世界100 か国以上の子どもたちと一緒に、教育について考える授業をしよう!「世界一大きな授業2017」キャンペーン

 

「世界一大きな授業」とは「持続可能な開発目標(SDGs)」の「ゴール4=教育目標」を達成するための世界規模のキャンペーンです。

世界100 か国以上の子どもたちと一緒に、教育について考える授業をしませんか?

 

 


現在、世界で小学校に通えない子どもは6,100万人、読み書きができない大人は7 億5,800万人も存在します。

こうした事実の背景には、戦争や貧困などはもちろん、教育の機会が与えられなかった人々が直面する厳しい現実など、さまざまな問題が隠れています。2015年9月に国連総会は「持続可能な開発目標」(SDGs=Sustainable Development Goals/通称:エス・ディ・ジーズ)を採択し、2030年までにすべての子どもが質の高い就学前教育、初等教育、中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善することを新たな目標として掲げました。

 

 

「世界一大きな授業」とは

そんな世界の現状に目を向け、教育の大切さを、同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。「世界中の子どもに教育を」を合言葉に、2003年にスタートし、2008年には、885万人が参加し、ギネスブックにも登録されました。日本でも2016年には、764校・グループの56,234人が参加しました。

2017年も、世界中のNGOや教職員たちのネットワークを通じて、世界100カ国の小・中・高等学校や、大学、専門学校、各種団体などで、一斉に開催されます。また、今年からは新たに、授業を受けた「生徒」たちが提言を発表するフォト・アクション「Raise Your Voice!(レイズ・ユア・ボイス!=声をあげよう)」という活動への参加を呼びかけます。

 

世界一大きな授業に参加申し込みをしていただいた方には、無料で教材を提供しています。
 

■学べる内容

  1. 世界の教育の現状について知り、教育の大切さについて考えること。
  2. より良い世界のために活動する子どもたちがいることを知り、自分たちに何ができるか考えること。
  3. 日本の教育援助の現状を知ること。
  4. より良い教育政策の実現に向け、日本政府に政策提言すること。
  • 対象:小学校高学年以上(アクティビティ5は中学生、6は高校生以上)
  • 時間:45分〜(すべて実施すると4時間以上+αの時間が必要です)
  • 人数:20〜40名のクラスルームでの実施を想定して作成しています。
  • 形式:参加型学習(アクティブ・ラーニング形式)ですすめてください。


参加申し込み:http://www.jnne.org/gce2017/form.html
※参加申し込みは5月28日(日)まで!

 

そのほか世界一大きな授業詳細はこちら:http://www.jnne.org/gce2017

 

お問合せ先:「世界一大きな授業」事務局  
〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22-11F プラン・ジャパン内
TEL:03-5481-0030 E-mail:gce.japan.campaign@gmail.com     


冬休みもLet's Take Action!

 

みなさん、冬休みはいかがお過ごしですか?

冬休みにおすすめのアクションをご案内します!

 

Let's take action!

 

 

 

■□My Hope 2017~みんなでSNSを盛り上げよう!~□■

 

 

興味のある社会問題の解決策、問題に対するアクションを新年の抱負とともにSNSに投稿しよう!

 

例えば・・・

日本には、どのくらいフェアトレードが広まっているのか、どこのお店でフェアトレード商品が買えるのか、SNSで発信します!

フェアトレードに関心を持つ人が増えますように。今年はたくさんアクション起こすぞー!!   など。

ハッシュタグ #MyHope2017 #ftcj をつけてね♪ 2017年のスタートをみんなで一緒に盛り上げよう!

 

*アクションのヒント

FTCJ Youtube channel:https://www.youtube.com/user/FTCJapan

アクション例の詰まったWEBページ http://www.ftcj.com/get-involved/we/we-youth.html

 

 

■□書き損じはがきを集めよう!□■

書き間違えてしまった年賀ハガキや、昔買ったけど使っていないハガキが、お家に残っていたりしませんか?
一枚のハガキから、国際協力をはじめよう♪

 

\詳細は下の画像をクリック/

 

 

■□We create change 1円玉募金で世界に水を届けよう!□■

現在、世界中では10億人もの人がきれいな水を得られずに厳しい生活を強いられています。
また、今までに世界中の女性が水を取りに行く時間を合算する2億時間以上になり、
井戸のない地域ではそのことが原因で女の子が学校に行けないことも多くあります。
そして途上国で起こる病気の原因の8割は水と不衛生な環境であるといわれています。

そこで、フリー・ザ・チルドレンはこのキャンペーンを通して多くの人々に一生分のきれいな浄水を提供することを目的として活動をしています。

1円玉募金で集まったお金はインド・ラジャスタン州、ラジスマンド地区の水・衛生支援事業のために使われます。

事業詳細はこちら
http://www.ftcj.com/donate/project/water_and_sanitation

 

日本円で約2,500円につき、1人に対して一生暮らすために必要な水を供給できます。
1円玉を2,500枚あつめて、たくさんの人々が衛生的な水にアクセスできるよう支援しよう!

 

 

 

それでは、素敵な年末年始をお過ごしくださいませ!

 


Giving December 12月は寄付月間〜欲しい未来へ、寄付を贈ろう〜

 

寄付月間とは・・・

NPO、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、

寄付が人々の幸せを生み出す社会をつくるために、12月1日から31日の間、協働で行う全国的なキャンペーンです。

 

寄付月間詳細はこちら

http://giving12.jp/

 

1年の終わりだからこそ、これからの未来・社会について想いを馳せ、

そんな未来を手にするための寄付について考えたり、身近な人と話したり、

SNSで呟いてみたりしてはいかがでしょうか。

 

寄付月間のWEBサイトでは、積極的に社会貢献活動もされているSEKAI NO OWARIさんの

インタビューが掲載されています。

インタビューページ:http://giving12.jp/news/1197/

 

寄付月間に向けたSEKAI NO OWARIさんからのメッセージはこちら

 

https://www.youtube.com/watch?v=YMl3MCCAq_Q

 

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、

現在フィリピン盲学校の教育支援のために

クラウドファンディングサイトReadyforにて資金調達を実施中。

 

盲学校の寮の屋根修繕とスクールバス購入プロジェクトのために

11月17日から開始して本日12月16日を含めた30日間で

2,755,000円のご寄付が集まっています。

 

ご寄付いただいたみなさま、SNSなどで拡散いただいたみなさま、

心より感謝申し上げます。

 

今回のクラウドファンディングでは、

2月15日まで、あと60日で、目標金額の800万円に

1円でも達しない場合、ご寄付は1円も団体に入ってこないシステムとなっています。

 

フィリピンの盲学校の子どもたちへ

よりよい学習環境を届けるため、

引き続きご支援ご協力どうぞよろしくお願いいたします!

 

**拡散大歓迎**

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フィリピン教育支援のために

クラウドファンディングで資金調達に挑戦中!

 応援お願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「障害者の可能性を閉ざさない 

    フィリピンたった1つの盲学校の挑戦」

 

目標金額:800万円

実施期間:2016年11月17日〜2017年2月15日(90日間)

https://readyfor.jp/projects/ftcj_phspd

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そしてJAPAN GIVINGでもファンドレイジング実施中!

「社会貢献×好きなことで世界・地域を身近に」学校の国際理解・人権教育で出張授業がしたい!

 

たくさんの子どもたちに出張授業を届けるために12月末までに20万円を目標として集めます。

ご支援ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 

http://japangiving.jp/p/5052

 


<<back|<1234567>|next>>