フィリピンスタディツアー報告

皆さんこんにちは!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

2019年3月25日〜3月31日までフィリピンスタディツアーを実施しました。

第12回目、参加者がどんなことを学び、感じたのか報告が届いているので紹介したいと思います!

 

第一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2160

第二回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2231

第三回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2232

第四回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2233

第五回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2235

第六回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2236

第七回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2237

第八回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2238

第九回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2241

第十回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2242

第十一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2243

 

まだフィリピンスタディーツアーのブログを見てない方は是非こちらのURLからご覧ください。

1日目           http://ftcj.jugem.jp/?eid=2107

2日目・3日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2108

3日目・4日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2109

5日目・6日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2112

 

第12回目【MF】さんの報告を紹介します

【フィリピンスタディツアーに参加した理由】
先進国ではない国に行ってみたかったから。
スタディーツアーでは旅行ではできない体験ができると思ったから
学内選考で選ばれたから。
貧富の差に関係なく教育が受けられるシステムを作りたくて、まずは現地に行き状況を知ることが重要だと考えたから。

【一番印象に残っているプログラム】  
スラムの子が厳しい生活の中でも希望を持って生きていたこと。
私の中の”かわいそう”、”不幸”という偏見が消えたから。

【参加前・参加後の自分自身の変化】     
貧困や教育格差を見てより実感が湧いた。
今までは数値やデータばかりを見て、貧困や教育格差を”問題”としてしかとらえることができなかった。
しかしこのスタディーツアーで実際に現地に赴き、彼らと話して、触れ合ったことで、みんな同じ人間なんだということを感じました

彼らは確かに貧困の中にいるけれど、私達と同じように感情があって家族がいて友達がいてそれぞれ個性があって楽しいときは笑い合って辛いときは助け合っていて、だからスラムの人たちを”貧困”という側面だけで捉えるのは良くないし失礼だと思った。
ボランティアや支援も、”貧しくてかわいそうだから先進国の私達が助けてあげる”のではなく、困ってる人と話し合ってその人に必要なサポートをすることが大切なのだと思った。サポートする側とされる側に優劣はなくて、どちらも対等な人間だという意識を忘れてはいけないとおもった。

【今やっていること】
友達に経験したことを伝える
世界一大きな授業を学校で実施
お土産を渡すときにフェアトレードのドライマンゴーだよと伝える

【これからやろうと思っていること】
e-educationという貧困地域を中心に教育を届ける活動をしているNGO団体の活動に参加する
大学ではフェアトレードや教育格差改善に取り組んでいるサークルに入る

 


フィリピンスタディツアー報告

皆さんこんにちは!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

2019年3月25日〜3月31日までフィリピンスタディツアーを実施しました。

第11回目、参加者がどんなことを学び、感じたのか報告が届いているので紹介したいと思います!

 

第一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2160

第二回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2231

第三回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2232

第四回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2233

第五回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2235

第六回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2236

第七回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2237

第八回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2238

第九回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2241

第十回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2242

 

まだフィリピンスタディーツアーのブログを見てない方は是非こちらのURLからご覧ください。

1日目           http://ftcj.jugem.jp/?eid=2107

2日目・3日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2108

3日目・4日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2109

5日目・6日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2112

 

第11回目【MK】さんの報告を紹介します

 

【フィリピンスタディツアーに参加した理由】
昨年8月にFTCJから行ったインドスタディツアーがとても衝撃的で新しい学びや発見がたくさんあり、なによりとても楽しかったので、今回も新しい出会いや発見、その場に住んでいる人々の暮らしを自分の目で見てみたいと思い参加しました。
また、2年後には社会人となる自分には、今何が出来るのか、やどんな大人になるのかを明確にするためにも参加を決意しました

【一番印象に残っているプログラム】  
私がこのツアーで1番印象に残っていることは、スラム街での事です。
バスから降りて訪問先の家に向かう途中はゴミだらけ。ゴミなのか家なのかの区別も怪しいほどのおびただしいほどのゴミが私の目に飛び込んでき、その山のようなゴミの中で仕事をする人住んでいる人がいることに戸惑い衝撃を受けました。
今までこのゴミ山を教科書や本で何度も見たことがあり、こんな場所で生活!?なんでそんなことになってんの?とそのゴミ山の存在を認識し実態を調べ自分なりに考えていたはずなのに、そんな私の考えや想像をはるかに超える現実がそこにはありました
たどり着いた訪問先は、ハエが飛び交う細い道を通った先にある5畳ほどの薄暗く質素な部屋でした。

床には紫の敷物が乱雑にひかれ、壁には太陽か人かの宗教画らしきものが飾られているのが印象的で、ここに人が住んでいるのか?と疑うほどの家でした。
不安定で経済的に苦しい生活の中、夢を描くことも叶わない場所で過ごしている方達からすると、私たち先進国から来た人間はどのように写っているのか、そんな自分は何をすればこの方達に幸せを感じてもらえるのか、など様々な事を考えさせられました。

【参加前・参加後の自分自身の変化】     
私はこのフィリピンスタディツアーに参加したことで、日本に居るだけではわからない様々な知識や現状を知ることができいつも無意識に目をつぶっていた現状にしっかりと自分の意思で目を向けることができました。
さらに、きちんとした環境で教育を受けることで子どもの可能性が大きく広がり、生活にも安定感が出てくると考えたことから教育の大切を痛感しました。
また、日本だけではなく発展途上国や貧困地域の教育にももっと深く関わりたいと思うようになり、先のことにはなりますが、フィリピンなどの教育があまり充実していない地域と、スウェーデンなどの福利厚生がしっかりしている地域と、貧困や教育格差が激しい日本などを自分の目で見て比較し、どうすればみんなが今も未来も幸せだと思える環境を作ることができるのか考えていきたいと思っています。
また、参加者のたくさんの考えや新しいものの見方などを知ることで、自分の考えも豊かになると同時に、同じ問題を同じ熱量で考えている人がいることへの安心感や心強さも生まれ、これからも頑張ろうと思える活力となりました。

【スタディツアーで経験したことを、どう活かす】       
私はこのスタディツアーで経験し感じたことを自分の中で終わらせるのではなく、友達や家族 報告会などを通して興味がある人ない人関係なく熱く伝えて行くことが大切で、今後取り組んでいきたいと思っています。
しかし、なかなか人には上手く伝わらず、ただ関心されるだけだったり、それで?私には関係ない。のような人だったりとなかなか様々な反応をしてくれますが、それでもこの現状を伝えることを諦めず挑んでいきたいと思っています。


フィリピンスタディツアー報告

皆さんこんにちは!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

2019年3月25日〜3月31日までフィリピンスタディツアーを実施しました。

第10回目、参加者がどんなことを学び、感じたのか報告が届いているので紹介したいと思います!

 

第一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2160

第二回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2231

第三回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2232

第四回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2233

第五回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2235

第六回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2236

第七回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2237

第八回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2238

第九回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2241

 

まだフィリピンスタディーツアーのブログを見てない方は是非こちらのURLからご覧ください。

1日目           http://ftcj.jugem.jp/?eid=2107

2日目・3日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2108

3日目・4日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2109

5日目・6日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2112

 

第十回目【CH】さんの報告を紹介します!

【フィリピンスタディツアーに参加した理由】
以前FreeTheChildrenJapanのボランティアに参加したことがあり、FTCJホームページでボランティアを探していたらこのスタディーツアーを見つけました。私は発展途上国の子供の教育について興味があり、将来は教育を発展させる仕事をしたいと思っています。そのために実際に行ってみて現状を確かめたいと思いました。

なぜフィリピンを選んだのかというと、一年前にニュージーランドの留学先でホストファミリーがフィリピン人で彼らの親切さに感動したからです。

【一番印象に残っているプログラム】     
トンドのスラム街での家庭訪問が一番印象的でした。トンドにはスモーキーマウンテンというゴミ山があり、ゴミの異臭がして呼吸をするのも大変気持ちが悪くなるような状態でした。私が訪問した家族はシングルマザーが6人の子供を育てており、父親は訪問した日の40日前に亡くなっていました。

母親は仕事がなく、親戚の家事の手伝いをして食事を提供してもらい、お小遣いをもらっていると言いました。お金がなくて生活に困っているため、4歳の男の子がゴミ山の周辺でペットボトルを探して集めて1日30ペソもらっていると聞きました。

この家族はとても衛生的とは思えないような場所で生活をしていて収入も安定しておらず、この先どうやって暮らしていけるのかとても不安な気持ちになりました。

この生活をどう思っているか聞いてみると、9年生の長女が「この生活は辛いけれど家族と暮らせれば幸せ。」と答えました。それを聞いた時は胸が苦しくなり、何も返す言葉がありませんでした。それだけ家族のことを愛していて辛くても一緒に支え合って生きているんだと思いました。
実際にスラム街で住んでいる人々に話を聞いて想像以上に苦労をしていることを知りました。

【参加前・参加後の自分自身の変化】     
参加前の自分は少し人見知りで素直に思ったことをそのまま話すことには抵抗がありました。しかし、ツアーの中で様々なディスカッションをやっていくうちに自分自身の考えをメンバーに伝えることが非常にスッキリして楽しいことだということに気づきました。フィリピンで体験をしたことを様々な人々に広めていきたいです。そのためにはまず、周りの人々に話していこうと思います。このスタディーツアーに参加して大きな自信が身につきました。

【スタディツアーで経験したことを、どう活かす】       
参加を決めたときに周りの友達や家族に話したところ、非常に心配されました。周りの人からみてはフィリピンはとても危ないところで行かない方がいいという考えを持っていました。私はフィリピンに行って危険を感じたことは全くなくて、非常に良い体験をして帰ってきました。まず、私がやりたいことはフィリピンに対して偏見を持っている人々に私が経験した事実を伝えていくことです。「危なそうだから行けない。」では何も変えることができません。発展途上国の現状を知るためにはその場に行って自分の目で確かめるしかないのです。

 


<<back|<123456>|next>>