科学者や研究者たちに伝えたい、「ブランド力」改善のススメ

クレイグとマークのコラムの紹介です。

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/science-needs-rebrand-closing-gap/

 

学問としての科学に必要なモノには、データーに数値、

究結果や考察などがあります。では、他に必要なモノはな

んでしょうか?私たちは、今の科学は、一般の人々に強く

PRするために、「ブランド力」の再構築が必要ではないか

と考えています。

 

ピュー研究所が最近行った世論調査によると、大多数の人

たち(79パーセント)が、科学は重要だと考えている一方で、
ワクチンから原発の問題に至るまで、科学者たちのあらゆ

る見解に対して、懐疑的に見ている人達が一定数いること

も明らかになりました。

 

科学者たちの見解と、一般の人達との理解に、溝ができて

しまっているということは、厄介な問題です。科学的知見が

正しく広まっていないことで深刻となっている問題の代表例

が、気候変動です。気候変動に関する問題意識が共有され

ていないために、国際社会が気候変動の問題に、一致団結

して取り組むということが、未だにできていないのです。この

ことから分かることは、科学者たちが問題に対して解明を進

めていっても、一般の人たちの理解は、勝手に科学者たちに

追い付いていくという訳ではないということです。科学者たち

の理解が深まっても、一般の人たちにとっては関係の無いこ

とになっているというのが、実情なのです。

 

私たちの世界観は、「客観性のある証拠(エヴィデンス)より

も、私たち自身の文化や過去の経験によって形成されてい

きます。これは「文化的認知」と呼ばれているモノです。この

認知論によって、98パーセントの科学者が進化論に同意し

ているにも関わらず、北米で三割もの人々が「人間は一気

に創生された存在」だと信じているという事態も、決して不

可解なモノではないということが分かります。

 

今言ったことを分かりやすくまとめると、「友達の意見は、学

者の小難しい見解に勝る」といったところでしょうか。しかし、

この状況は、科学者たちが、一般の人たちへの発信方法を

変えることで改善する可能性があります。つまり、科学者の

話でも、やり方次第で、友達の話と同じように、身近に感じら

れるものになるかもしれないのです。

新たな事実を解明していくとの同じぐらい、情報発信をして

いくのも重要なことです。そういった意味でも、科学者や研

究者たちの世界で、多様性を促進していくことはとても重要

だと考えます。「白髪のおじさんが、難しい専門用語を使っ

て話している」という、科学者に対して一般の人たちが持っ

ている固定観念を、壊していくことが、とても重要だと私たち

は考えているのです。大学の講義室、テレビや映画で見る

学者の姿が、「一般の社会の人たちとも変わらない姿で、同

じように社会生活を送っているのだな」という風に思われるよ

うな努力をするべきだと思います。

 

科学の情報を社会に向けて発信する際は、大衆文化を活

用する必要もあると思います。ヒップホップアーティストのG

ZAが、ニューヨーク中の公立学校を訪れ、生徒たちに、理

科に関するラップを作ろうと促した時、生徒たちは、実験室

で実験をする時よりも、真剣に理科に取り組んでいました。
 

ちなみに、私たちの今回の主張には、科学的な裏付けもあ

ります。

 

イェール大学が行った文化的認知の最新の研究によると、

科学的な好奇心に基づいた探求と、自分と意見を異にする

理論を論破することを目指した探求には、大きな違いが見ら

れるそうです。知識を持った科学者や研究者は、自分の理論

を証明するために、エヴィデンスを選定しようとするのに対し

て、科学的な好奇心で探求をしている人は、相違する見解や

理論に対して、寛容な態度を示すことが研究で明らかとなっ

ています。

 

このような現状を改善することが、科学界と、一般社会の

間にある溝を埋める第一歩です。

 

「科学界は、探求の場から、理論を論破する場へと変容し

てきたように思います。]サイエンスコミュニケーション会社

[Beakerhead]のCEO、Mary Anne Moserは語ります。「科学

界は、論破することを重視しすぎずに、より包括的になって

いくためにも、必ずしも『正しくない考え』に対して、寛容にな

っていく必要があると思います。科学界も、一般社会と同じ

で、いつでも正しくあることはできませんからね。」

 

今年のアースデイには、トランプ政権の科学予算削減に対

して、科学者たちが抗議活動を行いました。声を挙げること

自体は必要なことではありますが、普段は研究所に閉じこ

もっている人たちが、政治的な問題の時には、一致団結し

て、街角に繰り出しているという光景を見ると、余計に科学

者を敬遠してしまう人も出てくるのではないかと、私たちは

懸念しています。

 

政治的な運動も重要ですが、科学者や研究者のみなさん

には、やはり、私たちの好奇心を刺激して下さるような存

在であって欲しいと思っています。

 

巨大広告代理店「レオ・ブルネット」のスウィナンドCEOは、

科学者は、社会運動や広告業界から、多くのことを学ぶこ

とができると言います。

 

「科学者たちの知能指数が、心の知能指数と合わさったら、

ぜったいに魔法を起こせます。データーや知見に、科学者た

ちによって人の心が宿れば、多くの人にそれを伝えることが

できるでしょう。」(スウィナンドCEO)

 

少しの好奇心と、芸術性、そして感情を持ち合わすことがで

きれば、科学の「ブランド力」も向上し、一般社会にも自然と

溶け込んでいくようになるはずです。
 

参考リンク

ピュー研究所が行った世論調査:科学者と一般市民の認

識の溝
 

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150204/434335/

 

アメリカ社会などで根強く残る、「気候変動否定論」の実態
 

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8730/

 

理科に関するラップの創作に取り組む生徒たち(英語)
 

https://www.youtube.com/watch?v=A625NoL9Pps

 

イェール大学の文化的認知論の研究(英語)
 

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/pops.12396/abstract

 

科学者たちが行った、トランプ政権への抗議活動
 

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/23/march-for-science_n_16187010.html

 

科学への好奇心は、科学者だけのモノではありません

 


[みんなが挙げる声は、最も強力な武器となる」 マララさんのスピーチ全訳

今回の「世界のWEニュース」では、活動家

のマララ・ユスフザイさんの、2014年のW

e Day UKでのスピーチの内容をご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/stories/malala-yousafzai-speak-at-we-day-uk-about-girls-rights/

 

みなさんは私のことを、タリバンの襲撃

を受けて頭に重傷を負った少女として、

知っているかもしれませんね。でも、

私の話 ― 私が誰で、どこの出身な

のか、あの事件の前はどんな生活を

していたのかを知ってもらえたらと思います。

 

経済的には、私は貧しい家庭に生まれま

した、が、私の家族は、倫理観には富んで

いる人たちばかりです。

 

父親は立派な人でした ― 今もそうです

けれど。私とのやり取りの中にも対等な

権利を認めてくれました。私と(2人の)

弟たちを平等に扱ってくれました。

 

私は勉強をすごく頑張り、クラスではトップ

の成績でしたから、周囲からは、いい子だ

と思われていました

 

しかし、生活の中ではしくじることもあり

ました。少しお転婆で ― 今でもそうです

が ―時々弟とやり合っていましたが、そ

れは今も続いています。もう1つ間違った

ことをしました。嘘をついたことがあります。

本当のことが言えなかったのです。友達

の装身具を盗ったこともあります。ごく幼

い時のことですが。

 

しかし、一度このような失敗をしたから

には、そこから学んだことも事実です。

この過ちは決して二度と繰り返しませんでした。

 

そこで少しお話したいのですが、人には

弱いところがありますね。みんな完璧に

はできていません。私のことを、「背が高

ければ素敵なのになあ」と思う人もいるか

もしれませんが、現実の私はそうではあり

ません。誰にも弱点はある、でもそうだか

らと言って特別な存在に値いしないと言う

ことではありません。

 

私たちはみんな特別な存在なのです。何

か才能を持ち備えています。

 

私の立場から、みなさんに何かアドバイ

スできることがあるとすれば、。決して希

望を失わないでください。それと、そうで

すね…

 

私たちみんなに、勇気があります。また恐

怖心があります。

 

私も時々怖くなることがあります…幽霊

とか、ドラゴンとか、外骨とか…でも、勇

気は恐怖に当然勝るということも事実で

す。

スワート地区(ヴァレイ)で、私たちはテロ

リズムに立ち向かっています。その時、

私は教育がとても重要なものだと実感し

ました。400以上の学校が..そう、400

校以上が当時、爆破されました。女性

は市場に行くことも許されませんでした。

女の子の教育は禁止されていました。

 

CDショップの店は爆破されました。学校は

爆破されました。

 

当時、私たちは、テロリズムの中で生活し

ていたのです。そんな時、2つの選択肢が

ありました。1つは、何も語ることなく死ぬ。

2番目は、語ってから死ぬ。私は2番目を選

択しました。

 

その時です。私たちは言葉を口にして、

声を挙げました。私は日記を書いて、BB

C放送に、ブログ記事として連載しました。

ニューヨークタイムズのドキュメンタリーにも

登場しました。さらに記事を何本か書いて

報道機関に訴えました。

 

私はスワート地区の外の世界が、世界中の

人が私たちの訴えに耳を傾けてくださってい

るとは知りませんでした。

 

そして間もなく、強力な手段、強力な

武器と言うのはみんなの声だというこ

とが分かりました。

 

同時にまた、私の人生を左右するような

事件にも直面しました。10月9日、私はタ

リバンの襲撃を受けました。

 

しかしその日、私に宿っていた小さな

恐怖心は死にました。そして勇気と精

神力とパワーが生まれました。

 

勇気は2つの理由から得ました:

 

まず、死の危機さえも、、私の教育への思

いを後押しいてくれたのではないかと実感

したことです。

 

さらに大きな勇気を実感した2番目の理

由は、みなさんの愛、みなさんの祈り、そ

してみなさんからの応援だったのです。

 

私には確信していることがあります。そ

れは、私たちは1つの家族として生きる

ものだということです。

 

ここ地球はとても小さい世界ですね。― 

本当に小さい世界です。私たちは1つの

家族として生きなければなりません。

 

お互いを思いやらなければなりません。

アフガニスタンや、パキスタンや、シリア

でテロに苦しんでいる子どもたちを見て

見ぬ振りをしてはいけません。この子ど

もたちをないがしろにしてはいけないの

です。

 

私たちが、輝かしい未来を望むのであれ

ば、このような子どもたちに心を寄せなけ

ればなりません。

 

そしてまた、ほんの小さなことをやるこ

とが必要なのです。私がこのように言

っても、それはごく普通の誰もが口に

する言葉ですね:私たちはお互いに親

切でなければならない。お互いに友好

の心を持っていなければならない。お

互いに愛さなくてはならない。

 

私の意見では、人生は非常に短い、本当

に短い人生です。ほとんど80歳、90歳まで

生きられない。この短い人生の中で、なぜ

人は憎しみ合うのでしょうか?

 

お互いに愛し合っていきましょうよ。そし

てこの人生を楽しみましょうよ。

 

楽しく生きましょう。そして人生で一番

の楽しみ方は、集団の中で生きること、

つまり、他の人がいる世界で、つながり

合いながら生きることです。誰もひとりで

は生きていけなのですから。

 

私はまた、みんながそれぞれ多様性を持

ってこの地球に送られて来ているのだと信

じています。これは心にしっかり留めて置

かなければならないことです ― 肌の色

や性別、宗教によって、社会の中で偏見

や差別をしたり、受けてはなりません。お

互いに愛し合わなければなりません。お

互いの考え方を受け容れ、尊重しなけれ

ばなりません。

 

私の夢ですが。私の夢は、教育のために

力を尽くすこと、子どもがみんな学校に行

って質の高い教育を受けるのを見届ける

ことです。

 

そして私は、明るい未来を、より良い世界を

夢見ています。

 

ご静聴ありがとうございました。

 

(翻訳:翻訳チーム 松田富久子 文責:清田健介)

 

 

スピーチの公式動画(英語)

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=GUpHn8JEk_0

 

 


青に、ピンクに、藍色に..:鮮やかに染まるインドの伝統工芸に魅せられて..

WEが行っているインドへのスタディーツアーでは、インドの

伝統工業を体験することができるそうです。今回はそのスタ

ディーツアーの様子を少しご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/stories/arts-and-crafts-in-india-with-me-to-we-trip/

 

 インドのラジャスタン州に少女ザキラの家では、700年に

および親から子どもたちへ、その子どもたちからそのまた子

どもたちへと代々伝統工芸が受け継がれています。

 

それは、絞り染めやブロックプリントのインドの伝統的な染

織技術で、今では旅行者たちを通じて、国境を越えて広が

っています。

 

インドのラジャスタン州のアラバリ山脈の麓にあるWEのア

ラバリ山荘キャンプ地で、朝目覚めたばかりのスタディー

ツアーの参加者のもとをザキラたちが訪れました。


WEのスタディーツアー参加者が草の上にマットを敷いて楽

しみにしてザキラたちを待っています。

 

ザキラは、父ユヌスや兄弟や従妹たちと、自宅のあるウダ

イプルから、2時間かけてこちらのキャンプにやってきました。

 

ザキラたちは、スタディルアーの参加者に、白い布をどのよ

うにして綺麗な色の布に染め上げるのかを教えるためにや

ってきたのです。

 

このスタディーツアーは、若者や家族、また企業の従業員

などが、現地の文化を体験できるWEの国際プロジェクトの

ひとつです。

 

 「8月の雨季の時でした。」とユヌスは言いました。「空にか

かる虹を見た女王が、虹のような色の服を着たいと言った

ことが始まりで、この染織技術が生まれました。この繊維技

術で、色鮮やかな装いを楽しむことができるのです。」

 

 

 

ザキラの説明のもと、参加者はそれぞれお気に入りの布を

用意します。染める前の白い布をきつく正確な結び目で縛り

ます。
 

 準備が出来たら、染色液の入った容器の前にいるユヌス

に手渡します。
 

ユヌスは手早くそれらを参加者の好きな色に浸します。ユヌ

スの衣服は真っ白ですが、一滴の染料もこぼすことはありません。

 

染料は全て天然のものです。黄色はターメリック、ピンクは

ビーツの粉末、藍色は木の葉から作られます。ユヌスが好

きな色は一番明るいピンクです。
 

 「インドを訪れる人々にもっと私たちの伝統工芸を知っても

らいたいです。」とザキラは言います。

 

となりでは、美術を学ぶ学生たちがブロックプリントの染織

をしています。象や花やラクダなど様々な形の木版を染色

液に浸してから布にスタンプします。

 

ユヌスは言います。「昔は木の代わりに金属の型が使われ

ていました。様々な柄を生み出すブロックプリントや絞り染

めの工程は複雑で、それぞれ全てが手作業で行われます。

「私たちはもっと多くの人々にこの技術を教えたいです。何百

年も引き継いできたインドの伝統工芸を知ってほしいのです。」

 

 

カメラマンとしてこのツアーに同行したレベッカさんは言いま

す。「このツアーでインドの伝統工芸への認識を深めました

。」「帰国後の私の芸術活動に何かしら変化を与えてくれる

と思います。」

 

まもなく、屋外教室は降り注ぐ日光のもとカラフルなスカー

フでいっぱいになります。その横にはブロックプリントの作

品が並びます。

 

ここでの体験はレベッカさんら参加者にとって何物にも変え

られない貴重なものになるでしょう。

 

この伝統工芸は、ザキラやユヌスらが代々子どもたちに引

き継ぎ、そしてこのように国境を越えて人々に伝えることで

続いていくのです。

 

 (原文記事執筆 :メーガン・ハリス 翻訳:翻訳チーム 文責:清田健介)

 

※今回は、WEのインドのスタディーツアーの模様をご紹介

しましたが、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでも、インドでの

スタディーツアーを今年の夏に行います!ご興味がおありで

したら、下記の詳細をぜひご参照ください!

 

インドスタディーツアー2017夏

 

〜インドの村で子どもに出会う、ボランティアの旅〜

 

2017年8月7日月〜13日成田発着

 

 

スタディツアーでは、観光ツアーでは知ることの出来ないよ

うな現地の方々の生活を体験し、日本の生活が当たり前で

はないという世界の現実を体感することができます。 そして

皆でのボランティアワークや、ディスカッションなどを通じて、

本音を語ることができる仲間になっていきます。仲間達と将

来について話をする機会もあり、帰国後もずっとずっと関わ

っていける出会いがあります。きっと、あなたにとって忘れら

れない時となるでしょう。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください!

 

http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/india2017summer.html#schedule

 

 


<<back|<1234567>|next>>