6/11@神戸 学生・若者のための国際協力 カンファレンスぜひご参加ください!

6/11に神戸で開催される学生・若者のための国際協力 カンファレンス開催!

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは

児童労働について考えるセッションを分科会セッション1で行います。

 

お友達やご家族を誘ってぜひご参加ください♪

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸で開催!】 学生・若者のための
            国際協力 カンファレンス
2017年6月11日(日) 13:00-20:00(途中参加・退出 可能)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

6月11日(日)に神戸大学にて、若者や学生向けの国際協力カンファレンスを開催することになりました。

国際協力カンファレンスは、アメリカで開催されている学生や若者を主体とした社会変革に関するカンファレンスにヒントを得て、テーマを若者と国際協力として開催します。


若者や学生でも世界を変えていくことができる。
若者とNPO、大学、企業が協力することで社会を動かせる。


こうした認識を育み、さらには、実務的に国際協力に関する知識やスキル、そして、考え方を深めることができる、そうした場所を目指して国際協力カンファレンスを開催します。


なお6月7日23:59までは、2名以上での申込みのグループ割と共に早割を併用すれば、500円引きで参加することも可能です
途中参加・途中退出も可能です。

ぜひ多くの皆様にご参加いただけますと幸いです。


イベントページ
https://www.facebook.com/events/1912612165648463/


【詳細】
日時   2017年6月11日(日) 13:00-20:00
場所   神戸大学六甲台第2キャンパス神戸大学百年記念館 六甲ホール


アクセス 阪急 六甲駅から徒歩約 15〜20分、もしくは、阪神 御影
駅、JR 六甲道 駅、阪急 六甲 駅から神戸市バス36 系統鶴甲団地行・鶴甲 2 丁目止まり行き乗車「神大文理農学部前」下車

 

対象   国際協力に関心がある、一歩踏み出したいという学生や若者、そして、そういったユースを応援したいNPOや一般の方々

 

参加費  学生1,000円 / 高校生 500円 / その他一般 1,500円
     *早割(6月7日まで) 300円引き / グループ割(2人以上) 200円引き

 

主催   Infinite Connection、Wake Up Japan
共催   神戸大学工学研究科 道場「未来社会創造研究会」


【プログラム内容】
12:30-13:00 開場・受付
13:00-14:00 オープニング・パネル
     「若者が世界を変える」
     ・向谷萌音さん(Infinite Connection)
     ・鈴木洋一さん(Wake Up Japan)
      *ゲスト調整中
14:00-14:15 休憩
14:15-15:15 分科会セッション1
・「チームビルディング」(山本純平さん)
・「欧米型の社会変革論から日本社会の変え方を考える)」(Wake Up Japan)
「児童労働について(仮)」(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 児童労働チーム)
15:15-15:30 休憩
15:30-16:30 分科会セッション2
・「ディスカッション系企画(仮)」(Infinite Connection)
・「セルフケアとアクティビズム」(Wake Up Japan)
・「平和について(仮)」(安藤真子さん)
16:30-16:45 休憩
16:45-17:15 ラップアップ・ワークショップ
      進行 Wake Up Japan
17:45-18:00 休憩
18:00-18:30 プレゼンテーション・セッション
     「きっかけ、そして、私を動かし続けるもの」
      山本純平さん
      安藤真子さん
      本木時久さん
18:30-20:00 オープンディスカッション
     「学生×連携×社会変革」
       修了


【お申込み方法】
以下のフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
https://goo.gl/forms/AVenGVx1hfqOMBRG2


 


世界を学び、一緒にアクションを起こそう!テイク・アクション・キャンプ募集開始!

 

\テイク・アクション・キャンプ参加者募集開始!/

@東京 5/4-5/6  @カナダ 7/27-8/7

 

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、

世界の貧困問題や、さまざまな社会問題について学び、

たくさんのアクティビティーを通じてその問題に対してのアクションを

起こすために必要なスキルを身につけるテイク・アクション・キャンプを実施しています。

 

今年は5月に日本で、7月にカナダでの開催が決定いたしました!

日本のキャンプは小学生から高校生まで、カナダのキャンプは中学生・高校生がご参加いただけます。

 

「世界で何が起こっているのか知りたい!」

「世界を変えるための第一歩を踏み出したい!」

「どうやってアクションを起こしたらいいのかわからない、、」

 

という方におススメのプログラムです。

どんな様子なのかは、ぜひ紹介ビデオをご覧ください!

 

■テイク・アクション・キャンプ・ジャパン紹介ビデオ

https://youtu.be/CiM47RVyvPI

 

■テイク・アクション・キャンプinカナダ紹介ビデオ

https://youtu.be/togQ78oVmJg

 

わからないことや、質問などありましたら、お気軽に事務局(info@ftcj.comまたは03-6321-8948)までご連絡ください。

 

みなさんのご参加お待ちしています!

 

-----------------------------------------------------------
「テイク・アクション・キャンプ・ジャパン 2017春」

世界をより良いものへと変えたいけど、何をすれば良いのか分からない…
スタディツアーで現地に行ってみたいけど難しい…
そんなもどかしい思いをしていませんか?

ここでの体験は世界を変える行動を起こしていくきっかけとなることを約束します! 


開催日程:2017年5月4日(祝)〜2017年5月6日(土)
開催地:世田谷区立野毛青少年交流センター

詳細:http://www.ftcj.com/get-involved/workshop/tacj2017spring.html
-----------------------------------------------------------

 

-----------------------------------------------------------
「テイク・アクション・キャンプinカナダ2017」

 

海外の中高生と同じ部屋に泊まり、 社会の課題について共に学び、考え、話し合う一週間。 
このキャンプが、「世界を変えるための第一歩を踏み出したい!」というあなたの思いをカタチにすることを約束します。 

世界を変えたいという情熱をもった仲間と忘れられない思い出を作ろう!

 

開催日程:2017年7月27日(木)〜2017年8月7日(月)
開催地:カナダ トロント

詳細:http://www.ftcj.com/get-involved/workshop/tac2017.html
-----------------------------------------------------------

 

 


※高校生参加者募集※ 国会議員に向けて世界の教育の現状を伝えませんか? (世界一大きな授業2017)

 

※選考を行うことになりました。詳しくは、下記申し込み方法をご確認ください※

 

こんにちは!
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン事務局です。

5月に開催される、【国会議員のための「世界一大きな授業2017」】への
参加者を募集します!

 


「世界一大きな授業」は、世界の教育の現状を世界中で同じ時期に学び、
教育の大切さについて考える世界規模のキャンペーンです。

そのキャンペーンで行われるイベントの1つが、【国会議員のための「世界一大きな授業2017」】です。

 

 


国会議員を生徒に迎え、高校生が先生となってワークショップやスピーチを行います!
今回は、その先生役の募集となります。

応募資格を確認して以下フォームからご応募ください!

国会議員の方々に直接、世界の教育の状況について伝えませんか?

お待ちしています!

 

【応募締切:2017年4月4日(火)22時】

 

====================================================================

■申し込み方法■ ※ Ν共に締切までに済ませてください。
 

^焚璽侫ームを入力

https://ws.formzu.net/fgen/S11261645/

イベント名:国会議員のための「世界一大きな授業2017」(2017年5月)

 

以下アドレスに必要事項を連絡

連絡先:info@ftcj.com

件名:「国会議員のための世界一大きな授業」申し込み

 

内容:

--------------応募連絡フォーマット---------------- -----

 

名前(          )

 

A.出席可否 ※【 】内に〇 or ×

【  】4月8日(土)9時45分-13時 @横浜中央YMCA

【  】4月16日(日)15時-18時 @FTCJオフィス
【  】4月23日(日)15時-18時 @FTCJオフィス

【  】4月26日(水)17時-18時 @永田町

【  】5月9日(火) 16時30分頃から2時間程度 @永田町

【  】5月10日(水)16時30分頃から2時間程度 @永田町

【  】5月11日(木)16時30分頃から2時間程度 @永田町

【  】5月14日(日)13時-17時 @永田町

【  】5月16日 (火) 16時30分頃から2時間程度 @永田町

【  】5月17日 (水)16時30分頃から2時間程度 @永田町

【  】5月18日 (木)16時30分頃から2時間程度 @永田町

 

 

 

B.小論文

※ファイル添付 or メールに直接入力

 

以下について、800-1200字程度で記入をお願い致します。

内容:・参加希望理由

   ・国会議員に伝えたいこと

   ・あなたが考える「日本が取り組むべき教育支援」

------------------------------ -----

 

====================================================================

 

■イベント本番開催日■
2017年5月16-18日のいずれか1日 (現在調整中)
※本番:17時-18時を予定

 


■スケジュール■

 

ワークショップ体験会@横浜中央YMCA
  4月8日(土)9時45分-13時 

 

打ち合わせ(授業作り・練習)@FTCJオフィス(千歳烏山)
    4月16日(日)15時-18時
    4月23日(日)15時-18時
    5月14日(日)13時-17時

 

議員挨拶周り

ァ4月26日(水)17時-18時@議員会館(永田町)

 

リハ―サル@議員会館(永田町)
   
5月9-11日の中でどれか1日で実施 (現在調整中)

   ※16時30分頃から2時間程度

 

本番@議員会館(永田町)
   
5月16-18日の中のどれか1日で実施 (現在調整中)

  ※16時30分頃から2時間程度

 


■応募資格■
・世界で起きている教育問題に興味がある
・人前でのスピーチなどが好き、もしくは挑戦したい
・2017年5月の時点で高校生であること
・都内での事前準備、本番、振り返りに参加できること
・顔・制服が分かる写真・動画での撮影が可能であること
(授業風景を撮影し、その後ホームページやメディアに掲載される可能性があります)
 

■過去の授業の様子■
2016年:https://www.youtube.com/watch?v=4z6BYov4IUI
2015年:https://www.youtube.com/watch?v=fKVf8ihmN5A
2014年:https://www.youtube.com/watch?v=UZDhp50w9cI

 


以下、世界一大きな授業キャンペーン全体についてです。

★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆
世界一大きな授業2017

質の高い教育をみんなに
No one must be left behind! だれひとり、取り残さない!

http://www.jnne.org/gce/ 
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★

 

【世界一大きな授業とは】
現在、世界で学校に通えない子どもは5,800 万人、読み書きができない大人は
7 億8,100 万人もいます。2015 年9 月に国連総会は、「持続可能な開発目標」
(SDGs)を採択し、2030 年までにすべての子どもが質の良い幼児教育・初等
教育・中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善することを新たな目標として
掲げました。

「世界一大きな授業」とは、世界の教育の現状を世界中で同じ時期に学び、
教育の大切さについて考えるイベントです。今年も世界100 か国以上で開催し、
参加者の声を各国政府に届け、教育政策に反映するように働きかけます。

「すべての子どもに教育を」を合言葉に2003年にスタートし、2008年には
885万人が参加、ギネス記録にも認定されました。日本でも2015年には
7万人以上が参加しました。
「授業」に参加して学校に通えない子どもたちの現状を知り、日本の私たちに
できることを考えてみませんか?


【NGOが作成した充実した教材を提供】
教材は世界の教育の現状を知るためのクイズ、教育を受けられないことを体験する
アクティビティ、日本の教育援助について学ぶことのできる参加型の教材を提供し
ています。
今年はノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんのドキュメンタリー、
『わたしはマララ』の映画の映像を使った教材もあります。

授業を受けた後に首相・外務大臣宛に手紙を書くと、JNNEが日本政府に届けます。
また、今年からは新たに、授業を受けた若者が地元選出の国会議員に面会するなどして、
日本の教育協力の改善を働きかける「Raise Your Voice!(レイズ・ユア・ボイス!
=声をあげよう!)」という活動への参加を呼びかけます。

 


<<back|<123456>|next>>