アルゴリズムによって分断されている、私たちのインターネット

クレイグとマークのコラムの紹介です。
https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/internet-algorithms-dividing-us/

 

検索エンジンって、魔法みたいですよね!ネット上で質問を

入力すれば、何かしらの答えが必ず出てくる訳ですから!

 

しかし、その検索結果は、平等性を担保したものではありま

せん。みなさんの現在地、過去の検索履歴、SNSでの閲覧

履歴などに基づいて、各個人に特化したものしか表示されて

いません。いまみなさんが使っているインターネットは、実

はみなさんひとりひとりだけに与えられている世界なのです。

 

バンクーバー在住の旅行ライターが「ベネズエラ」と検索し

た時に表示されるのは、現地で必見のレストランかもしれ

ません。一方、ニューヨークの人権派弁護士が同じ単語を

検索した時に表示されるのは、現地で続く政治弾圧の最新

情勢を伝えるニュースかもしれません。

 

検索結果が、私たちの普段のネット上での行動で変わって

くるということを、私たちは普段あまり意識していません。好

みのレストランを探す時には、それはとても有難い検索エン

ジンの特性でしょう。しかし、情報を入手するという点から見

ると、これは問題です。情報が大量に出てくる一方で、どん

な情報を見逃しているか分からなくなってしまうという事態

が起こってしまいます。

 

ロイタージャーナリズム研究所の2016年の調査によると、

カナダ人の75パーセントが、ネットでニュースを見ています。

そして半数近く(48パーセント)が、SNSでニュースを読んで

います。ニュースのみならず、エンタメ、リサーチ、何か元気

が出るような言葉を探す時など、私たちは本当に何でもネッ

トに頼っています。

 

インターネットは、様々な情報が詰まった宝箱のはずでした。

しかし、実際のインターネットは、私たちの見たいものだけを

見せて、私たちを分断しているのではないでしょうか?

最新式のアルゴリズムは、私たちを裏で操っているかのよう

です。私たちの好みを認識し、見せるべきコンテンツを識別

しています。

 

アルゴリズムの機能によって、私たちはお気に入りのバンド

が私たちの地元に来た時、いち早くその情報を手に入れる

ことができます。お気に入りの店のバーゲンセールもいち早

く知ることができます。実は、そのアルゴリズムこそが、「Fac

ebookの友達は、政治的な意見が私と同じ人ばかりだ!」(だ

から私は正しい!)と感じてしまう理由でもあります。Faceboo

kのニュースフィードは、みなさんの「いいね!」を基に、各ユ

ーザーが共感しやすい内容の投稿を優先的に表示している

のです。つまり、Facebookのニュースフィードは、議論が巻き

起こる「白熱教室」ではなく、「心地良いぬるま湯」になってい

るのです。

クリック数を稼ぐための競争が激しいインターネットでは、あ

らゆる場所にアルゴリズムが導入されています。検索エンジ

ン、既存メディアのウェブサイト、ネットフリックスのアカウントに至るまで..

このようなパーソナライズ化は問題を引き起こすでしょう。ただでさえ、フ

ェイクニュースや、政治的イデオロギーの対立の激化によって、既に社

会の分断が進んでいる現在です。アルゴリズムの進化は、そのような分

断に拍車をかけることになってしまうでしょう。政治の問題や人種差別、

性差別など、あらゆる問題を自分の色眼鏡だけで見るようになってしま

います。

 

TEDのプレゼンテーション『危険なインターネット上のフィル

ターに取り囲まれた世界』のプレゼンターとして知られる、

イーライ・パリザーは、英紙ガーディアンとのインタビュー

で、この問題にも言及しています。「問題は、市民の人た

ちが、多様な情報に接する機会を失うどころか、それに気

づくこともなく、且つ何の違和感もなくやり過ごせてしまうと

いうことです。」

 

ネット上で多様な視点を見る経験をするということは、社会

問題に積極的に関わる態度を養い、情報や知識を身に着

け、自分とは異なる立場の意見にも共感できる態度を養う

ということにもつながっていくでしょう。

 

技術的には、プライバシー設定の変更も可能ですが、ネット

上での行動を少し変えることで、アルゴリズムに対抗するこ

ともできるのではないでしょうか?

 

アルゴリズムには、私たちのクリックが反映されます。です

から、まずはそのクリックから変えてみるのはどうでしょうか?

 

みなさんが同意できない内容の記事や、意見をクリックして

みて下さい。多様な声をSNSで見つけて下さい。あなたの考

えや意見に、真っ向から反論するような、映画やウェブサイ

トを見て下さい。
 

大事なことは、私たち自身が、積極的に情報を求めていくこ

とです。自分たちとは異なる意見を、積極的に求めていく姿

勢が、私たちの社会にある多様な声を発信できるメディアの

形成につながっていきます。そして、私たちも多様な情報に

接することができるようになるのです。

 

今は、情報が指一本で探せる時代です。しかし、私たち

がいま抱える社会問題を考えていくための材料となる、

洗練された情報、確かな情報に基づいた意見や見識を

見つけるのが、今ほど困難な時代はないと言わざるを

得ません。恐らく、その困難さはどんどん増していくの

ではないかと思います。

 

参考リンク

 

個人に特化した検索結果が作られる仕組み

 

https://www.hivelocity.co.jp/blog/31204/

 

カナダ人と同じく、日本人もネットでニュースを読む習慣が定着

 

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/08/09/26475

 

政治観によって、表示される内容が異なるFacebookのニュースフィード

 

http://jp.wsj.com/articles/SB12363839694362934444104582075542920636580

 

フェイクニュースの問題

 

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3929/1.html

 

イーライ・パリザー:危険なインターネット上の「フィルターに囲まれた世界」
 

https://www.youtube.com/watch?v=B8ofWFx525s&vl=ja

 

ガーディアンのパリザーへのインタビュー(英語)

 

https://www.theguardian.com/media/2017/jan/08/eli-pariser-activist-whose-filter-bubble-warnings-presaged-trump-and-brexit

 

アルゴリズムは、みなさんの検索履歴を記録し、みなさん最適だと思われる情報・広告をみなさんに表示しています。

 

 


ドラマ「13の理由」から、映画やテレビでの、こころの病気の描き方のあり方について考える

クレイグとマークのコラムの紹介です。

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/13-reasons-tv-can-smart-mental-health/

 

「自傷行為をして叫ぶ少女は、白衣を着た病院のおとなた

ちに抑えつけられ、看護師たちが、鎮静剤の注射を打つ準

備をしている..」 映画「17歳のカルテ」に出てくるこのシーン

を見ながら、エミリー・ニコラス・アングルの頭に、ある疑問

が浮かびました「これが、私の姿なの?」

 

エミリーは、若い女性として、重度のうつ病と不安障害と向

き合いながら生きてきました。しかし、エミリーテレビや映画

で見る、自分と同じような境遇の人たちの姿は、固定観念に

基づいた、極端なモノばかりでした。すなわち、拘束されて、

どこかに収容されている人たちばかりが描かれていたので

す。エミリーはこまで多くのことを乗り越えてきましたが、メデ

ィアのお決まりのうつ病や不安障害の描写によって、恐怖感

を覚えてしまったことを、今も忘れられずにいます。

 

動画ストリーミング配信サイト「ネットフリックス」配信のドラ

マ「13の理由」が、十代の子どもたちの自殺の問題に関す

る描写を巡って、世界中で論争の的となっています。このド

ラマはヒットしましたが、その代償として、「こころの病気につ

いて、どのように発信をしていくべきなのか?」という課題を、

アメリカの芸能界に残していきました。専門家は、芸能界は、

こころの病気を抱える人たちの描写に関して、まだ改善の余

地があると指摘します。特に、若者に大きな影響力を持つコ

ンテンツの場合は、痛ましい記憶や感情を呼び起こしてしま

う可能性のある内容に関しては、細心の注意を払うべきだと

指摘します。「13の理由」をきっかけに起こった論争は、エン

ターテイメント・メディアが、こころの病気の問題を、どのよう

により正確に発信できるかについて考える、絶好のチャンス

です。

 

「こころの健康に課題を抱えている人たちが直面する最大

の問題は、『社会の偏見』です。その偏見を煽っている最大

の要因は、メディアでの描かれ方にあるのです。」ボストンを

拠点に活動するプロデューサーで、こころの病気に関するラ

ジオ・テレビ番組、ドキュメンタリー映画で賞の受賞歴もある、

ビル・リキテンスタインはこう語ります。

 

リキテンスタインは、架空のキャラクターは、こころの病気を

抱えている人たちへの偏見を減らすことができる可能性もあ

ると指摘します。そのためには、極端な固定観念に基づいた

描写を避け、こころの病気を抱えているキャラクターを、肯定

的に描くことが必要です。そして、そのキャラクターを、「こころ

の病気を抱えるキャラクター」として描くのではなく、「一人の人

間」として描き、こころの病気はその人の一部でしかないという

ことをしっかり伝えることが必要です。リキテンスタインは、その

ような描き方がきちんとできている事例として、ドラマ「HOMELA

ND」の主人公、キャリー・マティソンを挙げます。ドラマでは、マ

ティソンが自身の双極性障害と向き合いながらも、優秀なCIA

職員として活躍する様子が描かれています。

 

テレビドラマの制作者の視点から考えた場合、自殺という

のは、テレビドラマを劇的な展開にさせる要素があること

は確かでしょう。しかし、番組を見ている視聴者は、こころ

の病気を抱えている人たちに待ち受けている結末は、実

際にはそのような悲劇ばかりではないということを知るべ

きです。リキテンスタインは、現実にいる人たちに近い境

遇のキャラクターを描くことで、多くの人たちが、こころの

病気を乗り越えるためのヒントを得ることができると指摘

します。「ポジティブな結末」をテレビで描くことは、現実の

世界でこころの病気に向き合っている人たちを、励ますこ

とにもなるのです。

 

今私たちが書いたようなことは、若者にとってとりわけ重要

であるということを、エミリーは指摘しています。エミリーは

指摘しています。エミリーは現在、トロントのReframe Healt

h Labsで、 Director of Health Engagement and Communic

ationsを務めています。「大半の若者は、物事が好転したと

いったような経験をすることは、あまりないですからね」 エ

ミリーはそう語ります。

 

若者たちが、例えば好き映画を通じて、困難を抱

えた人たちが回復を果たして、力強く歩んでいく様

子について学ぶことだって、やろうと思えば可能な

訳です。

 

さらに多くの情報や、リソースの提供も必要です。「映画や

テレビが変わるだけでは不充分です。若者たちに、そのよ

うなコンテンツを冷静に読み解く力(リテラシー)を身につけ

てもらう機会をつくることも大事です。」若者のこころ病気に

関するエキスパートである、ダルハウジー大学の、スタン・

カッチャー教授は、そう指摘します。

 

映画やテレビ番組自体も、この問題の解決に深く関わるこ

とができます。台詞の中でこころの病気について扱うことも

できますし、番組の終わりに、関連するウェブサイトを紹介

することもできるでしょう。また、ドラマなどであれば、番組

を見ている子どもたちや保護者に向けて専門家の意見を

紹介する特番をつくることもできます。「13の理由」では、

番組出演が、ドラマの中で登場するこころの病気の問題

について、専門家とディスカッションする番組を配信して

います。

 

そして、「専門家に相談するだけ」というのも、取り組みとし

てはまだ不充分です。専門家に意見を聞いて、それで終わ

りにするのはやめましょう。プロデューサーは、こころの病気

を抱えて生きている当事者の人たちや、当事者団体や支援

団体とも意見交換をするべきです。そして、当事者の人たち

にも共感してもらえるようなキャラクター像を作り上げ、番組

や映画を通じて、より健全なメッセージを発信していく必要が

あります。

 

エンターテイメント・メディアには、エイズから、同性愛者

の権利向上に至るまで、あらゆる社会問題を改善・解決

するために重要な役割を果たしてきたという歴史があり

ます。こころの病気に関する社会からの偏見を、取り除

くことができる力も、絶対に持っているはずです!

 

参考リンク

 

ドラマ「13の理由」を巡る論争

 

http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/34547.html

 

製作者側の見解

 

http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/34514.html

 

おまけ

 

ケビン・ブリール: うつ病をわずらうコメディアンの告白(TEDトーク)

 

https://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20161024-00001830-ted

 

デミ.ロヴァートは、自身のこころの健康に関する経験についても、オープンに話しています。こころの病気を抱えながら、力強く生きていく人たちを追ったドキュメンタリー映画『Beyond Silence』のエグゼクティブプロデューサーも務め、こころの病気を抱えた人たちに対する偏見の解消を進めるための活動を行っています。

 


思いやりの気持ちを持って、みんなで社会を良くする方法

ドレス・フォー・サクセス・オタワの創設者のマレーネさんは、

二人の子どもたち育てている母親です。今回は、そんなマレ

ーネさんが、親子で地域に変化をもたらしている様子をご紹介します!(清田)

https://www.we.org/stories/dress-for-success-ottawa-marlene-floyd-talks-charity-and-parenting-tips/

 

カナダのオタワ市で初めてドレス・フォー・サクセスの活動が

始まった日、オタワ支局の共同設立者で、多くの支援活動の

管理者でもあるマレーネ・フロイドは、「一年ぶりに社会復帰を

果たそうとしている女性」に出会いました

 

(※訳注:ドレス・フォー・サクセスはニューヨークを本部とし

たNPO団体。DVで苦しんでいたり経済的に困難を抱えてい

る女性たちの自立を目標に、就職活動用のスーツの寄付や

キャリアアップのための様々な支援活動を行っている)

 

彼女は、DVシェルターから店頭に着きました。このお店は、

団体の活動理念である、「女性たちの経済的自立を支援す

る」という理念に基づいて運営されています。来店したばか

りのこの女性客は、このお店について、どのような感想を持

つでしょうか?

 

このお店で繰り広げられようとしていることは想像がつきませ

んでしたが、この女性客について、一つだけはっきりしていた

ことがあります。それは、試着でスカートを履こうとしないとい

うことでした。

マレーネはそこに注目しました。女性客に対し思いやりを持

って接したり、笑いを引き出したりすることで、徐々に2人は

お互いに親しみやすい雰囲気になりました。マレーネは、客

が綺麗にプリーツの整ったカルヴァン・クラインのスカートの

スーツを試着してみようと思うタイミングを分かっていたので

す。スーツを試着すると、彼女は自分の姿に驚きました。鏡

越しでマレーネに背を向けていても、喜ぶ姿を見て彼女は

嬉しく思いました。その女性は、背が高くて大きな声で笑う

人でした。

 

「とても親切に対応してくれてありがとう。」と彼女はマレー

ネに言いました。

 

その瞬間、マレーネは、自分の転職(前職は政府関係職で

す)は正しかったと、改めて感じました。

 

マレーネを政治の道に導いたものは、ドレス・フォー・サクセ

スの活動に彼女を導いたものに似ていました。マレーネは、

若い頃から、自分と同じ女性を応援したいという気持ちを育

んできました。ドレス・フォー・サクセスでは、女性に影響を与

えられるというこことを、直接マレーネ自身の眼で確認できた

のです。

 

「よく私たちは、女性たちが社会で最下層の待遇を受ける

のを目にします。」とマレーネは指摘します。「彼女たちが

ここに来てくれる理由は、とても単純なことかもしれません。

このスーツを着てみてください。自信のなかった彼女たちの

肩が上がっていくのが分かるでしょう。彼女たちは、自分が

美しくなるのを分かっています。彼女たちの心にある心配事

を、スーツによって取り除いて、自分たちの能力に自信を持

つことができるようになるのです。」

 

カナダのノバスコシア州の小さな町で生まれ育ったマレーネ

は、故郷の町で女性が直面する状況に自然と詳しくなってい

きました。その中でマレーネが分かったことは、経済的な自立

ができない状況が深刻であればあるほど、女性たちが搾取さ

れ、そのような境遇から逃れることができないということです。

彼女の両親は、生まれ育った地域に恩返しとして、行動で示

すことが重要だと考えていました(両親は地元の消防活動の

ボランティアに熱心に取り組んでいました)。マレーネ自身は、

自由党員として長くボランティア活動を行ってきた経験がありま

す。そのような経緯のある彼女が、女性たちの生活をより良くし

ようとする組織を設立する転機を迎えたということは、ある意味

でとても自然なことといえるでしょう。

 

(※訳注:自由党:自由主義を党是とするカナダの政党。カ

ナダのジャスティン・トルドー現首相が党首を務めており、

現政権の与党でもある。)

 

「この活動は、単にスーツを寄付するだけではありません。」

とマレーネは言います。「女性たちひとりひとりが、社会的・経

済的地位を好転させて、力強く生きていくことができるよう支援

しているのです」

 

ドレス・フォー・サクセスでは、この考え方がすべて活動にお

いて重要です。活動では服を寄付することとは別に、客のた

めに「ドレス・リハーサル」を行います。ドレス・リハーサルで

は、地域の企業の人事担当者が主導して、就職試験の面接

の練習を行ったりしています。また、地域の企業が主催する

かたちで、ワーク・ライフ・バランスのような問題に関するワー

クショップを行っています。また、 ドレス・フォー・サクセスでは

、ファイナンシャルリテラシーを身につけることができるプログ

ラムも実施しています。

 

このような取り組みは全て、社会復帰を後押しするために

不可欠だとマレーネは説明します。「女性たちを励ますこと

などを通じて、彼女たちに自信を持ってもらうこと、社会人と

して活躍するためのスキルを身につけてもらうことが重要です。」

 

私生活では、2人の子どもの母親であるマレーネは、仕事

を通して得た生活の教訓を、育児にも活かしています。特

に大切にしているのが、地域や社会を良くするために、ア

クションを起こすことの大切さを教えることです。マレーネ

の教育により、4歳のメイルと1歳のエロディは社会の中で

の女性の役割を理解して育つことでしょう。そして、どのよ

うに女性たちをサポートすることが地域全体を支えていくこ

とになっていくのかを理解していくことでしょう。

 

「社会は、人々が手を取り合って行動を起こせば、より良い

方向に変えていくことができます。行動を起こせば、生きや

すい社会を造っていくことができるのです。大切なのは、誰

かを支援したいと思う気持ちです。」とマレーネは主張しま

す。「ドレス・フォー・サクセスは、地域が一体となれること

を示す、素晴らしい事例の一つとなっています。特に、地

域も女性たちが、集える素晴らしい場となっています。」

 

4歳のメイルでさえ、周囲の変化に影響する自分の能力に

気づいています。ドレス・フォー・サクセスの活動が小さな

ブティックから大きな店舗に移転することになった時、マレ

ーネはメイルに作業を手伝ってもらいました。その日の夜、

メイルは眠りにつく前に「ママ、私今日、お店に来る女の人

たちを助けたんだよね?」と一日を振り返りました。

 

地域を変えるチェンジメーカーとしての経験を活かして、自

身の子どもたちに、ボランティアや思いやりを持つことの大

切さを、マレーネがどのように伝えているのかを見てみましょう。

 

[私は、子どもたちに『自分たちも社会の一員である」ということを伝えることが重要だと思っています。私たちが持っているものを、みんなが当たり前に持っている訳ではないということも」

 

地域に関心を持つ子どもに育てるために、マレーネが提唱

する5つのポイント:

 

1.「子どもたちに、自分たちは社会の一員であることを教え

てください。」

 

マレーネにとって、社会の一員であるという自覚を子どもた

ちに持たせるということは、子育てにおける重要な目標です。

去年のクリスマスは、マレーネ一家は近所の家を周り食べ物

を寄付してもらい、その集まった食べ物を必要な人に届けると

いう慈善活動を行いました。この活動は、メイルとエロディが「

みんなが食べ物を当たり前に食べられる訳ではない」という事

態を知らせるのに役立ちました。「年齢によっては、自分が地

球という世界の一員であるということを認識するのは難しいか

もしれませんが、小さなことから始めることはできます。」と、マ

レーネはいいます。マレーネは、まずは子どもたちに家族の一

員であることを教えることから始めて、次に近所、その次に地域

、そして国との関わり、世界へと範囲を広げて教えていくことがで

きると提案しています。「やがて、子どもたちは自分たちが世界と

いう大きな枠組みの一員であることを認識するようになるでしょう。

 

2.「子どもたちの年齢に合わせた方法で、子どもたちと話し

ましょう。」

 

両親の会話を聞いたり、メディアを見たりする中でも、幼い

子どもたちが常に様々な情報を得ていることをマレーネは

分かっています。「私たちは親として、子どもたちが理解で

きるやり方で、得た情報を処理できるように手伝わなけれ

ばなりません。」今年の1月にケベックで起こった、モスク襲

撃事件の際は、マレーネは二人の娘を夜通しかけて現場に

連れて行き、目の前の現実を説明する時間を作りました。

私たちは、子どもたちとケベックで起こった事件について話

しました。」と彼女は言います。「私たち家族は、非常に簡単

なやり方で支援を行いました。とても悲しんでいる友達を支

えに行くのは当然のことです。地域の一員として、仲間を思

う気持ちを示すべきです。」

 

 3.「ご自身に合った方法を見つけてください。」

 

仕事を上手にやりくりしたり、子どもをきちんと育てたり、自

分自身のための時間を作ることは不可能であると、マレー

ネは認識しています。「料理をしたくない時は、子どもたち

にはマクドナルドを食べてもらいます。子どもたちは、約束

した時間以上に、動画ストリーミング配信サイト『ネットフリ

ックス』を見てしまいます。子どもたちの歯を磨くのを何日

か忘れることもあります。私は完璧な母親ではありません。」

母親ができることは、子どもたちの大事な時に、必要な選択

をしてあげることです。マレーネは、自身に対するこの質問の

答えを、子どもたちに行っています。それは「私は子どもたち

に何を教えてあげられるだろうか?」ということです。彼女の

場合は、ボランティアイベント全体の管理者としての役割も

あり、その質問の答えは次のポイントに関連しています。

 

4.「可能なら、子どもたちを一緒に連れて出してください。」

 

マレーネによると、これは二つの教訓を教えてくれます。そ

れは、一緒に連れ出すことで、子どもやちが、地域でのボラ

ンティア活動や、変化を起こすためにアクションを、日々の生

活の一部として当然のものと認識するように導きます。また、

子どもと一緒にいることで、団体側も、実質的に、ボランティア

の一員として、家族や子供たちと接するようになります。「確か

に、子どもたちは主要な仕事や活動ができる歳ではありません。

でも、梱包したり、物品を整理整頓したりすることはできます。」と

彼女は言います。「家族で一日がかりの活動は難しいかもしれま

せんが、一時的でも1、2時間なら参加することはできると思います。」

 

 5.「子どもたちにとって必要なものと、子どもたちが望むも

のをはっきり区別して下さい。子どもたちが望むものが彼

らのためにならない場合は、はっきり『ノー』と言って下さい」

最後に一番難しいポイントが残っていました。これが、マレ

ーネが母親として苦労してきたことです。子どもたちが育つ

につれて、求めるもの全てを与えてばかりではいけないとい

う決断をするのは、とても難しいことです。これには試行錯誤

が予想されます。母親としてマレーネは毎日学習し、成長して

いるのです。マレーネ自身の母親との思い出深い経験は、彼

女を目標に向かって動かす原動力となっています。「母はかつ

て、私に謝ったことがあります。」と彼女は言います。「あなたの

欲しいものを全部あげられなくてごめんなさい。」私は「ママ、あ

りがとう。ママは私に必要なものを全部くれたよ。」と答えました。

 

 

(原文記事執筆:サラ・フォックス  翻訳:翻訳チーム  山田あさ子 文責:清田健介)

 


<<back|<123456>|next>>