ネット時代の今だからこそ見直したい、手紙の底力

クレイグとマークのコラムの紹介です。

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/power-letters-digital-age/

 

おとなになってから、Zainib Abdullahは、心の中にある寂し

さを押し殺して生きてきました。

 

故郷のイラクに家族を残し、カナダで暮らしていたAbdullah

は、彼女の叔父に起こったストーリーを、自ら筆をとり、綴ろ

うという決意をしました。Abdullahの叔父は、かつてイラクを

統治していたサッダーム・フセイン政権によって不当に逮捕

され、処刑されました。叔父に対しては、裁判も開かれず、

大切な人にお別れを言う機会も与えられませんでした。

Abdullahは、自分で手紙を書くことで、世界中で不当に投

獄されている人たちの現状を、彼らに代わって訴えようと

したのです。

 

「叔父に手紙を書くことはできませんでしたが、それでも手

紙を書くことが、今苦しんでいる他の人たちのために、私が

できることでした」(  Zainib Abdullah)

 

Zainib Abdullahは、アムネスティ・インターナショナルが毎年

行っている、「ライティングマラソン」キャンペーンのトロントの

イベント会場で、手紙を披露しました。「手紙を読んだことで、

気持ちが救われた部分は確実にありました」

 

「ペンは剣よりも強し」といいますが、手紙は世界を変える

力を持っています。

 

手紙はメールよりも読み手に親しみを感じさせ、ツイートより

も強い印象を与えることができます。世界の暗闇の底に不当

に置き去りにされている「良心の囚人(無実の囚人)」の現状を、

手紙は世界の人により力強く訴えることがきます。また、権力者

たちに対しては、「無実の囚人たちを無視するなどという選択肢

は、あなたたちには用意されていないぞ!」というメッセージを送

ることができます。

 

ジャーナリストのハジジャ・イスマイロヴァは、アゼルバイジ

ャン政府の腐敗について告発した後、脱税の容疑をかけら

れて二年間投獄されました。話は変わりますが、エジプト人

のマレ・アドリー弁護士は、エジプトの人権問題に抗議の声

を挙げようとして、刑務所に投獄されました。今紹介した二

人は、世界中の人が参加した、手紙で釈放を求めるキャン

ペーンによって、自由の身となりました。
 

ここまで、アムネスティ・インターナショナルなどの例を紹介

してきましたが、何を隠そう、私たちが子ども活動家として、

つまりフリー・ザ・チルドレンとして行った最初のアクションが、

手紙を書くことや署名活動だったのです。

 

1995年、カイラシュ・サティヤルティが、児童労働が行われ

ていたカーペット工場に抗議して、工場に直接乗り込んで

行って逮捕された時、私たちはインドの首相宛てに、サテ

ィヤルティの釈放を懇願する手紙を書きました。また、署

名活動を行い,000人もの人たちから賛同を得ることがで

きました。私たちは手紙と署名を、インド政府宛てに送りました。
 

その一年後、カナダを訪問したサティヤルティは、手紙や署

名は、釈放を実現させるための大きな力になったと言ってく

れました。

 

最近では、ネットを使った運動の限界も多く指摘されていま

す。主として、「SNSは情報を世界中に拡散する力は持って

いるけれど、その情報はあっという間に他の情報にかき消

されてしまう」というものです。

 

このようにネットの限界も見えたいまだからこそ、みなさんを

含むひとりひとりが、自分たちの選挙区の国会議員に話をし

に行ったり、(そういうことができる場として、国会議員は選挙

区に事務所を持っているのです)抗議活動やデモ行進に参加

することが重要なのではないかということを、私たちは強く感じ

ています。デモに参加したり、議員と面談したりすることが難し

いようであれば、手紙を書きましょう!または電話をしましょう!

今年の一月に行われた「ワシントン女性大行進」でも、今私たちが

述べたようなことは主要なテーマの一つでした。政治家たちとい

うのは、人々が声を挙げた時、少なくともその声を注視せざるを

得なくなりますからね。

 

2008年、カナダ人コンピュータープログラマーのHamid

Ghassemi-Shallが、証拠もない状態でスパイ容疑をか

けられイランで逮捕された際、Abdullahもすぐさまこの案

件に関わりました。トロントで関連イベントが開催された

際、Abdullahは、Ghassemi-Shallが、妻のAntonella Meg

aに宛てた、刑務所からの留守番電話のメッセージを聞

いたといいます。

 

「Hamidは、どれだけAntonellaを愛しているかを訴えていま

した。美しさを感じた瞬間でした。Antonellaは、困難な状況

の中でも、夫からのメッセージに喜びの表情を見せていま

した。」

 

五年間投獄された末、自由の身となった後、

Ghassemi-Shallは、アムネスティ・インターナ

ショナルのイベントで、手紙が彼を勇気付け、

獄中で闘い続ける力を与えてくれたと語りま

した。そのようなGhassemi-Shallの姿に、Abd

ullahは救うことができなかった自分の叔父を

重ね合わせていました。

 

「今でも、叔父について時々考えます。叔父がもし獄中で手

紙を受けっとったら、どのような思いで手紙を読んだのだろ

うかと。。」

 

そのような思いを秘めながら、Abdullahは今も手紙を書き

続けています。

 

参考リンク

アムネスティ日本が公開した、2012年のライティングマラソ

ンのPR動画

 

https://www.youtube.com/watch?v=AkS7YgLaQHo

 

ハジジャ・イスマイロヴァに関する記事(英語)

 

https://www.theguardian.com/world/2016/may/25/investigative-journalist-khadija-ismayilova-freed-azerbaijan-radio-free-europe

マレ・アドリー弁護士の釈放を求めたアムネスティ日本のキ

ャンペーンサイト

 

http://www.amnesty.or.jp/get-involved/ua/ua/2016ua098.html

 

アドリー弁護士の釈放を伝えるアムネスティUSAの記事

 

https://www.amnestyusa.org/get-involved/take-action-now/good-news-human-rights-defender-malek-adly-released-egypt-ua-9816

カイラシュ・サティヤルティについて
 

http://mainichi.jp/articles/20160610/ddm/008/070/039000c

 

社会起業家とジャーナリストによる対談記事。今回のコラム

と直接的な関係はないが、クレイグとマークが指摘した「ネット

を使った運動」の限界について、日本の視点から言及している。

 

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/book/15/101989/061500007/?rt=nocnt

 

「ワシントン女性大行進」についての記事

 

https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/wm-c?utm_term=.duabzDdE0#.isX0deYbz

 

Hamid Ghassemi-Shallについての記事(英語)

 

http://www.macleans.ca/news/world/hamid-ghassemi-shall-was-locked-away-but-not-forgotten/

 

 

22年前に誕生したフリー・ザ・チルドレン。最初に行われたアクションは、手紙を書く活動や署名運動でした。

歌手のデミ・ロヴァートのケニアスタディーツアー体験記

現在、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、インドのスタディ

ーツアーの参加者を募集していますが、今回翻訳チームでご

紹介するのは、海外のWEが行っているケニアスタディーツア

ーの体験記です、参加者は歌手のデミ・ロヴァートです!

(清田)
https://www.we.org/stories/inside-demi-lovatos-me-to-we-trip-to-kenya/


デミ・ロヴァートならその気になれば世界中どこへでも旅行

できるでしょう。確かに、彼女はそれだけ売れっ子ですから!

だからこそWEは畏敬の念と感謝の気持ちで、マサイマラの女

性たちがスーパースター、デミ・ロヴァートを「おかえり」と暖か

くコミュニティーに迎え入れた瞬間を見守りました。

 

「おかえり!」「ジャンボ!」「ありがとう!」
 

2016年12月のケニア訪問はロヴァートにとって里帰りのよ

うなものでした。積極的に活動している慈善家として、マサ

イ族の女性たちやその家族を献身的に支えてくれているス

ーパースターを、ささやかに称える機会となりました。

 

前回、2013年のスタディーツアーでロヴァートが21歳になった記念としてケニアを訪れ

た際には、現地の民芸品工房で青、緑、赤、オレンジ、黄色など色とりどりのガラスの

ビーズを使ったアクセサリーを製作しました。彼女が手がけたラフィキ(訳注:スワヒリ

語で「友達」の意味)と名付けられたアクセサリーはその後彼女のコンサートツアーで

販売されました。

 

ロヴァートはハフィントンポストのインタビューで、自身のア

ーティストという立場を活かして他の人を勇気づけているこ

とについて聞かれ、こう答えています。「マサイの女性たち

は素晴らしいです!信じられないくらい働き者で本当に感

銘を受けます。彼女たちは家事をしながらも夢を追いかけ

ています。彼女たちのそばで活動できて光栄でした。」

 

 

その気持ちはお互い様のようです。みんなでハグ

し合ったりと、サプライズパーティーの様子をみれ

ば、彼女が戻ってきたことをマサイ族の女性たち

が心から喜んでいるのがわかります。「女性同士

助け合っているのだということが実感できました。

今回の訪問で最も素晴らしかった瞬間のひとつで

す。」と、ロヴァートはインスタグラムで5,200万人以

上のフォロワーに向け、サプライズパーティーの様

子をシェアしました。

 

WEはロヴァートと一緒に活動したり、楽しい時間を過ごして

いることをいつも光栄に思います。WEのDavid Johnsonはケ

ニアでロヴァートと行動を共にし、彼女の活動を目にして

きました。「ロヴァートは、活動について大々的にプレスリリー

スをしたり公表したりしなくても、時間をかけてさりげなく、しっ

かりと目的を定めて活動しています。」
 

彼はケニアでの活動の締めくくりに、「慈善活動に時間とエ

ネルギーを費やしているあなたの姿勢にはいつも感動させ

られます。これからも女性たちを元気づけて、誇りを持って

いてください。あなたの行動は大きな変化を起こしているの

ですから」とロヴァートさんへのメッセージをインスタグラム

に投稿しました。

 

ロヴァートがインスタグラムにアップした写真やコメントをぜひ

ともいくつかここでご紹介させてください。

 

ケニア!

 

こちらの写真はロヴァートがケニアに到着した喜びを後

日世界中のフォロワーにシェアしたものです。写りこんで

きた、みなしごの小ゾウの写真もアップされました。
 

「このゾウさんにこの写真のキャプション付けてもらおうかな。

ちょっと待って…や、やっぱりやめて〜!!」と、インスタグラ

ムだけで120万件の“いいね”が付いた本当に楽しそうな自撮

り写真の下に書き込みました。

 

WE Fact:  ME to WE Volunteer Adventuresのケニアスタ

ディーツアーは多くの場合、シェルドリック動物孤児院(訳

注:David Sheldrick Wildlife Trustの運営による、密猟者

に親を殺されたゾウたちを育てている保護施設)から活

動をスタートします。こちらの動物孤児院は1977年以降、

150頭以上の親を失った子ゾウたちを人間の手で育てて野生に返しています。

 

やったね!ありがとう!

WE Fact: 「デミ、こちらこそありがとう。」
 

当然のことながらME to WEのスタディーツアーでケニアや

他の地域での活動に参加するのに、スーパースターである

必要はありません。10代だけの参加でも、大人でも家族でも、

大学生や、企業からの参加、教育者などなど…どなたでも歓

迎します!

 

もっと詳しく言うと、WEのスタディーツアーを受け入れている

のはマサイマラ国立保護区の中に住んでいる部族のコミュ

ニティーです。デミが現地の文化にどっぷり浸ったように、あ

なたも同じ体験ができるかもしれません。WEのスタディーツ

アー参加中はチームの一員として、持続可能なコミュニティ

ーを作っていくための発展プロジェクトに取り組みます。

この場に溢れ出す、素直な喜び。「こんなに美しく、知的で、力をもらえる女子生徒たちとこのような素敵な時間を過ごすことができました。ありがとう。@metowe @wemovement」

 

 

WE Fact: ロヴァートはずっとケニアのWEプロジェクトで精

力的に活動を続けている素晴らしい人です。たとえばある

訪問では、レントゲンクリニックの建設を支援しました。今

回の訪問では、ロヴァートが自身のコンサートツアーで販

売したアクセサリー、ラフィキの売上による収益に対して、

ME to WE Artisans(訳注:2009年に設立されたケニア女性

の自立を支援する団体)のメンバーからの感謝や賛辞を込

めたハグで迎えられ、またある日の午前中はキサルニ・女

子学校で女子生徒たちと過ごし、彼女たちと人生や夢につ

いて語り合いました。

 

[水汲み!」


WE Fact: コミュニティーでの水汲み作業はケニアでのスタ

ディーツアーの中でも特別な体験で、マサイ族やキプシギ

ス族の女性たちと一緒に活動ができるよい機会です。ロヴ

ァートは水汲み作業への精力的な参加について、「私がこ

ういう活動をしているということに、スッポトライトが当たる

べきではありません。この活動を普段行っている女性たち

に、スッポトライトが当たるべきなのです」とコメントしました。

 

「ありがとう@wemovement/@metowe」
 
こちらこそ!@ddlovato
                                       

 

 

(原文記事執筆:WEスタッフ  翻訳:翻訳チーム 山本晶子 文責:清田健介)
 


 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンが実施するインドへのスタディーツアーについて

 

http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/india2017summer.html


悲劇を経ても、変わることない教育への想い、そして夫への想い

フリー・ザ・チルドレン/ WE Charityが支援事業を行ってい

る、インドのカルタナ村。今回ご紹介するのは、この村の教

育を支えてきたある夫婦の物語です。(清田)
 

https://www.we.org/stories/human-interest-stories-love-of-learning/

 

これは、ある男の子と女の子が―教育と、そしてお互いに―

恋に落ちてしまった愛の物語です。
 

そこはインド北部の農村部。結婚と言えば親など周囲が決

め、部族の娘は、学校で勉強を続けることはできません。

 

ジュミー・バーイとダーナ・ラルは、インドの指定部族の居住

地野村に住む(一定地域の全原住民に政府が指定する村)

村人です。この指定のために、部族が社会から取り残され、

貧困が生まれ、学校教育もほとんど行われず、道路を建設す

るのに岩石を破砕するなどの重労働が日常といった状況が生

み出されます。

 

しかし、この二人の子どもは、共に、教育が人生を変える」

という希望を持って成長しました。


ジュミー・バーイってどんな人?

 

ジュミー・バーイが学校に行き始めたのは9歳のとき。彼女

の父親が、「たとえ女の子であっても教育を受けさせれば家

族の助けになる」と、地元の教師から説得を受けたのです。

ジュミー・バーイは家族の中で、学校に行った最初の女性でした。

 

ジュミー・バーイが3年生の頃には、当時6年生だったダー

ナ・ラルとの、縁談がすでにまとめられていました。双方の

親は、二人はお似合いだと確信したのです。

 

この若いカップルは、教室の中で言葉を交わしませんでした。

男女が言葉を交すということは、1970年代後半ラジャスタン州

の農村部では、不適切な行為とみなさることでした。

 

「私たちはお互いに短い手紙を書いたものです」ジュミー・バー

イは当時の思い出を、少し頬を染めて語ります。

 

しかし、これらの手紙は、ラブレターではありません。

 

「勉強を中断してはいけないよ」ダーナ・ラルは将来の妻に

書きました。「教育をしっかり受けたら、将来は良い暮らしが

できる」

 

彼女は返しました。「あなたも勉強を止めないで」

 

6年生のころには、ジュミー・バーイは4つの村落(政府が運

営するパンチャヤート村全体)で学校に通う唯一の女の子に

なっていました。16歳にときには、クラスで最年長の生徒でし

た。その年、ジュミー・バーイは村のヘルスセンターでの仕事

に就き、月給を家族の生活費にあてました。

 

翌年、政府は農村部にさらに数校の学校を開校しました。

その新しい学校のための教師が必要になりました。女性は

5年生の教育、男性は中学2の教育を修了していれば、誰

にでも教員資格受験資格がありました。ジュミー・バーイは

午前4時に起床して自分の村からテスティング・センターに

通いました。彼女は教員試験に合格して教師になりました。

そして夫にも同じように教師になって欲しいと思っていたのです。


ダーナ・ラルってどんな人?

 

少年時代、ダーナ・ラルは雨の日は学校まで泳いで通い

ました。乾季にはひび割れた通学道を這うように沿ってい

る小さな道も、雨季の間は溢れんばかりの川になりました。

ダーナ・ラルはバックパックに衣服を詰め込んで、川の向こ

う岸にそのバッグを放り投げていたのです。川を渡ると今度

は教室まで12キロの道のりを歩き通しました。

 

ジュミー・バーイが教師になったとき、ダーナ・ラルは中学

3年生でした。彼はビジネスに興味があったのですが、自分や、

妻の教育に力を貸してくれたすべての先生を思い返しました。そ

して、彼は妻のプランに従うことに同意したのです。

 

ダーナ・ラルが教員試験の準備をしている間、妻のジュミ

ー・バーイはカルタナ村で地元の子どもたちに教え始めま

した。当時、村には学校が一校もなかったのです。彼女は

政府を説得して、1年生から5年生までの生徒を対象にし

た小学校を開校させました。

 

ダーナ・ラルが教員試験に合格すると、彼が校長になり、ジ

ュミー・バーイがヒンディ−語を教えました。教師を務める一

方で、二人は通信教育で自分たち自身の勉学を続けました。

ダーナ・ラルは大卒資格を取得し、ジュミー・バーイは高卒資

格を習得しました。その間も二人は息子と娘を育て上げ、最

終的に両方とも大学にまで進学させました。

 

愛によって設立された学校

 

村の学校の設備は、充分とは言い難いモノ(雨が降れば雨

漏りのため授業は中止)だったにもかかわらず、二人は25

年近くもの間、こんな状況を学習と笑いで満たしてきました。

しかし、二人はいつか都市部の私立の学校にも負けない立

派な学校、都市部の学校と同じように、大きな夢と限りなく学

ぶ機会を村の子どもたちにも提供してくれるような学校を、開

きたいと思っていました。

 

2013年、転機が訪れました。2008年からラジャスタン州

の複数の村と組んで活動してきたWE Charity(旧フリー・

ザ・チルドレン・カナダ)がカルタナ村にまで活動範囲を拡

張したのです。ダーナ・ラルは、先頭を切って新しい教室

の開設に奮闘しました。変革の先頭に立つこの精力的な

二人の姿が知れるようになり、その後数年間にわたって

北米と英国から非常に多くの援助の手が差し伸べられ、

新校の開設に至りました。

 

2016年の夏、二人は修復され、新しい机を備えた教室や、

トイレ(女生徒用の更衣室も兼ねた)や、手洗い場の拠点と

なる清潔な水道設備を誇らしくお披露目しました。

 

 

「私は、いつかここにもっと良い学校ができることを、夢見て

きました」ダーナ・ラルはお祝いに集まった多くの人に話しま

した。

 

教育とお互いの愛で、二人は数多くの障害を打ち破ってき

ました。

 

そんな時、悲劇が襲いかかりました。
 

ダーナ・ラルは心臓発作に見舞われ、そして、2016年の10

月に帰らぬ人になりました。50歳でした。

 

生徒や親、近隣の人たち、そしてWE Charityのスタッフは、

カルタナ村の教育計画を共に推進し、地域の教育状況に絶

えず変化を齎した、この校長先生の死を悼みました。

 

この偉業にもまして、ダーナ・ラルは、全ての子どもに教育を

受ける権利があると確信する信念の人でした。彼は夫である

と同時に、妻が行っている教師としての教育活動の大切さの

みならず、妻が女の子の良き見本となっていることの重要性

を理解していました。二人は夫婦としてだけではなく、教育者

としても、かけがえのないパートナーでした。

 

ダーナ・ラルの死後2か月して、その学校に新たに1つ教室

ができました。今度はジュミー・バーイが独りで祝賀の式典

を見守りました。この時、村に教育という幸せを広げてるた

めに人生を捧げてきたダーナ・ラルを思い浮かべて、涙が

静かに頬を伝いました。それでもなお、彼女はできる限り

最高の手本であり教師であり続けようと心に誓いました―

これこそ彼が私に望むことだろうと。

 

「私はいつもこの学校の子どもたちが最良であり最高の教

育を受けなければならないと思ってきました」ジュミー・バー

イはそう思いを語ります。「だから私は教壇に立ち続けてい

るのです」。

 

ひどい悲しみに沈みながらも、彼女は教えることによってそ

の喪失感をゆっくりと克服しています。生徒で満ち溢れた教

室の前に立って、彼女は愛するダーナ・ラルの記憶を生き生

きと蘇えらせています。


 

(原文記事執筆:ワンダ・オブライエン  翻訳:翻訳チーム 松田富久子 文責:清田健介)


<<back|<123456>|next>>