ケニアの農村部の女性起業家たち


今回ご紹介するのは、ケニアの女性起業家たちのグループです。

彼女たちは、お互いに支え合いながら、地域や家庭に変革を起こしています。(清田)

https://www.we.org/stories/kenyan-women-build-their-homes-with-financial-literacy-training/

 

 

元炭商人のローズ ・ムタイとTeeh Gaa女性グループの他の15人のママたちが月例集会を開きます。

彼女たちは ナイロビから車で5時間の未舗装道路の先を越えて、フェンスを越え、トウモロコシ畑を通り抜けてホストの家に着きます。
マンダジと呼ばれるチャイやドーナツを通して、女性たちはささやかな貯金を在宅銀行制度の中心であるグループの貯金箱に預け入れます。個人の貯蓄を積み立て、彼女たち自身が起業する際のローンを提供するためです。
 
「これは従来とは異なる考え方です」と、トウモロコシ農家で6人の母親であるローズはこれまでグループがやってきたことを笑いながら説明します。「視野が広がり、自分の小さな土地を耕す以上のことができると気づきました。私は起業できます。」

 

ケニアのナロク郡の農村部の女性たちは長年の夢であった起業のために貯蓄制度を利用します。

この貯蓄システムは、WE(フリー・ザチルドレン)が提供した便利なツールとトレーニングを組み合わせたものです。
 彼女たちは、新米の起業家であり、チャンスの道を切り開き、安定な収入を得る未来を確立するという、ちょっと意味深長な目標を目指します。 

 

女性たちは、互いの夢を支援し、収入を蓄えるために日々切磋琢磨しています。激しい経済的競争は尊重されず、実践もされていません。

 

現在、WEの「収入源の確保」事業は、知識習得に狙いを絞ったコーチングを通じて、ケニアで1,200人を超える女性を支援しています。これまで農村部の農民や若者にスキルと資金を提供していました。(この中には、ME to WE Artisansを通じて追加して雇用された1,400名を超える女性は含まれません。)

 

20の村で、70の女性団体が変化を起こしています。

 

 

2月の会合では、今では立派な起業家となった仕立て屋、店のオーナー、そして山羊飼いらが毎月預恒例の金(100〜500シリング)をしました。書記が会計帳簿にそれぞれの金額を記録していました。
この起業家として欠かせない儀式は、WEの金融リテラシーとリーダーシップ研修から学びました。

 

今やグループの鶏生産者であるローズは、彼女がひそかにに貯めていた数百シリングを追加して預金しました。

彼女は2017年の初めに購入した14羽の鶏のローンをほぼ返済しました。

 

ローズが2013年にTeeh Gaa(キプシギス語であなたの家を建てる)を設立したとき、彼女やその仲間は、普通の家庭の問題を解決することを決めました。

彼女たちは家来客のための十分なカップや皿を持っていないという問題を抱えていました。

 

「来客があるときは、他のママたちにカップや皿を貸してくださいとお願いに行きます」とローズ氏は説明します。
 「そんな状態が持続する訳がありませんでした。私たちはお互いに皿やカップを借り続けることはできません。 自分たちのものが必要です。」

 

Teeh Gaaグループは、食器棚に食器を追加するためのメリーゴーランドシステムを確立しました。
 「私たちは考えました。毎月1人の人に対して何かをするグループを始めたら、どんな変化が生まれるだろうと。」

 

ママたちは毎月少しずつ(カップとプレートは地元の市場でそれぞれ20シリング)貯金しました。村びとリクエストされた品を購入して、各家庭に届けに行きました。

一年も経たずにローズは、ディナー皿のフルセットを手に入れました。

 

 

 

その後、グループの活動は行き詰まりました。

女性たちは、村の新米ママ赤ちゃんが生まれたときに贈り物をするためのお金と食料と水を貯めていたので、新米ママは外出する必要はありませんでした。

しかし、他のものを自分で購入する余裕はありませんでした。

 

「カップとお皿- それが私たちが今までにしたことのすべてです」とローズは言います。

 

グループの設立から2年、その可能性はまだ未開のまま、WEは彼らが復興を手助けしていた村の小学校でプレゼンテーションを行いました。
WEの担当者は、集まった両親が財務管理、予算編成、リーダーシップスキル、さらにもっと学びたいかどうかを尋ねました。
 「Nilifurahi sana,」Roseはスワヒリ語でそう言って、思い出し笑いをします。 「私はとても幸せでした。 『どうぞ、私たちのグループに入って、WEのみなさんで私たちを助けてい下さい』と私たちは言いました。」

 

それは予算編成から始まり、毎月出入りするお金の管理方法を学びます。彼女たちは女性が毎月預金できる金額について議論しました。
 次に、ローンについて学びました。ローンを返済するための期間や決められた金利で(利子は全てグループの貯金箱に戻って、再投資の準備金にします)、集められた資金がどのようにして互いの夢に貸し付けるのかを学びました。
 
会長、書記、会計の選出後、彼女たちは立ち上げの資金で取り組むべきことを決めました。

毎月の会合は、基金へのアクセスの増加とともに、重要な意味を持ちましたが、常に女性たちが女性を対象に「家(生計を建てる」ことを支援していました。
簡単ではありませんでした。女性たちはこれまでそのようなシステム化された方法でお金を貸したことがなく、誰も借りたまま逃げないと信じる必要がありました。
さらに困難なことがありました。ローズは言います。当初の数ヶ月間は貸し付けるにはまだ十分な額ではなく、会計係がしっかり鍵をかけて厳重に「貯金箱」に保管していたことも知っています。しかし、上手くいかないかしれないということを承知のうえでやっていました。

 

 

 

ローズは、鶏舎を経営して、卵と鶏を売ったお金で子どもたちの学費を払い、家で6人の子どもの世話をしたいと考えました。

若い母親にとって炭の売買をしてお金を稼ぐよりも都合が良かったのです。

 

彼女と夫は農家なので可能なときは、トウモロコシを売って補います。
 
彼女の子どもたちは砂糖なしで紅茶を飲むのが当たり前でした。

ケニアで小学校は義務教育ですが、親たちはPTAによって雇われた教師のために維持費、修理費、そして時には給料を支払っています。
 納入金の額はさまざまですが、小規模農家にとっては、学期あたり平均400シリングでさえ払えない場合があります。

それから、制服や教科書、学用品など、高校は1学期数千シリングかかります。

 

10年近くもの間、ローズは週2回午前4時に家を出て7時間かけてメケニュまで歩いていました。

メケニュでは、女性たちは安く炭を買って村の近くで売っていました。
ローズは午前11時から午後4時まで炭を集め、袋2つを山盛りにしてロバに乗せて7時間かけて歩いて帰宅しました。
1日19時間労働が当たり前でした。彼女が説明するように、「成長する子どもたちを学校に行かせるために学費を稼がなければなりませんでした。」

 

WEから財務や起業に関する知識を得て、ローズは2016年に鶏舎の金網を購入するためのローンを組みました。
 他のグループのメンバーは、山羊や牛の購入、縫製事業を始めるためにローンを組みました。
ローズは屋外全域に広がるであろう羊の群れが鶏に近づかないように金網で周囲を保護し、十分な広さの木の小屋を作りました。

彼女は週に2回、学費、貯蓄、そしてローンの返済のためにお金を使って炭を集め続けました。

 

 

2017年に、ローズは最初のローンを返済した後、14羽の鶏を購入するために別のローンを組みました。

彼女はさらに14羽買うためにトウモロコシを売りました。

 鶏舎経営に本格的に参入したローズは、起業の成功に必要な時間とエネルギーを注ぐために炭を購入するのをやめました。
 現在、彼女の家に来た近所の人たちに卵を売っています。家には庭じゅうを駆け回るにわとりの雛がいます。いつでも売ることができます。
 学費、貯蓄、そしてローンの返済には十分です。ローズは誇らしげに所有地を案内します。

 

「私は自分の家を改修したい、家を建てたいと思いました。」とローズはいいます。

「[Teeh Gaa]は家を建てることを意味しますが、私たちは物理的に家を建てることを意味していませんでした。」
 彼女は身振り手振りで皆に合図します。にわとり、新たに加わった玄関前で草を食べている牛、まもなく学校から帰ってくる子どもたちにチャンスを実際に行動に移すことが夢を実現させるきっかけとなります。
 
「私たちが始めたとき、全員が『家を建てる』つもりだと言いました。だから村の仲間が私たちに続いて行動する姿を見るととても幸せな気持ちになります。」

 

(原文記事執筆 :ワンダ・オブライエン 翻訳:翻訳チームメンバー 文責:清田健介)


水あるところに、元気な人と地域あり!

水の仕事は、乾いた喉を潤わせてくれるだけではありませ

ん。水は、日々の私たちの生活、そして地域を元気にしてく

れます。ケニアのイルカアト村に住むジェーン・キクワイも、

水で元気になる村を見て喜んでいます。(清田)

 

https://www.we.org/stories/life-of-the-party/

 

 


ジェーン・キクワイがケニアのマサイラマ地方にあるイルカア

ト村にやって来たのは16歳の時でした。彼女は初々しい花嫁、

夫と暮らす嫁ぎ先の家に向っていました。夫が所有する僅かば

かりの土地に建てた草ぶき屋根の家です。「幼い歳で結婚した

のですが、当時は女の子がこの年齢で嫁ぐのは普通だったの

です」と彼女はスワヒリ語で説明してくれました。彼女は7年生

で学校を中退しました。僅かばかりの土地をもつ農家の親に

は、彼女に学業を続けさせる余裕がなかったからです。中退

した後すぐに、彼女は家族の知り合いで、農民でもある若者

と結婚したのです。

 

ジェーンはイルカアト村がすっかり気に入ってしまいました。

彼女が嫁いで来たのは雨期で、草や木は青々と茂り、たっ

ぷり水を含んだ葉っぱからは絶えずぽたぽたと雫がこぼれ

落ちていました。そこは彼女が育った所とは反対でした。大

通りに近い土埃の立っている町で、大雨になると歩道までも

泥まみれになってしまいます。両親は町の近くの小さな土地

で農作物を作っていました。嫁ぎ先新居まで公共交通機関で

向かう数時間の旅の中で、彼女は道の両側を縁取るように高

々と茂るトウモロコシ畑を通り抜けて行きました。ここは畑作業

に適した場所になるのではと思ったことを、ジェーンは覚えてい

ます。

 

近隣の人たちに会うや、彼女はイルカアト村を自分の故郷

にしようと心に決めました。村びとの優しい眼差しが、若か

った彼女の心を和ませてくれたのです。

 

イルカアト村は最初、牧歌的なところに見えましたが、後に

なって彼女は乾期にはそこは非常の厳しい所だと気づきま

した。「雨が降れば洪水になることが時々あり、また雨が止

めば今度は乾期、まさに情け容赦もないひどいところです。

土地はカチカチで固く、何一つ育ちません」。

 

 

 

このような自然環境の挑戦を何度も受けたにもかかわらず、

ジェーンはこの新しい村に直ぐに溶け込み、変わらぬ絆を強

めて行きました。過去24年にわたって、イルカアト村の発展を

心に描いてきたと同じように、彼女は家族の繁栄にも献身的

に働いてきました。彼女はこの2つが相互に繋がっていること

を知っています。そして、差し迫った清潔な水への欲求ほどこ

の情熱と深く絡み合っているものは他にないのです。

 

ジェーンがイルカアトに村に移住してきた時には、家庭用の水を

週に数回川まで汲みに行くのに片道3時間かかるのが常でした。

その水も清潔ではありませんでした。彼女や家族がその水を飲むたびに、健康を危険にさらしていました。しかし、他にとる手段は他にありません。子育てを始めるころになると(彼女は7人の子の母親で

す)子どもたちの健康がいつも気がかりでした。

 

その時、このようなことが起こったのです。長男のバーナー

ドが腸チフスにかかり3日間入院し、その後、完治するまで

休学させられたのです。そのため、WE(フリー・ザ・チルドレ

ン)が2016年にイルカアト小学校で太陽光発電のクリーンウ

ォーター計画を開始した時、ジェーンは先頭に立って中心的

な働きをしました。この水が、自分だけでなく、生徒たちにとっ

てもいかに大切なものになるかを知っていたのです。給水所

の場所を設定すれば、村人が水汲みに川まで歩いて行かず

にすみ、また学校にも一年中清潔な水道水を通せることを知

っていたのです。

 

 

 

イルカアト村は、新たなプロジェクトを立ち上げる時にはい

つもジェーンの快活な活動に期待を寄せるようになりまし

た。これだけでは終わりませんでした。唄って唄って、踊っ

て踊って、ジェーンは自宅にもまた250人を超える近所の家

庭にもきれいな水が身近にあることの重要性を伝えました。

彼女は他のママたちを集め、みんなで空の容器をドラムのよ

うに叩きながら、村の美しいコーラスを指揮しながら、教室か

ら水道の蛇口までの短い距離をみんなと一緒に歩きました。

ジェーンも今は40歳の母親、彼女はイルカアト村が子ども

たちの成長と共に―1つの小さな村が豊かなに発展してい

くのを見てきました。土地を買い定住する人がますます増え

て行く様子を見てきました。小学校がWeの協力を得て拡大

していくのを見定めてきました。ビジネスがひっきりなしに誕

生するのも見てきました。そのつど発展を祝いました。「この

場所が大好きなんです」と彼女は話します。「発展が目に見

えた時には、それはもう大興奮」。

 

個人的には、ジェーンの向上は彼女の子どもの教育と繋

がって行きます。川まで水汲みに歩く時間が省けた今、そ

の時間を利用して、ジェーンは新鮮なケールやマンゴ、ア

ボカドやオレンジなどの販売を始めました。彼女と夫は今

でも未だトウモロコシを生産していますが、さらに土地を購

入して、生産と貯蓄を増やすことができるようになりました。

 

「清潔な水のおかげで多くのことが可能になる、なんと喜ばしいことでしょう。私たちは健康でいられる、ビジネスもできる、そして、水汲みのために長い時間を無駄にすることがないのです」
ジェーン・ キクワイ

 

副収入で、子供全員を学校に通わせることができるように

なりました。そのうち3人はすでに高校を卒業(1人は大学

に在学)し、後の4人はイルカアト小学校に通っています。

長男のバーナードですが、彼女が以前に健康を案じてい

た頃とは違って、逞しくなり、自分で探してきた機械工の

仕事も順調で、彼女は今ホッとしています。

 

子どもが一口水を飲む度にまとわりついて離れなかった危

惧も、今は消え去りました。毎朝自宅からたった15分の給水

所に行くとき、彼女はひとりで静かに口ずさんでいます。彼女

はこの計画が着手された最初の時と同じように、今日も水プ

ロジェクトに感謝しています。そして、今も変わらず献身しイル

カアト村の発展を見続けています。
 

(原文記事執筆:セディ・コスゲイ 翻訳:翻訳チーム 松田

富久子 文責:清田健介)

 


科学実験に打ち込む青春

今回ご紹介するのは、科学実験に打ち込むことで自身のキャリ

アを築き、世界を変えようとしているケニアの若者です。(清田)

https://www.we.org/stories/we-villages-kisurani-group-of-schools-encourages-more-young-women-in-stem/

 

 

初めて、Mary Ngerechiが、実験室に足を踏み入れたのは、

2015年でした。彼女は、初めての実験で理科が大好きになりました。
 

この14歳の少女は、ケニアのマサイマラでWE(フリー・ザ・チル

ドレンが関わるキサルニ女子学校系列校の9年生でした。彼女

は、生物学の授業がどんなものかまったく分かっていませんで

した。これまでに一度も、ビーカーや試験管を見たこともありませんでした。
その授業の初めのころ、Maryは、ガラス器具を壊してしまいやしないかとい

う怖さで、実験室の何かに触れるのも、ためらいながら恐るおそるだったの

を覚えています。地元の小学校は、こういった設備を備えていませんでした。

当時のキサルニ校の彼女の先生のやり方は、生徒に科学のメカニズムを話

して教えるというより、実際で実際に見せて教えるというものでした。
 

その授業は、ある実験で始まりました。それは、還元糖を検出す

るベネディクトテストです。先生は、試験管にサンプルを入れ、溶

液を沸騰するまで加熱しながら、各段階をゆっくりと見せてくれま

した、。魔法のように、試験管の中の色が薄い青色から緑がかっ

た色に変わり、それから黄色になり、さらに、くすんだオレンジ色

になり、最後に、濁った赤色になりました。この変化を見た後、生

徒たちは、この実験を繰り返すよう求められました。


注意深く、Maryは、手順を繰り返し、色が生じてくるのを目に

しました。同時に、それが自分の操作によるものだということ

を理解しました。彼女は、驚きのあまり呆然としながらも、何

も壊れなかったことにほっとしていました。
 

それから3年、Maryは、科学に魅了された12年生になり、あ

の実験室での初日にそうだったように好奇心旺盛です。彼

女の情熱は、自分がこれまで実験を何度やってきたか数え

られないほどです。その数は、おおよそ数百回に上ると、彼

女は言っています。
 

新しい実験の度に、Maryは、自信と技術を高めてきました。こ

の分野に熱心に取り組むことで、彼女は、キサルニ校の優秀

なサイエンス・スチューデントの一人になるという高い評価を

得ました。彼女は、しばしば、先生からクラスの実験を指導す

るように声をかけられ、その間、他の生徒たちは、彼女の実験

パートナーを務めることになります。
 

Maryは、科学の最も好きなところは何かと問われると、実践的

な答えを返します。はっきり言うと、彼女は、科学のテストでは、

経験的な分野に優れる傾向があります。彼女はこう言います。

「科学は、私にも理解できるものであり、原理的な手法を理解す

るのは難しくないし、一度習えば、絶対に忘れません。」
 

 

 

Maryは、最初に自分を虜にした実験を私たちに見せてくれます。

彼女は、注意深く、青い液体(ベネディクト反応液)を試験管内の

グルコース溶液に加えて、加熱します。それが、最終的な赤の色

合いになると、彼女は、溶液中に還元糖が存在すると結論します。

彼女が説明するように、溶液中のグルコースが酸化されて、カルボ

キシル酸になったのです。「私は、この色の変化はなぜ起こるのか

が分かっています」と、彼女は微笑んで言います。いまや、このよう

な専門用語が、彼女の口からすらすらと出てきます。彼女の語彙の

中にある普通の表現です。
 

Maryは、科学が大好きです。でも、彼女は、この分野でのお手

本となる人がいないことを分かっています。彼女は、もしチャン

スがあればと、実験室に入りたがっているかもしれない他の少

女たちのことを考えざるをえません。彼女にとって、キサルニ校

は、熱中できることを見つける機会を与えてくれました。この学

校がなければ、こんな素晴らしいことを知ることはなかったでしょう。
 

Maryのような、科学、技術、工学、数学(STEM)分野に強い関

心を抱く女性・女子生徒のためのメンター(助言者)は、マサイ

マラではごくわずかしかいません。これは、STEMに興味を持つ

この地域の少女たちが直面する課題になっています。
 

それでも、メンターは存在します。


キサルニ校では、教員たちは、メンターシップと動機付けが

STEMに生徒を導く道であると信じています。
 

Philes Kebasoは、こういったメンターの一人です。彼女は、自分

の生物学クラスに来た生徒たちを歓迎し、熱意をもってその日の

授業を始めます。Maryは、善きにロールモデルとして、彼女を真

っ先に挙げます。一方、Maryのような生徒の存在は、先生の意

欲を高めます。Philes先生は、「自分が、こういった生徒に影響

を与えているということを実感できるのは、とても幸せです」と、

声を弾ませます。
女性メンターであるPhiles先生は、女子生徒たちがSTEMに意

欲的に取り組んでいると思っています。まずは、彼女らが、質

の高い教育を受けられるようにしなければなりません。彼女は、

女子生徒たちの理科へのやる気に火をつけるためには、十分な

実験室を備えるべきだという、キサルニ校で掲げる教育的方策を

信頼しています。「生徒のほとんどは、各自の家庭の中で初の高

校生となったのが始めてというだけではなく、こういう設備の整っ

た環境で学ぶというのも、初めてなのです。」と、彼女は語ってい

ます。私たちは、「STEMの分野で十分に経験を積ませてやりたい

と思っています。「いまの女子生徒たちは、他の年少の女子生徒

たちにとって、お手本となる世代です。」
 

教室外でも、Maryは、学校の科学クラブに所属しています。そこ

で生徒たちは、科学に関する話題を探求する機会を得、多くの

実験を通じて自分たちの知識を高めています。そこでは、Mary

は、立派なメンターです。新しいメンバーを指導し、年少の生徒

たちの宿題を手伝っています。
 

将来について聞かれると、Maryは、高校卒業後は科学の分野

に進むつもりだと明言します。彼女の夢は医者になることです。

その理由はいたって単純です。彼女は、これまでに、自分の住

む村から医学課程に進んだ女子生徒は誰もいません。「私がそ

の最初の女性になりたい。そうすれば、村の女子生徒たちも、や

れるということが分かるでしょう。」

 

(原文記事執筆:セディ・コスゲイ 翻訳:翻訳チーム 山下正隆

文責:清田健介)

 

 


<<back|<123456>|next>>