兄から託された想い、そして後輩に託す想い

フランンシス・ナイモデゥの兄は、弟の可能性を信じて、フラン

シスが一歩を踏み出すことを後押ししてきました。そんな兄の

想いを受けたフランシスはいま、後輩を後押ししようとしていま

す。(清田)
 

https://www.we.org/stories/all-boys-high-school-in-kenya-maasai-mara-adopts-mentorship-program/

 

 

1月の火曜日、暖かい朝を迎えました。10年生(高校2年)

のフランシス・ナイモデゥは、ケニアのマサイ マラ村のネグロ

ット男子高校の管理ブロックの近くに立っています。この日は

入学日で、彼は数人のクラスメートと共に、高校生活の第一

歩を印す9年生(高校1年)の新入生を今か今かと待っている

ところです。

 

彼は、ネクタイを正し、シャツにぴたっと付け、制服のセーター

を手で軽くはたきます。これから彼の「息子」に会うところで、第

一印象がすべてを決めるからです。

 

フランシスと同級生は、学校が新設した父―息子の指導プ

ログラムの一員なのです。10学年の上級生(父親)には新入

生(息子)の助言者となる仕事が課せられています。「父親」

役就任早々しなければならないことは、新入生が学校生活

の初日をうまく乗り切れるように手助けをすることです。

 

フランシスの「息子」の名は、ザドック・ キベット。彼は一番

乗りの生徒の1人ですが、実際の父親に付き添われて来ま

した。まず気づいたことは、他の生徒たちが自分と比べて何

と背が高いんだろうということでしたと、ザドックは言います。

初日の準備をしながらザドックは、背の高さのために皆にか

らかわれるのではと心配していました。彼は高校でのいじめ

の話をいろいろ聞いていたのです。

 

ザドックは名前を告げて、学校での「父親」に紹介されまし

た。その人が見上げる程だったのは驚くことではありません。

 

フランシスは、初日に不安になることをよく知っているので、

この指導プログラムについてザドックと父親に説明しました。

フランシスは、自分が受け持つ新入生に、心配することは全

く何もないよと力づけました。僕が見守ってあげるからと。

 

 

フランシスは、良き相談相手、そして、お手本に出会うこと

の大切さを知っています。

 

彼がいま高校にいられるのも、もともとは兄のおかげなので

す。フランシスは5人兄弟の3番目の子どもとして生まれまし

た。両親は彼が幼い頃に他界しました。彼ときょうだいを育

て上げてくれたのは長兄でした。

 

フランシスが8学年を終了した時、兄には彼を高校に行か

せる余裕はありませんでした。家族の中で誰ひとりとし

て高校に行った人はいませんでした。そんな時に、マサ

イマラ村で新しい男子高が開校したのです。WE(フリー・

ザ・チルドレン)の支援で設立されたこの学校は、WEがキ

サルニ女子学校ですでに女子高の生徒に実施していると

同じように、奨学金の全額給付制度を創設しました。これ

らの女子高はこの地域でこのような制度を設けた最初の

ものでした。そしていま、この最初の男子高でも、男子生

徒に同様の機会が与えられることになったのです。

 

フランシスの長兄は、マサイの社会の中で、これまでにない

新たな人材が求められていて、これからの時代を生き抜くた

めには、教育が重要であることを理解していたので、フランシ

スに学校に志願するよう強く勧めました。この誇り高き弟は断

言します「兄はいつも、僕たちきょうだいには最高の人になる

ための可能性を秘めた素質が備わっていると、確信していた

のです」。

フランシスは発足したばかりのクラスの一員になりました。

ネグロット高校のプログラムに参加した時、フランシスは兄

の熱心さに見習いたいと思いました。2年目を迎えた今、彼

は兄のように立派なおとなになる道を着実に歩んでいます。

「もっと自信が持てるようになりました。いまは僕と同じような

若者に気楽に声をかけ、学校でただ勉強しているだけでなく、

一所懸命勉強しなさいと励ますことができます」と彼は熱心に

訴えます。「父―息子」プログラムは、彼が兄から受けた助言

の仕方を後に伝えて行く良い機会になるだろうと、彼は言います。

 

 

 

このよき指導者プログラムだけが、ネグロット男子高校の唯

一の新しいものではありません。2017年1月の正式開校一周

年の祝賀と同時に、キャンパスが拡張してきました。新しい教

室、新しい寄宿舎が建ち、それに新たに教育の助手が何人か

採用されました。この人たちは、通常の授業に加えて正課外の

授業もしなければならず多忙でした。

 

ネグロット高校の一周年記念日にはこれらの変化が目立ち

ましたが、最も画期的な出来事は、マラ地域からさらに33人

の男子生徒が高校の教育を受けられる機会ができたことです。

 

「父―息子」プログラムによって新入生が不慣れな環境に

移行するのが容易くなると、ゴドフレイ・ケプシロル校長は

説明します。更に付け加えて、このプログラムはまた、全て

の生徒にとって、彼らが成長して自信に満ちかつ思慮深い

若者に成長していく過程で、お互いに学び合う良い機会に

なるとも言います。
 

フランシスにとって、学校に環境部を作って―そして部長に

なること―が、9年生(高校1年生)の時から心に秘めていた

目標の1つでした。部員が木や草花を植えて校庭を常に爽

やかで美しくしている姿から、フランシスは忍耐強くいること

と、環境に敬意を払うことの大切さを教えられました。

彼の新しい「息子」が、ネグロット校の自然環境は本当

に青々としていますねと語ったとき、満足感で胸がずき

ずきしたのも不思議ではありません。彼は、ザドックが

このクラブの新しいメンバーになってくれればと希って

います。

 

(原文記事執筆:セディ・コスゲイ 翻訳:翻訳チーム 松田富久子 文責:清田健介)
 

 

 


尊敬する祖母への手紙

今回は、キサルニ女子学校のジャーナリズム部の部員マー

シーが、祖母(現地語ではゴゴ)に宛てた手紙を紹介します。

祖母は、孫であるマーシーにとってかけがえのない家族であ

り、教育を受ける権利の擁護者としても心強い存在です。(清田)
 
https://www.we.org/stories/female-student-in-kenya-writes-letter-to-grandmother-for-journalism-club/


 

親愛なるゴゴへ

 

ゴゴは、私の一番の人生のお手本です。

長期休暇に帰省したときはいつも、ゴゴの育ちや今まで

の話を聞かせてくれてありがとう。11歳で割礼と決められ

た結婚をさせられた時の話を聞くと、いつも泣きそうになっ

てしまうのだけど、ゴゴは本当にすごい人だなと思うんだ。

 

割礼と結婚の日程が決まってから、ゴゴは何度も逃げよう

としたんだよね。でも、お父さんに家の中に閉じ込められて

しまった。そして次の日に、老女が家に来て全ての儀式を

執り行ってしまった。ゴゴは途中で何度も、やめてほしいと

お父さんとお母さんにお願いしたのに、聞き入れてもらえな

かったんだよね。

 

割礼が行われてすぐに、ゴゴは2倍ほど歳の離れた男の人

と結婚させられた。一晩中泣いたんだよね。16歳で私のお

母さんを産んだとき、娘には自分と同じ道は歩ませまいと

誓った。

 

お母さんには教育を受けさせようと心に決めた。十分なお

金があったわけではなかったけど、少なくとも小学校卒業

まではと、頑張ってくれたんだよね。お母さんは中学には

進学しなかったけれど、ゴゴと同じように教育を受ける大

切さは感じたみたい。だから、お母さんもまた、私には中

学まで進学させようと思ってくれた。

 

ゴゴに、私がキサルニ女子学校に合格したと報告すると、踊っ

て喜んでくれて、プレゼントまでくれたよね。

 

ゴゴは、学校について色々聞いてくれる。いつか実際に学

校に来て、様子を見てもらえたら嬉しいな。それまでは、学

校って本当に素晴らし場所だってことを、私がゴゴにしっか

り伝えるね。学校の中で、一番のお気に入りの場所は図書

館。授業はどれも面白いよ!特に好きな教科は英語。ジャ

ーナリズム部で活動していて、とてもいい経験をさせてもら

っています。

 

こんなに素晴らしい学校に進学させてくれて本当にありがと

う。お母さんが私の教育に熱心になってくれるのも、ゴゴの

おかげです。

 

あなたの孫
 

マーシーより


(原文記事執筆: マーシー・チェプコエチ 翻訳:翻訳チーム 
藤井優美 文責:清田健介)

 


世代を越えて受け継がれていくビーズ細工

マサイ族の女性たちによって伝承されてきたビーズ細工の

伝統工芸。いま、この長年受け継がれてきた伝統を生かし

て、新たな未来を切り開こうとしている女性たちがいます。(清田)

https://www.we.org/stories/artisans-turn-maasai-tradition-into-sustainable-income/

 


 

何日かに一度、ネイタララ・ナバラは家の外に出て、容器

に入った色とりどりのビーズを毛布の上に広げます。そこ

にお母さんのナシル・ダパシュが加わります。この親子の

時間は、ケニアのマサイ族の文化の一部です。
 
ネイタララとナシルは一緒に、明るい色のビーズできれいな

ネックレスを作ります。愛とともに身につけられるこのネック

レスは、ラフィキという名前で世界に知られています。

 

2人がビーズ細工を作るときは、ぴったりと息が合っていま

す。長年一緒に作業してきたおかげです。ビーズをすくい

上げて、透明な糸に(いとも簡単そうに)通す彼女たちの

動きは、お互いよく似ています。最初の数分間、親子の

農場には沈黙が訪れ、トレーの上のビーズがサラサラと

立てる音だけが聞こえてきます。2人は、一度リズムをつ

かむと、手を動かしつつおしゃべりをします。複雑なデザ

インのネックレスを1本完成させるのには、大体10分かか

ります。陽気なネイタララは言います、「眠りながらだって

作れますよ」。

 

初めてビーズのネックレスを作ったとき、ネイタララは12歳

でした。ビーズ細工のやり方は、母親のナシルから教えて

もらいました。そしてそのナシルも、彼女の母親から作り方

を教わったのです。家族が覚えている限りでは、女の子は

みんな母親からビーズ細工のやり方を教わっています。マ

サイ族の女の子にとって、ビーズ細工を学ぶのは習慣であ

り義務なのです。そしてビーズ細工を学ぶことは、マサイ族

の文化継承においても重要なことです。

 

ビーズ細工はマサイ族の文化を象徴しています。美や伝統、強さ、

時には社会的地位をも表します。「女性はグループで集まって、男

性も女性も行事や儀式で身につけられるようなビーズのアクセサリ

ーを作ります」ナシルは言います。「ビーズは美しさの象徴です」。

 

しかし今の世代の人々にとっては、ビーズは必要不可欠な

新しい役割を果たしています。長い間牧畜をしてきたマサイ

族にとって、唯一の収入源は家畜でした。家族の生活を維

持するために、家畜を売り、さらには牛とヤギのミルクから

の収入も当てにしました。しかし、暑くて雨の少ない気候は

牧草地に悪影響を与えました。干ばつによって土地では何

も作れなくなったので、マサイ族は民族内の女性に目を向

けました。そして、再び利用したのがよく知られた伝統でし

た。そう、ビーズ細工です。
 


子どもを産むと、生活の維持はネイタララにとって急を要す

る問題になりました。収入を得る方法を探さなければならな

かったのです。それまでのネイタララの家族の唯一の収入

源は、牛乳を売って得たお金でした。子どもたちに食べ物

や服を与えて学校に行かせるためには、牛乳からの収入

だけに頼ってはいられない、そう彼女は悟りました。そこで

ネイタララは、新しい方法を生み出しました。

 

ネイタララとナシルは、ビーズ細工を友だちや近所の人に売

ることにしました。しかし、そうして得られた収入は限られてい

ました。村のみんながビーズ細工をしていた上に、市場が遠く

離れていたので、売る機会は少ししかなかったのです。供給量

に対して需要がありませんでした。

 

WE(フリー・ザ・チルドレン)がタンザニアのマラ州で事業を

始めたとき、何百人もの女性がこの難題を持ち込みました。

そのため、協議と計画を経て、女性エンパワーメントセンター

がナロク郡に設立されました。センター内では、女性たちが集

まってビーズ細工を作り、作品を販売する市場を海外にも開拓

するようになりました。今では、何百人もの女性たちが、センタ

ーでビーズ細工をすることで収入を得ています。さらに、ネイタ

ララやナシルを含む数百人は、家でビーズ作品を作ってセンタ

ーに持ってきています。今までのところ、1400人以上の女性た

ちがビーズ細工で生活費を稼ぐことができています。

 

ネイタララは、ラフィキが人生にもたらしたいちばんの影響は、

5人の子どものうち4人が教育を受けられるようになったことだ

と言います。末っ子はまだ学校に行き始める年齢ではありま

せんが、ビーズ細工で稼いだお金があれば、学費の支払い

に関して問題がないということはわかっています。

 

一方、ナシルは、ラフィキを作って得た収入で大きな家を建

てました。ナシルは言います、「私の家に来る人は、私みた

いな年を取った女性がどうしてきれいな家に住んでいるの

か不思議がっているんですよ!」

 

ネイタララもナシルも、年をとってもビーズ細工を続けたい

と思っています。慣習に従って、ネイタララはビーズ細工の

技術を娘たちに伝えました。娘たちは時々ビーズ細工を手

伝ってくれますが、娘たちには学校を最優先にしてほしい、

とネイタララは言います。「ビーズは私たちの伝統の一部だ

けれど、娘たちは学校に行かなければなりません。娘たち

には、伝統を受け継ぐだけのこれまでとは違う、可能性に

あふれた人生を歩んで欲しいのです」。

 

(原文記事執筆:セディ・コスゲイ 翻訳:翻訳チーム 明畠

加苗 文責:清田健介)


<<back|<1234567>|next>>