議員会館を訪問しました!


4月26日(火)、【高校生による国会議員のための世界一大きな授業2016】に向けて、
議員の方々にご挨拶をするため、議員会館を訪問しました!

お忙しい中多くの議員の方に案内を受け取っていただくことができました!


(参議院議員 / 日本共産党 辰巳孝太郎先生と高校生メンバー。)


(衆議院議員 / 無所属 野間たけし先生とお話しさせていただきました。)

(野間たけし先生と高校生メンバー。)
 

先生役をする高校生メンバーたちは本番に向けて着々と準備を進めています!
自分たちでワークショップを考えたり、スタディツアーで見たことをスピーチにしたり、盛りだくさんの授業になりそうです!


以下、世界一大きな授業キャンペーン全体についてです。

★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆
世界一大きな授業2016
すべての子どもに教育を。1本のペンが世界を変える。
http://www.jnne.org/gce/ 
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★

【世界一大きな授業とは】
現在、世界で学校に通えない子どもは5,800 万人、読み書きができない大人は
7 億8,100 万人もいます。2015 年9 月に国連総会は、「持続可能な開発目標」
(SDGs)を採択し、2030 年までにすべての子どもが質の良い幼児教育・初等
教育・中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善することを新たな目標として
掲げました。
 
「世界一大きな授業」とは、世界の教育の現状を世界中で同じ時期に学び、
教育の大切さについて考えるイベントです。今年も世界100 か国以上で開催し、
参加者の声を各国政府に届け、教育政策に反映するように働きかけます。

「すべての子どもに教育を」を合言葉に2003 年にスタートし、2008 年には
885 万人が参加、ギネス記録にも認定されました。日本でも2015 年には
7 万人以上が参加しました。
「授業」に参加して学校に通えない子どもたちの現状を知り、日本の私たちに
できることを考えてみませんか?


【NGOが作成した充実した教材を提供】
教材は世界の教育の現状を知るためのクイズ、教育を受けられないことを体験する
アクティビティ、日本の教育援助について学ぶことのできる参加型の教材を提供し
ています。
今年はノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんのドキュメンタリー、
『わたしはマララ』の映画の映像を使った教材もあります。

授業を受けた後に首相・外務大臣宛に手紙を書くと、JNNEが日本政府に届けます。
また、今年からは新たに、授業を受けた若者が地元選出の国会議員に面会するなどして、
日本の教育協力の改善を働きかける「Raise Your Voice!(レイズ・ユア・ボイス!
=声をあげよう!)」という活動への参加を呼びかけます。
 

世界100 か国以上の子どもたちと一緒に、教育について考える授業をしよう!「世界一大きな授業2016」キャンペーン開始のお知らせ

「世界一大きな授業」とは「持続可能な開発目標(SDGs)」の「ゴール4=教育目標」を
達成するための世界規模のキャンペーンです。


世界100 か国以上の子どもたちと一緒に、教育について考える授業をしませんか?



現在、世界で小学校に通えない子どもは5,800万人、読み書きができない大人は7億8,100万人もいます。2015年9月に国連総会は、「持続可能な開発目標(SDGs)」を採択し、2030年までにすべての子どもが質の良い幼児教育・初等教育・中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善することを目標として掲げました。
 


「世界一大きな授業」は、教育協力NGOネットワーク(JNNE)が
オリジナルに開発した教材をご利用していただいて、
世界の教育の現状を世界中で同じ時期に学び、
教育の大切さについて考えるキャンペーンです。

「すべての子どもに教育を」を合言葉に2003年にスタートし、2008年には全世界で885万人が参加、ギネス記録にも認定されました。日本でも2015年には全国780校・団体から7万人以上が参加しました。

 

世界一大きな授業に参加申し込みをしていただいた方には、無料で教材を提供しています。
この機会にぜひご参加くださいませ。


■学べる内容

  1. 世界の教育の現状について知り、教育の大切さについて考えること。
  2. より良い世界のために活動する子どもたちがいることを知り、自分たちに何ができるか考えること。
  3. 日本の教育援助の現状を知ること。
  4. より良い教育政策の実現に向け、日本政府に政策提言すること。

  ■特徴

*映画『わたしはマララ』(2015年12月公開)の映像を活用できます。
ノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイさんの訴える「女の子への教育」について考えます。

*参加型教材
教育の大切さを実感しながら学ぶことができます。ワークシートは、日本語版と英語版があります。



*小学生〜高校生まで学べる構成
児童・生徒の学齢に沿って授業をアレンジいただけます。授業時間(通常約45分)や、授業実施単位(1学級、全校)は問いません。


参加申し込み:http://www.jnne.org/gce2016/form.html
※参加申し込みは5月25日(水)まで!

そのほか世界一大きな授業詳細はこちら:http://www.jnne.org/gce/

 

お問合せ先:「世界一大きな授業」事務局  
〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22-11F プラン・ジャパン内
TEL:03-5481-0030 E-mail:gce.japan.campaign@gmail.com     


「ストップ!児童労働50万人署名」をFTCJの高校生メンバーが提出しました

 

2015年5月より児童労働ネットワークのキャンペーンで児童労働反対署名を集める活動を行いました。

そして、キャンペーン期間3ヶ月ほどで【 50万2,982筆 】の署名が集まりました!

 

2016年1月28日、外務省の霖漏位蛎膺胆務官を訪問し、集まった署名を提出しました。

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンからは、子どもメンバーの吉田紫苑さん、小笠原由子さんが参加しました。

吉田紫苑さんは、フィリピンスタディツアーに参加した際のごみ山の体験や、元子ども兵士のミシェルのことを、

小笠原由子さんは、児童労働は、早急に対処しなければならない社会問題ですと、

訴えました。

 

 

 

霖和膺胆務官からは、児童労働は児童の権利の侵害につながる深刻な問題であり、これをなくすことが重要である。そのために日本政府は国際社会で行っている様々な施策に引き続き力を入れていく、とお話を頂きました。

 

 

 


<<back|<11121314151617181920>|next>>