神奈川県立有馬高等学校生徒会の募金活動

 

神奈川県立有馬高等学校の生徒会役員の皆さんが募金活動を実施しました。

 

 

有馬高等学校では、以前から学年として1円玉募金を取り組んでくださっていましたが、今回は生徒会としての取り組みを行ってくださいました。

 

生徒会選挙後、新役員の体制開始とともに ”あいさつ運動” を実施し、同時に募金活動も行ったそうです。

 

本日の贈呈式で、生徒会長さんが代表してお話をしてくれました。

 

「この活動を通じて、学校も元気に、そして世界の子ども達も元気にできればと思います。」

 

元気の連鎖、とても素敵ですね。

ありがとうございます!

 

「あいさつ運動×募金活動」

 

この「元気の連鎖」、日本全国に広がると嬉しいです。

 

Together WE Change the World!

 

 


世田谷区桜丘中学校でドライマンゴーとチョコレートを販売しました。

こんにちは!FTCJフィリピンチームメンバーに所属しています、中学2年生です。5月27日世田谷区立桜丘中学校運動会でドライマンゴーとチョコレートを販売しました。

今回は新しく入学してきた一年生の保護者や新しく入ってきた先生に理解していただけるようにと販売しました。マンゴーは25個、チョコレートは17個販売したのですが、すぐに売り切れてしまい、あっという間に販売が終わってしまいました。私、実はドライフルーツが苦手だったのですが、家に帰ってドライマンゴーを食べてみたらやみつきになってしまいました!すごく美味しかったです。

また、チョコレートは、今年分全部完売しました!去年からずっと頑張っていたので本当に嬉しかったです!チョコレートを買っていただいた保護者の皆さん、先生方、ありがとうございました!そして販売を許可してくださった校長先生、私達の活動に理解して頂き、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!

 

 


【活動報告】世田谷区立桜丘中学校でチョコレート販売をしました!

  3月4日土曜日、東京都世田谷区立桜丘中学校合唱コンクールの日、寄付付きチョコレート(Ngiti)を販売しました。

一袋三粒入りのチョコレートが一袋200円で、このうちの66%がフィリピンの盲学校に寄付されます。

味はミルクとストロベリーの2種類です。

 

フィリピンに届いた寄付金は点字プリンターを購入したり、寮の屋根を直すための修理代として使われます。  

 

初等教育への平均就学率が96%に達しているフィリピンですが、視覚障害者の場合はいまだに5%未満。多くの障害者が出生届も出されないまま、存在を知られないまま暮らしているというのが現状です。

また、フィリピンには盲学校が国に2校しかなく、寮の施設も足りていないため、受け入れを増やすことができません。そこでフリー・ザ・チルドレン・ジャパンは支援活動を開始しました。

 

チョコレートは主に保護者の方々や先生方が購入してくださいました。

生徒には先生から事前に伝えておいたものの、知らなかった人がたくさんいて、もう少し宣伝しておけばもっと売ることができたのではないか、と思いました。

しかし、皆さんのおかげでなんと、269個も売ることができました。

 

私ははじめ、100個売る予定だったので、こんなに売れるなんて思っていませんでした。とても嬉しかったです。

先生の中には、ビニール袋いっぱいに(しかも2袋も!)買ってくれた方もいました。

販売を許可してくださった校長先生、購入してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

運動会ではフェアトレードマンゴー(1つ500円)を販売する予定です。

そちらも宜しくお願いします。

 

 

 

寄付付きチョコレートのNgitiですが、ミルク味は完売しました。

ストロベリー味は残り27個です。お早めにご購入ください!

 

オンラインストア

http://ftcj.ocnk.net/product/250

 

 

世田谷区立桜丘中学校 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 子どもメンバー

 

 

  


<<back|<123456>|next>>