希望の源となる水

作物を育てるための水が安定的に確保するのが困難だったインドの農地。

この地に水をもたらしたのは、ちょっと驚くようなアイディアでした。(清田)

https://www.we.org/stories/new-wells-benefit-farmers-in-rural-india/

 

 

 

まるでアニメに出てくるような青い空。無邪気に仮面をかぶったこの空が、地上で暮らす者を支配する威力を秘めているのです。

カールタ・ラマは、井戸、と言っても地面の下から草の上の高さまで突き出ている石の円形物の縁に腰をかけています。

85歳の今、手には樹皮のように深く荒々しく彫ったようなひび割れの筋が何本もあり、この土地で骨を埋める運命に黙って従う男のストイックな風貌が漂っていました。

 

カールタはここ、ラジャスタン州ヴェルダラの農村の農家の5代目です。少年時代は父親を手伝って手作業で井戸掘りをしました。

何十年間は農地は灌漑用の水で満たされていましたが、その後干上がるようになりました。

カールタや水源を共有するその他の農家は、非常に苦しい状態に陥っていました。農作物は枯れ、食べ物も底をついた状態でした。

 

WE Charity(フリー・ザ・チルドレン)がこのニュースを聞いた時、現地の活動チームの仲間が、かなり物騒な解決策を持ってやって来ました。

それは、ダイナマイトを爆発させたり、重機を使って井戸の内側を掘り起こすというものでした。

重機を制御しながら破砕していく作業がおこなわれたら、岩石の中の水脈が新たに分断されて、深さを増し、地下水の帯水層に蓄えられる確率が高くなると、WEの開発専門家は断言しました。

 

カールタは当時を思いだしてメワール語で話します:”Kisan darap  riya ha” 「みんな本当に震え上がったなあ」と。

 

カールタたちは1つの選択に直面しました:井戸が枯渇して行くのを唯じっと見ているか、それとも、より多くの水が湧き出るのを期待しつつも重機の力で彼らの生き延びる手段そのものを吹き飛ばすか。

 

以下は、自然と対峙する1人の老人の物語です。

 

自然の恩恵が順調である限り、母なる自然は大して気にも留めないものです。

ラジャスタンはインドの土地面積の10パーセントを占めていますが、地表水はたった1.1パーセントに過ぎません。

そこは極端に荒れた土地で、夏の日照り続きの暑さの後は突然モンスーンの雨になり、田畑が冠水しまいます。

住民は、雨が降らない時は、井戸と地下から水を引き出す試錐孔に頼って生活しています。ちょうど2年前、この地方は飲み水の危機に見舞われました。

地下水が充分補充できず、飲料や入浴に使ったり、また食器を洗ったり動物に水を与えるといった需要に素早く対応できませんでした。

 

 

 

これはカールタの村のような小さな部族のコミュニティには大問題でした。小さな土地に住む人達は農作物だけを生活の糧としています。

つまり、家族が食べるに十分なだけの種を蒔き、売るほど余分なものを作らないのです。彼らには飲み水が必要であり、主要な食料源となる野菜を育てるために水が必要です。

 

70年前、カールタが15歳の時です。彼の父親、祖父をはじめ近隣の土地の多くの農家が掘削する場所の探索を始めました。岩盤の査定もせず、地質図も持たず、彼らは近くの丘陵地帯の尾根を調査しました。そこは雨水がジグザクコースを通るように流れ落ちるところでした。底を見ると地下水がしばしば溜まっている小さな低地がありました。ここがいいだろう、と彼らは思いました。

 

幸運祈願のセレモニーとして、彼らは地面を砕く前にココナッツを割りました。

そのあと10人余りの男たちがバールやショベル、のみやハンマーで土や岩を叩きつけ、毎日6時間かけて手作業で石を割り、牛でそれを引っ張り出すという作業を続けました。

10代の少年カールタも参加しました。当時村には学校がなかったので自由に働けたのだと、彼は通訳を通して付け加えて言います。

農民は穴が雨水で満たされるモンスーンの雨季だけ作業をストップし、寺院に行って乾季にもこの水がずっと続きますようにと祈りました。

 

1年間掘って、周辺の土地に水を引くに十分な地下水を継続的に得られるようになりました。

夏にはトウモロコシ(the kharif crop)、冬には小麦(the rabi crop)を植えました。彼らの祈りは、神に届いたのでしょう―多少は。夏が来るたびに、水位は落ちて行きました。

 

小麦はよく水を欲しがる作物でねと、カールタは説明します。

この気候とこの作物の特異性からすると、植え付けから収穫まで、シーズンを通して、畑は6,7回潅水させなければなりません。

1軒の農家の畑で、毎回150,000リットルの水を吸い上げます。カールタの作物だけでも、1シーズンにつき100万リットルの水が必要でした。

手掘りの井戸では1日に30,000リットルしか取水できず、全ての農家に行きわたるには充分ではありませんでした。

そのためこれは大問題になりました。

 

農民は水の割り当てをしなければなりませんでした:誰の土地に最初に水を支給するか、何回行うか、最初に作付けしたのは誰か、誰の農地が井戸から最も遠いか、家族全員を養えるようにするのには、数をどう数えるのか、と言うように。

水位は低下し続け、取水が不可能なところにまで達しました。
 

全ての井戸が修復不可能と言うわけではありません。掘削に都合の良い岩や堆積物があればそれだけで狭いトンネルを支え、何万リットルもの水の保有の重圧にたえることもできます。

農民たちに話を持ちかける前に、WE Charityは水の循環調査を行い、実行の可能性を判定して、この井戸は深く掘られてもそれ自体では崩壊しないこと、また、事実、より多くの水を排出することを保証します。この地域では15基ごとに1基の井戸だけが調査の対象として選ばれます。

 

カールタの井戸は、2013年に選ばれ、彼はしぶしぶ、同意しました。WE Charityが機材を運び込み、機械の操縦者を雇い、この計画に資金を提供しようというものでした。

しかし、それには15軒の農家全員の承諾が必要であり、コミュニティの同意によって水源が枯渇することなく長期間利用できることが保証されるとの推論を基に、農民は肉体労働で作業に協力しなければなりませんでした。必然的に、カールタが他の14軒に対してダイナマイトの使用は実用的な選択であると説いて回らなくてはならないことになります。ほとんどの農民は学校に行ったことがなく、そのため査定の報告書を読むことができませんでした。

何の証拠があって、この事業が上手く行くと言えるでしょうか?

 

「これ以上もう農業はできなくなるんだぞ」カールタは事業を信じない農家に話しました。「だから、やってみようよ」と。

 

クレーンは狭い道を部品ごとに担ぎ上げて運び込まれ、作業現場で組み立てられなければなりませんでした。

ダイナマイトは大きな岩をほぐして細かくして手作業で割れるようにするのですが、今回は簡単に岩をクレーンでつり上げて出すことができました。

爆破は周囲の山で作業する人がいなくなり、道も人通りが少ない夜間に行われました。井戸掘りの専門業者は、先ず一掘りした後、地元の住民にあれこれと掘り方を指導し、岩の中のより深い水脈に突き当たるよう角度を変えながら掘り下げて行きました。

 

カールタは、井戸が一時的に壊され、中の土が手際よく積み上げられていく様子を見守っていました。

 

「作業が半分まで完成した時でも、まだ信頼できなかった」と、彼は認めて言います。「しかし、この心配は誰にも打ち明けずにいました」。この時はじめてそれを口にしたのです。

 

カールタとその先祖の人たちは、地下を300メートル掘るのに1年もかけてきました。今回は、同じ作業がか月で終わり、深さも60メートルに達しました。

復旧作業の中には水の保有を保つために1列にレンガを積む作業もあり、さらに、盛り土 ― 井戸の周りに積む石の縁 ― を追加して、水が溢れ出ないように、また、近隣の動物から出る汚水が入リ込まないようにしました。

 

井戸が完成すると、農家の信頼も元に戻りました。

 

 

復旧作業が終了すると直ぐに水量が増え、地下水の賦存作用の確率が高くなりました。

穀物の生産高は―トウモロコシも小麦も―共に伸び、新たな作付けシーズンの数も全般的に増えました。

大豆は今ではトウモロコシと並んで植えることができます。それまではどの作物も育てられなかったのに、いまではヒヨコマメ〈豆類〉が真夏の最も暑い時にも育ち、他の作物も雨が降らない時期でも生い茂っています。

 

井戸が改造されたおかげで、地下水の賦存作用率が1日当たり80,000リットルになり、耕作可能な土地の面積は4,840平方メートルから21,090平方メートルになりました。

カールタの土地だけでも、以前の648平方メートルから現在では2,522平方メートルにまで増え、家族への影響は計り知れません。

 

「家族の食料は充分あり、みんな元気。育てたいと思えば何でも育てることができますよ」。

 

改造以来、井戸は夏でも枯渇したことがありません。

 

今は冬で、カールタは腰の後ろで手を組んで、軍曹が自分の小隊を閲兵しているように、ゆっくりと小麦畑を歩いています。

この時期は、作物の茎の高さや色は、背の高い草と同じですが、春の収穫時までにはカールタの腰までの高さになり、彼の農地は緑から黄金に変ります。

 

2人の息子は成長してしばらく農作業を手伝って来ました。やがて彼らは土地を引き継ぐでしょう。

4人の孫がその後を、そしてひ孫が・・と代々受け継いで行くことになるのでしょう。

 

「昔よりもずっと長く休憩しています」カールタは語ります。

 

(原文記事執筆: ケイティー・ヘウィット  翻訳:翻訳チーム 松田富久子 文責:清田健介)

 


【学生時代に資金調達】インドのヴェルデラ村に建設された学校を視察してきました。

2018年7月からフリー・ザ・チルドレン・ジャパンのスタッフとして働きはじめた福井雄一です。僕は大学生の時に、インドに学校建設プロジェクトのグループを立ち上げ、インドの子どもが教育を受けられるようフリー・ザ・チルドレン・ジャパンのインド学校建設事業に寄付をした経験があります。その寄付によって2016年にインドの村に学校が完成したのですが、それ以来ずっと現地を訪問したいと思っていました。今回、その村を実際に訪問して資金協力をした学校を視察することができましたのでレポートします。

 

学生主体の国際協力グループを設立

僕は大学生時代に世界では学校に行けない子どもたちが存在することを知りました。インドはアジアで1番児童労働者が多い国といわれており、親の借金のために働かされている子どもたちも少なくありません。インドでは義務教育は6〜14歳までで、その間授業料は無償ですが、学校施設の不足、教員の不足、初等教育就学期の子ども40%の中途退学率などといった問題があり、こういった状況が少しでも改善されるようフリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)と協力してインドに学校を建設するためのプロジェクトチームを立ち上げました。

チームは主に大学生で構成し、メンバーはそれぞれ得意なことを生かして活動しました。例えば、自分の例をあげると、サッカーが大好きだったのでチャリティーサッカー大会を企画し資金調達をしました。また街頭での募金活動、インド料理の販売ブース出展による資金集めなど様々なイベントを通して2012年度、2013年度に渡って、活動しました。大学生のチームメンバーが主となってすすめてきた「インドに学校を建てよう」プロジェクトには、たくさんの方々にご協力頂いたお陰で、目標の175万円が集まり、2014年度からインドで学校建設事業がスタートし、2016年に学校が無事完成されました。

 

集めたお金はヴェルデラ村の学校の教室建設の費用として使われました。観光地としても有名なラジャスタン州にあるウダイプールの街から車で2時間以上離れたところに位置しています。

 

今回2018年の夏に開催されたインドスタディツアーにスタッフとして参加し、実際に学生時代に資金調達をして建設された学校を見学することが出来ました。

 

           

 

   学校を訪問すると学生たちが歓迎して花を首にかけてくれました。

 

学校に通っている学生と記念撮影することが出来ました。

 

 

この学校は小、中等教育一貫校で1年生から12年生までが学校に通っています。学校に新しく教室が建設される前は、

座るところを見つけるのも難しく、黒板を見ることもできず、勉強に集中することができず、そして雨がふると雨漏りがして、雨季には授業を受けることもできませんでした。また職員室もなかったため、子どもたちの個人情報などの書類が雨漏りなどで濡れてしまい保管する場所がなくとても困っていたそうです。

 

 旧校舎

 

 

しかし今回新しく再建された学校は職員室として使われることによって、雨漏りもなく、先生が作業できる場所もできたので、子どもたちの個人情報も安心して保管できるようになりました。

 

 

新しく建設された教室の中は広々としていて

校長先生や学校の先生が作業する場所にもなっています

   

 

学校の先生とも一緒に写真を撮ることが出来ました。子どもたちが安心して学校で授業を受けれるようになって、とても感謝しているとお話ししてくださいました。WE(フリー・ザ・チルドレン)による様々な支援によって、教室の設置、パソコンの導入、衛生的なトイレの設置などが実現され、現在は学生たちの成績が伸び、地域の模範校として注目されている学校にまで成長しています。

 

 

 

まだまだインドの村には学校の数が足りない、設備が整っていない、先生の数が足りない等、沢山の問題を抱えていますが、子どもたちは学校で勉強することが大好きで、沢山の夢を持っています。そんな夢を持った子どもたちの学校の環境の整えることに協力できたことを嬉しく思いました。本当にご寄付や広報など様々なかたちで多くの皆様のご協力なしでは「学校建設プロジェクト」による資金調達達成は出来ませんでした。ご協力して頂いた皆様本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


希望が産まれる場所

保健サービスなど情報を得ることが困難な環境にいるイン

ドの農村部の妊婦たち。ムルキ・バイは、そんな妊婦たちに

情報と支希望を届けています。(清田)

 

https://www.we.org/stories/woman-walks-miles-to-bring-health-care-to-women-and-children-in-rural-india/

 

 

ムルキ・バイは、妊婦を探して何日も歩き続けます。

 

インド、ラジャスタン州にあるカルタナ村で、アンガンワディ

支局のアシャと呼ばれる公認社会医療活動家として働いて

いるムルキ。アンガンワディとはインドの母子保健センター

で、検診、予防接種、栄養補助キット、6歳未満の子どもた

ちへの就学前教育等を無料で提供しています。そう聞くと、

アンガンワディは欧米諸国でさえ成し遂げられない福祉サ

ービスのメッカであるように思うかもしれません。しかし、日

々「まだ見ぬ患者」と向き合うムルキにとっては、毎日が現

実との闘いです。

 

焼けつくような夏の日も、猛烈な雨がふる春も、ムルキは丘

を越え、麦畑を越えて歩き続けます。「この仕事で一番辛い

のは、歩くこと」とムルキは言います。新米ママに子育ての

[いろは」を教えることではなく、命を育む時に訪れる不安を

解消することでもなく、苛酷な土地に足を一歩前に出すとい

う行為が一番辛いのです。訪問するのはカルタナ村にある1

4の集落。この数キロにわたって点在する集落をまわり、1日

に少なくとも10軒のドアをたたくのです。草の根運動的にドア

からドアを巡る啓発活動ですが、口伝えが唯一のコミュニケ

ーション手段であるこの地域の集落では必須であり、部外者

を寄せ付けない結束の硬い村びとに接触する有効な手段となります。

 

カルタナ村のアンガンワディがオープンしたのは20年以上

前。訪れる人はほとんどいませんでした。1975年、政府は、

都市のスラム街や農村部においてセンター設立を義務図け

る計画を発表しました。州政府は、1000人に一つという基準

を満たすつもりですが、インフラ整備や認知度が追い付いて

いません。アンガンワディが行うプログラムの対象である若

い女性や子育てが初めての母親等が姿を現すことはありま

せんでした。というのも、これらの女性たちのほとんどが、チ

ラシや児童福祉に関する新聞記事を読むことができないか

らです。

 

だから、ムルキは歩きます。

 

ムルキがカムラ・ガメティに出会ったのは、6ヶ月ほど前のこ

とでした。16歳で結婚したカムラは20代前半で、二人目の子

供を妊娠中でした。3歳になる長男ナレシが足元で遊ぶなか、

ムルキは出産時に病院に来るように説得しました。また、アン

ガンワディの無料予防接種や、予防薬、予測される合併症、ま

た緊急事態への早急な対応などについて辛抱強く説明しました。

カムラは、ムルキが何を言っているのか全くわからない様子でした。

 

それもそのはず、この時まで、カムラはちゃんとした医療を

受けたことがなかったのです。カムラも、そして息子のナレ

シも、出産前検診やヘモグロビン血液検査、骨盤内ガン検

診等受けていませんでした。聴診器をあてて、2つの鼓動を

チェックしたことさえありません。カムラとお腹の赤ちゃんだけ

が取り残されていたのです。

2015年から調査されている世界銀行の最新データによると、

インドの妊婦死亡率は10万人に174人の割合です。(同年、カ

ナダでは10万人に7人)この数字は徐々に下降しているものの、

国連の持続可能な開発目標に比べるとかなり高く、2030年まで

に世界の平均妊婦死亡率を70人までに下げるという目標を阻害

する要因ともなっています。世界で死亡した妊産婦のうち99パー

セントが開発途上国の女性であり、そのほとんどが防ぐことがで

きるものでした。

 

カムラが暮らすラジャスタン州は、新興工業国の中でも最

貧困地域であり、児童婚者や10代の母親が分娩中に死に

至るケースが多くみられます。ラジャスタン州の妊産婦およ

び乳児の死亡率はインド全体の平均より高く、歴史的、社会

的、経済的に取り残されてきた先住民出身者であれば、その

確率はより高くなります。

 

カルターナのアンガンワディ前で同僚と共に。(ムルキ・バイ(右))

 

ムルキからの提案を考えていた時、カムラは何のことだか

全くわからなかったと言います。ただ、初めて妊娠した時の

不安な気持ちだけを思い出しました。

 

「Darpani」と「santa ve」はカムラが使うラジャスタン州

の方言メーワーリ語の言葉。カムラは赤ちゃんが健康

に生まれてくるかどうか、いつも恐怖に怯えていました。

恐怖からくるストレスがお腹の赤ちゃんにも影響すること

も心配していました。ムルキは、最初にカムラを紹介して

くれた通訳者を通して、カムラと話を続けました。

 

いくらムルキが強く勧めても、いくら出産時の苦い思い出が

あっても、カムラは病院に行くことにためらいがありました。

病院、それは家から数マイルもはなれた、冷たい無菌室。

見知らぬ医者。3年前、カムラは、少し離れたジャルドホー

ル村の実家で子どもを産みました。その時は、助産師がナ

レシを取り上げてくれました。助産師と言っても正式なトレー

ニングを受けたわけではありませんが、村びとみんなから信

用されていました。

 

世界の多くの地域で実家で子どもを産むことを選ぶ母親は

多いですが、出産中に合併症を引き起こした場合は病院に

搬送されます。しかし、医療機関へのアクセスがないカムラ

のような女性たちにとっては、「合併症」という概念はありま

せん。出生時体重、内蔵発達、感染症、高血圧、逆子等の

知識もなく、貧血、仮死、子癇前症等の潜在的リスクについ

てはもちろん、その対策も知られていません。「正常な」分娩

とは、赤ちゃんが一命をとりとめることを意味し、「異常な」分

娩は死産を意味するのです。

 

そこにあるのは、生と死だけなのです。この両極端の間にあ

る様々な状況については、誰かが介入しない限り、知る由も

ないのです。

 

し3年前にムルキがカムラに出会ってセンターの宣伝をし

ていたとしたら、カムラはアンガンワディに来ようと思わなか

ったかもしれません。その頃のアンガンワディの建物は決し

て行ってみたくなるような代物ではありませんでした。藁と泥

を積み上げた屋根は雨が降るといつも水が漏れ、紙にインク

で書かれたカルテはモンスーンの季節になると傷みが激しく

なりました。妊婦と幼児に必要な、乾燥挽麦、砂糖、大豆、レ

ンズ豆等の必須タンパク質とビタミンがセットになった栄養キ

ットも湿気って駄目になってしまうような場所でした。
 
2016年、WE(フリー・ザ・チルドレン)が屋根と床を改装し、

家具や子ども用の冬物衣料、教育ポスター等を提供しま

した。壁側にオレンジ色のプラスチック椅子が積み上げら

れています。太陽のあたる前庭にはおもちゃがあり、子ど

もたちが緑色のプラスチック製揺れ木馬を取り合いっこし

ています。

 
ムルキが7年前にアンガンワディで初めて会った母親たち

のことを思い出して言いました。「私の事を怖がっていたん

ですよ。きっと、私の事を信じていいかどうかわからなかっ

たんだと思います。」

 

ほとんどの女性が学校に通うことができない中、高校卒業

資格を要するアシャになろうという人はそれほどいません。

ムルキは高校卒業時に政府のリクルーターから仕事のオフ

ァーがありました。ラジャスタン州の部族出身の女性にとって

はまたとないチャンスでした。現在、30歳で2児の母親である

ムルキは、医療関係に従事して部族の女性たちを援助すると

いう子どものころからの夢をかなえたのです。だから、ムルキ

は、カムラが妊産婦死亡率174人に入らないように歩き続けま

す。

 

 

 

改修工事以降、アンガンワディに訪れる人の数は増え、

防水加工が施された建物で医療が受けるようになりまし

た。WEの介入によって、建物がきれいになって、彼女の

説得が受け入れられるようになり、評判も上ったと言いま

す。WEのスタッフが共にドアを一つ一つ叩いて啓もう活動

を行ったおかげで、評判は更に上がりました。

 

いまでは、二人の男の子の母親になったカムラがアンガン

ワディのベランダで座り、太陽のもとで小さな影をおとして

います。カムラの傍らで黒板に落書きをしているナレシ。お

となの会話に退屈して、母親の気を引こうとしますが、カム

ラはヒンディー語で優しくたしなめます。下の男の子は2か

月前にケルワーラに近いサイラ病院で生まれました。ビノド

と名付けられたその赤ちゃんはブランケットにくるまれてい

ます。

 

カムラはマンタカードを作りました。彼女の名前で作った初

めての正式な健康記録書で、カムラの体重や血圧、またビ

ノドが予防接種を受けた日付、その他色々な記録が詳細に

記されています。「マンタ」とは、ヒンディー語で「母性愛」を意

味する言葉です。

 

 マンタカードには、出産前のケアや幼児期の発達について

のガイドラインも載っています。「子どもがだるそうな時は、い

つもより栄養を与えること。それでも、しんどそうにしていると

きは、医者を探すこと」とヒンディー語で書かれています。「2

歳までには、言葉を発するようになる」アンガンワディのスタ

ッフはカルタ村ナの新米ママがガイドラインを読むお手伝い

をします。ローテクではありますが、ママさんブログやたまご

クラブも読めない地域で、親になるという事をナビゲートする

のに役立っています。

 

 ビノドを抱えながら、カムラは、スケジュールにそって全て

のアドバイスを実行しました。野菜もたくさん食べました。最

初の子がお腹にいた時、「私の食生活がお腹の子に影響す

るなんて気付きもしませんでした。」出産後、カムラとビノドは

病院で48時間看護を受けました。

 

二人の男の子もアンガンワディの保健、デイケア、保育所

のサービスを受けています。もう少し大きくなると、WEで建

てた近くのカルタナ小学校を卒業することでしょう。カムラは

もっと子供が欲しいと思っています。できれば女の子を。女

の子が生まれれば、毎年8月にインドで行われるラクシャー

・バンダンという、兄弟と姉妹の関係を祝うヒンドゥー教の祭

礼に兄弟そろって参加することができます。姉妹はラーキー

と呼ばれる友情を示すブレスレットを兄弟の腕に結び、兄弟

は姉妹を守ることを誓います。兄弟の絆を固くする国を挙げ

てのお祝いなのです。

 

インドでは、女の子はいまだに軽んじられ、将来に希望をも

てないことも多いですが、カムラは、アンガンワディの同僚た

ちの支えもあって、希望を持ち続けています。事実、アシャは

日本語で「希望」を意味します。

 

ムルキは、白衣のようなボタンのついた青いシャツをユニ

フォームとして着用しています。シンプルですが、医療改

革のシンボル的なこのユニフォームで、赤地に金の刺繍

を施した伝統的なヘッドスカーフと大胆なサリーを覆えば

準備オッケー。さあ、ノックするべき次のドアが待っています!

 

(原文記事執筆: ケイティー・ヘウィット  翻訳:翻訳チー

ム 山田さつき  文責:清田健介)


<<back|<123456>|next>>