9/5 講演会@兵庫「児童労働と日本にいる私たち」

 

来る9/5、西宮市立西宮高等学校 市民講座
松柏講座 「現代を生きる」の中で、代表の中島が講演会をさせていただくことになりました。

 

 

講演テーマは

「児童労働と日本にいる私たち」
1995年にカナダで12歳の少年によって児童労働撲滅のために設立されたNGO「フリー・ザ・チルドレン」。

「子どもは助けられるだけの存在ではなく、自身が変化を起こす担い手である」というその理念に共感し、

日本事務局である「フリー・ザ・チルドレン・ジャパン」を設立した講師が、20年にわたる、世界の子どもたちを

貧困や差別から解放するための取り組みや、社会問題を解決するために自ら行動する子どもたちを育ててきた

取り組みなどを伝えます。

 

一般の方もご参加いただける講演会で、参加費無料です、ご友人やご家族とぜひご参加くださいませ。

 


 

西宮市立西宮高等学校 市民講座
松柏講座 「現代を生きる」

日時:令和元年9月5日(木)14:20-       
会場:西宮市立西宮高等学校 小講堂

参加費:無料

 

 

講師:認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表 中島早苗 

 

講師プロフィール

学生時代に環境保護団体に所属し活動を始めたことから社会問題に取組むようになる。アパレル会社勤務を経て1997年に渡米しNGOでインターン中にFree The Childrenを知り理念に共感し、日本の子どもに紹介しようと帰国後の1999年にフリー・ザ・チルドレン・ジャパンを設立。以後、活動に従事。訳書に「キッズパワーが世界を変える」、著書にフィリピンの少女ピア」、「チャレンジ!キッズスピーチ」(共に大月書店刊)。

2007年国際ソロプチミストより「青少年指導者育成賞」受賞。


 


8月5日(月) WEサービスラーニング教材体験会・教材開発会【WE Schools】

カナダの教育プログラムとして全土の学校に取り入れられているWE Schoolsプログラム。

2020年春に全編無料公開予定に向けてプログラムの開発を進めておりますが、公開に先駆けて、8月5日に、教材体験会・教材開発会の開催をいたします。

 

全編無料公開に向けて、体験いただく教材は作成途中であり、完成したものではありません。

参加者の皆様からの積極的なアドバイスや一緒に内容を考えさせていただくことで、より良い教材づくりに繋げたいと思っております。

 

ESD教育・開発教育プログラム・サービスラーニングにご興味関心のある方、ぜひ奮ってご参加ください。

 

【WE Schools】WEサービスラーニング教材体験会・教材開発会

*日時:8月5日(月)13:30〜16:30

*会場:フリー・ザ・チルドレン・ジャパンオフィス
http://www.ftcj.com/about-us/organization-info.html

*対象者:教員、ESD教育、サービスラーニングに興味関心がある方等

*定員:20名

*プログラム内容:ワークの体験、意見交換 ※詳細は下記をご覧ください。

 

【申し込み方法】

下記の申込フォームからお申し込みください。【締切日:8月4日(日)】

※申し込み締め切りました。また別の機会を開催予定です。

 

 

*WE Schoolsとは*
児童・生徒一人ひとりが社会問題を自分ゴトとして捉え、問題解決に向けた行動を起こせるよう応援する教育プログラムです。21世紀に入り、人、モノ、情報が容易に国境を越え、国際問題や国内の社会課題が複雑化し、SDGsの指標をはじめとして、新しい解決策の必要性が叫ばれるなか、これからの社会を担う子ども達には、主体的に問題を発見し、解決する能力が求められています。

WE Schoolsは、サービス・ラーニングを学校の授業で実践するためにカナダで開発された教員向けの教育プログラムで、現在カナダ、アメリカ、イギリスなどの学校18,000校で導入されています。
今回、日本でスタートされるWE Schoolsは、カナダで開発されたWEサービス・ラーニングメソッドに基づき、これまでの日本での活動経験や他国の事例を加え、グローバル・シティズンシップ、子どもの社会参画、アクティブ・ラーニングをキーワードにした日本向けの新しい教育プログラムになっています。 

WE Schoolsに参加することで、最低1つの地域社会(ローカル)と地球規模(グローバル)の社会課題に対して向き合い、解決に向けたアクションを起こせるようにプログラムされた様々な情報や教材が無料で提供されます。そして最終的に児童・生徒は、得意なことや好きなこと用いたソーシャルアクションを通じて変化を起こすことを目指します。

全てのプログラムは、「アクティブ・ラーニング形式」で学ぶものであり、地域社会の課題を解決するために、児童・生徒が持つ学問的な技能や知識を活用できるような場面を保証しながら進める社会的活動である、「サービス・ラーニング型教育プログラムの形式」をとっています。


WE Schoolsは、サービス・ラーニングを4つのステップで

実践するようデザインされています。

*4つのステップ*
1 取り組みたい問題を精査し理解を深める
2 目標を決めてアクションの計画を立てる
3 実際にアクションを起こす
4 アクションをふり返り、報告・お祝いをする

WE Schoolsを通じて、児童や生徒は、国内外にある社会問題を知り、それらの社会問題が自分と関係していることに気づき、子どもや若者でも社会問題に向き合い、解決に向けた変化を起こせると感じることができます。
主対象は小学5年生〜高校3年生としております。
登録無料で誰もが利用することができ、教員向けの手引き、授業用資料もなどが用意されています。

 

 

*プログラム詳細* 13:30〜16:30

・団体紹介、WE Schoolsの説明 20分
・ワークショップ体験(計約120分)

 ワールドマップ

 問題書き出し

 SDGs紐づけ

 ペアを探せ!SDGs問題マッチング

 インスピレーションカードゲーム

 問題コンパス

 Gift+Issue=Change

・意見交換、質疑応答  30分程度

・WE Day説明    10分


フリー・ザ・チルドレン・ジャパンがさまざまな学校で実施させていただいているワークショップ体験をご用意しております。

先生方が各学級で実施できるポイントなどもお伝えしていく予定です。(内容の変更の可能性はございます)

 

  

 

*フリー・ザ・チルドレン・ジャパンとは*

私たちフリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、1995年に当時12歳のカナダ人の少年によって貧困や差別から子どもを解放することを目的に設立された「Free TheChildren」を母体に1999年から日本で活動を始めたNPO団体です。

子どもが団体の創設者ということで、「子どもを助けられるのはおとなだけじゃない!」をモットーに、開発途上国の貧困地域への国際協力支援活動と並行して日本の子どもや若者が、国内外の社会問題に取組み、変化を起こす活動家になるようサポートしています。国内事業としては、小中高校生が社会課題に向き合い、解決に向け何らかのアクションを起こせるような教材を開発や授業の実施、アクションを起こせる人材育成としてのキャンプ事業などを行っております。社会問題に取り組んだ子どもや大学生を無料で招待して、セレブレーション・ライブイベント「WE Day」を2020年3月に日本初開催予定です。

 


8/17 もっと知りたい! 世界のともだちのこと〜ゲームやおはなしで学ぼう、こどもの権利条約〜@東京【参加費無料】

 

18歳未満の全ての子どもが持っている子どもの権利。しかし日本や世界では、虐待、紛争、いじめ、労働の問題に巻き込まれ、権利が守られていない子どもたちも。

 

 

このイベントでは、ワークショップなどを通じて世界や日本の子ども、そして子どもの権利を一緒に考えます。
参加費無料です、夏休みの一つのアクティビティとしてぜひご参加ください!

 

 

講師:認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表 中島早苗 

 

講師プロフィール

学生時代に環境保護団体に所属し活動を始めたことから社会問題に取組むようになる。アパレル会社勤務を経て1997年に渡米しNGOでインターン中にFree The Childrenを知り理念に共感し、日本の子どもに紹介しようと帰国後の1999年にフリー・ザ・チルドレン・ジャパンを設立。以後、活動に従事。訳書に「キッズパワーが世界を変える」、著書にフィリピンの少女ピア」、「チャレンジ!キッズスピーチ」(共に大月書店刊)。2007年国際ソロプチミストより「青少年指導者育成賞」受賞。

 

 

8/17 もっと知りたい! 世界のともだちのこと〜ゲームやおはなしで学ぼう、こどもの権利条約〜@東京【参加費無料】
日時:8/17
場所:東京都人権プラザ セミナールーム
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
対象:小学校3年生〜高校生(保護者参加可)

詳細・お申込み  https://www.tokyo-hrp.jp/event/kids_school_2019_01.html
(東京都人権プラザのページが開きます)


<<back|<1234567>|next>>