インドのヴェルデラ村で学校建設スタート!

2012年からインドの学校建設のために多くの皆さんにご協力頂き150万円が集まった募金は、フリー・ザ・チルドレンの支援先の一つ、インド・ラジャスタン州ラジャスマンド地区にあるヴェルデラ村での学校建設プロジェクトに使われることになりました。

◇ヴェルデラ村について
このヴェルデラ村は、観光地としても有名なウダイプールの街から車で2時間以上離れたところに位置しています。地域は丘や山々、谷地が多くあるため耕作できる土地は限られていますが、雨水をうまく利用したり灌漑システムがあれば農業の生産性はあがるでしょう。現状では、ほとんどの家庭は農作物を作っても販売はできておらず自給用に細々と作っている状況です。

ヴェルデラ村には、様々な部族の人々が住んでおり、指定部族のビール族や、カーストの下位に位置するグジャーや、その他ローハール、ナイなど異なった集団が住んでいます。村の人口は約1140人で60%の男性及び85%の女性が非識字者で文字の読み書きができないと言われています。平均寿命は65歳となっています。

フリー・ザ・チルドレンの「村の自立を応援しよう!」という開発支援プログラムによって、このヴェルデラ村とパートナーを組み、子どもが教育を受けることを阻む環境を改善していきます。更に、村の人々が安全な水や衛生的な環境にアクセスできるようにし、健康的な生活を送れるよう目指します。また、収入向上によって経済的に自立できるよう支援し、最終的に、貧困の連鎖から抜け出せるようヴェルデラ村のコミュニティ全体をエンパワーしていきます。


verdara girls

◇教育支援について
ヴェルデラ村のような地方のコミュニティでは、子どもたち、特に女の子たちは、親が農作業で忙しい時などは特に、きょうだいの面倒を見たり、食事の準備など家事全般に従事するようしつけられます。伝統的に、男の子の教育を優先させ、女の子が学校に通うことは後回しに考えられます。もし、女の子が小学校に通えたとしても、中等教育を受けることは男の子より厳しい状況です。

幸いにも、ヴェルデラ村では教育の重要性を子どもたちの親に理解してもらうよう働きかけをしていることで、小学校の中途退学率は低いのですが、子どもたちは様々な要因から、学校に通い続けることはまだ難しい状況です。なぜなら、現在の学校の教室はとても暗く、適切な設備が整っておらず、広範囲に雨漏りが見られるのです。学校の先生は、教室が狭いことによって換気が悪く、雨季には雨漏りが酷くなるため、生徒たちは体調を崩ししまうことがあるとわかりました。このようなことで、結局外で授業をせざるを得ないことが多くあります。


verdara old schoool site
現在の学校の敷地の様子

フリー・ザ・チルドレンは、このような状況を改善するためヴェルデラ村と連携して学校の建て直しを行うことにしました。そうすれば、子どもたちが安全で健康的な環境で学ぶことができ、より多くの子どもたちが学校に継続してくるようになるからです。

今回、日本で集めた学校建設事業の募金を、このヴェルデラ村の学校の再建のためにあてることができます。ご協力くださった全ての皆様に、心より感謝申しあげます。


貧困から救出されたインドの少年のその後

インドの西ベンガル州で現地パートナーNGOを通じて実施している「貧困や搾取から子どもを救出し、教育自立支援を実施する事業」に私たちフリー・ザ・チルドレンが取り組みを始めて20年近くが経ちますが、教育支援を提供した子どもたの中で何人かは大学に進むことができました。そして、最近、政府関係の仕事に就職できた少年がいますので、その1人の事例をご紹介します。
 
***
 
その少年は、5歳の時に私たちが運営する擁護施設にやってきました。少年の父親は結核で3歳のときに死亡し、母親は精神病を患っていました。少年には2人の姉と1人の兄がおり、家族の中では一番の年下でしたが姉は誘拐されて居場所は分からないままでした。
 
少年は生きるために3歳の時から畑仕事をしていました。固い土の塊をレンガで砕く作業を夜明けから日暮れまで行い、1日に手にするお金は15円。また、ヤギ飼いの仕事も日の出から日没まで行いました。19頭の山羊の面倒を見ていたため、常に目を見張って緊張して仕事をしていました。なぜなら、もし1頭でもヤギがいなくなったら、オーナーからひどい体罰を受け、食事は与えられないからです。
 
しかし、少年が5歳の時に現地スタッフにより救出され、苦痛な仕事から解放されました。マクタニール子どもの家に来て、子ども時代をようやく楽しむことができるようになったのです。彼の母親と兄は村で生活をしていますが、私たちは彼の家族が生活できるよう2頭のヤギを家族に提供し、収入を得られる生計維持支援を同時に行いました。母親はヤギのオーナーとなってヤギを管理するようになったので、収入を得られるようになり生活は少しは安定するようになりました。



 
その後、高校を卒業した少年は施設を出て家族のもとに戻りましたが、私たちの奨学金支援により、大学へと進学し卒業しました。そして、つい最近、就職することができました。彼からこの嬉しい知らせを聞いたとき、私たちは勇気をもらいました。彼に教育を受けられるよう環境を整えたのは私たちですが、その支援と機会を無駄にすることなく、前に進んでいったのは彼の努力だからです。
 
そして、子どもが貧困から抜け出し教育を受けられるよう多くの方からご協力頂いたお陰です。ご支援下さったみなさま、本当にありがとうございます。



 
引き続き、子どもが自立できるよう適切な支援に取組んでいきます。そのために、現在、募金サイトREADYFORにて資金調達プロジェクトに挑戦しています!今週の金曜日までに残り24,000円が集まれば目標達成し、新たに50人の子どもへの教育・健康支援を行うことができます。
ご協力どうぞよろしくおねがいします。

募金サイトREADYFORはこちら

https://readyfor.jp/projects/ftcj-india
 

スワパン氏が運営する「マクタニール子どもの家」とは?

今日は、フリー・ザ・チルドレンのインドのパートナー団体であるCenter for Communication and Development(CCD)の代表であるスワパンさんが、
「マクタニール」という子どもの養護施設をどのような思いで設立したのかをご紹介します。


勉強をするマクタニールの子どもたち


以下はスワパンさんの言葉ーーー

「マクタニール」とはヒンドゥー語でオープンスカイ(直訳で「開いた空」)という意味です。
その名の通り、この施設は貧困下で暮らすインドの子ども達のために作られた、
安心して生活できる平和をコンセプトにした施設です。

現在マクタニールにいるのは、親が亡くなってしまったり、出ていってしまったりした極貧の家庭の子どもたちや、
路上生活をしたり、児童労働をさせられていたりといった過酷な環境から救出された子どもたちです。


子どもたちの中には貧困が原因で両親と一緒に暮らすことができない、
働くために学校に行くことができないなど、過酷な状況にいる子どもたちがたくさんいます。

私は、そういった子どもたちを目の当たりにし、
「罪もない彼らがどうしてこのような幼少時代を送らなくてはいけなくなったのか?」
という疑問を持つようになりました。

貧困が原因で親と引き離されてしまったからといって、貧しい生活を強いられる理由などありません。
なぜ世間から嫌な目でみられ、さらには遠ざけられなくてはいけないのでしょうか。
人生において、どんな境遇に生まれた子どもたちでもチャンスを与えられるべきだと思うのです。
そういった子どもたちが、安心して生活し成長できるようにマクタニールという施設を作りました。


(子どもたちと話すスワパンさん)

今まで約35年マクタニールという施設を運営してきましたが、その中で学んだことがあります。
子どもたちは幼少期の段階でちゃんとした教育を受け、自分のことを気にかけてくれる人がいるというだけで、
その後の彼らの人生に大きくポジティブな影響を与えることが出来るということです。

遊ぶマクタニールの子どもたち
ここでは、住むところも整っていて、食べ物もあり、勉強や宿題を見てもらうこともでき、
善悪についての道徳上の基準もしっかりと学ぶことができます。
ここに居なかったら起こっていたかもしれない出来事も、ここに居ることで社会保障として守られています。
楽しく、幸せに幼少時代・子ども時代を送ることが出来ます。
安心して眠ることも、勉強して自分探しに時間を費やし、世界を変えるのも自分次第です。

WBstudents圧縮
彼らはこれで、夢を見ることが出来ます。
夢をみて、自分の想像力を最大限に活かして、自分で未来を描くことが出来ます。
毎日を、笑顔で過ごすことが出来るようになりました。

私はこれからも、夢を追いかけ、自分の未来を創造していく彼らを全力でサポートしていきます。

CCD代表 スワパン・マッカージ
ーーー

フリー・ザ・チルドレンはそんなスワパンさんの思いを応援して、
一緒にマクタニールの運営を行っています。

マクタニールの子どもたちの支援のために、
Readyforへの寄付のご協力お願いします。
https://readyfor.jp/projects/ftcj-india


 


<<back|<1234567>|next>>