十代の起業家が、地域や世界に変化を起こしたいあなたに贈る五つのアドバイス

新年度も始まり、新しいことを始めたいと思っている人も多いかと思います。

自分の身の周りや世界を良くしたいと思っている人もいるでしょう。そんなみ

なさんに、カナダのオタワでホームレス支援を行っている十代の起業家から

のアドバイスを紹介します。ぜひ参考にして下さいね!(清田)
https://www.we.org/stories/ways-for-teens-to-volunter/


デイビッド・チウが北ケベックの先住民保留キャンプ地を訪れたのはまだ14歳

のときでした。そこでデイビットは、出会ったクリー族(訳注:カナダの草原地帯

に住む北米先住民の一つ)の若者たちの話を聞き、貧困状態で生活している

人々について考えるようになりました。
 

「彼らの多くが、孤立無援で、社会から見捨てられ、疎外されていると感じて

います。」

 

デイビッドはオタワに戻ると、貧困状態で生活している人々を助けたいと思い、

何をすればよいかとにかく考え、まずはホームレスの人たちに救援物資を届け

ることから始めました。
 

デイビッドはこのボランティアを通じて、映画製作をしている野心家の先住民、

ドゥキ、パーラメントヒル(訳注:オタワにあるカナダの国会議事堂)エリアで物

乞いをしているマギー、そしてホームレスのダララマ・デイブ(訳注:ダララマは

カナダの1ドル均一ショップ)と知り合いました。

 

彼らや他のホームレスたちと仲良くなるにつれ、デイビッドは彼らの境遇に対

してこれまでとは違った見方をするようになりました。人が路上生活をするよう

になってしまうのは、人生の複雑な出来事が絡み合って、その結果として路上

生活者になってしまうのだということに気付いたのです。デイビッドは、ホームレ

ス一人一人それぞれが経験した辛く悲しい人生の物語を知っていくうちに、ホー

ムレスの人たちに対するこれまでと違った新しい見方をみんなと共有したいと思

うようになり、彼らの話をインターネットに投稿することにしました。
 

「目指したのは、僕たち自身がホームレスの人たちとの間に作り上げてしまっ

た溝を埋めることでした。」

 

今デイビッドが取り組んでいるのは、カナダ国内でホームレスを助けたいとい

う思いを抱いている人たちが交流するためのアプリの制作です。その事業に

取り組むということが、、ホームレスの人たちを助けようという彼の決意の気

持ちをさらに強くしてくれるとデイビッドは考えています。
意志あるところ道あり―デイビッドの場合はきっと、「意熱あるところに

決意あり」に違いありません。
そんなデイビッドから、社会に変化をもたらす人になるための5つのアドバ

イスです。

 

1.「あなたの物語はあなたの歩いてきた道である。」
 

デイビッドの熱意はホームレスの人たちと直接ふれあうことにより強くなり

ました。彼のケベックでの交流がその最初の一歩で、それから心を掻き立

てるような人生の物語をたくさん聞くうちに、デイビッドは自分が何か行動

しなくては、と決心したのです。
 

「僕が聞いてきたすべての物語が背中を押してくれました。」

 

2.「他人から言われるがままではいけない、何が正しいかは自分で判断する。」
 

デイビッドが若くして非営利事業をなんとか立ち上げた背景には良き指導者か

らのアドバイスや友達のサポートがありましたが、何か違うなと自分が感じたと

きは、その気持ちに従いました。

 

3.「まわりの人たちとつながる。」
 

デイビッドは、ただ見ているだけの人たちに関心を持ってもらおうと、公共の

場で集会を開き、交流イベントでは短い時間で分かりやすく活動をアピール

し、国じゅうの友達に同じようなアクションを起こそうと呼びかけました。
「自分の経験をシェアしたり自分の活動を伝えたりして初めて、人生の困難を乗り越えるための力になってくれる人に出会うんです。」

 

4. 「サポート体制を作る。」
 

当初、デイビッドの非営利事業の組織体系は階層式―つまりデイビッドやその

側近が全てを決めて周りの人がそれに従っていくというトップダウン方式でした

が、これが最も痛手だった戦略ミスの一つでした。
 

「ビジネスがうまく行くのも大事ですが、友達として、しっかりと関係を築き、

支え合っていくことも大事です。そうすることでみんなが自分を信頼してくれ

るようになるのです。」

 

5. 「活動によって変化がもたらされる人たちと、できるだけ多く一緒に過ごす」
デイビッドは活動を通じて知り合ったドゥキやマギー、ダララマ・デイブたち

が不安に思っていることをちゃんと理解しようと努力しました。「当事者であ

る受益者を理解することです。それだけでなくいっそのこと仲間に誘って一

緒に活動しましょう。」

 

(原文記事執筆:サラ・フォックス  翻訳:翻訳チーム 山本晶子 文責:清田健介)

 

デイビッド・チウ

 


「世界水の日」をきっかけに考えたい、毎日使う水についてのこと

クレイグとマークのコラムの紹介です。
https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/beyond-world-water-day/

 

Mifflin 兄弟の夏の思い出は、水と共にありました。子ども

時代には、カヌーを漕ぎ、波に打たれながら泳ぐ夏を過ご

していたのです。そんな風に水と共に過ごしていた兄弟二

人ですが、海や、カヌーをしている河と同じように、水があ

る場所のはずのオンタリオ湖については、おとなたちから

「あそこは汚いから泳いじゃダメだよ」と言われていました。

「同じ水なのに、泳げない水がある」。このことを知ったこと

がきっかけで、Mifflin兄弟は、水の問題と一生涯関わって

いくことになったのです。

 

子ども時代から20年が過ぎた現在、カメラマンとなった二

人は、カナダのテレビ番組「ウォーターブラザーズ」の司会

を務めています。これまで、二人で世界35カ国の水辺に飛

び込んだり、権威ある科学者たちにインタビューを行ってき

ました。番組の中では「水は手洗いや飲む時に必要なだけ

ではなく、命の源そのものなんだ」ということを、分かりやす

く説明しています。
 

3月22日は、「世界水の日」ですが、私たちは、「水の問題

は、環境問題としてだけではなく、幅広い観点から考える必

要がある」と考えています。そこで今回はMifflin兄弟に、水の

重要性や、水に対して一般の人たちが行えるアクションなど

について話を聞きました。

 

「水は、貧困や経済開発、保健などともつながりを持って

います。」そう語る兄弟の内の一人、アレックスの声から

は、この問題への熱意が滲み出ていました。「清潔な水

がなければ、社会や経済が上手く回るなどということもあ

り得ないのです。」

 

このような考え方は、サハラ以南のアフリカ諸国、カナダの

先住民の現状にも当てはまるモノといえるでしょう。

 

気候変動が関係した干ばつ熱波が発生し、それによって食

糧不足の問題が起こるようにもなり、地球上の大勢の人に

影響を及ぼしています。ケニアやカリフォルニアなど、至る

所で干ばつが発生しています。ロシアでは干ばつの対応策

として穀物の輸出を禁止したことなどもあり、その時は経済

や国際支援にも影響がありました。シリアでの内戦は、水不

足が一つの引き金になって発生したのではないかという説を

発表した研究者もいます。具体的には、2006年の干ばつが原

因で、農村部から都市部に引っ越せざるをえない人が大量に

発生し、その時期に経済も低迷したことなどが、多くの失業者

と、怒りを抱えた人々を生み出すことにつながったというものです。

 

現在起こっている、政治的な問題、社会問題の大半は、水

が関係しています。私たちが、これからも水を守っていくた

めには、今のライフスタイルを大幅に見直す必要がありま

す。

 

カナダ各地の学校を回っているMifflin兄弟が、講演などで

強く訴えてのいること、それは、「節水だけではもう不充分

だ」ということです。シャワーの時間を短くしたからといって、

私たちが救われるというようなことは、もうないのです。

 

Mifflin兄弟の内の一人のタイラーは、「一般的に考えてい

る節水対策よりも、もっと踏み込んだ、困難な対策も行っ

ていく必要がある」と言います。例えば、水をできるだけ使

わない食品を食べるということも、その一つです。1キログ

ラムの牛肉を生産するために使われる水の総量は、1万4

千 リットルであるのに対し、同量の鶏肉を生産する時に使

われる水の総量は、4千リットルに留まっています。

 

食品に限らず、私たちに身近なモノには、「隠れた水」が、

少なからず存在しています。一本のペットボトルを製造す

るには、ペットボトルに入る水の総量よりも、そのさらに二

倍の量の水が必要です。紙500枚を製造するには、5千リ

ットルの水が必要です。一枚のTシャツを製造するため

に必要な水の総量は、5713リットルにもなります。

 

現在、多くの学校の生徒たちが、学校に対して、マイペットボトルにいつで

も水を詰められる水の補充ができるタンクなどの設置を求めたり、プラスチ

ックをできるだけ使わない昼食の実施を求めて、署名活動を行っているなど

の動きがあります。Mifflin兄弟は、そのことを頼もしく思っているそうです。

 

「隠れた水の存在」を、多くの人が知るようになれば「水に

ついて考えることは、環境だけでなく、経済にとっても重要

だ」という認識が高まり、その前提の下で、水に対する議論

も深まっていくことでしょう。

タイラーは一言、こう言いました。「本当は、毎日が、世界

水の日であるべきなんですよ」と..

 

参考リンク

ウォーターブラザーズ公式サイト(英語)
http://thewaterbrothers.ca/

サハラ以南のアフリカ諸国で、水不足に苦しむ子どもたち
http://www.unicef.or.jp/news/2015/0373.html

干ばつが原因で食料不足が深刻化しているケニア
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000871.000005176&g=prt

干ばつが深刻だったカリフォルニア
http://wired.jp/2015/04/08/california-needs-to-save-water/

干ばつで穀物の生産が低迷し、輸出を一時停止していたロシア
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM05037_V00C10A8MM8000/


「シリア内戦の要因の一つは干ばつである」という説を発表した研究者たち
http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/04/climate-change-fuel-the-syrian-conflict_n_6797512.html

世界水の日について
http://www.wateraid.org/jp

 

YouTubeで知ろう!今わたしたちにできること :水と衛生 
       https://www.youtube.com/watch?v=MGytIaD3rUA&list=PLCPvwVZQ-4mP-ooVam9-sgAgFZtxEHtED

 

  

 

 

 

 

 

 


タイリース・ギブソンへのインタビュー

不定期に連載しているWe Dayのスピーカーへのインタビ

ュー。今回は、俳優のタイリース・ギブソンへのインタ

ビューです!

 

https://www.we.org/2016/08/16/off-the-stage-tyrese-gibson/

 

タイリース・ギブソンがWE Day に登場すると、会場にいる

私たち全員に、いつも素晴らしいひと時をもたらしてくれま

す!タイリースが大きなスクリーンの中でキックするアクシ

ョンシーンはよく見かけたことがあるかもしれませんが、

社会活動にも熱心で、都市部に住む若者たちを支援してい

ることは、あまり知られていないかもしれません。TheLo

veCircleという財団は、ロサンゼルスのサウスセントラル

地域のボーイズ/ガールズクラブと共に協力しながら、

地域の若者が夢を実現できるような環境作りをしていく

ための支援を行っています。2015年

の秋、私たちはタイリースと協力してサプライズで彼

の母校の高校の生徒たちを訪れたこともありました。

以下、 タイリースへのインタビューです!

 

母校のLocke高校の生徒たちを、サプライズ訪問で驚かす

あなたの様子は、とても素晴らしかったです。2015年の

秋でしたね!WE Dayとともに活動をして、子どもたちの

夢を叶える支援を行うことは、あなたにとってどうして重要なことなのでしょうか?

 

『貴団体の好きな所は、子どもたちに対して「子どもだからと

いう理由で遠慮しなくて良い。素晴らしいことをやって良いん

だ」というメッセージを送っているところです。不安や恐怖、

何かトラウマになるほどの経験は、ものすごく人生が変わって

しまいますよね。子どもたちが、そのような深刻なことをこう

いう場であえて話して、会場にいる子どもたちが、その話を聞

き、それぞれ自分なりに感じ取って考えていくのです。』

 

『WE Dayのステージに立つと、正直に言うと、まず私に興奮

している子どもたちが見えます。人は有名人というのが大好き

ですからねえ。子どもたちが普段テレビで見ている、お気に入

り俳優や歌手のパフォーマンスを見ている時の表情も愛しいで

すね。しかし、有名人に会えた時の興奮は、一時的に子どもた

ちのWe Dayでの思い出を取り繕っているだけに過ぎません。

子どもたちが一生忘れられない経験をするのは、スピーチを聞

いている時や、会場で流れる動画を見ている時に、動画やスピ

ーチから出てくる想いに共感したり、感情を感じ取っている時

です。トラウマになるほどの経験や、困難なできごと、不安や

いじめなどと闘っている子どもたち、少女に少年、トランスジ

ェンダーの子どもたちや障害のある子どもたちが、力を振り絞

り行動を起こそうとしている経験などについてスピーチーなど

をしている時、会場にいる子どもたちの心の中で、いろいろな

モノが響き合っているのです。』

 

(訳注:トランスジェンダー:生まれたときに法律的/社会的

に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人のこと。NH

Kの福祉ポータルサイト、ハートネットから引用)

 

『幼い男の子が昨夜(WE Dayのイベント中)、ステージに上

がってきました。彼には参りました!37歳の私が!この子に

は本当に影響を受けました。私からすると、まさにそれがWE

Day、WE(旧のフリー・ザ・チルドレン・カナダ)の活動の輝き

のように見えました。これは大きなできごとでした、WE Dayに

参加できて誇りに思います。私の小さな出演作品の一つになりま

した。私たちは、みんなでアクションを起こして、人々の人生に

良い影響を与えようという思いを持ってここにいるんですよね。

とにかく、参加できて本当に良かったです。幸せに思います。』

 

あなたがこのイベントに参加してくださるなんて、これほど光

栄なことはありません。今朝は、娘さんと一緒いらっしゃいま

したね。今お話して下さったようなことについて、娘さんにど

のように伝えていらっしゃるのかを教えていただけますか?

       

『私は、何が現実に起こっているのか、真実をありのまま娘

に話すようにしています。見聞きしたことも含め、これまで

経験したことが、彼女にとって人生の全てになるからです。

おとなは、子どもたちに対し、彼らが普段見ていることや経

験している世界の向こう側に広がっている別の世界について

も、話をして、教育していくべきです。子どもたち見聞きし

ていることは、子どもたちにとって、やがて普通のことにな

っていきます。父親として、娘をここに連れて来ることが、

娘に現実に起きている事を知らせる良い機会になるのです。』

 

(翻訳:翻訳チーム 山田あさ子:文責 清田健介)

 

「トランスジェンダー」の箇所の引用、参照先のウェブサイトのURL

 

 

http://www.nhk.or.jp/heart-net/themes/lgbt/

 

タイリース・ギブソン

 

 

 


<<back|<123456>|next>>