「どうすれば良いの?」:インドで児童労働に遭遇し、葛藤を抱えたジャーナリストの手記

今回の「世界のWEニュース」では、WEでアソシエイトディレ

クターを務めるジャーナリストの手記を紹介します。

https://www.we.org/stories/fight-flight-face-face-child-labour-india/

 

インド、ウダイプルの旧市街―アツアツのジャレビ(訳注:小

麦粉と水をこねてプレッツェル状にし、油で揚げシロップ漬け

にしたもの)の屋台を通り過ぎ、装飾をつけた牛をよけながら

石畳の路地を歩いていて、ある光景を目にしたとき、私は足を

止めました。児童労働を目の当たりにしたとき、あなたならどう

しますか?

 

私は今、旧市街のある狭い路地に立っています。たき火や

脂っこい屋台めし、甘いジャレビやスパイシーなベルプリ(

訳注:インドの屋台めしの一種で辛みをきかせた軽食)の

匂いがしています。路上では荷運びのロバ、モペッド(訳

注:エンジン付き自転車)、野犬、ひっきりなしにクラクショ

ンを鳴らすトゥクトゥクが次から次に通り過ぎていきます。

両側には小さな露店が並び、天幕から垂れ下がる柄入り

のショールと風に揺れる暖簾が通りを縁取っています。寺

院の壁に描かれた、色あせたヒンドゥー教の神々が旅行

者を歓迎してくれます。

 

私にとって今回が初めてのインド訪問です。既に数日間滞

在していましたが、街中を散策するのはこのウダイプルが

初めてです。農村で過ごした週は、スタディーツアーの参

加者のみなさんと一緒で、地元の女性たちとチャパティを

作ったりしました。女性たちは私たちの力作(は出来が良

くなかったようで…)に、まるで「これどうしよう?」と子ども

たちに言わんばかりのしぐさで、やんわりとダメ出しされて

しまいました。開放的な空間、アラーヴァリー山脈のふもと

でのハイキング、日の出を見ながらの早朝ヨガ、熱いチャイ

(訳注:インドのミルクティー)の香り、キャンプサイト近くの静

かな池の風景に、私はだんだんとなじんでいきました。

 

それに比べると、慣れない街中では、牛に近寄らないように

したり、運転手を探すのに首を目いっぱい伸ばしたり、もっと

ピリピリするはずですが、私は目の前の光景にくぎ付けにな

って立ちすくみました。二人の女性が、竹で組まれた足場の

下で作業をしています。彼女たちは「マサラ」を混ぜています。

この「マサラ」という言葉は、西洋では「紅茶」という意味で誤用

されることがありますが、ヒンドゥー語ではより広い用途で「混ぜ

合わせたもの」を意味すると聞いています。なのでこの建設現場

での「マサラ」は、レンガを積み上げるのに使用するセメント、泥、

土を混ぜ合わせたもの、という意味です。

 

その女性は腰をかがめ、原料を小さな火山状にして真ん中

の穴に水を注ぎ、パスタ生地をこねるように端から内側に力

強く練っていきます。道具を使ってはいるものの、骨の折れ

る作業です。全身を使い、道具を斧のように頭の上に振り上

げてから十分勢いをつけて振り下ろし、壁を作るためのレン

ガを固定させるのに適切な硬さになるまで水分を含んだコン

クリートを押したり引いたりして練らなければなりません。

 

 

なぜ詳しいかというと、このスタディーツアーで経験したから

です。街に来る前、ラジャスタン州にある農村アントリのとあ

る小学校で、WEヴィレッジの活動の一環として、教室の増築

を少数のボランティアメンバーでお手伝いしました。自分で混

ぜ合わせてペースト状にした灰色のマサラでレンガの層を積

み上げ壁にしていく作業は非常にやりがいがありました。
 

現場監督は英語を話されない現地の方なので「うまくでき

いますか?Thik hai?」と現地の言葉で聞いてみました。
 

出来がよかったかどうかは教えてもらえませんでしたが、自

分の並べたレンガがまっすぐになっているかどうか時々調整

しながら見て回りました。

その朝、ウダイプルに向けて出発したのですが、そのときは

WEのグループから離れることに不安を抱いていました。でも

インドの最貧地域では、人々を階層に縛り付けている厳しい

カースト制度があり、子どもに結婚や児童労働を強制するケ

ースは非常に多いです。それについて自分の眼で見てこよう

と自分自身を奮い立たせました。もう私はうぶな旅行者では

ありませんでした。週5インドカレーでも平気でしたし、あと、ヒ

ンドゥー語で5まで数えられました。もう覚悟はできていました。

 

初めはその女の子に気づいていませんでした。
 

彼女は小さく、カナダでいえば健康な4歳児くらいの体格

でしたが、栄養失調や発育不全を考えれば、8歳くらいだ

ったかもしれません。彼女の浅黒い肌は泥や白いセメント

粉で白く汚れ、彼女の着ているサリーからたまにのぞく肌

にもその汚れが点々と付着していました。間に合わせのピ

ンク色のサリーは太陽の日差しから守るためのものですが、

ここの日差しは冬でも強烈です。

マサラを入れた底浅で直径の大きなボウルを彼女が器用

に頭に載せ、頭の上でしっかり支えながら後ろに見える階

段を上がって建設中の建物内に入っていくのを見ていまし

た。中にまだ壁を作らなければならないのでしょう。彼女の

身のこなしに子どもらしさはありません。まるでおとなのよう

に、自分の置かれた状況を受け入れ、その歩く姿には芯の

強さを感じましたが疲れ切った様子も見えました。

 

私はこのとき誰かに叫ぶか(でも誰に?)、彼女を抱き上げ、

どこかに連れ去りたい思いに駆られました(母親から引き離し

て?カナダへ連れて帰る?でもそれからどうするの?)。それ

は彼女に対する場当たり的な感情だったと言ってもいいでしょう。
 

通りを歩く商売人、旅行者、交換留学生、手のかかる子ど

もたちを引っ張っていく女性たち…誰一人として、その光景

に歩みを止める人はいません。一瞬、誰も立ち止まらない

ことを気がかりに思いました。でもなぜ誰も立ち止まらない

のかは分かっています。

 

 

その女の子を救い出すという私の妄想は、まったく理性的で

はありません。問題はその女の子を救うことよりもずっと根深

く、他を解決しないことにはその子は救われません。子どもが

子どもらしくいられるためには、結局のところ、カースト制度な

ど構造的な問題に立ち向かわなくてはなりません。

 

その数日前、私はWEヴィレッジのパートナーコミュニティー

であるカルタナ村で、新しい教室のオープンセレモニーを見

てきました。そこでの子どもたちは歓声を上げ、興奮を抑え

きれない様子で、子どもらしく、お祝いに飾られた風船を割

ったり机の間を駆けまわったりしていました。
 

年内にはアントリの教室もオープンし、さらに多くの子どもた

ちが児童労働に従事するのではなく、学校の生徒になること

でしょう。

 

 

私は街の雑踏に戻ろうと、再び歩き続けました。


(原文記事執筆: ケイティー・ヘウィット  翻訳:翻訳チーム 山本晶子  文責:清田健介)

 

 


「分断するのではなく、共に一つになろう!」:マンチェスターから世界へのメッセージ

五月にイギリスのマンチェスターのコンサート会場で発生し

た、爆発物事件。悲劇に襲われたマンチェスターの人たち

が、その時に世界に発信したメッセージは、「共に一つにな

ろう」でした。(清田)

 

https://www.we.org/stories/young-people-respond-to-manchester-arena-attack/

 

マンチェスター中部で起こった、アリアナ・グランデのコンサ

ートでの爆発物事件。多くの人が大変な思いをし、悲しみに

包まれました。しかし、事件発生の直後から、マンチェスター

の人々は、自分よりも他者を思う深い思いやりの心で、勇敢

で献身的なアクションを起こすことで、まさにマンチェスター人

らしさを見せました。その後数日のうちに、イギリス中と世界中

の人がマンチェスターとの連携を表明しました。

 

寝る場所を提供したり、誰かを安全に乗せていってあげた

り、SNSで支援を表明することなど、あまりにも多くを失った

マンチェスターに対して、少しでも助けになりたいと思った人

たちが、何かできることをしようとしていました。

 

22人が亡くなり、たくさんの人が重傷を負いました。多くの

若者が犠牲となりました。この悲劇に対して、イギリスでも

、世界中でも、老若男女問わず多くの人が立ち上がり、メ

ッセージを送ろうとしてiました。それは社会を分断しようと

いうのではなく、共にひとつになろう、というものでした。

 

マンチェスターに捧げられた行動のうち、とても感動するも

のをいくつかご紹介します。

 

世界中の若者がSNS上で連携を表明。

 


 

〈写真〉Twitterユーザーたちの声

 

MollyKate Cline
コンサートやイベントに行くことをやめてはいけないと思う。

事件の実行犯の目的は、私たちを恐怖に陥れることだから。

 

Julian C. Green
事件は悲惨だった。だけど、マンチェスターの人たちの反応

はとても心暖まるものだった。控えめに言ったとしてもね。


若者がSNSにはけ口を求めるなかで、その感情はさまざま

に変わっていきました。絶望感、混乱に対する恐れ、無力感

、悲嘆など。しかし、そんな中でも立ち直りの早さと強さを見

せました。今回の暴力は若者に対する攻撃でした。人生を謳

歌するために集まってきていた、十代の青少年、LGBTの若者

やその友人たちが楽しめる安全な場所に対する攻撃でした。そ

れに対して若者は強さで反応しました。どの投稿にも「いいね

!」をして、シェアをすることで、あきらめないという意志を示し

ました。

 

訳注
 

(LGBT:レズビアン(L)・ゲイ(G)・バイセクシュアル(B)・トラン

スジェンダー(T) の頭文字をとったもので、多様な性のあり

方の総称のこと)

 

 

 

 

〈写真〉Twitterユーザーたちの声
Fiona Art

 

もしマンチェスター(#Manchester)での事件がトラウマを思い

出させるんだったら、ニュースやTwitterを見なくても良い。

#selfcare #PTSD

Kate
この悲惨な事件で気持ちをかき乱されている人がいたら、

誰にでもいいからその気持ちを話してください。

#Manchester #ManchesterBombing #StandTogether

#MentalHealth

誰かに話しましょうー友達や家族に。
サマリタンズに電話しましょう)
訳注

(サマリタンズ:1953年に創設された、困難を抱えて自

殺を考えている人の相談を受ける慈善団体)
 

あるいはウェブサイトにある危機管理についてのページをみ

てください


***もし、危機に面しているなら***
 

1.  家庭医に緊急のアポイントメントを取りましょう。それ

か診療時間外サービス担当に相談しましょう。
 

2.  こころ健康の担当者に電話しましょう。
 

3.  111に電話をしましょう。それか地域病院の緊急事故

対応課へ行きましょう。

 

SNS上では今回のような悲劇に直面する際の、自分のここ

ろのケアーの大切さを伝える人もいます。トラウマやPTSD

抱えている人に対して、助けを求めるようにと促しています。

助けを求める、こころの健康に関する窓口を伝えるだけでは

なく自分の個人的な経験も伝えています。相談窓口などの情

報を伝えるだけでなく、自分の話もすることで、こころの健康問

題に立ち向かう人たちに、「あなたたちは一人じゃない」という

メッセージを送っています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

 

音楽学校の学生が即興の演奏会を実施。マンチェスター

出身のロックバンド、オアシスの"Don’t Look Back in An

ger”を演奏。

 

 


〈写真〉Twitterユーザーたちの声

 

Girl's House

今日はみんなが立ち止まったわ。こんなにも自分の学校を

誇らしく思ったことはないわ。

 

Carole
@Chethams 悲しみに沈むマンチェスターに一筋の光が!

 

Ryan McHugh
@Chethams 素晴らしい。涙をそそられたよ。みんな素晴

らしかった。

 

Christopher N Hobson
@Chethams #yes #ProudtobeaMANC

15年前の卒業生です。泣けました。

 

マンチェスター・アリーナから徒歩2分の距離にあるチャタ

ム音楽学校は、警察の警戒線の内側から心動かされるメ

ッセージを発信しました。ピアノとバイオリンの伴奏で、「学

校として、マンチェスターにエールを送り、未来への希望を

示すために」演奏をしました。

 

その希望は、演奏の動画から垣間見えるでしょう。。

 
あるマンチェスター人の気迫のこもったインタビューが街中

の人の心をとらえた。彼は献血後にこのインタビューを受け

た。インタビューの動画は13万回以上も再生されている。

<ビデオ>

「マンチェスターは、人が支えあって活きている街です。誰を

信じているかとか、どこの出身か僕には関係ありません。マ

ンチェスターはみんなのものなんです。今必要なのはみんな

が再び結束すること、お互い支え合うことなのです。攻撃をし

た人たちは、わたしたちが互いを信じなくなるようにしたいの

です。だけどそれはありえません。マンチェスターではそんな

ことは起こりません」
 

このインタビューの反響で、献血所には多数の列ができま

した。何かをしたい、必要としている人を助けたいというマ

ンチェスターの人々が並んだのです。

 

マンチェスターの人々へ、愛をこめて。ミツバチの大群。
 


 

1842年からミツバチはマンチェスターのシンボルでした。地

球儀のまわりを回っているハチが新しい紋章の一部になっ

たのです。ミツバチの勤勉さや常に一緒にいる姿などが、産

業革命の中核地としてにぎわっているマンチェスターの人々

に訴えかけるものがあったようです。現在では連携を表すも

のとして、タトゥーや芸術品やSNSでの写真などで、ミツバチ

が街中にあふれているのをみることができます。

 

タトゥーアーティストのサム・バーバーはミツバチのタトゥーを

彫った収益すべてを犠牲者の家族に寄付しはじめました。こ

のアイデアはすぐにイギリス中に広まり、この事件で15歳だっ

た娘のオリビアを亡くしたシャーロット・キャンベルは、ミツバチ

のタトゥーを胸の上に入れました。マンチェスター選出のである

ジョナサン・レイノルズ庶民院議員は、腕にミツバチのタトゥーを入れました。

参考リンク

チャタム音楽学校による演奏会の映像

https://www.facebook.com/amber.jordan.121/videos/vb.750373569/10155621263673570/?type=2&theater


献血を行った男性へのインタビューの動画
https://www.youtube.com/watch?v=YWEr-nmhT9g

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ  翻訳:翻訳チーム  北澤麻紀 文責:清田健介)

 

 

 

 

 


あまり語られることのない、「もう一つの難民問題」

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/rising-tides-worlds-next-refugee-crisis/

 

夜の暗闇に包まれたニューヨークのブルックリンストリートは、

ハリケーン・サンディの直撃を受け、洪水の被害を受けました。

このような状況の中で、リズべス・ルセロは、自宅のアパートで、

必死に祈りを捧げていた、母親の姿を見ていました。

 

その後の数週間、リズベルの家庭では電気を使えない状

態が続きました。その期間は、76万件もの世帯が、自宅を

離れた生活を余儀なくされました。

 

街の教会は、冷え込む夜でも眠れるようにと、毛布を提供

していました。リズベルの家族たちは、屋台トラックから寄

付されたホットドッグや、エルサルバドル料理のププサを食

べ、空腹をしのいでいました。自宅の電気が復旧しない状

態のまま学校が再開されました。担任の先生の計らいで、

学校でシャワーを浴びさせてもらっていました。

 

リズベルは、助けを必要としている自分の現状に落ち込み、

恥ずかしさを感じていました。

 

リズベルのような経験をした人たちの話を聞くと、リズベル

のように、一時的に苦難を強いられた人たちはもちろんの

こと、同じような異常気象が原因で国を追われている「気候

変動難民」の人たちに対しても、思いを寄せずにはいられません。

 

今年のアースデイには、大勢の科学者や環境活動家たち

が、世界600カ所以上の街角を埋め尽くしました。デモ行進

は全大陸(あの南極大陸も含め!) で行われました。テレビ

番組の司会者でもある科学者のビル・ナイは、雨が降るワ

シントンで行われた、デモの参加者たちに対して、「私たち

は、今日、世界中の人々に対して、気候変動解決のため

に科学の果たす役割の重要性を訴えるために、ここに集

っています」と語りかけました。

 

「地球のために行動を!」というのが、デモのテーマの中核

だった訳ですが、気候変動は、人々の生活にも大きな影響

を与えます。専門家は、気候変動は、人々の安全保障を脅

かす最も重大な脅威で、気候変動によって家を追われると

いう事態は、世界でやがて常態化していくだろうと指摘して

います。

 

人類によって引き起こされた気候変動で、この惑星は暖ま

り続けています。海面は上昇し、竜巻はより強力になり、洪

水はより強い暴力性を伴うモノとなり、甚大な被害をもたら

します。このように気候が変化していく中で、最も危険な脅

威にさらされているのは、この世界で最も弱い立場にいる

人たちなのです。そのような人たちこそが、地球温暖化の

「人類としての被害者」です。

 

アースデイには、二酸化炭素削減や、森林伐採禁止や、サ

ンゴ礁の保護などが話題の中心となっていた中、別の側面

から、行動の重要性を指摘する声もありました。ポリネシア

の島国のツバルが、このままだと海中に沈んでしまうという

訴えのほか、河食によって、毎年20万軒の家が失われてい

るというバングラデシュの現状などを踏まえ、行動を起こす

ことの重要性を訴える声が挙がりました。

 

気候変動の問題は複雑であるが故に、簡単な解決策とい

うのは存在しません。しかし、ほとんどの気候変動の問題

における最善策は、問題を引き起こさないようにするため

に予防策を講じることです。森林再生などを進め、荒れ果

てた土地の再生を進めたり、低地の沿岸地域で淡水化を

進めていけば、変化にも対応できる状況を整えていくこと

ができます。

 

その他に必要なことは、気候変動が原因で国や土地を追

われた人たちを、法的に保護できるようにするための対策

の整備です。

国連の難民条約は、迫害を受けた人たちにしか適用されま

せん。海面の上昇や、砂漠化によって故郷を奪われた人た

ちは、法的な保護が受けられる対象者にはなっていません。

つまり、気候変動が原因で難民となった人たちを、多くの国が

難民として受け入れておらず、亡命することもできない状態な

のです。専門家の中には、2020年に気候変動難民の数は5千

万人になり、2050年には、1億5千万人になると指摘している人

もいます。

 

ハリケーン・サンディの後、リズベルは気候変動の分野の

市民運動に関わるようになります。2014年にマンハッタン

で行われ、30万人が参加した気候変動デモ「ピープルズ

・クライメイト・マーチ」への参加を、地元の人たちに呼びか

けました。そして、リズベルは、環境に優しく、災害に強い街

づくりを目指す団体「Red Hook Initiative 」のリーダーとなっ

たのです。

ハリケーン・サンディでの壮絶な経験をバネにして、リズベ

ルは、自らのメキシコ系移民の家庭の中で、初めての高卒

者となりました。

 

現在、コーネル大学で開発社会学を学ぶリズベルは、「ど

んなに弱い立場にいる人も取り残されることのない世界を

つくりたい」という熱い想いを持って、希望ある未来へと歩

んでいます。

 

参考リンク

 

世界各地で行われた、アースデイのデモ

 

https://www.cnn.co.jp/world/35100195.html

 

南極のデモの様子(英語)

 

https://twitter.com/AWI_de/status/855726383158480897/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwgntv.com%2F2017%2F04%2F22%2Fthe-march-for-science-spreads-to-antarctica-and-the-arctic-circle%2F

 

気候変動難民

 

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1104/201104_090.html

 

進む地球の温暖化

 

http://www.bbc.com/japanese/38673337

 

ツバルの現状

 

http://www.foejapan.org/climate/justice/voice_tv.html
 

バングラデシュの現状

http://www.jiid.or.jp/files/04public/02ardec/ardec42/key_note6.htm

 

難民条約について
 

http://www.unhcr.org/jp/refugee-treaty

 

2050年には、気候変動難民の数が1億5千万人になると

指摘する専門家(英語)

 

https://www.theguardian.com/environment/2009/nov/03/global-warming-climate-refugees

 

気候変動デモ「ピープルズ・クライメイト・マーチ」について

 

http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/21/hundreds-of-thousands-turn-out-for-peoples-climate-march_n_5859202.html

 

 

河食によって、毎年20万軒の家が失われてい
るバングラデシュ

 

 


<<back|<123456>|next>>