なぜフィリピンは貧しいのか。

なぜフィリピンは貧しいのか。IMF(国際通貨基金)の報告から

2011
1215日 ロデリック・デラ・クルス
http://www.preda.org/en/news/human-rights/the-roots-of-philippine-poverty/

翻訳:FTCJ翻訳チーム浅田紀子

***

IMFの報告によると、アジアの中でもフィリピンが貧困状態から
脱出できない理由は脆弱な財政基盤と不安定な政治にあると言うことです。

「フィリピンにおける経済成長の決定要因」と題した25ページの
報告書は1965年から2008年にかけてフィリピンと23の新興成長市場を
比較し、1人当たりのGDP成長の減少の原因を分析しています。

別の報告では1950年代のフィリピンは1人当たりのGDPがアジアで
第二位でした。しかし、今日では、マレーシア、インドネシア、
タイ、ベトナムは先進国に追いつこうと高成長を遂げているのに
対しフィリピンは低迷の一途をたどっています。

 「フィリピンは他のアジアの国々との関係が影響しています」と、
話をしたのはこの報告書の著者で中央銀行の役員でもある
ウィラ・ブーツ・トロ氏です。
 
フィリピン経済が弱いと言われるのには、農業の生産性の低さ、
政府が抱える債務、国内外への投資、研究開発費、教育への投資
の低さ、観光業界の低迷、所得の格差、政治腐敗、人口増加、
その他様々な財政危機や政治不安などが起因すると考えられています。

フィリピンには長期にわたる持続的でしっかりとした経済改革
が行われていません。
 
トロ氏は「東アジアに追いつくにはフィリピンはマクロ経済
の安定を図り、農業、インフラストラクチャー研究開発など
の公共支出を増やす必要があります。公共投資を増やすには
行政的政策と差別関税から税収入を増やす必要があります。

そしてそのためには税務管理の強化、消費税、財政的インセンティブ
の合理化が含まれるでしょう。」と話してくれました。
報告書では、よりよい灌漑、肥料・市場への入手、販売経路、
農場から都市への輸送路、倉庫などがあれば農業部門を支援
することになると訴えています。

政府が官民協働でインフラ整備へ投資をすれば効果が期待
されるでしょう。科学の教育を強化することも将来的に国
の立て直しに重要な役割を果たすと考えられます。

 


MDGsの達成向けて フィリピンからのレポート

 
国連は2011年7月7日、「ミレニアム開発目標(MDGs)報告2011」を、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の「MDGs達成に向け大きな前進があったがその陰で最も立場の弱い人々が置き去りにされている」というメッセージとともに発表しました。

MDGsとは、「2015年までに世界の貧困を半減すること」など、世界が2000年に約束した目標です。MDGsは開発途上国の貧困問題解決に向け、国連や各国政府などの諸機関が掲げたもので、8つの目標にまとめられています。

MDGsについて↓
http://www.ftcj.com/webstudy/index.html#/india/india5_10/talk1


さて、世界の目標期限まであと5年をきりました。2015年までに達成しようと打ち立てた目標へはどのくらいの所まできているのでしょうか。それが、冒頭にご紹介した国連事務総長の言葉の通りで、この目標に向け、世界中でかなりの改善がみられていますが、課題も残っています。

「すでにMDGsのおかげで、数百万人が貧困を脱出したほか、数限りない子どもたちの命が救われ、その就学も確保されました。MDGsは妊産婦の死亡者を減らし、女性の機会を拡大し、衛生的な水の利用を広げ、多くの人々を致命的な重病から解放しました。」と事務総長は述べました。

しかし、その一方で、「女性と女児の地位向上、持続可能な開発の促進、さらには紛争、自然災害、食料価格がエネルギー価格の乱高下など複数の危機による壊滅的な影響からもっとも弱い立場にある人々を保護するという点では、まだまだ長い道のりが残っていることも、この報告書は示しています。都市部と農村部との間には、気の遠くなるような格差が残っています。」と潘基文総長は続けました。

11年前の団体設立当初からフィリピンの子どもへの教育支援をおこなってきているフリー・ザ・チルドレン・ジャパンとしても、フィリピンの子どもの小学校や高校からの中退率の依然として高いことをみても、この目標期限までにゴール2は残念ながら達成不可能なのではないか、と思わざるを得ない状況です。

そこで、実際にフィリピン政府機関のひとつ
「National Economic and Development Authority」(経済開発局)が、
2010年9月に発表したMDGs達成に向けての中間報告書のデータをもとに、
フィリピンの現状をみていきたいと思います。


◆フィリピン MDGsに向けた報告2010年

1) ゴール1の極度の貧困や飢餓を2015年までに半減させる目標については、達成できる見込みです。1991年では、24.3%の最貧困家庭がみられましたが、2006年では14.6%にまで下がりました。半減の12.15%にあと、もう一息です。しかし課題もあり、統計的には貧困率の半減は達成できる見込みでも、都市と地方の格差が非常に大きいのです。

具体的には、首都圏地域では最貧困ライン以下で生活する人々の割合は、1.2%のみですが、ビサヤ諸島では26.2%、ミンダナオ諸島では30%以上にもなる地域もみられます。また、栄養失調状態にある子どもが依然として多くみられることも課題です。さらに、収入の安定につながる雇用創出もうまくいっていません。

2) 初等教育へのすべての子どもの修了については、非常に厳しい状況です。このままでは目標を達成できそうにありません。就学率は、首都圏では93.7%、全国をみても最低でも74.9%に上りますが、小学校修了を表す卒業率に至っては、首都圏でも85%、最低地域では37.5%しかありません。これは、紛争地域で治安も不安定なイスラム教徒ミンダナオ自治地域(ARMM)での数値です。

国連の報告書によると、子どもの教育を阻むものとして大きな三大要因は、貧困、女児であること、紛争地帯に暮らしていること、があがっています。ミンダナオ島全体の小学校卒業率は60%〜70%と非常に低くなっています。

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの活動を通して、小学校に入学しても、家族を支えるために労働力として駆り出されてやむを得ず学校を中退する児童のケースによく遭遇します。まさに、負のスパイラルといえる現象が起きています。

両親が教育をあまり受けていない→安定した収入のある仕事に就けない→家族を養えない→政府からの社会保障などもない→子どもが働き一家を支えざるをえない→子どもは小学校を中退し、成長しても安定した仕事に就けない・・・。

この貧困の悪循環を断ち切るためにも、教育は非常に大切です。フィリピン政府には、もっと初等教育の普及のために政治的意思を表し、政策に反映させてほしい、というのが国内外のNGOが訴えていることのひとつです。

3) 性による差別に関しては、フィリピンは以前から女性の地位が高いため、すでに目標をクリアしています。例えば、小学校の就学率をみても1996年の時点から中等教育(高校)では女児の方が就学率が高く、2009年は、初等教育も中等教育も女児が男児よりも就学率は高くなっています。

4) 乳幼児の死亡率の削減の目標については、非常に大きな進歩がみられます。1990年は1000人に対して80人の乳児死亡率でしたが、2008年には34人にまで減少しました。

5) 妊産婦の死亡率の削減について、2015年までの目標数値に達成できそうにありません。また、リプロダクティブ・ヘルスへのアクセスの目標実現も厳しいでしょう。カトリック国の宗教観が、避妊普及を阻んでいると指摘されています。

6) HIV/エイズの感染は、フィリピン国内では非常に増えており、問題になっています。今後これ以上の拡大がないよう治療と予防の2つから問題に取り組む必要があります。

7) 飲料水へのアクセスについては、目標達成は中程度です。ルソン島地域では徐々に飲料水アクセスへのインフラが整ってきましたが、ビサヤ諸島やミンダナオ諸島の地域では、非常にゆっくりとした改善になっています。

8) 世界とのパートナーシップを構築につながるインターネットや携帯電話の普及といった通信環境は、かなり整ってきました。

▼改善に向けて フィリピンに求められていること
いくつかの目標は達成できる見込みがみられ、政府の取組みなどが評価される部分がありますが、多くの課題が残っていることも事実です。これらの課題を解決するための取組みの提案も報告書の中で発表されていますので紹介します。

・持続的な経済発展
・人口増加抑止につながる良い政策
・貧困率が高い地域に目を向け、しっかりとした政策を実施する。
・社会福祉サービスの設置と運用
・政府や自治体のガバナンスと透明性(汚職や政治腐敗も目標を阻む要因である)
・平和と安全の向上にむけた政策
・適正で効果的な資源利用
・問題への世論喚起(特に地域の人々への呼びかけ)
・官と民の協力関係の強化とパートナーシップ構築
など

途上国の課題は、その国の政府が市民とともに取り組み、解決していくことが重要ですが、日本にいる私たちも、MDGs達成に向けアクションを起こしていくことが大切です。なぜなら、一人一人の行動や声が、世界を変えるからです。東日本大震災以降、国内では被災地復興に向け、皆が協力していこう、という機運が高まり、多くの日本人がボランティアのために被災地を訪れたり、募金をしたりと行動に移しています。そのムーブメントは国内からだけでなく、海外からもメッセージが寄せられたり在日外国人がボランティアをするなど暖かな輪が広がっています。

こういった輪が日本国内の問題だけにとどまらず、途上国への関心につながることを願いつつ、国際社会の一員として活動していきたいと思います。

鉱山で働く少年
フィリピンのミンダナオ島の鉱山で働く13歳の少年。働いて家族を支えるため小学校は3年生で中退。鉱山では金を採取するために水銀が流れ出る現場。そんな環境でも少年は毎日30キロの砂袋を何度も運び、働いていた。「いつか、学校にはまた戻りたいな」


フィリピン活動家カレン神父コラムより

FTCJフィリピン支援事業のパートナー団体

「PREDA基金」代表 シェイ・カレン神父のコラムから

(マニラタイムズ11月5日配信記事) 

翻訳:FTCJ翻訳ボランティアチーム 岡田千津子さん

正義の欠如が子どもたちを傷つける

先日、トランスペアレンシー・インターナショナル

(腐敗、汚職に取り組む国際的NGO)

が示した各国の汚職度指数一覧表によると、

フィリピンは、最低ランク国の一つ

「高度の腐敗」と位置付けられました。

それは、全く驚くようなことではありません。

教区の神父でもあるレガスピ市のジョエル・ベイロン司教は、

毅然(きぜん)として、聖職者たちにあてた文書を明らかにしました。

「倫理を守る社会組織が弱ってきて、村の単位で汚職が

行われています。フィリピンの青少年で組織される

サングニアン・カバターンの評議会選挙では、投票買収が

行われています。親が、子どもに不正行為をあおっています。

教区の指導者でさえ、不正に加わっています。彼らは、

辞任すべきですし、サングニアン・カバターン青年評議会は、

若者に汚職を教える素地を作ることから手を引くべきです。」

文書は、このように断固とした表現で書かれています。

司教や神父の中には、人権を擁護するため、勇気をもって

はっきりと自然や人々の命を脅かす森林伐採や鉱山開拓に

反対する立場をあらわし、人々を導き勇気を与えています。

けれども、聖職者の多くは沈黙を守っています。オスカー・クルス

前大司教は教会の支援を受けながら、違法賭博の撲滅キャンペーンを

展開していますが、このことと矛盾している事実として、いくつかの教区は

ギャンブルを行う組織や国が出資したフィリピン娯楽ゲーム公社

(PAGCOR/訳注;通称カジノ・フィリピーノ)から寄付を受け取っているのです。

ナザレのイエス(イエス・キリスト)は、貧しく、圧制や虐待で苦しんでいる

犠牲者の側に立って、声をあげました。イエスは、当時の施政者や

神殿貴族らに対してさえ、その腐敗について厳しく非難し、勇敢に

立ち向かいました。イエスは、彼らを「白く塗られた墓」

(whiten tombs/訳注:「偽善者」という意味で使われています。)

であると言いました。外側は、白く美しく見えますが、内側は、死者の

骨やあらゆる汚れで満ちているという意味です。

イエスは、人間の尊厳を守るための教えを語り、権力者を批判する

行いをしたために、逮捕され、罪人のらく印を押され、処刑されました。

イエスの教えを守る人々も、同じように命を捧げました。

フィリピンで正義と人間の尊厳を守ることに身を置いた

セシリオ・ルセロ神父(訳注:2009年に殺害された)を始め、

数えきれないほど多くの人々が、

暗殺者の銃弾やナイフで命を落としました。

しかし、死の危険は、ナザレのイエスを信じ、従った者たちがそうで

あったように、世界中の真のキリスト教徒が背負うものなのです。

人々は教会に足しげく通います。けれども、教会の儀式という覆い

によってイエスの真の教えが隠されてしまいました。正義が実現

されるように見届け、イエスの教えを代弁し、身を尽くし、正しい

行いをする人々を支えていくべきであるのに、あまりに多くの人々が

そうすることをしないで逃げているのです。

真のキリスト教徒であれば、囚われ人や貧しく虐げられた人々、

飢えと虐待に苦しむ人々と共に歩み、彼らを救い、彼らの権利を

守り抜くために、彼らを心身両面で力づけ、支えていくべきです。

真のキリスト教徒であるために、私たちは、イエスが最後の晩さん

の前に弟子の足を洗い清めた際の教えに向かい合い、私たち同士

で互いに足を洗うことが求められています。

言い換えれば、私たちは、兄弟、姉妹である極貧の人々の

中に生き、農民と共に歩み、環境を守り、人権を侵害された

人々のために、改革の使徒として、課題を乗り越えていくための

活動を確実なものとしていくことが求められているのです。 

今日、私たちの活動に対しては、民主政府に挑む政治的な

干渉だと言う人もいます。けれども、はっきりさせましょう。

私たちは、道義的に許せないこととして取組んでいるのです。

とりわけ、人権、奴隷制、子どもへの虐待といった個人の尊厳を

守れるかどうかがかかっている問題なのです。

近年、子どもたちが被害者となる犯罪があふれています。

売春ツアーが行われ、買春目的に子どもを性の奴隷にするような

ことがまん延し、刑罰を受けず、政府によって奨励さえされているのです。

地方や外国のお客たちに幼い女の子や男の子を連れてくる

人身取引斡旋人に金を払うような外国の投資家に対して、

市長は、6日以内に営業許可を発行し、免許を与えています。

一方で、子どもたちを救い、守るための施設の認定の更新

手続をするのに、6ヶ月から1年もかかっているのです。

たった8歳の男の子や女の子までが性病にかかり、

そんな子どもたちが、商店街や街角、共同墓地で風俗産業

の商品にされています。フィリピンの総合病院の児童保護課は、

毎月何百もの子どもたちの治療をしています。外国人を

引き付けるために私たちの子どもや若い女性を商品にした

買春旅行に関与している旅行業者は、とんでもないことに、

なんと14%もの割合に上ります。

今こそ私たちは、子どもを守るために立ち上がり、性的虐待や、

違法な取引の犠牲者になった子どもを救い出し、支えて

いこうではありませんか。起訴を棄却してもらうため、

大金をちらつかせて検察官を買収しようと誘惑する多くの

人々がいます。そして、子どもたちに対する極悪な性的犯罪の

何百もの事件が、検察官に起訴されなかったり、起訴されても

軽い罪で終わっています。

これらの何百もの子どもたちを傷つけている事例について、

真の教会は、苦しんでいる子どもの泣き声や叫び声に耳をすませ、

救いを待つ子どものためにたゆみない努力をしています。

しかし、私たち自身も、一刻の猶予もなく行動を起こさなければなりません。


<<back|<678910111213>|next>>