【コラム】インターネットの光と影

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

 

http://www.preda.org/fr-shays-articles/the-bright-and-the-dark-internet/

 

私たちは誰もが、インターネットに接続されている環境を愛

しています。インターネットは素晴らしいテクノロジーです。

コミュニケーションや情報共有を可能にし、娯楽にも利用で

き、人と人をつなげることができます。商業やビジネスは完

全にインターネット頼みです。電子メールに会議、コミュニケ

ーション、書類のやり取り。インターネットはなくてはならない

モノになっています。しかも紙を使う機会が減り、無数の木々

の命

が救われています。

現在、インターネットのニュースや映画、歌やネット番組の

ライブ配信が盛んです。ハリウッドも映画館もやがて置き去

りにされる日が来るでしょう。従来のニュース・チャンネルや

ラジオ局は、インターネットを通じて24時間配信される、ウェ

ブ・ニュースと競い合っています。

 

その一方で、インターネットは悪用されることもあります。有

権者に影響を与えたり、民主的プロセスをハイジャックする

ようなフェイクニュースを流したり、ターゲットを絞って偏った

メッセージを広めます。ケンブリッジ・アナリティカが政治的プ

ロセスに干渉し、選挙結果に影響を与えるためにFacebookを

不正利用し、個人情報を収集したとされる疑惑については、現

在調査が行われています。データの悪用はどこにでも存在します。

 

便利で素晴らしいテクノロジーであるインターネットは、犯罪や

強盗、搾取、虐待目的に使われることもあります。サイバー犯

罪は急激に拡大しつつあり、銀行口座のハッキングや脅迫、

詐欺によって莫大な金額が消えています。ジェニーとその10

代の友人4人は大都市からそう遠くない農村に住んでいまし

た。ホテルやレストランでの仕事を紹介されたが、最終的に

は仕事を紹介したブローカーに借金を負うことになり、間も

なく、インターネットに接続されたライブカメラの前で、料金

を支払った客たちへ向けて性行為を行うよう強制されまし

た。実際の年齢である14、5歳よりさらに若く見せるよう、彼

女たちは全身の体毛を剃るよう指示されました。彼女たち

はライブ配信される児童ポルノの犠牲者です。すっかり変

わってしまった彼女たちは自分自身をひどく憎み、自分た

ちを肯定することもできなくなっていました。借金返済に絶

望し、家に帰り、学校へ戻ることもできない状態になってい

ました。

 

幸い彼女たちは警察の捜査により救出され、プレダのガー

ルズ・ホームに連れてこられました。彼女たちは少しずつ回

復し、信頼と尊厳を取り戻し、そして心の傷を克服しました。

しかし、何千もの未成年者たちは救出されることなく、搾取と

虐待による苦悩に満ちた日々の中にいます。オンラインで児

童ポルノ映像を視聴している地元や海外の顧客たちは、画像

の中にいる子どもたちに会うためにやって来て、性的虐待を行

っています。児童ポルノやサイバーセックス画像が、国際的な

セックスツーリズムを煽っているのです。

 

インターネット悪用の最悪の形は、若者や子どもたちを食い

物にするやり方です。チャットを利用して新しい彼氏や彼女

を装いながら、若者や子どもたちに接触します。搾取を目論

む人間たちはそうした若者や子どもたちをうまく言いくるめ、

ライブカメラの前で体を露出させ、性行為に及ばせています

そしてその様子を撮影します。その後、映像をインターネットに

流出させたり、あるいは親や友人に送りつけると言って彼らを

脅し、脅迫したりしています。こうした状況が多くの自殺者を生

み出しています。数はわかりませんが、自殺する若者の数は

劇的に増加しています。10代の若者たちは、彼らを狙う犯罪

から保護されるべき存在です。また、そのような犯罪について指導を受け、

注意を促される必要があります。

 

世界保健機関(WHO)の調査によると、90の国々(地域)で、

自殺は若い男性の死因第4位、若い女性の死因第3位となっ

ています。上記90の国と地域において、死亡した若者13万2,

423人のうち自殺者は9.1%を占めています。

 

WHOによると、世界的に15歳から29歳の死因の第2位

は自殺となっています。この数字は衝撃的ですが、犯

罪目的によるインターネットの悪用が自殺増加の要因

となっているのかもしれません。犯罪者たちは、何千も

の若者の命を縮めています。

 

インターネット上で行われているもうひとつの恐ろしい犯罪

が、児童ポルノです。児童ポルノの拡大は勢いを増し、性

的に虐待される子どもの数を増やす要因の1つとなってい

ます。児童ポルノはそれ自体、ほとんどすべての国で深刻

な犯罪です。フィリピンでは、反児童ポルノ法の下、児童ポ

ルノの制作または販売、またはその両方については最高2

0年の懲役が科せられます。違法画像をコンピューターや携

帯に個人的に所持していた場合でも、重い刑罰が科せられ、

さらに高額の罰金刑に処せられます。ですが法の執行の甘さ

に問題があり、児童ポルノはそこかしこに存在しているのが現状です。

 

反児童ポルノ法(または共和国法第9775号)は上記のよう

な処罰を科しています。この法律は筆者(カレン神父)が上

院議員、Jamby Madrigalに提出し、陳情したものです。そし

て2009年に法として成立しました。この法律は、電気通信委

員会(National Telecommunications Commission、NTC)が管

理するコンピューターを使ってインターネット接続を行なってい

る大手企業(Internet Server Providers、ISPs)に対して、児童

ポルノを特定し、ブロックし、フィルタリングを行うソフトをインス

トールすることを命じています。

 

同法第9項には、あらゆる児童ポルノへのアクセスやその

送信に対して、確実にブロック機能やフィルタリング機能が

実行されるよう、すべてのISPsは可能な限りのテクノロジー

やプログラム、ソフトを導入しなければならない、とする趣旨

が明記されています。もしISPが認識しつつ故意にこの条項

に違反した場合、同法第15項(k)によって規定される刑罰の

対象となります。NTCは、同法が効力を発してから90日以内

に、この条項の実施に必要な規定を交付しなければなりませ

ん。この規定には、あらゆる児童ポルノへのアクセスやその送

信をブロックするようなフィルタリング機能を持つソフトを導入す

ることを規定する項目が含まれています。

 

しかしながら、この法律が尊重され、効力を発揮していると

はいえないようです。児童ポルノとサイバーセックス犯罪は

フィリピン国内に蔓延し、さらに広がりつつあります。何千も

の子どもたちが性的に虐待されながら撮影され、その画像

が国内外で販売されています。これは、あらゆる犯罪の中

で最も悪質な犯罪です。力のあるものが、何らとがめを受

けることもなく、この状況に甘んじています。我々は異を唱

え、子どもたちを守るために行動を起こさなくてはなりませ

ん。そして、子どもたちを食い物にする人間とそれを後押し

する者たちに法の裁きを受けさせなければなりません。


(訳者: Mikikoさん)

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち

 


【コラム】フィリピン政府は、奉仕者への弾圧を止め、性的搾取を行う者に厳重な処罰を!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。
 

http://www.preda.org/fr-shays-articles/deport-the-sex-tourists-not-the-missionaries/

 

アイルランドでは1万6,000人以上のフィリピン人が暮らし

ています。仕事を持ち、好条件の賃金を稼いでいます。4

,265人が看護師として働き、さらに数千人が介護士、その

他の職業に従事しています。こうしたフィリピン人たちはア

イルランドで歓迎され、信頼され、非常に尊敬されています。

彼らは家族を支えるために、懸命に働いて得た収入をフィリ

ピンに送金しています。ここにいるフィリピン人たちは思いや

りがあり、信頼に値し、自分たちの仕事に精一杯励んでいま

す。そして、アイルランドの人々から愛されています。アイル

ランドの医療制度において、このようなフィリピン人たちは極

めて重要な働き手です。彼らの多くは敬虔なキリスト教徒で

あり、礼拝にも出席します。多くのフィリピン人教会で、人々

はフィリピン人聖歌隊に心動かされています。海外に暮らす

フィリピン人イスラム教徒たちも、熱心にモスクに通っています。

 

こうした海外の労働者たちは、フィリピンにいる家族と共に

暮らせないことに耐え、自分たちを犠牲にして生活費を稼

ぎ、子どもたちや親を支えています。フィリピン経済の成長

率はおよそ6.4%だと言われています。 しかし、フィリピンの

失業状況は悲惨です。何百万人ものフィリピン人たちが労

働に見合った賃金の仕事を求め、故郷を離れることを余儀

なくされています。このような現状では、経済成長率の数値

が、フィリピンの経済の実態を反映しているとは言い難いと

言わざるを得ません。
 

嘆かわしいことに、中東では、たちの悪い雇用主からの虐

待や搾取に苦しむフィリピン人たちがいます。彼らは人身

取引や性的虐待、さらには殺人の犠牲者となっています。

クウェートのフィリピン大使館にある保護施設には、大使

館職員によって雇用先から救出された600人のフィリピン

人たちが生活しています。この動きが物議を醸し、クウェ

ート当局の怒りを買うこととなりました。

できるだけ早くクウェートとフィリピンの間で合意がなされ、

クウェートで働く17万人のフィリピン人の権利と尊厳が守ら

れ、尊重されるようになることを願います。海外で働くフィリ

ピン人労働者たちの権利を政府が保護することは非常に重

要です。世界中のどの国にもフィリピン人労働者は存在しま

す。彼らは広く受け入れられ、尊敬される存在となっています

海外で働くフィリピン人たちはおよそ140億米ドルを、毎年フィリ

ピンに送金しています。フィリピン政府とフィリピン経済の頼み

の綱となっているのです。

 

フィリピンにいる外国人の多くは、多国籍企業やフィリピン

企業の従業員、あるいは恥も外聞もなくフィリピン人たちを

搾取するセックス・バーやクラブへの投資家たちです。後者

は、政府当局による麻薬がらみの強制捜査や救出作戦に

おいて、処罰されない状況を楽しんでいるように見えます。

クウェートにいる女性たちは、クウェート当局のすぐ目の前

で救出されました。ここフィリピンでは、若いフィリピン人女

性や子どもたちに対する虐待や搾取、薬物使用は多くの

場合、容認されます。犠牲者を救出し、そこに手を差し伸

べ行為を行っているのはたいてい非政府組織です。

 

フィリピンにいるその他の外国人は、フィリピン人に奉仕す

るためにやってきた宣教師たちです。宣教師たちは無報酬

のボランティアで、母国で家庭を築き、子どもを持ち、親族

と暮らすといったといった当たり前の幸せを諦めフィリピン

に来ています。宣教師たちは、厳しい状況にある地域で虐

げられ、虐待を受け、貧困に苦しむフィリピン人たちへの愛

と一体感から、人生を捧げ、貧しい人々や不公平な扱いを

受けている人々のために無報酬で働いています。 彼らは

まさに命懸けで仕事をしています。ここ何年かの間に殺害

されたり、誘拐された者もいます。搾取されたり虐待を受け

ている人々や、人権侵害の被害者たちを守る活動に従事

していることは尊いことであり、もっと知られるべきです。こ

れは政府が行うべき社会政策ですが、現実にはそういった

政策がきちんと執り行われていません。このような政府の手

が届いていない分野に、慈悲の精神を持ったボランティアた

ちが、思いやりを持って様々な諸問題と向き合い、支援活動

にあたっています。このような人びとが、「政治活動」に関与し

たとして汚名を着せられるという、信じ難い現実があるのです。

 

27年間、貧しい人々のために働いてきた、71歳のオースト

ラリア人シスター・パトリシア・フォックスは、フィリピンにあ

るシオン聖母修道女会の修道院長です。彼女は数週間前、

移民局の職員によって逮捕され、取り調べと尋問のために移

民局へと連行されました。宣教師としてのビザが取り消され、

30日以内に強制送還されることになりました。人権擁護の活

動や、弾圧を受けているミンダナオ島の農民や先住民たちの

権利擁護を訴える活動をしていたことを理由に、「政治活動」

に関与したとして罪に問われました。

 

シスター・パトリシアは、人権や、ミンダナオ島で抑圧されて

いる農民や先住民たちの権利を擁護する活動をしてきまし

た。それを「政治活動」への関与であるとして罪に問われま

した。同時に彼女は、強制送還の処分にすると脅されました。

 

野党議員たちは次のような声明を発表しました。「貧しい

人たちに手を差し伸べることは犯罪ではない。農民の福

祉向上や人権を擁護するための平和的な活動に参加す

ることは、法に違反しない。」議員たちは、シスター・パト

リシアの即時釈放を求めました、その後彼女は釈放され、

強制送還されることもありませんでした。

 

貧しい人たちに奉仕し、人権侵害に抗議することが犯罪

とみなされ、政治活動であるとして不当に汚名を着せら

れる状況が許されるのであれば、フィリピンの民主主義

は死んだも同然です。民主主義の死の先に待っている

のは、暴政であり、更なる弾圧です。

 

慈悲と思いやり、正義を信じる宣教師たちを突き動かして

いるのは、信仰です。そうした人々は自らの信仰に基づき、

弾圧や侵害に立ち向かい、その善悪に対して堂々と声を挙

げています。しかし、これは信仰の有無を問わず、人のある

べき姿です。私たちは、不正行為に立ち向かうことを恐れて

はいけない。悪事を働く者たちに屈してはいけないのです。

 

移民局が取り調べるべきは不法滞在している外国人であり、

役人たちを賄賂で買収して、セックス・バーを運営し、何のと

がめもなく若い女性や未成年者たちを搾取している外国人

たちです。貧しい人々に奉仕する宣教師たちではありません。


(訳者: Mikikoさん)

 

 

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち

 


【コラム】ネット上の児童ポルノという名の子どもたちへの人権侵害の撲滅に向けて、成果を上げつつある警察の取り組み

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

 

http://www.preda.org/fr-shays-articles/police-win-against-online-child-abusers/

 

現在多くの国々で、インターネットを使ってペドファイル(子ど

もに性的な興味を抱く人)に対する捜査が行われており、警

察は素晴らしい成果を上げています。ペドファイルやポルノ

製作者たちがダークウェブに身を隠し、暗号化ソフトを駆使

しているにもかかわらずその検挙件数は増えています。ペ

ドファイルやポルノ製作者たちオンラインで子どもたちを虐

待し、何千枚にも及ぶ子どもたちの写真をインターネットを

通じて互いにやりとりしています。ペドファイルたちはこれに

刺激されて煽られるように、ネット上の空間から現実世界に

着眼点を移して、フィリピン国内外で、性的虐待の対象とす

る子どもたちを探すことに翻弄するのです。

 

わずか6歳あるいは7歳のフィリピン人の子どもたちが、

「隠れ家」ともいえる場所に連れていかれる事件があり

ました。子どもたちは性的虐待を受け、その模様はカメ

ラで撮影されネットを通じて生配信されました。その様

子を配信で見て快楽を得ていたのが、53歳でバージニ

ア州東部出身のアメリカ国籍の男、ドウェイン・スティン

ソンです。スティンソンは、電子決済で女たちに金を支

払い、その女たちに子どもたちに対する虐待行為を実

行させていました。スティンソンは、児童ポルノ制作、児

童虐待の場面を写した画像の作成、及びその画像を保

存した容疑で起訴され、本人も容疑を認めています。判

決宣告は、今年の8月に行われます。フィリピン警察は、

虐待行為を実行した女たちの発見には至っていません。彼

女たちは、政府認可の下でセックスバーやサイバーセックス

の隠れ家がで運営できる、まさに性的誘惑や商機に溢れた

この社会で、何の処罰を受けることもなく平然と暮らしている

のです。

 

今年はじめ、ダブリン在住の26歳のアイルランド人の男、

マシュー・ホーランが逮捕、拘束されました。ホーランは、

幼いアイルランド人とアメリカ人の女の子たちに対してイ

ンターネットを通じた性的搾取を行なっていた容疑で有罪

判決を受けたペドファイルです。被害者となった女の子の

なかには、わずか9歳の子もいました。性的虐待を受けて

いる子どもたちの様子を撮影した何千もの画像が自宅で

発見されました。裁判所命令を順守することを条件に、

2年の執行猶予付きの懲役7年6ヶ月の刑を宣告されま

した。将来的に、アイルランドの性犯罪関連の刑法が改

正されて、こうした裁判所命令に海外渡航禁止が含まれ

ることを願います。

 

フィリピンで、4年半前に、児童虐待と人身新売買の容疑で

起訴されたアメリカ国籍の男が、4年の歳月を経てようやく

容疑を認めました。プレダ基金は、これまで被害にあった

女性を支援する活動を行い、男への法による裁きを求め

てきました。この男がアメリカ国籍であることから治外法

権が適応され、アメリカで起訴されることになるものと思

われます。

 

2017年12月、200人ものペドファイルが、オンラインで子ど

もを虐待した容疑でイギリス国家犯罪対策庁(UK Nationa

l Crime Agency, NCA)に逮捕されました。特定された被害

者250人は、ネット上で10代と身元を偽っていたペドファイ

ルたちに操られ、罠にかけられました。ペドファイルたちは

そうした10代の被害者たちを言葉巧みに誘惑し、性的な露

出のある写真を送らせました。そして、Facebook等にその

写真を投稿すると脅迫し、さらに写真を送るよう子どもたち

に強要していたのです。

 

昨年の秋、イギリスのダラム在住で32歳ポール・レイトは、

児童に対する性的暴行の容疑で懲役16年の有罪判決を受

けました。この事件は、何千マイルも離れた距離を跨いで起

きた事件でした。レイトンは、14歳の少年を騙して裸の写真を

送らせました。その後少年を脅し、1歳になる姪に対する、オン

ライン上で性的虐待行為を行うよう繰り返し強要しました。少年

は警察に逮捕されました。一方レイトン は警察に対し、圧倒的

な力を盾に少年たちをはじめとする被害者を服従させることを

楽しんでいたと話しました。被害者たちの多くはオーストラリア

やカナダ、アメリカ、イギリスに住んでいました。

 

NCAの担当主任Will Kerrによると、インターネット上で児

童ポルノ画像をやりとりした容疑で、毎月400人もの容疑

者が逮捕されているそうです。 民間の子ども保護団体

が戦略を練った上で小児性愛者たち日々対峙していて、

それが逮捕者の増加へとつながっています。民間の「ペド

ファイルハンター」たちが集めた証拠を採用している警察

もあります。「ペドファイルハンター」はおとりを使い、10代

の若者のふりをしてネット上に忍びこみ、ペドファイルたち

の気をまずひきます。そしておとりがペドファイルの言いな

りになるような状況を作り出していくのです。その後、記録

した犯罪の証拠(電子メールやチャットその他集められた情

報)を警察に提供するという流れをとっています。BBCの調

査によると、イギリスでは「ハンター」たちによってもたらされ

た情報に基づき、警察が150人の容疑者に対する捜査がこ

れまで行われているそうです。警察が捜査を行い、被疑者

の特定につなげていくために、そのような情報を活用する

機会が増えています。

 

さらに攻撃的な「ハンター」も存在します。自ら容疑者を特

定し、容疑者と直接対決し、その様子をFacebookでライブ

配信して、容疑者の姿を世界に晒そうとしている「ハンター

」たちなどです。これはリスクを伴う危険な行為です。追い

込まれた容疑者は、暴力的な行為に及ぶかもしれないで

すし、そのような接触は警察に任せるべきです。またある

意味で、親たちにも注意が足りない部分があります。我が

子が風呂に浸かる姿や、裸の状態でビーチやプールにい

る姿を写真に撮り、それを誰でも見ることができるSNSに投

稿するといったような行為は、軽率であると言わざるを得ま

せん。ペドファイルたちはそうした写真にアクセスし、その写

真に写る子どもをターゲットにするかもしれないのですから。

子どもたちにもプライバシーの権利が保障されるべきなのです。

 

ネット上での児童虐待をなくすためには、予防策を講じるこ

とが最も大切です。ネット上での子どもたちの権利と尊厳を

守るためには、最終的には親が気を配り、警戒しなければ

なりません。相手の正体、素性を確認することができない場

合、絶対にその相手とネット上で関わりを持つべきではない

ということを、子どもたちに教える必要があります。

 

子どもたちには、ネット上で知り合った、あるいは他に誰も

いないところでしか会ったことのない人物に自分たちの写

真を送るようなことを絶対にさせてはいけません。多くの若

者が相手の要求に応じてしまい、SNSで晒し者になることを

強要される事態が起きています。なかには自殺に追い込ま

れた若者もいます。若い人たちとその親たちは、互いに信頼

関係を築き、情報を共有し、疑わしい人物については警察に

通報するということをしっかりと心がけるべきだと思います。

 

(訳者: Mikikoさん)

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち 

 


<<back|<1234567>|next>>