盲学校の生徒たちの活躍

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン事務局スタッフの石田由香理です。


3月31日、年度末ということで各学年で最優秀の成績を収めた児童生徒や国内外の大会で好結果を収めた生徒たちの表彰式にお邪魔しました。

 

聞いてください、本当にすごい子がいるんです。1月の総理夫人ご訪問の際、生徒代表でスピーチをしたメラニーという11年生(高校2年生)の女の子。彼女はその翌週1月21日にタイで行われた東南アジアの視覚障害学生点字読み書き競技会リーディング部門で優勝しているのです!涙が出そうになりました、これ聞いて。
 
さらに総理夫人からの「みなさんの夢はなんですか?」という質問に「プログラマーになりたいです」と答えた同じく11年生のクリスチャンという男の子は、その翌月に中国で行われた障害者のIT技術を競う大会にて、ホームページデザイン部門で優勝しています。


何だかもう、よく分からないですが表彰式を見ながら常に泣きそうになっていた私です。これだけ教育環境がけっして恵まれてない中で…黙って努力する視覚障害児たちがいる…。
 

 こうして表彰されるのは一家の名誉ですから保護者たちも駆けつけています。中には子どもの手引き役のお父さんだけではなくて、家族総出でステージに上がってしまうケースも。

 

今この瞬間、視覚に障害のあるその子は家族のお荷物ではなく、家族の誇りとなるのです。

 

(表彰式の様子)
 

恐縮ですが私はこの日のイベントの来賓の一人として呼んでいただいていたので、写真を撮りやすい最前列にいました。


「生徒たちがメダルを受け取る時、私のiPhoneで写真を撮っていただけませんか?日本の人たちに見せたいのです」

 

と、隣は校長先生や隣の聾学校と合わせて障害児学校全体の代表の先生などだったのですが彼女たちにお願いしました。
 

立場ある方々なのに「もちろん」と快く引き受けてくださって。

まあ先生方も我が校の自慢の生徒たちを日本のみなさんに知っていただきたいという気持ちもあるのですが、それにしても私のために熱心に撮ってくださって。
代表者挨拶でステージに行かなければいけない時でさえ、「私ちょっと挨拶してくるから、iPhoneは校長先生に引き継いだから」などと。

 

こんな校長先生たちの優しい協力にこれまた涙がでそうです。
 

 

(左:石田、右:校長先生)

 

 私はとにかくこの国が好き、この盲学校が好き、みんなが好き。

 

自分のスピーチの時に伝えました、「私がこの盲学校を支援してると言う人がいます。でも私にとっては、この盲学校から与えていただいた恩をお返ししているだけなんです」と。

 

会場から暖かい拍手をいただきました。

 


【フィリピン障害者支援事業】国立盲学校支援の進捗と購入品変更の報告

3月24日〜4月5日、フィリピン出張で、パートナー先であるフィリピン国立盲学校にも出向き、現状を見たり、校長先生と今後の事業について打ち合わせをしてまいりました。渡航するとよく想定外の事実を目の当たりにするフィリピンですが、今回も衝撃的な現状を知りました。

 

 1月の総理夫人盲学校ご視察後に多くの現地メディアさんにクラウドファンディングについて報道していただいた結果、先月他財団さんよりスクールバスのご寄附があったようなのです。

 

さらに、2月に他の高校で校外学習に行っていたスクールバスが事故を起こして沢山の生徒が亡くなるという痛ましい事故を機に、フィリピン教育省が全ての学校・大学を対象にスクールバス等で校外学習やイベントに生徒たちを大量に移動させることを禁止するようになり、当面スクールバス使用の目処が立たなくなったことも分かりました。

 

 クラウドファンディングにご協力いただいた方には個別にご連絡させていただいたのですが、上述したような状況の変化を受け、スクールバス購入に使用する予定でした金額を、盲学校側が他に希望している点字プリンターと、パソコンの画面読み上げソフトJaws(ジョーズ)の購入に使用させていただくこととなりました。

 

 現在盲学校には144人の生徒が在学しているにも関わらず、点字プリンターが1台しかありません。先生方が休日に印刷のため出勤する等最善を尽くしても印刷が間に合わず、生徒たちに十分な量の教材が提供しきれていない状況です(点字印刷には1枚あたり1分以上時間がかかります)。

 

 またパソコンの画面読み上げソフトが高額なので、画面が見えるだけの視力がある生徒へのパソコン講習は積極的に行われていますが、全盲学生へのパソコン講習の機会が限られています。

 

 寮修繕は、予定通り寮の天井と屋根、そして現在では使用できる電気量が限られしばしば停電が起きてしまう状況を改善するため、電気回路の修正を行います。

 

寮修繕工事は盲学校が建設会社との契約主体になって行い、当団体が必要金額を盲学校に寄付するという形を取るのですが、万が一何か法律的なトラブルが起きた時のため、この契約内容をフィリピン教育省も把握していることを確認し、3月29日に盲学校や教育省との間で次の内容を含む覚書を取り交わしました。

 

 ‥切なタイミングで資金を寄付する責任は当団体にある。

 円滑に建設会社と連絡を取り修繕を進める責任は盲学校にある。

 K[的な問題が起きた際の対応責任は教育省にある。

 

 工事契約の主体が国立盲学校なので、建設会社を決定する際、政府の入札手続きを踏まなければなりません。4月2週目から3週間、建設会社募集のお知らせが政府のホームページ上で公開され、4月末に入札をし、落札後、5月より修繕工事が始まる予定です。

 

 修繕工事には3カ月かかると言われていますが、7月以降台風の季節になります。天候により延期が予想されます。

 

 工事の進捗等はまた追ってお知らせさせていただきます。


石田も同行した昭恵夫人の盲学校ご訪問が、メディアで取り上げられました!

こんにちは。翻訳チームの清田です!

昨日、安倍首相夫妻が、フィリピンを訪問されました。メディアなどで、日比首脳会談についての報道を見た方もいるかと思います。

 

実は、昭恵夫人は、到着したその足でフィリピンの国立

盲学校を訪問されており、その訪問に、障害者支援事業

のプロジェクトリーダー石田も同行しました。

 

その時の模様が、メディアで取り上げられました。

 

1月13日付まにら新聞ウェブ

http://www.manila-shimbun.com/category/politics/news227154.html

 

1月12日付 マニラ発フリーペーパー&WEB「フィリピンプライマー」

http://primer.ph/blog/genre/all/2017-01-12-abe-akie-philippine-school/

 

1月12日付CNN Philippines Japan's first lady visits PH school for the blind

http://cnnphilippines.com/videos/2017/01/13/Japans-first-lady-visits-PH-school-for-the-blind.html

 

CNNフィリピンの動画の、内容の概要をご紹介します。

CNN Philippines WEBサイトのスクリーンショット

 

 

空港に到着後、日本のファーストレディーは、真っ先に国立盲

学校を訪問した。訪問は、明恵夫人の、障害を抱えるフィリピ

ンの子どもたちを支援したいという思いが強く表れたものだっ

た。夫人は、これまでもフィリピンの子どもたちに関心を寄せ、支援活動を行ってきた。

 

夫人は、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンが行っている、盲

学校の寮の改築費を集めるクラウドファンディングにも関心を持っている。

 

夫人は、盲学校の生徒や教員の暖かい歓迎に感極まった

のか、目に涙を浮かべながら、学校を後にした。

 

盲学校の校長先生のコメント
「夫人は、本校の生徒の状況に、強い関心を持っておられ

ました。夫人のお優しさが感じられました。夫人は、11年生

の生徒たちに、『夢を持って下さい。そして支えて下さる方

に感謝しながら謙虚に生きて下さい』と仰いました。」

 

石田のコメント
「夫人は、自身のSNSで盲学校やクラウドファンディングに

ついて情報発信をするなどの形で協力したいと仰っていました。」

 

※クラウドファンディングも、残り一カ月近くとなりました。み

なさんからのご支援やご協力、ぜひ引き続きよろしくお願い

致します!

 

https://readyfor.jp/projects/ftcj_phspd


<<back|<123>|next>>