キプソンゴル村の起工式

 

こんばんは、浅田です。
カナダインターナショナルからの記事です。

The original article)

(訳者:翻訳チーム 中丸玲子)

 

先月、ケニアのある村が新たにフリーザチルドレン(FTC)に仲間入りしました。母親、父親、教師、村の指導者たち、祖母、祖父、そして子どもたち合わせて千人以上が集まり、1996年に初めて学校を設立して以来ずっと取り組んできた教育の新たなページの幕開けとなったのです。

 

キプソンゴル村が小学校を始めた当初は、生徒40人と教師1人が木の下に集まっていました。村の長老が小さな家を提供すると、さらに多くの生徒が熱心に授業に参加するようになりました。そのうち生徒が部屋からあふれ出るほどになったので、保護者達が丸太や泥、牛の糞で大きな建物を愛情をこめて造りました。今では800人以上の生徒が10人の教師から教育を受けています。

 

緑のパンツやシャツとえび茶色のセーターを着た数百人の生徒たちが興奮してなだれ込み、スピーチを聞いたりダンスに合わせて手をたたいたりするのに一番いい場所を我先に取ろうとしました。母親たちは虹色の派手な服装で赤ちゃんを背中におんぶして、ニコニコしながらやってきました。何十人もの父親が、ネクタイ、ブレザー、コートといういでたちで得意げにこの特別な日を迎えました。こんな得意げな顔はめったに見られることではありません。祖父母たちも三々五々集まってきて、少し前までは教育が手の届かないものだったことを思い出していました。教育を受けることは夢にもなりませんでした。教育というものを知らなかったのです。10年でここまで来たのです。

 

ウィルソン校長先生はこの特別な日に全員を歓迎する熱い言葉を述べ、村が子どもたちに教育を与えるためにこれまで成し遂げてきたこと、そしてこれから夢見ていることを熱心に語りました。「今、私たちの子どもたちは自由です」と校長先生が叫びました。これは私たちの組織名の由来にもなり、90年代半ばに児童労働に抗議する子どもたちが叫んだスローガンと、キプソンゴル村の子どもたちが享受している自由を合わせた言葉でした。教育をただ受けるだけではなく質の高い教育を受ける自由。将来に夢を持つ自由。熱心な探究心が吸収できるすべてを学ぶ自由。

 

スピーチ、ダンス、祈り、そして歌が終わりに近づくと、村人たちは人々をかき分け、最初に建設する2つの教室の最初の鍬入れをする人たちを見るのに一番いい場所を取ろうとしました。「10,9、・・・」と数人がカウントダウンを始めるとすぐに、「7,6,5・・・」と大勢が参加しました。子どもたちは興奮して跳び上がり始めました。保護者達も期待に胸を膨らませて手を握り合いました。一人のおじいさんが、鍬を頭上に振り上げて、満面の笑みで今にも振り下ろそうとしていました。「4,3,2・・・」そして、全員一緒に「1!」と叫びました。

 

思いを込めた鍬が地面に振りおろされましたが、式典のために1〜2回掘るのではなく、真剣に基礎を掘り始めました。父親が疲れると母親が代わり、また交代して続けました。1時間で基礎は30センチ以上の深さになりました。保護者たちはFTCフィールドチームのメンバーに、深さ1メートルの基礎堀が完了するまで続けると約束しました。そして翌日、日の出とともに床が敷かれ、2つの教室は瞬く間に完成に近づきました。

 




病気からの解放 (Freedom from Disease)

 

カナダのブログからです。

(訳者:翻訳チーム 高橋ひとみ)

The original article)

「フリー・ザ・チルドレン(以下、FTC)が設立してくれたバラカ診療所のおかげで、この地域の医療サービスは非常に良くなりました。」と話してくれたのはここに住むアリス・チェボガイさんです。

この地域では今では、時間もそして費用もかけずに医療サービスを受けられるようになりました。これは今までとは比べものにならないとても価値のある進歩と言えます。

バラカ診療所が出来るまでこの地域では病気や怪我をすれば、ロンギサ病院まで通わなければなりませんでした。この病院が街から一番近い病院ですがそれは遙か遠い道のりだったのです。そして彼女自身もその長旅とも言える通院を2度も経験していました。1度目は自身がマラリアにかかった時、そして2度目は彼女の一番上の子どもが同じくマラリアにかかった時でした。

ですがこれは彼女に限ってのことではありません。ここに住むほとんどの人にとって、治療を受けることはかなりの時間と労力の要るものでした。そのため、ここでは病気になっても、ただ家にいるしかなかったのです。

このような状況は地域全体に多大な損害を与えていました。これは、健康についてだけではないとアリスさんは言います。彼女は続けてこうも言いました。「健康でなければ、農場も自分の仕事でさえも何もできない。さらに言えば、この街で医療サービスを受けられなければ、人々が病気になっても病院にも行けず何も仕事ができなくなり、仕舞いには経済が落ち込むことになるのです。」と。

バラカ診療所はこの地域の人々が簡単に医療サービスを受けられるようにし、さらには救急車によって病院までの時間の短縮も可能にしました。おかげで地域の皆が健康でいられ、仕事にも集中していられるのです。そして診療所では地域のお母さんたちに普段の家事でできる健康管理の仕方も教えています。例えば、飲み水を沸かしてから飲むだけで、病気を食い止められるということを彼女たちは学びました。このような予防学習のおかげで病気の数も減少しています。

アリスさんやその家族、そしてこの地域全体が、FTCのおかげで今では病気で悩まされることもなくなりました。この地域にバラカ診療所があるおかげで、皆が健康で暮らせるだけでなく、女性にとっては家族の健康を守れるという自信や知識を得られるのです。

最後に、アリスさんは「FTCは私にとって成長であり、進歩である」と述べ、バラカ診療所や、それを支援してくださった皆様に感謝の意を表しました。

 

ケニアにおけるFTCの成果や皆様からのご支援がどの様に活用されているか、さらにお知りになりたい方はぜひこちらをご覧ください!

www.freethechildren.com/kenya


<<back|<67891011