貧しさの中にいるフィリピンの子どもたち

☆Helping the hungry feed themselves
 ーフィリピンの活動家、プレダ基金代表 シェイ・カレン神父のコラムから情報元http://www.preda.org/main/archives/2010/r10072801.html
(翻訳:FTCJ翻訳チーム 大学生メンバー 阪本遵さん)

私が最初にオロンガポ市で餓死する子どもに遭遇したのは、今から何年も前の、亡くなった子どもに祈りを捧げるために呼ばれた時のことでした。段ボールとプラスチッでできた小さなあばら家に着くと、そこにはこれから埋められようとしている3歳の少女が、段ボールの中に紙でできた服を着せられ、眠っていました。それはやつれたお母さんができた精一杯のことでした。この家族は数日間何も食べていなかったのです。 この出来事に遭遇し、なぜこのようなことが起こるのか、自分に何ができるのかを考えるようになりました。

考えていると、教会での心地よさよりも、農地や工場の人々、道端にいる人々、さらに悲惨な状況にる人たちに心が向き、貧困の原因を理解しようと思いました。さらにフィリピンでのフェアトレードも始めようと思いました。 たくさんの人が食べ物に飢えているというのに、私は毎日おなかいっぱい食べ、食の安全を満喫することなんてできませんでした。 さらに、教会での社会的教育にも関心を持つようになりましたし、神への信仰は正義のために行動を起こした時に本物になるのだと気がつきました。そしてその行動が尊厳ある人生になっていくのです。

フィリピンでは、およそ200家族が国の70%の富を独占しています。彼らは国会を動かすほどの力を持ち、彼らの安全は軍隊が守ってくれます。ほんの一握りの裕福な家族、政治家、大物実業家がフィリピンのほとんどの私有農耕地を独占しているのに対し、大半のフィリピン人は土地がなく食べ物に飢えている状態です。 例えば、10人中7人の小作人は未だに自分の土地を持っていないのに対し、3分の1以下の地主がフィリピンの農耕地の80%以上を保有しているのです。農地改革が失敗しただけではなく、150万ヘクタールの私有地のうち17%しか農地で働いている人々に対して公平に再分配されていません。 アロヨ前大統領は、多くのフィリピン人が土地がなく食べ物に飢えている状態であるのに、韓国に対しミンドロ島の94,000ヘクタールの優良な農耕地を25年間貸すという交渉をしました。
 
3年前に農作物の値段が急激に上がってから、フィリピンでの米の値段は高いままです。小作人にとっては肥料と殺虫剤の値段が上がったことによって利益はほとんどありません。そして、資金を援助するために用意された数100万ペソは、大統領の再選のために吸収されたと言われています。 その上、政府は米を多く作るための援助を増やしませんでした。その代わり、たくさんの米を外国から輸入し、買いだめして、安い値段で取引できるようにしたのです。これでは飢えている貧しい人々に対して、お金持ちがより裕福になってしまいます。
 
今日、世界には食べ物に飢えている人々が10億人います。半分以上の6億4200万人がアジアに、サハラ砂漠以南のアフリカに2億6500万人、ラテンアメリカとカリブ諸国に5300万人、中近東と北アフリカに4200万人、そのほか途上国に1500万人もの人がいます。 子どもたちのほとんどは栄養失調で苦しんでいます。もし子どもたちが三日間必要最低限の食べ物を摂取しなければ、脳はダメージを受け、また、彼らが生き残ることができても、学ぶことができず、無学なままであり、まともな仕事と尊厳のある人生を過ごす事ができなくなるでしょう。

栄養失調の子どもたちは1年で160日は病気であり、この状況は、年間約540万人の子どもたちが亡くなることにつながっています。また別に、500万人の子どもたちが治せる病気で亡くなっています。(下痢が61%、マラリアが57%、肺炎が52%、はしかが45%)これらの病気は、子どもたちが栄養失調でとても弱っているために致命的な打撃を与えるのです。
 
3年前に、33%のフィリピン人が貧困ライン以下の生活水準で暮らしていました。現在は不況のせいで状態はより悪くなっています。2005年以降、10.8%のフィリピン人が1日1ドルの生活をし、41.2%が毎日2ドル以下でやりくりしています。
 
この問題は、アキノ政権が直面している一番大きな試練です。またこれは、貧しい人々が作物を育て、生活水準を上げるために援助を続けている善良な人々とNGOにとっても大きな課題なのです。


裁かれないフィリピンの子どもへの性的虐待

☆FTCJのフィリピン支援事業の現地パートナー団体

「プレダ基金」からニュースが届きましたのでご紹介します。

フィリピンの活動家、プレダ基金代表 シェイ・カレン神父のコラムから 情報元(6/10配信)

http://www.preda.org/main/archives/2010/r10060901.html (翻訳:FTCJ翻訳ボランティアチーム 中丸玲子さん)

性的搾取を目的とした児童売買容疑に関する告訴が、オロンガポ市

のフィリピン人検察官により棄却されていた事が、フィリピン国家捜査局

(NBI)により明らかにされました。告訴は米国籍を持つ裕福なフィリピン

人男性(33歳)とその父親に対するものでしたが、告訴棄却に子どもの

権利活動家たちは憤りを覚え、法務省に対し、この父子を児童虐待容疑

で告訴し、被害にあった児童を保護するよう求めています。

法医学検査官の報告によれば、被害者の一人である15歳の少女は

33歳の容疑者に妊娠させられており、14歳の妹は生殖器に多数の裂傷

があるということです。少女は宣誓供述書の中で、自分と妹がこの父子

両方と何度も性的関係を持たされ、ビデオに録画されたと証言しています。

児童に対する暴行、虐待、脅迫といった数々の行為や、児童ポルノを制作

した証拠も挙がっています。

米国籍のマリオとマークP. という名の2人の容疑者は、マニラのNBIの

拘置所に3週間拘置されました。彼らは児童虐待、性的搾取、児童売買

の容疑で告訴されましたが、オロンガポ市の検察官により告訴は棄却され、

告訴棄却が承認されました。父子は無罪放免となったのです。

性的虐待の多数の証拠を示した医師による検査結果、父子二人

から度重なる性的暴力を受け、自分も姉も性行為をビデオで撮影

されたという14歳の少女の証言、そして、33歳の息子のベッドルームで

朝6時に15歳の少女が救出されたという事実、こうしたNBIが提出した

証拠があったにもかかわらず、どういうわけか検察官は児童虐待容疑

で二人を告訴せず、この裕福な父子は無罪放免となったのです。

子どもの権利活動家らは法務省のリンダ・マネラブ・ホーニラ次官

に書簡を送り、NBIの申し立てに対し迅速に対応し、オロンガポ市の

検察官らによる告訴棄却を再検討してほしいと要求しました。

容疑者が米国に逃亡しないうちに再捜査の命令を出してほしい

と要望したのです。

しかし、2人の姉妹は活動家らの要求にもかかわらず、社会福祉局

に保護されていません。NBIによると、この姉妹は母親に捨てられ、

容疑者の男性に渡されました。そして、あとから男性の息子も一緒に

暮らすようになったようです。少女たちの実父はドイツ国籍の男性ですが、

12年前に死亡しました。

もう一度言いますが、子どもたちは弱いのです。しかし、容疑者と親戚

は妊娠している15歳の少女を何処かに隠してしまいました。容疑者たち

はこのまま告訴を免れ、何も悪いことをしていないと判断されたのだと

思うでしょう。親戚が少女たちの口を封じていますし、少女たちも怖くて

証言したり、告訴し続けたりすることはしないでしょう。政府当局は、

少女たちや身内が出頭して告訴しなければ、容疑者に対して法的措置

は何もなされないと言っています。このように、国には憲法や児童保護

法がありながら、明らかに法を施行する能力がなく、米国市民に 対する長丁場の裁判という面倒な問題を抱えたくないのです。

被害者の少女たちは捨てられたうえ、10歳から性の奴隷にさせられ、

正義も、治療も、復帰の機会も、補償も受けることはありません。

被害者の人生は崩壊します。買春ツアー客や児童買春目的の外国人

は、フィリピンの司法制度が崩壊していて、脆弱なうえ全くの無能で

あると知ったうえでこの国に集まってきています。

司法省で現実に犯罪と闘っている検察官は長続きせず、多くは失意

のうちに辞職します。制度は、告発された外国人や買春観光客、

児童性愛者らをある欲望のために保護しています。

おそらく私腹を肥やしたい検察官の欲望が働くのでしょう。

容疑者の親戚が少女たちを再び自分たちの支配下に置いた

とされており、社会福祉局は早急に子どもたちを保護するよう

求められています。15歳の少女が、児童への性暴力の証拠

を隠すために違法な堕胎を強制されるかもしれない危険性も高 いのです。わたしたちも新聞や政府当局にこの少女たちの

保護と容疑者を裁きにかけることを訴える手紙を送りました。

皆さんのコメントもpredair@info.com.phに送ってください。


フィリピンはなぜに貧しいのか?!

こんにちは、FTCJ事務局の中島早苗です。

今日は、フィリピン支援事業チームの鈴木ゆにこさんと二人で

「フィリピンの人々の貧困」についての研究会に参加してきました。

主催はAIICで、お話してくださったのは、菅沼櫻子さん。

菅沼さんは今まで30年以上にわたり、フィリピンの人々の貧困問題に取り組み、

出稼ぎ労働者のサポートなどをされている、フィリピンのエキスパート!

菅沼さんのフィリピンの人々に対する温かいまなざしと

熱い思いを感じる時間でした。

さて、「フィリピンの人々がなぜ、貧困なのか」ですが、

結論からいうと、このブログで簡単に述べることはできませんが、

大きなファクターになっているのは

400年(ながい!)にわたる植民地支配を受けた

という歴史的背景があげられます。

占領したのは、スペイン、アメリカ、そして日本です。

でも、フィリピン人は日本人に対して非常に

フレンドリーですね。)

フィリピンがスペインの植民地支配を受ける前の

段階では「フィリピン」という国は、できあがっていなかった。

それゆえ、一致団結して、外部からの

支配を阻止するといったこともされず、結果的に

利用されやすい状況だった----

ということも大きな要素です。

また、フィリピンの人の良さも関係といえます。

土地を所有するという概念をもたない

先住民族の人々は、土地は元来みんなのもので

誰か一人に帰属するのではない、という考えをもち

土地の利用はみなでしていたのですが、

外部からのやってきた人々は、土地を利用するため

契約や法律をつくり、先住民族の人々の知らない間に

土地の所有権を獲得していたのです。

・・・と、

今日は、基本的なフィリピンの歴史的背景をつづりましたが、

3月20日から29日までフィリピンに行ってきますので

次回は

生のフィリピンレポートをお届けしたいと思います。

フィリピンは、今、なつまっさかり!で

マンゴとバナナがおいしい季節。

ジューシーでとびきりおいしい果物も楽しみ♪


<<back|<6789101112>|next>>