アマンドラ・ステンバーグへのインタビュー

不定期に連載しているWe Dayのスピーカーへのインタ

ビュー。今回は、映画「ハンガー・ゲーム」のルー役など

で知られる、女優のアマンドラ・ステンバーグへのインタビュー

です!
 

https://www.we.org/2016/08/16/off-stage-amandla-stenberg/

 

アマンドラ・ステンバーグがみんなに愛されているの

は、恐れることなく自分の思いを発信しているからで

しょう!17歳のアマンドラは自身の立場を活かして社

会に変化を起こそうとしています。
 

アマンドラは女性の権利やLGBTの人たちの権利を強

く支持し、文化の盗用についても声を大にして反対して

います。社会問題に対するアマンドラの情熱、それを原

動力に彼女は声を上げ、若者たちにもアクションを起こ

すよう促しています。映画「ハンガーゲーム」に出演した

女優でもあり若き活動家でもあるアマンドラが今何に最

も関心があるのか、彼女にとって「Me to we」な生き方とは何か

について、バックステージでお聞きしました。
 

訳注
(LGBT(:レズビアン(L)・ゲイ(G)・バイセクシュアル

(B)・トランスジェンダー(T) の頭文字をとったもので、

多様な性のあり方の総称のこと)

 

(文化の盗用:他の国や地域、民族の文化を、その文化

に関係のない人たちが、文化や民族に対して、敬意を払

うことなく真似したり面白おかしくしていること。)
 

たくさんの若い人たちがあなたに勇気づけられていま

すね。自分の女優という立場を活かして社会を変えて

いこうと思ったのはどうしてですか?
 

『自分の女優としての立場を活かそうと思ったのは、私自身が、

「自分には女優として、大きな影響力がある」ということを自覚し

ているからです。私が発信することで、世間の女子たちが自分に

自信を持つことができたり、彼女たちや周りの友達をとりまく現状

に対して声を上げたりするきっかけを作ることができます。女優と

いう立場でSNSなどを通じてだって彼女たちを力づけることができ

るし、出来る限りそれを利用してみよう、って思ったんです。』
 

スタイルに自信を持つことについてとても積極的に発

言されていますね。他には何に関心がありますか?
 

『自分のスタイルや体つきに自信を持つことについて

は、強い想いがあります。とりわけ有色人種の女性が、

どのようにして、自分の体つきについて否定的に考える

ようになるのかということについて関心があります。体型

というのは、人種差別や性差別にもつながっています。こ

れは、私の実体験でもあります。周りの黒人や他の有色

人種の女性たちが同じようなことを経験しているのを目の

当たりにしています。文化の盗用もそうです。黒人女性が、

面白おかしく偏ったイメージで語れることで、黒人女性が劣

っているという概念が根付き、彼女たちの文化が侵害され

る、そういった差別から生じた副作用が文化の盗用ではな

いかと思います。』
 

自分にとって大切な信念を持っている人たちにはどの

ようなアドバイスをいただけますか?その信念をみん

なに知ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?
 

『声を上げることや変化を起こす何らかの試みをやめ

てしまうのは、自分がやっても何も変わらないだろうと

思ったり、間違いや失敗を恐れて対話を始めることが

できないからだと思います。でも誰だって失敗はするし、

どんなに小さな変化でも実際には大きな変化が起こっているんです。』
 

困難な状況や批判にはどのように対処していますか?
『批判については、気にしすぎないようにしています。

何が重要で何が重要じゃないかは自分で分かるので、

批判であっても私の意見でよくないところを指摘してくれ

たり、対話を始めようとするものであれば受け入れます。

でも、ただの中傷したいだけの批判については気にしま

せん。』
 

あなたにとっての、「Me to We」 な生き方とは?


『私たちが人として持っている共通の経験ついて考え

ることだと思います。つまり、個人的なこと、自分の個

人的な葛藤であっても、それは実は多くの人が抱えて

いる、政治性のある問題にもなり得るのではないかと

いうことです、自分の問題意識や存在、葛藤が、他の

人との様々な交わりを経験することで、あなた自身や

他人に変化を起こしているとも言えるのです。それは、

社会全体を巻き込む変化にも言えることだと思います。

私たちは、みんな自分たちが持つ特徴や、バックグラウ

ンド、葛藤など、こうした様々な側面でつながっているん

です。』

 

(翻訳:翻訳チーム 山本晶子 文責:清田健介)

 

 

アマンドラ・ステンバーグ

 


少女たちに教育と支援を!そして少年たちにも教育と支援を!

クレイグとマークのコラムの紹介です。

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/empower-girl-educate-boy/

 

今年一月、キサルニ女子中等高等学校があるケニアのマ

サイマラ地方に、新たに男子中等高等学校が開校しました。

開校式の後、村の長老たちが学校に対して、校名を授ける儀

式を行いました。授けられた名前は、「 Ngulot」、スワヒリ語で

「強さ」を意味します。村の長老たちの、「息子たちに、娘たち

と同じように強く生きていって欲しい」という願いが、この校名

には込められているのです。

 

開校したばかりの、 Ngulot中等高等学校から、生徒たち、

そして私たちが学ぶべきこと、それは、私たちが「女性を支

援しよう」という呼びかけをする時、「男性たちに対する支援

も同時に行なわなければならない」ということです。3月8日に

国際女性デーを控えている今、私たちはこのことの重要性に

ついて改めて考える必要があると思います。

 

悲しいことに、男性が享受できている「基本的な権利」を、

女性が享受できていないという問題が未だに世界中で起

きており、女性たちは、今も世界中の街角などで声を挙げ

ています。特に開発途上国の地域では、教育や保健、経

済的な分野などでの男女格差が未だ深刻な状態です。こ

のような格差を解消するため、女子校を開校したり、女性

を対象とした起業プログラムなどを行ってきました。しかし、

真に平等な世界をつくっていくということは、ただ単に経済的

な機会の提供だけにとどまりません。支援先の地域の人たち

に、新たな考え方や発想を伝え、それを地域内で活かしてい

くための材料にしてもらうということでもあります。

 

現在のカナダでは、多くの男性たちも、女性の権利につい

て、女性たちと共に声を挙げるようになってきました。男性

も女性と共に声を挙げていくことで、社会の変革がよりダイ

ナミックなものとなります。また、性差の問題を、人権問題と

して取り組んでいくことは、性別を問わず全ての人に影響を

与えるという考え方も、カナダでは共通認識となってきてい

ます。このような発想の転換は、開発途上国の地域におい

ても不可欠です。

 

「私たちは、男性に対しても女性同様に支援していく必要が

あります。従来の考え方を見直すよう促し、変化を起こして

いくよう促していく必要があります。」世界銀行で社会開発

事業主任を務めるMaria Correia氏は、ハフィントンポストへ

の寄稿文の中で、こう語っています。

 

男性の問題を見過ごすことは、男女格差の問題をより深刻

にすることも、2013年の世界銀行の調査で明らかになって

います。

 

Ngulot中等高等学校が開校する前、現地でコミュニティー

リーダーを務めるWilly Cheresも、この「男女格差」の問題

に直面していました。キサルニ女子中等高等学校が開校

する時は、多くの人が寄付を申し出てくれたのですが、男

子校開校に対して支援を申し出る人は、あまりいませんで

した。男子校開校の動きは、カナダのオタワに住む当時12

歳の少年だったMitch Kurylowiczが、フリー・ザ・チルドレン

で男子校開校のための資金集めを2011年に開始した時に、ようやく動きだしたのです。

 

「地域の女の子たちは力強く歩み始めた一方で、男の子た

ちは取り残されていました」 Cheresは当時をこうふりかえ

っています。

 

キサルニ女子中等高等学校では、開校してからのこの六

年間、多くの少女に教育の機会を提供してきました。彼女

たちは今、医者やエンジニアになりたいという夢を抱くよう

になりました。マサイマラ地方では、従来男性たちは、家畜

業や狩りなどを行ってきました。その営みは、豊かな土地や

豊かな気候があったからこそ、今日まで続いていくことがで

きたものでした。しかし、その土地や気候も、今では気候変

動の脅威にさらされています。そういった観点からみても、

少年たちも、少女たち同様に、これまでとは異なる新たな夢

を抱くことが求められる時代に入ったといえるのです。それ

ができるようにならなければ、次の世代の男性たちは、支援

を受けて力を付けた女性たちに対し、憎悪感を抱くようにな

ってしまうでしょう。Ngulot中等高等学校は、そのような事態

を防ぐためにも、少年たちに対し、新たな機会を教育を通じ

て提供していくという役割を担っているのです。

 

この新しい男子校では、地域に根付いている性規範に関す

る教育も行われます。

 

現在18歳になったKurylowiczは、「Ngulot中等高等学校

では、地域のお母さんたちにも、普段地域で女性たちが

どんなことをやっているのかについて、生徒たちに講演

などを行って頂く予定です」と話してくれました。具体的

には、水汲みや料理、薪集めなど、女性たちが普段行

っていることが、家庭にとってどれほど重要な仕事なの

かを学びます。そして、これらの家事を、男子生徒たち

も積極的に行うよう促し、「家事は女性が行うもの」とい

う社会で形成された概念を断ち切り、新たに地域全体

が前進できるようになることを目指しています。

 

これは、私たちが、少年たちに「家事をしようよ」と必要以上

に強調して呼びかけているという訳ではありません。国連の

「女性の経済的エンパワーメントに関するハイレベルパネル

」が昨年出したレポートでも、家事などの無償労働に適正な

評価をし、性別を問わずに家事に参加することが、男女格差

の是正を行うためには不可欠だと指摘されています。

 

女性への支援やエンパワーメントを、長期的な視野に立

って行っていきたいと私たちが考えるのであれば、少女

たち、そして少年たちにに対し、新しい時代を生きていく

ための、新たな発想を共に学んでいけるようにするため

の環境作りを、私たち全員で進めていかなければいけま

せん。それを進めていくことで、女性の権利を擁護する未

来の教師、リーダー、大統領や社長、農業者、そして親が

育っていくのですから!

 

参考リンク
Maria Correiaのハフィントンポストへの寄稿文(英語)
http://www.huffingtonpost.com/maria-correia-/lets-empower-women-by-empowering-men_b_6833450.html

2013年の世界銀行の調査(英語)
https://academic.oup.com/wbro/article/28/1/22/1683277/The-Role-of-Men-in-the-Economic-and-Social#24731042

「女性の経済的エンパワーメントに関するハイレベルパネル」のレポートの日本語で書かれた概要
http://japan.unwomen.org/ja/news-and-events/stories/2016/09/hlp-women-empowerment

 

 

 


家族みんなでも、Let's take action!

クレイグとマークのコラムの紹介です。
https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/giving-back-family-affair/


世の中のほとんどの祭日には、その祭日にちなんだ伝統と

いうものがあります。カナダの建国記念日であれば、花火を

打ち上げることが伝統のようになっています。感謝祭であれ

ば、誰かに感謝を伝えるということがあるように。(感謝祭は

、その裏で鳥をみんなでガツガツ食べるという伝統もありますが。。)

 

ここ数年、カナダの多くの州で、二月に三連休をつくるため

に、「家族の日」が制定されました。この冬の寒い時期に、

家族のための祭日を作った訳です。

 

しかし、「家族の日」はいまのところ、「伝統なき祭日」となっ

ています。これは、大変恥ずべきことです。家庭生活におい

て、伝統というのはとても重要だからです。伝統を維持して

いくことは、家庭を強くし、安定化させていくということが、研

究でも分かってきています。

 

しかし、この時期はカナダでは憂鬱な冬の真只中。年末年

始も終わったばかりで、大きな出費をする余裕のない方も

多いのが実情でしょう。そんな二月の祭日を、年末年始の

二番煎じにするよりも、地域や世界を良くするために、家族

でアクションを起こす祭日にして、そのアクションを伝統にし

てみてはいかがでしょうか?以下、私たちからのアクション

の提案です。

 

 食べ物を配ろう
 

家族でクッキーなどをつくって、そのクッキーを安価で長

持ちするお皿にでも乗せてみましょう。食品の安全性に

害を及ぼさない範囲で、お皿にイラストを描いてみるの

も良いかもしれないです。家族で作ったクッキーなどを

乗せたお皿を、地域で孤立しがちな人、病気の人、スト

レスを抱えている友人などに配ってみましょう。郵便局

の配達員さんや、バスの運転手さんなんかにも!

 

 家族の服を寄付しに行こう!
 

古着の暖かい服、アパレル店で買ったけど、特に着てい

ない服などを探して集めてみましょう。そして、地域の慈

善団体などに届けてみましょう。残り物の食品などを集

めて、ボランティアを一生懸命している人たちに届けて

みるのも良いかもしれませんね!

 

 家族の映画上映会を開こう!
 

ポップコーンを用意して、ネットフリックスのような映画スト

リーミング配信サイトを起動して、家族を集合させましょう。

スター・ウォーズの最新作の代わりに、『ヘルプ 〜心がつな

ぐストーリー〜(公民権運動の時代を扱った映画)』のような、

社会的なメッセージのある作品をチョイスしまししょう。見終わ

った後、作品の中で扱われていた問題や、登場人物が取った

アクション、実際に家族として、映画と関連のある問題につい

ては何ができるかなどについて議論しましょう。

 

 家庭で使う予算について話し合う
 

子どもたちと、これから一年間の間に家庭で使う予算に

ついて話し合いましょう。子どもたちに予算の用途を決め

る権限を渡せという提案をするつもりはありませんが、金

銭に関する知識や能力を身に付けさせることは、子どもた

ちの成長と自信につながります。ぜひ子どもたちに、家庭

生活を維持していくためには何が必要なのかを考えさせて

みて下さい。家族旅行などに関する予算だけではなく、チャ

リティーのような行為にどのようにお金を使っていくかについ

ても話し合ってみて下さい。子どもたちにも、お小遣いや、誕

生日のプレゼント代を寄付してみないかと提案してみて下さ

い。そして、子どもたちの寄付する団体探しを手伝ってあげ

て下さい。但し、最終的には、子どもたちが関心のある問題

に取り組んでいる団体を、子どもたちが自ら選択できるよう

にしてあげて下さい。

 

 手紙を書く

 

毎年、家族の日には、家族で話し合って決めた問題につ

いて手紙を書いてみましょう。家族の連名で書くのも良い

ですし、子どもたちが大きくなれば、子どもたちが単独で

手紙を書いてみるのも良いと思います。その手紙を、家

庭の選挙区で選出された国会議員に宛に書いてみるの

も良いでしょう。内容は、気候変動について書いてみるの

も良いですし、アムネスティ・インターナショナルが行って

いる、政治犯の釈放を求めるキャンペーンへの賛同を呼

びかける内容でも良いと思います。

 

 ぜひ、「大人の都合で作られた祝日」を、「有意義な伝

統行事のある祝日」にして下さい。家族でアクションを起

こせば、家族の絆もより強くなりますから!

 

フードバンクでボランティアする家族

 


<<back|<1234567>|next>>