http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/india

 

                                       

 

このツアーでは、観光ツアーでは知ることの出来ないような

現地の方々の生活を体験し、日本の生活が当たり前ではない

という世界の現実を体感することができます。

そして皆でのボランティアワークや、ディスカッションなどを

通じて、本音を語ることができる仲間になっていきます。

 

仲間達と将来について話をする機会もあり、帰国後も

ずっとずっと関わっていける出会いがあります。

きっと、あなたにとって忘れられない時となるでしょう。 

 

                                       

 

 


    


【6月24日/東京】誰でも参加できる「世界一大きな授業」-You(th) Can Change The World-

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、「教育の重要性」を考えるキャンペーンである「世界一大きな授業」の一環として"誰でも参加できる「世界一大きな授業-You(th) Can Change The World-」"を開催します。

 

現在、世界で小学校に通えない子どもは6,100万人、読み書きができない大人は7億5,000万人も存在します。こうした事実の背景には、戦争や貧困などはもちろん、教育の機会が与えられなかった人々が直面する厳しい現実など、さまざまな問題が隠れています。

 

「世界一大きな授業」とは、そんな世界の現状に目を向け、教育の大切さを、同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。世界100カ国でNGOや学校の先生たちが参加するグローバル・キャンペーンです。

 

今回、主催するこのイベントは中高生メンバーが中心となり企画しています!また、タンザニアからのゲストスピーカーを迎え、教育の重要性についてディスカッションの場も用意しています。皆さんぜひご参加ください。


 

【詳細】

誰でも参加できる「世界一大きな授業-You(th) Can Change The World-」

日時 2018年6月24日(日)13:00-17:00(開場 12:30)

場所 EF東京 東京都渋谷区2−15−1渋谷クロスタワー27階

 

対象 世界の教育問題に関心のある人々、特に、中高生や学生などの若者

 

費用 無料

 

主催 (特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

会場提供・協力 EF東京

 

内容

【第1部】世界一大きな授業を体験しよう!
・「世界一大きな授業2018」教材よりワークショップ体験
【第2部】タンザニアのゲストスピーカーとの交流&ディスカッション
・タンザニアからのゲストスピーカーのお話し、ディスカッション

 

【ゲストスピーカープロフィール】

Mr. Leboy Laizer/レボイ・レイザー

2001年6月20日生まれの16歳。タンザニアのマサイ族コミュニティ出身。レボイの生まれた村は北部タンザニアに位置する小さな村で、水道や電気といった生活に必要なインフラが整っていない地域。レボイの村に観光で訪れた当時イエール大学に在籍するスペイン人の学生が、聡明で好奇心旺盛なレボイの可能性を応援したいと奨学金支援を行い、その教育支援によってレボイは質の良い学校に通うことができるようになり、優秀な成績で初等教育を卒業することができた。また、 現在はタンザニアで上位の高校の一つである「テンゲルボーイズセカンダリースクール」の寄宿生2学年目として在籍している。好きなことは、バスケットボールやジャッキー・チェンの映画鑑賞。 将来は土木技師になり、東アフリカの発展に寄与したいと考えている。(写真左がレボイ)

 

【お申し込み方法】

以下のURLにアクセスの上、必要事項をウェブフォームに記入しお申し込みください。

http://www.ftcj.com/form/event_volunteer.html

 

世界の教育についての理解を当日は深めていきましょう。

 

 


エシカルグッズ期間限定 店頭販売スタート!

 

ー エシカルグッズ期間限定 店頭販売START!ー

@カフェ&ダイニング素々(小田急線 経堂駅 徒歩3分) 

 

 

世田谷区経堂にある、生活クラブのカフェ&ダイニング素々の店内にて、

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの

エシカルグッズの店頭販売が開始となりました!

 

今回の販売は以前インドの保健教育・健康改善プログラムに助成をいただいた

草の根市民基金・ぐらんを実施している認定NPO法人まちぽっと様と

生活クラブ東京様のコラボ企画に参加させていただき、実現いたしました。

このような素敵な機会をいただき、ありがとうございます!

 

店頭には、フィリピンで作られたジュースバッグ、シェルアクセサリー、

ケニアのマサイ族のお母さんたちが作ったビーズアクセサリー、

書籍を置かせていただいています。

 

店頭での販売は明日6月1日から6月30日までの限定販売となります!

 

   

 

お近くの方はもちろん、

オンラインではサイズ感が分からない、、一度手に取ってみてみたい、

東京近郊にお住まいで送料がもったいない!という方は、

是非ランチやティータイムにぜひお立ち寄りください♪

 

(準備や打ち合わせで何度かカフェに行きましたが、

全体的に木のぬくもりが感じられ、ゆったりできる空間でした。

コーヒーもとてもおいしかったです^^♪)

 

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン以外にも、

NPO法人 日本・バングラデシュ文化交流会(ノクシカタのバッグや小物販売)

小さな美術スクール (カンボジアの子どもが作成したアート作品等の販売)

草の根市民基金・ぐらんさま(パネル展示)

 

の皆さんがパネル展示や商品販売を行っています。

 

ぜひ世田谷区周辺にお住まいのみなさまに

ご周知いただけますと幸いです!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エシカルグッズはオンラインストアからもご購入いただけます。

http://ftcj.ocnk.net/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

エシカルグッズ 期間限定 店頭販売場所

 

カフェ&ダイニング素々

営業時間 月〜土 11:30〜15:00 

※ランチラストオーダー 14:30

定休日 日曜日(祝日は通常営業しています)

  

世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館 地下1階 

(生活クラブデポー世田谷の店舗となりの階段をくだる)

地図はこちら

 

http://motomoto-zai.com/about/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<<back|<123456>|next>>