ネパール大地震緊急支援のご報告



いつも活動やご寄附を通じてフリー・ザ・チルドレン・ジャパンをご支援いただきありがとうございます。

2015年4月にネパール大地震緊急募金を開始し第一弾として現地団体SEBSを通じて物資支援を行い、
第二弾として、これまでつながりのあったCWINという現地NGOを通じて支援するこになり、
国内で同団体を支援するNPO法人国際子ども権利センター(シーライツ)を通じて現地へ送金を行いました。


そして先日緊急支援の報告が届きましたのでご報告させていただきます。

支援内容

1.乳幼児や子どもたちへあたたかい衣服の支援
地震の被害が最も大きかったシンドパルチョークなどの被災地から避難している家族がくらすテント村(ボーダ・キャンプ)の乳幼児15人と子どもたち100人冬服(ジャケット、ズボン、帽子)を支援しました。被災地のナガルコット学校の生徒150人に冬服を支援しました。





 
シーライツ代表甲斐田さんと
子どもたち


2.通学に必要なスクールバッグと体操着(通学時の制服)の支援
テント村に避難している子どもたち75任にスクールバッグを、28人に体操着(通学時の制服)を、7人に通学用の靴を、7人の少女(中学校1年生3名、中学2年生3名、中学3年生)に奨学金を支援しました。







 

3.チャイルドフレンドリースペースの開設および運営費(人件費)
CWINはテント村で暮らす子供、特に少女たちが安心して遊んだり、本を読んだりすることができるチャイルドフレンドリースペースを開設しました。シーライツは、バドミントンなどのスポーツ用具や子どもが載って遊べるおもちゃを購入したほか、
科学の本や絵本を購入し、寄付しました。そして遊具や本の管理、子どもたちへの読み聞かせをするスタッフの人件費を支援しました。





ネパール緊急支援へのご寄附をいただいたみなさま、あたたかいご支援ありがとうございました。

こころより感謝申し上げます。



 

くまモンプロジェクト〜熊本市内の小児病棟で治療と向き合う子どもを応援しよう〜開始のお知らせ



熊本では、2016年4月14日以降の震度1以上の地震の回数は 1400回超え、
入院している多くの子ども達は、親元を離れ余震に怯えがながら
病気や治療と向き合い心細い気持ちで過ごしています。
2度の大きな地震から、余震が来ると手を握りしめて離さない子どももいるといいます。
 
そこで、入院中の子どもが少しでも安心して過ごせるように熊本に馴染みの深い
「くまモン」のぬいぐるみを子どもにプレゼントしたいという医療従事者の願いを受け、
私たちは本事業を始動する運びとなりました。
 
▼支援の内容・方法 
子どもが抱きしめて抱えて寝れるサイズの「くまモン」のぬいぐるみを入院中の子どもにプレゼントする。
対象の病院:熊本県内の病院(小児病棟)約400施設
対象の子ども受益者数:300人
協力団体:一般社団法人ドリーム・ラボ
 
 
◆ご寄附を受け付けております◆
現地で必要なものを調査し、購入・輸送するための費用のご寄附を 承っております。
ご寄付は、郵便振替口座、または、銀行振り込み、またはクレジッ トカードにて受け付けます。

詳細はこちらをご覧ください
http://www.ftcj.com/donate/emergency/emergency_2016kumamoto.html


※フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは「認定NPO法人」です。
皆さまからの寄付・募金は「特定寄附金」として「寄附金控除」の 対象となります。「寄付金控除」については、
http://www.ftcj.com/donate/rec ognition.html をご覧ください。
 

クレイグ&マーク、その他スタッフや子どもたちから熊本の皆さんへメッセージ

4月に起きた熊本地震から、約1か月が経とうとしていますが、熊本や大分などでは余震がいまだに続き、不安の中、生活されている方々が多いと思います。復興へは長い道のりが予想されますが、そんな地震で被災したみなさんに、世界のフリー・ザ・チルドレンの仲間からメッセージが届きましたので、ご報告します。

▼フリー・ザ・チルドレン 共同代表マーク&クレイグから
僕が2002年にイベントのため初めて九州へ行った時、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの
熊本グループを立ち上げた、美矩ちゃんと言う15歳の女の子と出会ったのが印象的でした。
それ以来、熊本にはフリー・ザ・チルドレンの活動を長年サポートするメンバーがいて、
子どもたちはとても素晴らしい活動を続けています。
熊本グループからの支援やメンバーの皆さんの活動にはとても感謝しています。

 熊本で大規模な地震が起きたと聞いて、とても胸が痛みました。被害に遭われた
方々とそのご家族に、心から深く共感し、哀悼の意を表したいと思います。復興への長い道のりの道中、
常に僕たちフリー・ザ・チルドレンの仲間が傍にいることを忘れないでください。
苦しい時期はぜひ、無理をせず安全第1でいてください。いずれ、光が見えた時、
皆さんは子どもたちの力で世界を変えるというまさにその理念を実行しているはずです。

フリー・ザ・チルドレンの仲間として、心からの愛を送り、出来る限りの支援をしていきます。

フリー・ザ・チルドレン 共同代表
マーク & クレーグ キールバーガー

 
Message from Marc and Craig
 
The first time I [Craig] visited the Kyushu Island in 2002, I met a remarkable 15-year old girl named Miku, who founded the Kumamoto Chapter of Free The Children Japan. Since then we have had long-time supporters in the region, and they have been incredible in our youth empowerment movement. We’re deeply grateful for all the support and championing from the youth of the Kumamoto Chapter.
 
We were deeply saddened to hear that Kumamoto was struck by an earthquake recently. As such, we wanted to extend my deepest sympathies and condolences to all the victims of the earthquake and their families. Know that our thoughts are with you all as you transverse the long road to recovery. Please stay safe during this difficult time and know that you are all certainly at the top of our thoughts.
 
Your Free The Children family is sending all our love, support, and deepest sympathies.
 
Warmest,
 
Marc and Craig
 

▼インドのパートナー団体 スワパンさんより(CCD代表)
熊本で複数回大規模な地震が発生したと聞いてとても胸が痛みました。ぜひ状況を
知らせてください。日本は、そして日本人は、そのような苦しい状況からも立ち上が
る能力や強さを持っていることを知っていますので、皆さんを信じています。

少しでも早く、復興活動が進みますようお祈りしています。最近では世界中で地震が
起き、先週はここインドのコルカタでさえも地震が発生しました。
どうか皆さん安全に気を付けて元気で過ごしてください。

FTCJインド支援 西ベンガル事業パートナー団体
CCD 代表
スワパン・ムカージ
 
It was very sad to hear about two earthquakes hitting. Please let us know about the situation.
We know the country and its people  is very strong and capable enough to handle such situation.


We pray for speedy recovery from the damages. All over the world is being hit by earthquakes even in kolkata last week.
Be safe and be well.


Regards,

Swapan Mukherjee


 
▼フィリピンのパートナー団体 ハリエットさんより(KPACIO代表)

熊本を中心に続いた地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 2013年の11月フィリピンに上陸した台風30号では、ビサヤ諸島も大きな被害を受けました。その際、日本のみなさんから、ビザヤ諸島の被災者に対するお見舞いを頂いたことを、私たちは今でも覚えております。私たちが困難に直面している時においても、手を差し伸べてくれる日本のみなさんのような友人がいるということに、私たちはとても感謝しています。

 愛する人を失った悲しみや、これからへの不安など、困難なことにも向き合える勇気や力が被災者の方々に与えられるよう祈ります。みなさんがこれから直面するであろう大きな困難に立ち向かっていくためにも、どうか希望を捨てずに持ち続けていて下さい。少しずつではあっても、新しい道は必ず開けていきます!

 熊本の一日も早い復興を願うと同時に、熊本のみなさんが再び力強く歩むことができるようになることを願って、私たちも祈り続けていきます。
message from Harriet 3


▼Take Action Camp in Japanに参加した子どもたちからのメッセージカード

messagecard1

messagecard2

messagecard3

熊本地震で被災した九州の皆さん、応援しています!!
FTCJメンバーより

<<back|<123456>|next>>