学校建設事業が始まったベルダラ村だより

インド・ベルダラ村にて、学校建設事業スタート!
こんにちは!フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)です。
2012年度、2013年度に渡って、FTCJ大学生メンバーが主となってすすめてきた「インドに学校を建てよう」プロジェクトには、たくさんの方々にご協力頂いたお陰で、目標の175万円が集まり、2014年度からインドで学校建設事業がスタートしました。

特に、2012年、13年度で実施したFTCJ子どもメンバー企画「チョコプロ」で販売した寄付つきチョコをご購入頂いた皆様、本当にありがとうございます!無事にインドに学校が建てることができましたことを、ここで感謝と共にご報告いたします。

さて、学校建設事業がスタートした、インドのベルダラ村から、コミュニティレポートが届きましたので、ご覧ください!
***


ベルダラ村は、インドのラージャスターン州のラージャスマンド地域に位置しており、森林や丘陵、山々と耕作された盆地から成り立っています。耕作可能な土地は限られてはいますが、十分な雨量と灌漑設備があれば、生産の見込みは十分といえるでしょう。しかしながら、多くの農家は、自給自足をするので手一杯というのが現状です。ベルダラ村は、異なったカースト出身の様々な民族性の人々から成り、その識字率は男性が60%、女性が85%です。彼らは今、読み書きができないという難題に直面しているのです。


教育支援について

 


教育に力を注げば、村全体に変化をもたらすことが出来る、これはフリー・ザ・チルドレンが「村の自立を応援しよう」プロジェクトの信念として掲げてきたものです。村が必要とする教育を受けられるよう、教育の基盤作りに注力してまいりました。教室については、着々と建設が進んでおり、現在のところで1つの教室が完成、防護壁ももうすぐ完成するようです!生徒たちもこれから学び、成長できる場が出来たことを、心から喜んでいます。防護壁を追加したことで、教室外での学びの機会が確保されるとともに、安全で包括的なスペースを子どもたちに与えることができるでしょう。

教育の質と教育の有効性を高める重要な要素は、入学者とプログラム参加者、そしてプログラムに協力してくれる教育者を増やすことです。そして、フリー・ザ・チルドレンと教育者、村人達の間で開かれる会議にもまた、重きをおいています。出資者たちは、どうすればよりよい学校にできるのかを定期的に話し合い、就学前の生徒達の能力の強化を含め、特別カリキュラムを組むことで生徒のリーダーシップを育てることなどに取り組んでいます。出資者たちは、村の生徒たちが直面している教育への障害を打ち破るために、さらなる話し合いが必要だと考えています。

フリー・ザ・チルドレンは、すべての子どもたちが教育の恩恵を受けることができるよう、また、さらに多くの生徒が参加できるよう尽力してまいります。


綺麗な水と衛生管理 

衛生面の改善は、病気の蔓延を抑制し、また、病気を減らすことで授業へ参加できる子どもたちの数の増加も期待ができます。そして、綺麗な水の確保をすることで、それまで遠くまで水を汲みに出かけていた子どもたちも授業に参加できるようになるでしょう。綺麗な水と衛生面を確保することで、ベルダラの村人一人ひとりが整備されたインフラ設備と教育を気軽に手に入れることを、フリー・ザ・チルドレンは心待ちにしています。


健康面のサポート 


綺麗な水と衛生面の改善のような健康面の改善計画は、村自体の強さや個々の自立を促し、選択肢を増やすという意味で、貧困のサイクルを打ち壊すことに繋がっていくのです。「村の自立を応援しよう」プロジェクトで力を入れているのは、医療サービスと衛生面の認知と教育です。健康面が改善されれば教育を受けることが出来、教育によって知識を得られることで、生産性が向上し、収入を得られるようになるでしょう。

ベルダラ村では、現在、無煙ストーブの設置に力を入れています。無煙ストーブは、有害な煙にさらされることなく料理をする事が出来、煙による汚れや、呼吸器系の病気の軽減にも効果が見られるとされています。現在までに39の無煙ストーブがベルダラ村に設置され、今後も村内の家庭に続々と設置を予定しています。

健康増進を目的としたヘルスキャンプは、ベルダラ村で主催され、一般的な健康診断や治療を受ける機会だけでなく、衛生面や栄養、女性の健康についてワークショップで学ぶことができました。1,004人もの人がこのキャンプに参加し、手洗いや沸騰したお湯の使用の大切さ、家庭菜園の重要性について学んでいます。このベルダラ村とのパートナーシップはより大きなものとなり、この健康への取り組みが、拡大、浸透していくことを、フリー・ザ・チルドレンは楽しみにしています。


代替収入と生計手段

これらの活動は、村や個人の所得収入への一助となるものとして、代替収入と生計手段へ投資をすることで将来的な成長へ向けた取り組みを支えています。社会経済的回復力と安定性が高まることにより、村人は新しい機会を得ることができます。これを達成する唯一の方法は、ベルダラとフリー・ザ・チルドレンが協力し、プロジェクトの開発モデルの要となる代替収入と生計手段を得ることです。これは、畜産業と金銭感覚を身に付けることでクリアすることができました。ベルダラ内で10人ほどの女性グループが2つあるのですが、彼女らは、貯蓄の大切さや財政的な管理、集団力学のトレーニングすることに取り組んでいます。女性たちはそれぞれ5頭のヤギを受け持ち、金銭感覚とヤギの飼育を学んでいます。


ご支援くださったみなさまへ

みなさまの継続的な支援のおかげで、ベルダラは多くの成長を遂げることができました。ベルダラは教育や健康管理、金融サービスなどを含め、基本的なサービスを利用出来るようになっています。大幅に改善された社会経済の安定性と回復力で、将来的な成長へ向けた取り組み全体を大いに向上させました。ベルダラでは、学校基盤や教育の質、きれいな水や衛生面の確保、識字能力や計算能力、職業上のスキル、農業に関する技術などを身に付けるよう、改善、取り組んでいます。あなた方の惜しみないサポートがなければ、我々の取り組みがこうして光を浴びることはなかったでしょう。みなさまからのあたたかいご支援、心より感謝申し上げます。



(翻訳協力:翻訳チーム  五十嵐かおりさん)
 

西ベンガルの子ども支援事業レポート!

インドの西ベンガル地方での貧困地域の子どもたちへの健康向上支援及び、
教育支援に対して支援下さった皆様、こんにちは!

去年のチャレンジに応援して下った皆様のお陰で、
今まで目標にしていた50人の子どもたちへの支援を実施することができました。

インドの支援事業を実施しているパートナーNGOの代表スワパンさんから、
レポートが届きましたので、感謝とともにご報告します。
***
 
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの皆さん、こんにちは!
皆さんにとって幸せと喜びにあふれた2015年となりますように。

皆さまからのご支援で、2014年12月までにインドの西ベンガル州の貧困
地区出身の3〜14 歳の子ども 目標の50人に対して健康向上支援と、教育
支援を実施することができました。


drawing of kids
子どもたちが描いた2015年をお祝いする絵

◆「マクタニール」で暮らす15人の子どもを対象に支援を実施

CCDでは、路上や児童労働など極度の貧困状況から子どもを救出し、
彼らが生活できるような養護施設「マクタニール」運営しています。
ここで暮らす子どもたち15人に対して、健康向上のための健康診断を行い、
必要に応じて栄養補助剤や薬を提供することができました。また、歯科衛生のために、
歯ブラシや歯磨き粉、保健衛生のためにくしや石鹸やオイル、
清潔な洋服を子どもたちに支給することができました。

そして、教育支援のために、子どもたちが学校に行けるよう各自に適し
た学用品(教科書やノート、筆記用具など)と学校での給食を支給して
継続して学校に通えるよう支援しました。



◆CCDアカデミーに通う貧困家庭の子ども20人への支援

CCDが運営する学校「CCDアカデミー」に通う貧困家庭の子ども20人を対
象に、教科書やノートを配ることができました。また、学校での給食を
無料提供することができました。


cooking food in CCD
子どもたちのために料理するスタッフ

kids in CCD
健康向上支援の一環で、給食支援を行いました。

◆ゴオルプクアー地区に暮す15人の貧困家庭の子どもへの支援を実施

CCDが支援する村の一つ、ゴオルプクアーの貧困家庭の子ども15人を対象
に、教育支援として教科書や文房具を配り、健康向上支援として医薬品
などが入った救急箱を配布することができました。


◆クリスマスパーティーを開きました!

2014年12月25日は皆さまのご支援のお蔭で、養護施設マクタニールで暮らす
子どもたちのために、素敵なクリスマスパーティーを持つことができました。
クリスマスにちなんだ絵を子どもたちが描き、それを飾りつけしました。
また、クリスマスケーキを買い、子どもたちに分けることができました。


ChristmasParty3  ChristmasParty4
クリスマスのための飾りつけを子どもたちがつくり、ケーキをみんなで食べてお祝いしました。

ChristmasParty5ChristmasParty6
子どもたちはケーキに夢中です。

ChristmasParty1

ChristmasParty2

ChristmasParty7
天気が良く外庭で、遊びました。

 

では、みなさまの温かいご支援に重ねて感謝申し上げます。
ありがとうございました。
CCD代表 スワパン・ムカージー


インドのヴェルデラ村で学校建設スタート!

2012年からインドの学校建設のために多くの皆さんにご協力頂き150万円が集まった募金は、フリー・ザ・チルドレンの支援先の一つ、インド・ラジャスタン州ラジャスマンド地区にあるヴェルデラ村での学校建設プロジェクトに使われることになりました。

◇ヴェルデラ村について
このヴェルデラ村は、観光地としても有名なウダイプールの街から車で2時間以上離れたところに位置しています。地域は丘や山々、谷地が多くあるため耕作できる土地は限られていますが、雨水をうまく利用したり灌漑システムがあれば農業の生産性はあがるでしょう。現状では、ほとんどの家庭は農作物を作っても販売はできておらず自給用に細々と作っている状況です。

ヴェルデラ村には、様々な部族の人々が住んでおり、指定部族のビール族や、カーストの下位に位置するグジャーや、その他ローハール、ナイなど異なった集団が住んでいます。村の人口は約1140人で60%の男性及び85%の女性が非識字者で文字の読み書きができないと言われています。平均寿命は65歳となっています。

フリー・ザ・チルドレンの「村の自立を応援しよう!」という開発支援プログラムによって、このヴェルデラ村とパートナーを組み、子どもが教育を受けることを阻む環境を改善していきます。更に、村の人々が安全な水や衛生的な環境にアクセスできるようにし、健康的な生活を送れるよう目指します。また、収入向上によって経済的に自立できるよう支援し、最終的に、貧困の連鎖から抜け出せるようヴェルデラ村のコミュニティ全体をエンパワーしていきます。


verdara girls

◇教育支援について
ヴェルデラ村のような地方のコミュニティでは、子どもたち、特に女の子たちは、親が農作業で忙しい時などは特に、きょうだいの面倒を見たり、食事の準備など家事全般に従事するようしつけられます。伝統的に、男の子の教育を優先させ、女の子が学校に通うことは後回しに考えられます。もし、女の子が小学校に通えたとしても、中等教育を受けることは男の子より厳しい状況です。

幸いにも、ヴェルデラ村では教育の重要性を子どもたちの親に理解してもらうよう働きかけをしていることで、小学校の中途退学率は低いのですが、子どもたちは様々な要因から、学校に通い続けることはまだ難しい状況です。なぜなら、現在の学校の教室はとても暗く、適切な設備が整っておらず、広範囲に雨漏りが見られるのです。学校の先生は、教室が狭いことによって換気が悪く、雨季には雨漏りが酷くなるため、生徒たちは体調を崩ししまうことがあるとわかりました。このようなことで、結局外で授業をせざるを得ないことが多くあります。


verdara old schoool site
現在の学校の敷地の様子

フリー・ザ・チルドレンは、このような状況を改善するためヴェルデラ村と連携して学校の建て直しを行うことにしました。そうすれば、子どもたちが安全で健康的な環境で学ぶことができ、より多くの子どもたちが学校に継続してくるようになるからです。

今回、日本で集めた学校建設事業の募金を、このヴェルデラ村の学校の再建のためにあてることができます。ご協力くださった全ての皆様に、心より感謝申しあげます。


<<back|<1234567>|next>>