第5回アーユスNGO新人賞を受賞しました。

 

当団体アドボカシー事業リーダーの河本 千夏が第5回 アーユスNGO新人賞(奨励賞)を受賞しました。

 

アーユスNGO賞は、アーユス仏教国際協力ネットワーク(宗派を超えて仏教僧侶が集まり、仏教の精神に基づいて、1993年に設立された国際協力NGO)が創立20周年を機に創設されました。

 

その中の新人賞は、国際協力NGO での活動経験が短いながらも、今後さらなる活躍が期待され、

国際協力NGO の将来を背負っていくと期待される個人に授与される賞です。

 

先日2月5日、授賞式が行われました。

大変残念ながら、河本はインドへ出張のためビデオメッセージでの参加、

当日は事務局長の原元が代理で参加しました。

 

新人賞は河本の他4名、大賞は1名が選ばれました。

受賞者一覧:http://ngo-ayus.jp/activity/award/

 

■受賞式の様子が佼成新聞に掲載されました。

https://shimbun.kosei-shuppan.co.jp/news/14068/

 

 

 


NGO組織強化大賞 女性スタッフの登用・活躍部門を受賞

この度フリー・ザ・チルドレンは「NGO組織強化大賞」における「女性スタッフの登用・活躍部門賞」を受賞しました。

 


「NGO組織強化大賞」とは、NGOの組織強化に向けた優れた取り組みを表彰するため、JANICと立正佼成会一食平和基金が共同で募集した賞です。フリー・ザ・チルドレンがこれまで取り組んできた、スタッフの子連れ出勤・在宅勤務制度、障害者の雇用、子どもメンバーのためのチャイルドプロテクションの制定などの取り組みが評価され、「女性スタッフの登用・活躍」部門賞を受賞することができました。

 

1月31日に行われた授賞式に事務局長の原元が出席してきました。


当団体が目指すビジョン

「世界中のすべての人々が誰一人取り残されることなく参加でき、国籍・宗教・年齢・性別・障害の有無・文化に関係なく、違いや個性が尊重され、互いに勇気づける多様性のある社会」

 

この社会をつくるために「まずはわたしたちの足元である職場からそんな社会を創っていこう!」と

試行錯誤しながらもスタッフ一人ひとりの個性が発揮できる働きやすい職場づくりに取り組んできました。

今回はその取り組みをこのような形で評価していただき、大変勇気づけられました。

 

「WE change the world 今、わたしから」

 

この言葉を胸に、これからもわたしたちは変化し続けます。

 

そんな、フリー・ザ・チルドレンを今後とも応援よろしくお願いいたします。

 


【重要なお知らせ】NPO団体になりすました迷惑メール・詐欺メールにご注意下さい

最近、NPO団体になりすまし支援金を支給するので受取手数料をNPO団体の口座に振り込むようにと指示する詐欺メールが発信されています。当団体からこうしたメールを発信することは一切ございませんので、十分ご注意いただきますようお願いいたします。

 

当団体になりすました当該メールそのものを直接確認できていませんが、もしそのようなメールを受け取った場合は、詐欺等の被害、情報の悪用、ウイルス感染等の恐れがありますので、これらのメールへの返信、添付ファイルの開封、本文に記載されたURLのクリック等はなさらないようお気を付けください。

 

また当団体でお預かりしている個人情報は厳重に管理しており、本人の許可なく使用すること、第三者に渡すことはありません。

不審なメール等に関するご質問・ご連絡等は、最寄りの警察署、迷惑メール相談センター、または当団体 info@ftcj.com(※件名に迷惑メールの件とご記載ください)までご連絡いただくようにお願いいたします。

 

NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 事務局


<<back|<123456>|next>>