フィリピンスタディツアー報告

皆さんこんにちは!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

2019年3月25日〜3月31日までフィリピンスタディツアーを実施しました。

第9回目、参加者がどんなことを学び、感じたのか報告が届いているので紹介したいと思います!

 

第一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2160

第二回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2231

第三回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2232

第四回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2233

第五回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2235

第六回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2236

第七回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2237

第八回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2238

 

まだフィリピンスタディーツアーのブログを見てない方は是非こちらのURLからご覧ください。

1日目           http://ftcj.jugem.jp/?eid=2107

2日目・3日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2108

3日目・4日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2109

5日目・6日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2112

 

第九回目【IS】さんの報告を紹介します!

【報告】フィリピンスタディツアーに参加した理由
私がこのスタディーツアーに参加したのは、もともと貧困というテーマに興味を持っていたからだ。きっかけは、アメリカに住んでいた時にフードバンクに缶詰食品を寄付したことだ。

この時、初めて自分の身の回りに貧困で困難な生活を送っていることを知った。ここから日本の子どもの貧困や相対的貧困と絶対的貧困の差について研究を行っていた。

しかし、私は今まで東南アジアに訪れたことがなく、絶対的貧困の現状を知らなかった。また、日本の貧困は見えない貧困と言われていて、貧困層の子どもたちと関われなかった。そこでこのプログラムに出会い、私が体験したいと思っていたことが詰まっていたので参加することを決意した。

【報告】一番印象に残っているプログラム     
私がこのスタディーツアーを通して一番印象に残っているのは、スラム街に訪れたことだ。スラム街は私が想像していたものよりはるかに衛生環境が悪く、衝撃を受けた。しかし、そこで暮らしている家族は皆明るく、快く歓迎してくれた。家庭訪問して出会った子どもたちは、みんな自分の将来の夢を目をキラキラさせながら教えてくれた。

しかし、彼らの家庭には教育を受けられるほど経済面に余裕がなく、中には親の仕事を手伝わなければいけない子どもたちもいる。この現状を把握しているにも関わらず、子ども達が希望に満ち溢れているのを見て、生まれた環境によって機会が制限されてしまう社会の過酷さを改めて感じさせられた。

スラム街に訪れて一番印象に残ったエピソードは、スモーキーマウンテンの帰りに家庭訪問した家族が車まで送ってくれた時の話だ。家庭訪問したお母さんが子どもに、「この人たちについて行ったら美味しいご飯がたくさん食べられるからついていきな」と言ったのに対して、子どもが「嫌だ」と答えた。

これを聞いて最初は心がほっこりしただけだったが、車に戻って考えてみると、この会話に深さを感じた。どんなに生活が辛い環境にいても、最終的に幸せ度を判断するのは家族や友達などの人間関係なんだと感じた。

【報告】参加前・参加後の自分自身の変化     
参加前は、本当に絶対的貧困を客観的にしか見ていなく、遠い存在だと思っていた。支援したいという気持ちだけはいっぱいで、彼らの気持ちなどは考えていなかった。

実際に足を運んでみて、自己満足にしか過ぎない援助はやめようと心から思った。実際に支援先に足を運び、彼らとコミュニケーションを取るなど交流をし、初めて彼らが本当に必要としているものがわかる。

そこには客観視するだけでは見い出すことのできないことがある。また、参加前の自分は非積極的な部分があり、思うこと全てを口に出さなかった。しかし、今回のスタディーツアーを通して、積極的に話すことの大切さを知った。現地の方々と積極的に会話することによって、思いもしなかった情報が入ってきたり、貴重な体験をさせてもらったりした。

また、一緒にスタディーツアーに参加したメンバーとも積極的にディスカッションすることによって会話の質が本当に上がった。最後に、参加前は些細なことで私は恵まれていないと思っていた。しかし、今は自分が住んでいる環境と家族に感謝している。

小学校に通えていない子ども達、仕事を手伝わなければいけない子ども達、経済的に夢を叶えられない子ども達を見て、もっと頑張らなければいけないと思った。今の環境をもっと有効に使い、感謝する。恵まれた環境にいる自覚をしてどんな困難にも立ち向かう。

 

【報告】スタディツアーで経験したことを、どう活かす       
本当にこのスタディーツアーに参加しないと得ることのできなかった貴重な体験をたくさん積み、知識もたくさん得ることができた。よってまずは、フィリピンで経験したことや体験したことを積極的に発信し共有する。また、これからは自己満足にしか過ぎない支援をやめ、支援先の人の背景を知り、交流して本当に必要な援助をする。

これから大学生になって社会人になるに連れ、主体的に社会貢献活動を行う機会が増えると思うので、支援の本質を忘れずに活動したい。自分だけでなく、周りに客観視して援助している人がいたら指摘してあげる。最後に、スラム街などで生活している人たちを見て、日常生活における些細なことでも活かすことができると思う。

例えば、食品廃棄物をなるべく出さないや、無駄遣いをしないなど、意識できることはたくさんある。


フィリピンスタディツアー報告

皆さんこんにちは!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

2019年3月25日〜3月31日までフィリピンスタディツアーを実施しました。

第8回目、参加者がどんなことを学び、感じたのか報告が届いているので紹介したいと思います!

 

第一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2160

第二回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2231

第三回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2232

第四回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2233

第五回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2235

第六回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2236

第七回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2237

 

まだフィリピンスタディーツアーのブログを見てない方は是非こちらのURLからご覧ください。

1日目           http://ftcj.jugem.jp/?eid=2107

2日目・3日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2108

3日目・4日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2109

5日目・6日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2112

 

第八回目【KI】さんの報告を紹介します!

【フィリピンスタディツアーに参加した理由】
私は、フィリピンのスモーキーマウンテンの映画を観たことがきっかけで、途上国の貧困に興味を持つようになりました。高校二年生のとき、自分の目でスラム街を見たいという思いからブラジルに留学しました。そこで自分と同じように社会問題に興味があり、自国の問題を改善しようとする同年代の人たちに出会い、私自身にできることは何なのかと考えるようになりました。

卒業論文ではフィリピンとブラジルの貧困をテーマに絞り進めていくことに決めました。しかし、そこからどう進めていこうかと悩んでいました。そんな時に、メンターの先生から、「じゃあ、フィリピンに行っちゃったら?」と言われ、何もしないよりは行動したほうがいいと思い、このツアーに参加することにしました。

【一番印象に残っているプログラム】   
印象に残ったことはたくさんありますが、特に印象に残ったのはスモーキーマウンテンです。私が貧困に興味を持ったきっかけでもあったので、着いた時は、やっと来ることができた!というワクワクと感動でいっぱいになりました。住人の人にインタビューし、話を聞くことができ、ほんとうに嬉しかったです。スモーキーマウンテンの人たちは貧しいのに私たちがいる間ずっとにこにこしていて、なんだかとても神聖な気持ちなりました。


【参加前・参加後の自分自身の変化】 
正直、自分の中で大きな変化があったかというと、そうではないです。変化というより、自分の中にあった、自分にできることは何かを見つけ、その何かを行動にしたいという思いが、強くなりました。

【スタディツアーで経験したことを、どう活かす】    
このスタディーツアーに参加した理由でもある卒業論文を書き上げることが、今の私ができることだと思います。発表の機会もあるので、周りの人にもフィリピンのことを伝えることができます。けれど、論文を書き上げても、私の中ではっきりと「私が途上国の人にできること」の答えが出るかはわかりません。簡単に答えの出せることではないし、きっと、この先ずっと考えていくと思います。
だから、少しずつその時の私にできることをしていきたいと思います。フィリピンを訪れ、様々な人と出会い、感じたことを大切にしていきたいです。

 


フィリピンスタディツアー報告

皆さんこんにちは!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの福井です。

2019年3月25日〜3月31日までフィリピンスタディツアーを実施しました。

第7回目、参加者がどんなことを学び、感じたのか報告が届いているので紹介したいと思います!

 

第一回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2160

第二回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2231

第三回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2232

第四回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2233

第五回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2235

第六回目はこちら→http://ftcj.jugem.jp/?eid=2236

 

まだフィリピンスタディーツアーのブログを見てない方は是非こちらのURLからご覧ください。

1日目           http://ftcj.jugem.jp/?eid=2107

2日目・3日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2108

3日目・4日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2109

5日目・6日目http://ftcj.jugem.jp/?eid=2112

 

第七回目【HI】さんの報告を紹介します!

 

【フィリピンスタディツアーに参加した理由】
元々、国際協力に興味があり参加しました。テレビなどでしか見たことのなかったスラムや先住民のコミュニティが実際に経験できるのが魅力だと思いました。

【一番印象に残っているプログラム 】    
一番印象に残っているのは、ガールズホームです。家庭内で性的虐待を受けた子供達が元気に笑って話しかけてくれる姿を見て、NGOやNPOの大切さを実感しました。

また、日本では性的な被害に遭った人がそのことを隠さなければいけなくなってしまうような風潮があると思いますが、ガールズホームではみんなの前でその事を言ったり、感情を吐き出させたり、あえて隠さずに心のケアをしているのが印象的でした。

自分に起こった事を受け入れ、自分を否定せずに済むようにしているのかなと思いました。また、女の子達の今後の事や心のケアなどまだまだ支援が必要だと思いました。日本にも同じ問題があると思います。この女の子達の事を忘れずに自分は何が出来るのか考えたいと思いました。



【参加前・参加後の自分自身の変化 】    
このツアーに参加して、勉強できる空間、時間、お金があることがどれだけ恵まれているかよく分かりました。だからこのツアーに参加して勉強を今までよりも頑張るようになったと思います。

また、フィリピンでフィリピンの会社の製品が少なく外国企業に搾取されているのかなととても気になりました。フェアトレードの事について学んだこともあり、日本にいる時でもスーパーの製品がどこの国のものなのか、フェアトレードのものなのかよく見るようになりました。
そして、このツアーに参加して、もっと他の国を知ってみたいと思いました。途上国の開発の問題や、貧困の問題など興味があることも増え、将来のビジョンも行く前より開けたと思います。

【報告】スタディツアーで経験したことを、どう活かす       
今自分が一番できる事は勉強だと思います。将来、世界に貢献する為にも必要だし、また、スラム街の子供達が経済的な理由で出来なかった勉強をする機会をせっかくまで貰っているのだから生かさなければならないなと思っだからです。また、NPO.NGOが本当に必要とされている事を実感したので、自分が今しているボランティアを継続し、周りに広げていきたいと思います。

また、お土産に買って行ったフェアトレードのマンゴーが友達にとても好評で、みんなもフェアトレードのマンゴーに興味を持ってくれたので、私なりのやり方で周りにこうしたことを広げていきたいと思います。

 


<<back|<1234567>|next>>