「サイエンス・キッズ」たちが、社会を変えるアクションを起こす「方程式」

理科や数学に情熱を持つ子どもたちが集まるサイエンスキ

ャンプ。トロントのライアソン大学のサマーキャンプでは、子

どもたちが、科学を応用して社会を変える方法を学びました。

(清田)

 

https://www.we.org/stories/ryerson-university-uses-applied-science-to-teach-teens-social-change/

 

 

科学者が日々直面する問題を理解するため、ライアソン大

学のサイエンス・リーダーシップ・キャンプに参加した生徒た

ちは、水の濾過装置を作るようにという課題を出されました。
 

「清潔な水を確保する」という、いまの世界が実際に抱え

ている問題に対応するというシミュレーションで、キャンプ

に参加する高校生たちは、それぞれ異なる「国」のグルー

プに割り振られました。あるグループは、そのグループが

属する国の、社会的水準・経済的水準に基づき、他の(国

に属するグループよりも、多くの資材供給を受けることに

なりました。
 

「カナダ」のグループに割り振られたToufic El Basaaは「僕

たちの『国』のグループには、多くの資源と、『国』からの明

確な方針の提示がありましたが、方針の提示も無く、開発

のため資源提供が不充分な『国』のチームもありました」と

話します。
 

この活動は、現場の科学者たち大いに努力しているにもか

かわらず、多くの障壁が行く手に立ちはだかっている事を生

徒たちに示しました。そのことが、彼らに「考えるきっかけ」を

与えました。
 

Touficはこうも言います。[普段当たり前と思っていることが、

実はとても恵まれているということなんだということが分かり

ました。同時に、リーダーシップスキルやイノベーションやテ

クノロジーを活かしながら、与えられた問題に対して、斬新で

クリエイティブな対応策を見出す方法を学びました]。
 

ライアソン大学とWE(フリー・ザ・チルドレン)、が連携したこ

のキャンプでは、高校生たちに科学、技術、工学、数学と

いった科目(STEM)への興味が、どんなふうに世界の問

題に応用できるかを教えました。その狙いは、「生徒たち

の、科学への興味や関心を活かしてもらえる場を作ろう」

というものでした。ライアソン大学の「SciXchange」のディ

レクターを務めるエミリー・アンガ−ド博士によれば、科学

というのは、クリエイティブに慣れる場面があるんだという

ことを伝えたい。そうすれば、生徒たちは、自分独自の工

夫したやりかたで、この分野で業績を残したいと強く感じ

るはず」、とのことです。
 

このキャンプは、『大の科学好き』で、友人たちと議論やディ

ベートをするのが好きなTouficにとって、非常に魅力的なモ

ノでした。
 

彼にとってよかったことは、このキャンプが、科学技術分野

(STEM)に対して、どのような固定観念を持っているかにつ

いて話し合った後、地球温暖化を含む諸問題に、科学がど

う向き合うか対峙しているのかを学べるセッションがあった

ということです。
 

WEのファシリテーター、Marijke Largeにいわせると、こういった

セッションが、このキャンプの目玉です。「生徒たちは、社会や

世界への貢献に役立つ、すばらしい考えと経験を持っていまし

た。また、彼らは、探究したいと思う科学関連分野で何か新しい

ことをやろうという情熱を持っていました。」
 

このプログラムは、科学に関心を持つ子どもたちに、探究す

べき新しい道を提示しました。特に、医療分野が唯一の選択

肢と考えていた子ども達にとって目から鱗でした。生徒たちは、

科学は医療分野のみに留まらない、とてもすばらしいものであ

るということを理解して帰りました。これは、大きな変化でした。」

と、Marijkeは話しています。
 

Touficは、キャンプでの熱気そのままに、学校での活動を

進めています。今は、他の生徒と共に基金の立ち上げを

計画して活動中です。彼らは、体育館の屋根が取り替え

られる際、新しくなった屋上に、屋上温室あるいは屋上地

域農園を設置することを目指しています。

 

Touficは、さらに、 WEとの変わりを深めたいと考えていて、

別のリーダーシップ・キャンプへの参加を希望すると話して

います。彼は、「ぜひたくさんの人に参加して欲しいです」と、

言っています。Touficにとって、キャンプは、多くの良き友人を

作るとともに、これまで会ったことがなかったような、好奇心旺

盛で様々な考えに興味を持つ多くの人たちと話をする一つの

チャンスになりました。
 

サイエンス・リーダーシップ・キャンプのようなサービスラーニ

ングは、生徒たちに、本を読むのをいったん止めさせて、スク

リーン画面から目をそらさせ、代わりに、窓の外にある世界を

見させます。彼らを窓の外に連れ出すことによって、彼らは、

教室で、学んだことが、どのように世界で応用されているのか

が分かるようになります。また、「学校で勉強することが、役に

立つことなんてあるのかな?」という、よくある質問への答えを

見いだすでしょう。
 

Touficは、 WEとライアソン大学が連携したこのキャンプが、

カナダのみならず世界全体が、いっそう明るい未来を切り開

いていくために、計画を立てて、それを実行するまでの羅針

盤示してくれたことに、心を動かされました。
 

キャンプで生徒たちが学んだことは、「科学がどう応用でき

るか」という問いへの答えを超えて、「日々の生活の中でも、

学んだことを活かせる」ということでした。生徒たち自らが、そ

れをキャンプの初日に証明しました。触発された思いで、Tou

ficと数人の新しい友人たちは、ライアソン大学で提供されて

いる昼食の食べ残しをもらい、トロントの路上で、食べ物を必

要としている人たちに配ったのです。「僕たちには、着るモノも、

住むところも、食べるモノもあります。しかし、そうではない人た

ちもいます。そういう人たちを、僕たちは助けるべきです」。Tou

ficは言います。
 

他者を助けようという考えは、ライアソン大学のサイエンス・

リーダーシップ・キャンプの核となっている考えでもあります。

「このキャンプは、僕たちに、そのために何をどうすればよい

のかを教えてくれました。」 と言うTouficは、自分たちの地域

や、世界の問題に取り組むことが重要だと考えています。

「いろんなことに、受け身になるのではなく、自分たちの問

題として受け止めて、アクションを起こしていくことが大事な

んです。」

 

 

 

(原文記事執筆:サラ・フォックス 翻訳:翻訳チーム 山下正隆 文責:清田健介)

 


私が、若者がいまの世界のリーダーであると信じる理由

今回の「世界のWEニュース」では、アメリカのシカゴで活動

していたWE(フリー・ザ・チルドレン)のOG、デスティニー・ワ

トソンさんの寄稿文をご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/stories/believe-youth-leaders-today/

 

 

 

これまでの私の人生を振り返って忘れられない時と言えば、

学用品のことが心に浮かびます。

シカゴのあるコミュニティのイベントを想像してみてください。

家族や子供たちがあちこちで、列をなしている―みんな何か

を待っているのです。そこには学生が運営するボランティアク

ラブがあり、学用品が無償で配られています。私は高校時代

の友達とその場にいて…このイベントを主催しています。ちょ

っと想像してみてください。小さな男の子が母親のところに走

って行って大声を上げています『ママ見てよ!ハサミ貰っちゃった!』

 

この小さな男の子がハサミを受け取ろうとした時に見せた

大喜びの姿を目にした時の、あの込み上げてきた感情は

口では言い表せません。このコミュニティのイベントがなか

ったならば、この子の家族―そしてそこに集まったすべての

家族―が必要な学用品の支払いに四苦八苦していただろう

と思います。まさにその瞬間でした−私は正しいことをやって

いると知ったのは。

 

私と同じ年代のみんなにこのような思い出を持ってほしい

と思います。あの日の私のように、自分にも何か影響を与

える能力があると、みんなに感じてもらえたらと思います。

 

若者は、熱中するものがあれば何でもできるという気にならなくては

世界を変えられるくらいの気にならなくてはなりません。でも、それと

は真逆の考えをする方が気楽だと思う時もあります;私たちが自分た

ちを過小評価することは簡単かもしれません。より若い世代には消極

志向が多すぎます。時には、それに巻き込まれないようにするのが難

しい。

私自身、高校で自分の役割を見つけるのに悪戦苦闘して

いました。

社会は、私たち10代の若者のあるべき姿を、私たちに押し

付けている面があります。社会は、いくつかの期待を設定

して、私たちが、その期待に沿った行動をすることを求める

ことがあります。周りの同級生の様子を気にして、劣等感に

さいなまれて、本当の自分を偽りながら振舞ってしまうことも

あるでしょう。

 

 

もし私がチアリーディングを止めずに、私が本当に自分の

やりたいことをするために、新しいクラブを立ち上げていな

かったら、私も自分を偽りながら高校生活を送ったかもしれ

ません。私自身で、自分の居場所を見出すことが必要でし

た。その居場所を見つけるために、自分自身でクラブを立

ち上げるという、面倒な決断をしてまでも、居場所を見出す

ことが必要でした。

高校でWEに打ち込むようになった後、チェンジメーカーにな

る方法についてより真剣に考え始めました。私自身を含め

多くの人が、この世界のどこが間違っているのかを話し合

える場を作りたいと思ったんです。物事を良くするために、

どんなアクションを起こせるか語り合える場を。

 

問題は、学校には生徒のこのような活動を支援してくれる

クラブが存在しないということでした。Homewood Flossmoo

r High Schoolには、生徒が集まって来て、ここシカゴや、も

っと遠くの場所を良くしていくために、何ができるのかにつ

いて話し合える場が必要でした。

 

このようにして、私の放課後のクラブ、You Matter 2がスタ

ートしたのです。

 

私は、熱意のある10代の若者が私に賛同してボランティア

活動に取り組んでくれることを願って、WE Schools部を立ち

上げました。私の高校の学生がこの活動に熱中して欲しい

と思いました。頭で何かしたいと考えていても、それを行動

に移さなければ、何の意味も無いからです。

 

 

クラブとしての第一の目標は、色々な問題にもっと気づくよ

うになるということでした。でなければ知りもせず、また議論

もしないような問題についてです。大切なのは、これらの問

題に対してアクションを起こせば、若者だからこそ与えるこ

とのできる影響があるということを、クラブのメンバーに知っ

てもらうことでした。このことを知るだけでも、メンバーの世界

観は大きく変わるでしょう。これこそまさに私がYou Matter 2

で実現したかったことなのです。

 

私見では、若者自身がアクションを起こす方が、私たちの

世代により大きな影響を与えることができるのではないか

と思っています。おとなが主導するアクションでは、若者は

傍観者なりがちですが、若者自身がアクションを起こせば、

他の若者たちに、自分たちも同じことができるということを示

すかことができるからです。このような理由から、You Matter

2は 若者だけで運営されている団体となっています。

 

私は1年前に卒業して、現在デイトンの大学の1年生になっ

ていますが、このクラブはまだ、Homewood Flossmoor High

Schoolで活動しています。私も、いまは大学生の立場で運営

に関わっています。

 

少なくとも月に1度は出身地(イリノイ州)に戻り、グループ

と私は、2015年以来クラブが行っている、ドナルド・マクドナ

ルド・ハウスにボランティアに行きます。私たちは通常3時間

ほど滞在して、ハウスを訪れる家族に食事を用意しています。

 

(※訳注:ドナルド・マクドナルド・ハウス:マクドナルド社管

轄の財団が、世界各地で運営する、病気を抱える子どもと

、その家族のための宿泊施設)

 


 

 

私がYou Matter 2を通して母校に大きな影響

を残すことができたとは、感慨無量です。私と

同年代の人にインパクトを与えることができた

と思えば、胸が躍ります。クラブでの活動につ

いて大学で小論文を書いた人もいます。私は

遺産(レガシー)を残したような気がしています、

 生涯の大仕事を成し遂げたような。ただ、まだ

それはスタートを切ったばかりなのです。

 

私の将来においても、WEから、そしてWE クラブのYou

Matter 2での経験から学んだことは、必ず私キャリアの

選択に強い影響を与えてくれると信じています。他の人

たちと協力して何かをやり遂げることがいまの私のライ

フスタイルなのです。リーダーシップやボランティア活動

においても、この考え、ライフスタイルは、私の道しるべ

です。他の道を選ぶなど、想像もつきません!

 

このライフスタイルがいつか、私がイリノイ州の上院議員に

なるためのレールを敷いてくれることを願っています。上院

議員として、私が育ったこの州を変える機会を私に与えてく

れることを望んでいます。

 

※デスティニーは2016年にWE Schoolsのパートナー校、

Homewood Floss High Schoolを卒業しました。在学中、デ

スティニーはWE Day シカゴ で心躍るような体験をして、そ

の後You Matter 2と名付けたWE Schools部を開設しました。

デスティニーは、 デミ・ロヴァートのコンサートでWEを知りまし

た。このコンサートは、いかにWEが若者を元気づけているか

についてWEのスピーカーであるスペンサー・ ウェストとのゲ

ストディスカッションを大々的に取り上げました。デスティニー

は現在、デイトン大学の1年生です。今から5年かけて、彼女

は人権学で学士号、「クリエイティビティー論」で準学士号、

「NPOとコミュニティーリーダーシップ論」の準学士号を取得

して卒業し、さらに、大学院で行政学の修士号の取得を目

指しています。
 

(翻訳:翻訳チーム 松田富久子 文責:清田健介)

 


一冊のレシピ本で、Be the change!!

最近、ちょっとしたブームになっているレシピ本やレシピ動

画。今回ご紹介するのは、 レシピ本で変化を起こそうとし

ている大学生のストーリーです。(清田)

 

https://www.we.org/stories/toronto-teen-authors-cookbook-to-raise-funds-for-volunteer-trip-to-ecuador/

 

 

 

ソフィー・スティーブンスが高校生の時でした。2015年の壊

滅的なネパール地震の時、彼女は校長室に直行し、救援活動支

援のための資金集めの計画を立てました。彼女はクラスメイト

と募金活動をして、2週間後には16000ドルを集めました。

 

ソフィーは、「女性をエンパワーメントする料理レシピ」を書く

ことを決め、オンタリオ州のキャスリーン・ワイン知事に、「レ

シピ本作りにご協力頂けませんか?」と連絡しました。知事から

は、ワィン家のジンジャークッキーのレシピとともに激励の言葉

が送られてきました。

 

ソフィーは、チェンジメーカーとして、結果を残そうと努力して

きました。人を助けること、性差別の無い社会を作ること、女性

をエンパワーメントすることに情熱を持っています。彼女のチェ

ンジメーカーとしての原動力は、いったいどこから来るのでしょ

うか。それは彼女のこれまでの歩みにありました。
 

彼女が小学生の時、初めてWE(旧フリー・ザ・チルドレン・カ

ナダ)の活動を知りました。そして、WEスクールのプログラム

を通じて、地域や世界のためにアクションを起こしてきました。
 

高校生の時には、高校のWEクラブの部長になりました。

ケニアへのスタディーツアーにも参加し、十代の多感な時

期に視野を広げていきました。

 

 現在、ソフィーは医療を学ぶ大学1年生ですが、ボランテ

ィア活動に対する熱心さは、ソフィー、初めてWEの活動

に参加した時から変わっていません。

 

ソフィーは、18歳でありながら、すでにやり手の社会起業家

となっています。先ほども触れたレシピ本が、そのことを証

明してくれています

 

[素晴らしいレシピの陰に素晴らしい女性あり!:女性をエ

ンパワーメントするための料理ブック」には、政界やジャー

ナリズム、経済界など、あらゆる分野で働く女性たちの勇気

づけられるストーリーやシピが載っています。この本の売上

金で、WEのスタディーツアーに再び参加したいという夢を

実現したいとソフィーは考えています。

 

 今年の夏実施される予定の、エクアドルの女性たちの現

状を知ることができるWEのスタディーツアーの参加費を、

この本の販売を通じて集めることが、大きな目標となってい

るのです。現地でアクションを起こし、世界を変えるために

一歩踏み出したいと、ソフィーは考えているのです。

 


 

ソフィーの話から、「エクアドルへのスタディーツアーを通じ

て、チェンジメーカーとして成長したい」という想いが強く伝

わってきました。 「生きている限り、できるだけ多くの人から

学んでいきたいのです。」と彼女は強調します。 「次に私が踏

むべき新たなステップは、エクアドル女性について学ぶことだ

と感じているんです。」

 

より良い人生を求めて、小さな地元の村を去ってきたマリア

という女性の物語が、ソフィーのエクアドルへの興味を駆り

立てました。「彼女が高等教育を受けるために、どうやって

村を出てきたのかを聞きました。」ソフィーは振り返ります。
 「マリアは成功して村に戻りました。そして、ウィメンズ エ

ンパワーメントセンターを設立し、彼女の知識や考えを広めて

きました。」

 

ソフィーのチェンジメーカーとしての歩みの背後には、WEの

存在がありました。ソフィーによると、エクアドルのボランテ

ィアや、地域や世界のためにアクションを起こししたいという

気持ちの芽生えは、子どもの頃、初めてWE Dayに参加した日

から始まったそうです。

 

その日、彼女はトロントでスペンサー・ウエストの演説を聴

いていました。「彼は言いました。"たとえどんな障害が立ち

はだかっていても、私たち一人一人には世界を変える力がある。"」

彼女は言います。「足が無いという困難を抱えながら、素晴らしいこ

とを成し遂げた人がいる。"自分に限界を作ってはいけないんだ。"と

思いました。」

 

 彼女のこの想いは、ケニアへのスタディーツアーを経て、よ

り一層強くなりました。

 

 そして、このスタディーツアーをきっかけに、国際開発に関

心を持つようになりました。そのことが、いまのエクアドル

への関心にもつながっています。

 

3週間のスタディーツアー中、彼女は溝を堀り、Oleleshwa

という女学校の壁を建設しました。 その中で、自分に与えら

れている機会に、感謝する心も育んでいきました。

 

「ケニアでのスタディーツアーで、人生に対する考え方が

変わっただけでなく、毎日の人暮らし方も変わりました。」

とソフィーは言います。

 

 また、ケニアのWEのスタッフの仕事を見たことで、「大切

なのは、施しではなく支援だ。」と考えるようになりました。

そして、それは彼女の信念のひとつになりました。「私には、

この考え方は、まさしくWEの理念そのものであるように感じ

ます。」「スタディーツアーやボランティアに参加する時、こ

のような考え方を持って取り組んでいくことがどんなに重要か

を知りました。」

 

ソフィーはその信念を抱いてエクアドルを目指すことにしま

した。そして、このレシピ本が生まれました。

 

「女性のエンパワーメントについて、有意義な対話ができる

プラットフォームが欲しかったのです。そして、多くの人た

ち、特に、若い女性たちに、世界でどれほど多くの女性たち

が、それぞれの分野で平等のために闘っているのかを知って

欲しかったのです。」
 

 

そのプラットフォームの中心に「食」を据えたのは、ソフィー

にとって自然なことでした。

 

 「食は私の家庭では大切にされてきたモノでした。」ソフィ

ーはこう回想します。「私は母がいつも料理している家庭で

育ちました。そして家の本棚にはたくさんの料理の本があり

ました。私は幼いうちから、食は人をつなげる力があるとい

うことを学んでいました。」

 

 レシピ本「 「素晴らしいレシピの陰に素晴らしい女性あ

り!:女性をエンパワーメントするための料理ブック」に

は、しっかりと人生を歩んでいる女性たちひとりひとりの、

素晴らしいストーリーが満載です。ME to WEのCEOロクサ

ーン・ジョイヤル、Strategy and Operations Peace Colle

ctive幹部リサ・ディープ、そしてカナダ原子力安全委員会幹

部クレア・カトリッセも寄稿しています。

 

ソフィーはいつかこの女性たちのようになりたいと思ってい

ます。

 

彼女の目標?それは、ケニアに医療の専門家として再び行

き、現地の女性たちを、「支援する」ことです。ソフィー

は、「全ての少女たちが、『夢を見る』だけではなく、

『夢を追う』チャンスが与えられるべきだ」といことを、

固く信じています。

 

※ソフィーの資金集めは無事に成功し、今年の五月にソフ

ィーはエクアドルのスタディーツアーに参加しました。ソ

フィーの公式Facebookページには、応援してくれた人たち

への感謝のメッセージが綴られています。

 

https://www.facebook.com/EcuadorBound/photos/a.1828555180692588.1073741828.1762058274008946/1888208594727246/?type=3&theater

 

尚、このFacebookページのトップ画面はこちらです。

 

https://www.facebook.com/EcuadorBound/

 

レシピ本の注文はこちらのFacebookページで受け付けて

いる(WEの原文より)とのことですが、九月現在も販売を

行っているかどうか、日本への発送が可能かどうかなどの

事実確認はこちらでは行っておりませんので、ご了承下さ

い。(清田)


 (原文記事執筆 :ブライアン・マックレガー 翻訳:翻訳チーム

 文責:清田健介)

 

 


<<back|<123456>|next>>